スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンズ与太話(その2) ~~Hektor 5cm/f2.5~~

ひねくれ者の私であるから、与太話の第二弾は28mmに続いて50mmのHektorを選んでみた。Hektor名義の玉は28mm、50mm、73mm、135mmとVisoflex用として125mmの大別して5種類がある。(リリース順は50mm/f2.5、73mm/f1.9、135mm/f4.5、28mm/f6.3の順。125mmは戦後のリリースでMax Berekの設計ではない)

Hektor 5cm/f2.5(1931)
Hektor(1931).jpg

この50mmのHektorも以前このブログで軽く紹介したが、詳しくはLeica Wikiがいいだろう。Leicaレンズの原点である50mmのElmarに続いてリリースされた標準レンズであるが、製造本数はElmarと雲泥の差で諸説あるが1万本程度だったらしい。3群3枚構成のトリプレットを基本に各群2枚張り合わせにして3群6枚というユニークな構成は73mmのHektorでも採用されている。(28mmは2-1-2の3群5枚、135mmは1-2-1の3群4枚)
なお、全く翻訳できない言語で書かれているサイトだが、Marco Cavinaによるとこの3群6枚をさらに拡張する構想もあったようだ。前群の2枚を張り合わせず空気レンズを挟み込む4群6枚(50mm/f2)や3群6枚の前にさらに1枚入れる4群7枚(50mm/f1.3)の構成図が掲載されている。

手許に2本あるHektor。この当時使われていたガラスの質感が何ともいえず魅力的だ。
2Hektor.jpg

左が最初に入手した玉。レンズ再研磨で有名なY研究所でオーバーホールされており、外観はちょっとくたびれているが光学系はほぼ問題ない。シリアルナンバーを信じるならば1931年製である。
右は昨年入手したもの。ジャンク品かと見紛うような値段で手許にやって きたのだが、キズと曇りがやや多いものの鏡胴はこちらの方が綺麗だ。シリアルナンバーを信じるならば1933年製である。

以前50mmのElmarで触れたが、Hektorにも鏡胴番号がピントノブの裏に刻印されていて、最初に入手したものが「2」、後で入手したものが「0」となっている。レンズ固定式からレンズ交換式に換装されたElmarには「2」がないとされているのが不思議であったが、Hektorに振られているとは思わなかった。メジャーなElmarに対してHektorの情報は極端に少なく詳しいことはわからないのであった。

この時代としてはかなり頑張った設計ということもあるだろうが、あらゆる状況で安定感があるElmarと比べるとかなりのジャジャ馬である。撮り手の実力と経験が試される玉で、正直なところ使いこなせるレベルに達せられるかいまだに自信がない・・・苦笑。
これは開放近辺での描写。モノクロのJPEGでレタッチはしていない。
L1003795.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240

前ボケが比較的柔らかくて好印象な反面、背景のボケはがさつきちょいと煩い。当然ながらモノクロの描写としては見事な階調表現だと感じる。

こちらはRAWデータをストレート現像したもの。
L1003981.jpg
Hektor5cm/f2.5(1933) + Leica M Typ.240

モノクロ前提のレンズとはいいつつ、若干黄色い印象があるがカラーでの表現も悪くない。狙った被写体の浮き出し方はElmarより柔らかいものの程よいレベルと感じる。白がやや煌めく特徴が見られる。

絞り開放近くで遠景を狙うとかなりボヤっとした像が出やすい。APS-Cで使おうがフルサイズで使おうが、遠景は絞り近景は開くという基本線を守ると解像感のある比較的安定した描写が得られやすいと思う。これはF4くらいまで絞っているのだが何となくボヤっとした感じで出来損ないの記録写真のようでもある・・・苦笑。
L1007243.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240


ボケはとても個性的。73mmのHektorもそうだがこの玉もカエルの卵状の玉ボケが発生する。
DSC09357.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


等倍で切り出してみるとよくわかるのだが、なかなか強烈である・・・笑。背景になった木の部分はほぼレンズの中央部分を使っていることもあって、煩いくらいに玉ボケが出ているが形は整っている。ピント面の葉っぱは太陽光に縁取られたような独特の線を描いている点がこの玉の特筆すべきところかもしれない。
BokehOfHektor.jpg

それに対して中央部から外れていくと玉の形が崩れ始め、左下あたりになると円周上に引き摺られるようなグルグルボケの兆候が観察できる。
BokehOfHektor_2.jpg

SONY Alpha7でありがたいのはLive Viewでこのボケの様子も撮る前に大体判断できるところで、クセ玉の類いはSONYでいろいろ試して経験値を積んでおけばご本家でも作画意図を反映しやすくなると思う。

こういう背景を気にしないで撮れる環境だと安定した描写を得やすいが、絵として面白みを出すだけの能力が私にはないのがつらいところである・・・苦笑。
DSC09340.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


絞れば多少マシになるが白・銀系の色はフレアを伴いながら煌くのも特徴のひとつ。また、色を問わずピントを外れたあたりから急速に像の滲みが顕著になる。73mmのHektorが滲み玉の代表格とされるがこの50mmもかなりの滲み玉で、これもまた柔らかさの所以であろう。
DSC09331.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


煌めくクセを逆手にとって作画に活かすことができれば表現の幅が広がると思うのだがRF機でその域に達するのはなかなか容易なことではない。当面は予期せぬ描写に助けられる状況が続きそうである。
L1008727.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240


ご本家で古い玉を載せる場合、最近は積極的にモノクロJPEG+RAWの設定を使っているのだがこれがなかなか楽しい。Live Viewが使えるSONYでは実像でボケ加減などレンズのクセを確認し、ご本家ではモノクロで光の加減を確認するというのが今のパターンとして定着しつつあるのであった。

スポンサーサイト
[ 2014/11/26 20:38 ] Camera | TB(0) | CM(2)

レンズ与太話(その1) ~~Hektor 2.8cm/f6.3~~

無謀ともいえる憧れのご本家の入手からはや1年が過ぎた。可能な限り手許にある玉を載せ換えて撮り続けてきたが、いまだレポートという形で何かを書くという気分にはなっていない。というか、ご本家の本体を持つのはこれが初めてだからとても参考になるようなレビューになるはずがないという思いが実は強いのだった。
ただ、何がしか書いておきたいという気分もあるし、ダラダラとレンズごとに写真を並べてみるのも一興かと思ってとりあえず書いてみることにした。せっかくご本家とSONY、二つのフルサイズ・カメラがあるわけだから多少なりとも比較の参考になれば幸いである。

因みに正確な統計は取れないが、ご本家の撮影では

Summicron50mm/f2(1964)
Summilux50mm/f1.4(1961)
Summilux35mm/f1.4(1968)

この3本が群を抜いて多い。
逆にSONYのAlpha7の方はばらつきが大きく、強いてあげればMacro-Elmarit(R)60mm/f2.8の出番が多い。SONYはR玉活用の母艦機として最適解のひとつで、広角・標準を問わずR玉を載せる機会は多い。

ひねくれているブログ主なので今回採り上げるのはご本家最初の28mm玉であるHektor2.8cm/f6.3である。このレンズの細かい情報はここがいいだろう。入手したときにこのブログでも採り上げているが、ご本家純正のレンズで最も小さい玉である。

Hektor 2.8cm/f6.3
DSC09235.jpg


開放F値が6.3という現代では考えられないくらいに暗いレンズなので基本は昼撮り用。従って休日の予定が埋まっているとなかなか出番がないわけだが、夏頃にはご本家に搭載して頻繁に持ち出した。広角+F値が暗いということで開放からかなりシャープな玉だが、光量があるところならF9〜F12あたりまで絞ると抜群のスナップシューターである。
L1000698_2.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Leica M Typ.240

古い玉の割にはカラーバランスは思ったほど悪くなく、多少時代がかった印象はあるがなかなかパリっとした絵が出る。

当然ながらモノクロだと特によい印象。レンズ・本体ともにしっかりしているからか、暗部は粘り強くなかなかつぶれない。これはデジカメそのものの特性かもしれないが、ハイライトは飛びやすいのでアンダー気味で撮っておけば露出面の失敗は高確率で救うことができそうである。
L1001418.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Leica M Typ.240


モロに逆光だと火線が飛ぶなど計算外の事態も起きるが、齢80になろうかという玉を扱うときは万事緩い気分で行くべし。
DSC01523.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + SONY Alpha7


広角では周辺が落ちやすく場合によってはマゼンタ被りがひどくなるというSONYでも相性は悪くない。
DSC01434.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + SONY Alpha7


但し、この玉は気をつけないといけないことがある。上の写真もちょっと観ればわかるだろうが、玉が小さすぎる故に油断すると指が写り込んでしまうのである・・・苦笑。似たような大きさである35mmのElmarでは経験したことがないので、そこは28mmか35mmかの画角の差なのであろう。

因みに今年の定禅寺St.ジャズフェスでは久しぶりにR-D1xにこの玉を載せて撮ってみた。焦点距離が約1.5倍になり崩れやすい周辺をトリミングしているわけだから、標準レンズに近いかなり使いやすい玉となる(笑)。
EPSN3895.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Epson R-D1x


画素数などのスペックが恐ろしく古いR-D1xであるが、作画は実にいい。ご本家やSONYよりレンズの古臭さをうまく表現してくれている気がしてこれこれでやはり捨て難い魅力があるのであった。


[ 2014/11/09 19:25 ] Camera | TB(-) | CM(0)

一眼レフもどき・・・

本家が手許にやってきて約8ヶ月。シャッターを切ること1万回を超え、ボチボチSONY Alpha7との対比も含めて何か書かねばと思いつつなかなか筆が進まない。好きでやっていることなので筆を進める気分になるまで慌てないことにしておいて、久しくカメ・ヲタのネタから離れていたので別件でちょいと書いてみることにしよう。

Ernst Leitzがカメラ事業を初めて以来拘り抜いたレンジファインダー式カメラの副産物として、ライブ・ビュー当たり前の現代の感覚では奇異と感じるシステムがある。代表的なものとして主に焦点距離35mmのレンズに搭載されていたメガネがあるが、今回紹介するこれもかなり奇抜だ。

フットワークの良さがレンジファインダーの売りのひとつなのに、なんと物々しいお姿・・・笑。
DSC06978.jpg
Elmar65mmF3.5 + OTZFO + Visoflex Ⅲ + Leica M Typ.240


Visoflex(ビゾフレックス)は、平たく言えばレンジファインダー式カメラを一眼レフ式カメラとして使えるようにするアイテムのことで、大別してⅠ・Ⅱ・Ⅲの3種類ある。ライカが一眼レフ式カメラ(Rシリーズ)を出すまでの橋渡し的な役割を果たしたシステムともいえる。
DSCF1032.jpg

左がⅢ型、右がⅡ型。ミラーボックスとファインダー部から成り立つアイテムで、ウエスト・レベルで撮れるファインダー(左)はプリズムがないため逆像となるが、右のタイプのファインダーはプリズムが仕込んであって正像となる。
因みにM8以降のボディにはプリズム・ファインダー部の形状次第によって取り付け可否が異なり、右のタイプのプリズムファインダーはボディと干渉して取り付けることができない。段差がないタイプであれば取り付くようで、今のところご本家で使うにはウエストレベル・ファインダーで運用するしかない。
Visoflexの仕組み自体はごく単純。ミラーとプリズム経由でレンズからの像を見ながら露出・ピントを合わせ、右のシャッターボタン連動アームを下げるとミラー・アップし、さらに押し込めばシャッターボタンも押し下げてシャッターが切れるのである。
このいかにもメカっぽい感じに惹かれてVisoflex専用レンズが手許に無いにも関わらずなぜか買ってしまったのであった・・・苦笑。プリズム・ファインダーには埃の混入もあってすっきり通る感じがないのは残念だが、接写専用のアタッチメントとしてこけおどし程度に使うにはじゅうぶんかなという程度で、部屋の片隅に潜んでいたのである。

久し振りに手許に増えたレンズはこれ。Visoflex専用のElmar65mmF3.5。
DSC06980.jpg
冒頭に記した記載でいくと、レンズ部分+ヘリコイド(OTZFO)でVisoflexに接続して使える状態となる。


レンズ構成はElmarの名前通り3群4枚のTessar型、フィルター径はE41(ねじ込み式41mm)。接写用レンズとはいえ33cmから無限遠まで撮影可能で距離に関わらずその描写には定評があり、「史上最強のElmar」という説もあるようだ。

ヘリコイドの役割を担うOTZFOの内部は蛇腹組み込みという凝ったつくり。
DSC06982.jpg
内面反射の防止にも大きな役割を果たしているらしい。

近接撮影用ということでヘリコイドの操り出し量はさすがに大きいね。
DSC06983.jpg
こちらは無限遠。
DSC06984.jpg
こちらは最短距離時。


レンズも含めてややギンギラギンな外観にはチープな印象もあるが、手にした感触も含めて採算を度外視したような立派なつくりである。

Visoflexの専用レンズとしてElmar65mm以外にHektor125mmや望遠のTelytシリーズがあり、SummicronやElmar、Elmaritの長焦点・望遠系の玉にはレンズ・ヘッドを取り外してVisoflexに接続できるものもある。レンジファインダーの弱点であるマクロ撮影や長焦点・望遠系をカバーするための苦肉の策とはいえ、一眼レフ式カメラが主流となる遥か前にこういうものを商品化した意気込みは素晴らしい。
私が所有するRシリーズの玉はSummicron(R)50mmを除きいずれも最短撮影距離は30cm前後と総じて短く、ライカは一眼レフのシステムが近接撮影の面で大きな長所があることをVisoflexを通じてよく理解していたものと思われる。

肝心の写りだが、これがいかにもElmarらしくもありピント面の立ち方や狙った被写体の浮き上がり方が半端ない。
DSC06779.jpg
Elmar65mmF3.5 + OTZFO + Visoflex Ⅱ + SONY Alpha7

もちろん、近接域での描写も申し分ない。確かに最強のElmarといえるかも・・・。
DSC06895.jpg
Elmar65mmF3.5 + OTZFO + Visoflex Ⅱ + SONY Alpha7

SONYで筆おろしをしたが、もちろんご本家でも使い始めている。逆像ファインダーへの慣れが必要だが・・・苦笑。
L1000197.jpg
Elmar65mmF3.5 + OTZFO + Visoflex Ⅲ + Leica M Typ.240


[ 2014/07/13 17:39 ] Camera | TB(0) | CM(2)

デジタル・フルサイズ化計画

サボっていたらなんと10月ももう終わりになってしまい、屈辱の宣伝が冒頭に出ることに・・・苦笑。
ネタは結構あったのだが過ぎてしまったものは仕方がない。直近のセッション2回を通じてカメラ・ネタを掲載することとしよう。

CANON EOS 5D(初代) + Summicron(R)50mmF2
EOS5D.jpg
因みにこれを撮ったiPhoneも5Sに更新。バッテリーのへたりが嫌になり始めたからだが運よく1stロットで入手。


EOS5Dは以前から価格調査を続けていたフルサイズ一眼で、さすがに今年くらいからかなりこなれた値段になってきたが、ようやく片手以下のブツも散見されるようになったので入手してみた。

第一世代:2005年〜。1280万画素・最大解像度4368×2912画素・ISO感度100〜1600・810g
第二世代:2008年〜。2110万画素・最大解像度5616×3744画素・ISO感度100〜6400・810g
第三世代:2012年〜。2230万画素・最大解像度5760×3840画素・ISO感度100〜25600・860g


さすがに第一世代は2005年発売の機種なので現在のデジカメのスペックを思うとかなり落差があるが、少なくとも画素数に関しては610万画素のR-D1xでもじゅうぶんだったから問題なかろう。ISO感度が1600までというのが、夜撮り中心の私には少々つらいところだが、世代間の差はそれ以外はAF性能の向上などあまり関係のないものなので導入に踏み切ったのだった。

入手したブツの程度は並品レベルだが使う分には全く問題ない。バッテリーは死にかけていたがサードパーティから1000円強で2つも買える・・・笑。記録メディアがCFカードということにちょいと慌てたが、まぁ大きな問題ではない。
使用するレンズは例によってライカ玉だがRマウント専用。広角系のレンズで搭載できない玉もあると聞いていたが、手許の玉(Summicron 50mm、Elmarit 24・28・35・60mm、Super-Angulon 21mmF4)は全部搭載できた。但しこれは私が持っている玉の話なので搭載を保証するものではないことを付記しておく。

何しろ久しぶりの135判フルサイズなので画角になれることが最優先。APS-Cで50mmという組み合わせがメインだった関係で135判75mmがベストの画角になっている自分の目を慣らす必要があるのだった・・・苦笑

26日(土)は新装なったMcCann'sへ。2階建ての店舗で雰囲気も音響もパワーアップして帰ってきました。
EPSN3807.jpg
Sonnetar50mmF1.1 + EPSON R-D1x

IMG_5692.jpg
Summicron(R)50mmF2 + CANON EOS5D

@嬢とセッションするのも久しぶり。この玉の特色でもあるが暗部がなかなか潰れないのはありがたい。
IMG_5669.jpg
Summicron(R)50mmF2 + CANON EOS5D

落ち着いた人数でよいセッションでしたねぇ。私の前はこのお三方。
IMG_5689.jpgIMG_5665.jpgIMG_5664.jpg
Summicron(R)50mmF2 + CANON EOS5D




30日(水)はHalloween前夜祭セッション@Warrior Celt。フォース・ライトニングですな(笑)。
IMG_5784.jpg
Summicron(R)50mmF2 + CANON EOS5D

もろにハロウィン・デイだった昨年と違って仮装は大人し目でしたがよいセッションでした。
IMG_5814.jpg
Summicron(R)50mmF2 + CANON EOS5D




ついでにライブの告知。久し振りにまとまった時間の演奏をすることになりました。
日時:11月10日(日)15:00~18:00
場所:馬車道Taproom(〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町5丁目63、TEL 045-264-4961)
予定:15:00~ PIVO(Guitar:Kimiさん、Fiddle:私)、16:00~ A Drop Of Goodbeer、17:00~Session
料金:No Charge、要オーダー

今月中にもう一度ライブをやるかもしれません。決まればまた告知します。



そして、135判フルサイズの余韻におバカもここに極まれり。やってしもうたわ・・・(苦笑)。
IMG_6432.jpg

詳細はまた別途・・・。撮れ加減は抜群でした。
L1000044.jpg
Summicron50mmF2(Rigid) + ?????




[ 2013/11/03 18:37 ] Camera | TB(0) | CM(2)

あらためてSummarit

久し振りにレンズのネタ。数多のヴィンテージ・レンズが手元に揃ったが、どうにも納得がいかないというかうまく使えない玉があって、ほぼ収集も一巡した今になって状態のよさげなものを物色していたのであった。

Summarit5cmF1.5(1955、L)
Summarit1955L.jpg
買い替え最初はこれ。Summaritとは思えない光学系の状態の良さはお見事。

だが・・・。

距離計があっておらず、開放無限遠で5m前後ではさすがに厳しい。最短は80㎝くらいまで寄れるが再調整・・・。
EPSN0706.jpg
Summarit5cmF1.5(1955、L) + EPSON R-D1x

撮れ味はなかなか期待が持てるだけに勿体ないが調整が済めばかなり楽しみな玉である。


とする内に安価で比較的良さそうなのが再びセリに出てきた。う~ん、どうしようかなと思いつつ「ここまでなら」の値段で待ち伏せしたら落ちちゃった・・・苦笑。

Summarit5cmF1.5(1951、L)
Summarit1951.jpg
こちらはシリアル・ナンバーも6桁でちょいと古いが、状態はなかなかよい。


うっちーさん亭で暑気払いも兼ねたワイン試飲会があったのでお供願ったのだが、なかなかこれがよい感じでご機嫌である。

浮島バスターミナルにて。もう少し暮れてくればよさげな雲と太陽である。
EPSN1022.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

袖ヶ浦バスターミナルにて。すごい色で思わず見とれてしまった。車窓からというのが残念だが・・・苦笑。
EPSN1037.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

写真関係に造詣が深いうっちーさんも思わず唸ったこの描写!
EPSN1043.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x




翌日は友人とSutton'sのマスターだったナベさんのお墓参り。昨年も誘われたのだがタイミングがあわず気掛かりだったのでこのお誘いは実にありがたかった。

最速1/2000までのR-D1xでは昼間は絞らざるを得ないが、絞った時も魅力がある描写である。
EPSN1069.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x



暗所での描写は怪しげでよい。白や銀が煌めくクセは好みが分かれるかもしれないが・・・。
EPSN1097.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

22日は珠@川崎。AsamiさんもSammyさんも7月が誕生日ってことで様々なサプライズあり。
EPSN1151.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

たまたまうまくスナップできた韓国嬢。肌や髪の質感もよい感じで出た。
EPSN1114.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x




23日~24日は出張。この時期の出張は極力避けたいのだが、よりによって名古屋→広島はきつい。

名古屋駅は南北に時計があって待ち合わせの目印になる。誤算だったのは駅周辺にまったく喫煙所がないこと・・・。やり過ぎだろうが。

銀の時計がこれ。
EPSN1163.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

こちらは金の時計。
EPSN1167.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x



21時頃に広島着。暑くて被写体選びなんぞやってる場合じゃない・・・苦笑。
EPSN1169.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

とはいえ、ささやかな光があるところの描写はいいねぇ。
EPSN1183.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x



25日はDiglightへ滑り込み。これはRAW現像で露出を+1している。
EPSN1220.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

こちらはストレート現像。オートホワイトバランスが暴れやすいので研究は必要だ。
EPSN1209.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x



27日は近隣で。絞ればピリっとするいかにも昔のレンズである。露出を+0.6でRAW現像。
EPSN1298.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x

絞り開放で撮って露出を-1.4でRAW現像。ボケががさつくがこれはこれでこの玉の持ち味。
EPSN1301.jpg
Summarit5cmF1.5(1951、L) + EPSON R-D1x



この血脈の玉での試写も進めている。6日はGreen SheepでXenon5cmF1.5。
EPSN0563.jpg
Xenon5cmF1.5(4 Rings) + EPSON R-D1x

いずれもストレート現像。見た目に近い発色だが見栄えを上げるなら少し現像で触った方がよいかもしれぬ。
EPSN0570.jpg
Xenon5cmF1.5(4 Rings) + EPSON R-D1x
EPSN0582.jpg
Xenon5cmF1.5(4 Rings) + EPSON R-D1x



19日はKomegさん主催の臨時セッション@池ダブ。この日はSummiluxの50mm。
EPSN0976.jpg
Summilux50mmF1.4 + EPSON R-D1x

このクラスになるとさすがに安心感が違う。いずれもストレート現像で。
EPSN0996.jpg
Summilux50mmF1.4 + EPSON R-D1x





などと遊んでいる中、またしても物騒な玉が・・・笑
IMG_6068.jpg
きゃー、大口径開放戦線だべ~・・・。




[ 2013/07/28 16:15 ] Camera | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。