スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっと見ることができた充実のアナログ動画

昨日アップした写真はいずれも銀塩のレンジ・ファインダー・カメラで撮って、ネガフィルムをスキャン、リサイズしたもの。この辺はまだいろいろ試行錯誤がありそうなので別途報告する予定デス。それよりも・・・、まぁ、実に久しぶりに銀塩で撮って現像に出したのだが、ふとそのときに思い出したのだった。

Kevin Burke and Micheal O'Domhnaill In Concert
10972539_det.jpg
海外から中古で仕入れたビデオ。到着前にVHSプレイヤーが急逝、結局そのまま放ったらかしになっていた。


久しぶりに銀塩に触れたお陰でこのビデオの存在を思い出し、フィルム現像と一緒に依頼してみた。結果、ありがたいことに悪しきコピーガードもかかっておらず待つこと約1週間で無事に上がってきたのだった。

多分1992年発売で、収録時間は59分。今の時代だと短い部類に入るだろうが、あの当時のライブ・ビデオだと普通にあった収録時間だと思う。さすがに映像は全体的に紗がかかって時代を感じるが音質はまずまず。演奏内容はやはり素晴らしい。このビデオの模様はまだYou Tubeでは見掛けないが、何か制約でもあるのだろうか。DVDで再度発売、ってのはなさそうだ・・・。

(1)The Pigeon On The Gate/Lafferty's/The Morning Dew (Reels)
(2)The Reverend Brother's/Sean Ryan's/The Cliffs of Moher (Double Jigs)
(3)Calum Sgaire (Song)
(4)Paddy's Return/Willy Coleman's/Up In The Air (Double Jigs)
(5)Lord Franklin (Song)
(6)Barrel of Bricks(Song)
-------------------------------------------------------------------
(7)The Promenade (Slip Jig)
(8)Fionnghuala/Sweeney's Buttermilk/The Musical Priest/Jenny's Chicken(Song & 3 Reels)
(9)(?)/Salmon Tailing Up The River/Britches Full Of Stitches (Polkas)
(10)Mason's Apron/Laignton's/?/Michael Kennedy's/Farewell To Erin (Reels)

(2012/9/14追記:某所に動画をアップしたのでリンクを追加した。版権等の問題があるので削除されるかもしれないが、過去の資産を活用せよというメッセージくらいにはなるだろう。エンコード段階でのノイズは除去できなかったが、それでも興味ある方ならじゅうぶん楽しめると思う)

真ん中あたりでKevin BurkeとMicheal O'Domhnaillの喋りがあるが、英語はよく聞き取れないので私にはあまり有用ではない・・・苦笑。演奏テイクはありがちな客席写りまくりパターンは少なく、演奏本位のカメラワークだと思う。

選曲はこのデュオで発売した2枚のアルバムと同じ構成のもの、一部構成を変えたもの、このライブならではの構成という大別して3通り。Kevin Burkeの歌も1曲あるほか、BothyでもやっていたFionnghualaをMichaelが歌っている。どのセットもよいが、最後のリール・セットは圧巻で、最後を「Farewell To Erin」で締めるというBothyのファンなら狂喜乱舞の世界ですな(笑)。

『Promenade』の印象もそうだが、Kevin Burkeは今と比べると弓の返しが少なく一弓でかなりの音数を弾いている印象。この方のボウイング(弓順)は「全て逆弓」という極端な話も聞くが、私はそうではないと思う。確かにアップボウ好きだなとは思うが、フレーズによって「普通は弓を返す場所で返さず、普通は弓を返さない場所で返す」という箇所がある感じで、Sweeney's Buttermilkあたりは割とこちらが思っていたような箇所で弓を返しているのが確認できた。
私は弓を返す動作はある種ブレスみたいなものだと思っていて、フレーズの切れ目を意識するポイントのひとつにしている。なかなか実践は難しいが、そういうことを意識しながら聴くだけでも得られるものはあると思う。

デジタルものは簡単にポシャってしまうこともあるのでHDDともう一枚DVDにバックアップを取って・・・。もし、欲しい方がおられましたら連絡くださいませ。合間を見ての作業になりますがゴニョゴニョいたします(笑)



ついでに演奏告恥・・・苦笑。
たまにT田さんのライブにゲストで参加することはあるが、久しぶりにまとまった時間の演奏をやります。

アイリッシュギター弾きの「きみさん」企画
みんなで何か楽しいことをしよう!


日時:9月15日(土)19:30~23:00
場所:Diglight@高田馬場
出演:
(1)エノくん
(2)Lop Nur
(3)Kimi & Moher
(4)Kaori & 青年
(5)トダッチとトモダチ
(6)すらいごめいと

出演順は変わる可能性がありますが、大トリはすらいごめいとで決まっているようです。
No Charge(投げ銭歓迎)ですが、飲み物要オーダー。ひところDiglightと近所のチェーン店が提携関係になって食事もいろいろオーダーできたのですが、チェーン店撤退につきフードがありません。私は何か持ち込むか宅配ピザでしのごうと考えています。

おヒマな方は冷やかしにいらしてください。


スポンサーサイト
[ 2012/09/13 01:33 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(6)

The Irish Session Suite

Suite_KevinBurke.jpg私の大好きなフィドラーの一人、Kevin Burke の新譜が今日届いていた。『Across The Black River』に続くCal Scott との共作で、ゲストにBeoga というグループとストリング・カルテットというメンバー構成になっている。
写真が小さくて分かりづらいかもしれないが、写っているフィドルも弓も金色づくし。弓の毛も弦も全部金色だ(笑)

ジャケットの裏面はこんな感じ。
Suite_KevinBurke_1.jpg

タイトルは『Suite』、その由縁は4曲目から7曲目まで続く10曲が組曲の形式で先述のストリング・カルテットが入った室内楽風のアレンジになっているところにあるのだろう。かといって、イージー・リスニング風になることなく、Kevin Burke 節も健在でなかなか聴き心地の良い作品に仕上がっていると思う。Kevin Burke の過去の作品にも収録されている定番からオリジナル曲までなかなかよい曲が並んでいるところも流石だね。前作でも随所でよい曲を書いていたCal Scott だが、本作でも味わい深いオリジナル曲を4曲提供していて、ストリング・カルテットのアレンジも彼が担当している。

(1)Rabbit's Ear/Stirabout Road/Kiss the Bride
(2)Boys of Ballisodare/Goosebury Bush/Dunmore Lasses/Galway Rambler
(3)Stella's Waltz

The Irish Session Suite
(4)Four Jigs (1st movement)
White Petticoat/Luck Penny/Cliffs Of Moher/Tom Billy's Jig
(5)Hornpipe (2nd movement)
Kitty O'Neill
(6)Air (3rd movement)
Cailin Deas Cruite na mBo (Pretty Girl Milking Her Cow)
(7)Four Reels (4th movement)
Paddy Fahy's Reel/Beare Island Reel/Dowd's Favourite/Boys Of Malin

(8)Clancy's/Flexible Flyer
(9)Dan O'Keefes/If I Had a Wife/Leave Well Alone

室内楽風のケルトといえば、最近たまたま塔レコで見かけて買ったのがこれ。
CelticViol.jpg
Jordi Savall というスペインのヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の『The Celtic Viol』という作品。
軽快にダンス・チューンを、という雰囲気ではなく、じっくりと聴かせてくれる。
下記の曲リストをご覧いただければわかると思うが、29セットの膨大な量に加えて解説も何ヶ国もの言語で記されていてすごく分厚いブックレットになっている。曲の起源についても「Irish」「Scottish」あるいは作曲者がクレジットされていて資料的な価値もあると思う。まぁ、演奏スタイルや曲の解釈など好みは分かれるだろうと思うがなかなか味わい深くて最近よく聴いてます。

(1)The Musical Priest / Scotch Mary
(2)Caledonia's Wail for Niel Gow
(3)The Humours Of Scariff
(4)Alistair MacAlastair
(5)Tom Brigg's, Jig
(6)The Globby O, Jig
(7)Lord Moira's & Jinrikisha
(8)Sackow's (Jig)
(9)Hard Is My Fate
(10)Chapel Keithack
(11)Gudewife, Admit The Wanderer
(12)Macpherson's Lament
(13)Tullochgorum
(14)Pretty Peggy
(15)Twas within a furlong of Edinburgh Town
(16)Màiri Bhàn Òg: Mary Young & Fair
(17)Dowd's Reel
(18)Lady Mary Hay's Scots Measure
(19)Carolan's Farewell
(20)Gusty's Frolics
(21)Emigrants Reel
(22)The Lamentations Of Owen Roe O'Neill
(23)Princess Beatrice
(24)Prince Charlie's Last View Of Edinburg
(25)Trip It Upstairs (Single Jig)
(26)Mrs. McPherson of Gibton
(27)Tuttle's
(28)Lament for the Death of his Second Wife
(29)The Gander in the Pratie Hole
[ 2010/04/21 00:39 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(2)

Across The Black River

『Across The Black River』/Kevin Burke & Cal Scott
with special guests Johnny B. Connolly, Michael McGoldrick and Phil Baker
AcrossTheBlackRiver.jpgこれは2007年に出たKevin Burke(fiddle)とCal Scott(guitar,bouzouki他)のアルバム。たまたまiTunes Storeで何かめぼしいものがないかと冷やかし半分に探していたら引っ掛かったアルバムだ。
ちょっと地味かなぁ、と感じていた作品だが最近結構聴いているアルバムである。ちょっと気になるリールのロング・セットやワルツがあるんだよね。


先日たまたまKevin Burke の公式サイトを覗きに行って発見したのがこれ。
AcrossTheBlackRiverBook.jpg何故に今頃、という気がしないでもないけど、譜面集が最近発売されている。
残念ながらKevin Burke のHPでは中味がどんなだかは分からないが、まぁこういうものはある間に買っておくってのが基本なのでとりあえず発注してみた。
曲ごとにも大雑把な解説があるし、譜面も弓順指定ありでコードも付記。ご丁寧にギターのチューニングも書いてある。まぁ、値段相応というところでまずは満足ですな。


中がどんな感じか知りたいって方もいらっしゃるかもしれないので写真も載せておこう。(サムネイルにしてますので、写真をクリックすれば多少見やすくなると思います)
BoysOfTheLough_KevinBurke.jpgしかし、やっぱり「あれ」だね、この譜面・・・苦笑。
試しにこの間の休日、指定通りに弾いてみたのだがこの弓順指定は鬼だ。弾きづらいことこの上ない。本当にこれであっているのかどうかは分からないが、ニュアンスは結構出ていると思う。
完コピする必要なんてないんだが、あぁいう流暢なリールを聴くと弓順とかにも秘密があるのではないかと、ついマネしてみたくなる。結果いつも惨敗で結局自分で弾きやすいように変えてしまうんだけどね・・・笑


因みにこのお二人の動画はYou Tubeで結構引っ掛かる。この間尼に宿泊したときにヒマに任せて、というか仕事の合間に適当に流していて発見したのがこれ。

http://www.youtube.com/watch?v=8t2AKt9oLJw

The amazing Kevin Burke playing a house party in San Antonio, TX
Boys Of Maline/John Stenson's #1/John Stenson's #2

多分Kevin Burke がBoys Of Maline を弾いているのを聴いたのはこれが初めてじゃないかな。
どこかの家でのパーティで弾いているようだが、酒も入っているのかどうか二人ともゴキゲンだ。特にKevin Burke は両足でステップを踏んでいるかと思えば、まるでダンサーのように右足を振り回していたり、ノリノリで弾き倒している(笑)

先述の気になるリールのロング・セットはこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=WjhQubdPRh8
他にもステージ上での動画もあったけど、解像度とか考えるとこれの方が見やすいね。Master Crowley's のBメロの頭、あえて休符にしてるんだが、ダウンボウで空弾きしてる様子がよくわかる。先日師匠にその話しをしたら「まぁ、ギターとかの空ピックと同じ理屈なんでしょうね。多分その方がタイム感も得やすいでしょうし」とのことだった。

ま、こういう精緻な研究は焦らずじっくりが基本でしょうなぁ。先は長い・・・。
[ 2009/07/15 01:39 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(0)

Tunes For Practice

TunesForPractice.jpg写真は、今年亡くなったSeamus Creagh の『Tunes For Practice』という2枚組CD。某所でこのCDの情報を仕入れたのだが、最近になってようやく入手した。
Amazon などメジャーなサイトではなかなか見つからないが、私はCladdagh Recordsで入手した。ここには他にもメジャーどころではなかなか入手できないシロモノがゴロゴロ転がっていて、私自身もこのCD以外に随分散財してしまった危険な場所ではある・・・笑


アルバムのライナーノーツを書いているのはGretta McCarthy というお方。
乏しい英語能力ながらつらつらと読んでみるに

「34歳でアイルランドの伝統音楽をフルートで吹き始めたのだが、セッションに参加し始めてあまりにも知っている曲が少なくて欲求不満が溜まってしまった。そこでセッション・オナーの一人だったSeamus Creagh に『何か吹き込んでくれませんか』と空のカセットテープを渡したところ快諾を得た。10年ほどの間に4本のカセットテープに曲のプレゼントをしてくれたのがこのCDの起源である」

みたいな感じかな。

セッションに参加したはいいが、弾ける曲が少なくてフラストレーションが溜まる、というのは私もよく経験してる・・・苦笑。しかしまぁ、いくらそこのセッション・マスターとはいえ、カセットテープにわざわざ吹き込んであげるプロの奏者がいる、というのも如何にもこの世界の方だなぁ、とその素晴らしさに思わず笑みが浮かんでしまうのは私だけだろうか。

タイトル通りで初心者でもついていけそうなテンポが中心で聴いて楽しむというよりは、同じ聴くでも音を出すタイミングや装飾音の入れ方などに思わず神経がいくような感じ、もっと言えば一緒に弾きながら諸々のタイミングを掴むといった使い方もあるね。音もフレーズも味わい深くて慣れてくれば聴いていても結構楽しい。

楽譜が附属でないのはやむを得ないところだが、いつもながらThe Session の曲リンクが相当適当なのが残念なところだ(苦笑)。こういう作業はある程度まとまった時間がないとなかなかできず、本日ようやく手をつけたが、ジグなのにリールの譜面とか、ポルカなのにジグとか、予想していたものの相当ヒドいリンク貼り付けでエラく疲れてしまった・・・。まだ完全版でないが、CDの曲リストと拾えたものは譜面情報も貼り付けてみた。

たとえばの話、Dan O'Keeffe'sだとかGoing to the Well for Waterだとか、セッションでよく聴くけど曲名不明のまま放ったらかしになっていた曲もあれば、Seamus 曰く「Kevin Burke から覚えた」というUnknown のポルカがあったり、と曲の採り上げ方もなかなか面白い。本日5日は久し振りにほとんど予定のない休日だったので、ゆっくりテンポにあわせて耳コピーしてみたり、Seamus とあわせて弾いてみたりとなかなかまったりとした休日であった。
気が向けば譜面リストも更新します・・・、多分しないな、私の性格じゃあ・・・苦笑
こういうネタで練習会ってのも案外面白いかも、ですな♪


『Tunes For Practice』 / Seamus Creagh
http://www.thesession.org/recordings/display/3225

Disc 1
1)Tuning
2)Kerry Polka(Egan's)/Maggie in the Wood(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/39
http://www.thesession.org/tunes/display/291

3)Brosna/Dan O'Keeffe's(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/1414
http://www.thesession.org/tunes/display/53

4)Hugh Travers'(in D Major)/Miller of Glanmire(Lilting Bubshee)(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1514
http://www.thesession.org/tunes/display/60

5)Merry Blacksmith/Maid Behind the Bar(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/72
http://www.thesession.org/tunes/display/64

6)Cork Hornpipe(Harvest Home)/Boys of Bluehill(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/49
http://www.thesession.org/tunes/display/651

7)Tatter Jack Walsh/Jug of Brown Ale(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1638
http://www.thesession.org/tunes/display/888 (←2009年10月11日追記)

8)Jessica's/A Finnish Polka/Unknown(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/1532
http://www.thesession.org/tunes/display/418
?

9)Job of Journeywork(set dance)
http://www.thesession.org/tunes/display/1605

10)Golden Keyboard/Finbarr Dwyer's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/36
?

11)Old Grey Goose(jig)
http://www.thesession.org/tunes/display/241

12)Cuckoo's Nest/Walsh's(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/2395
http://www.thesession.org/tunes/display/2332

13)Art O'Keeffe's(Cus Teehan's)/Going to the Well for Water(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/2613
http://www.thesession.org/tunes/display/455

14)Farewell to Whiskey/The Dark Girl(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/1529
http://www.thesession.org/tunes/display/1534

15)Henry Mac Dermot Roe(O'Carolan)
http://www.thesession.org/tunes/display/5085

16)Crossing the Shannon/Dunmore Lasses(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/494
http://www.thesession.org/tunes/display/462

17)Jerry's Beaver Hat/Lilting Fisherman(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/319
http://www.thesession.org/tunes/display/3369

18)Teetotaller/Ships are Sailing(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/114
http://www.thesession.org/tunes/display/543

Disc 2
1)Tuning
2)Ballydesmond Polkas 1 & 2(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/238
http://www.thesession.org/tunes/display/239

3)Micho Russell's/Eibhlin Ni Riordain(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/958
http://www.thesession.org/tunes/display/4375

4)Eel in the Sink/Glen of Aherlow(Lafferty's)(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/1446
http://www.thesession.org/tunes/display/496

5)Kilfenora(jig)
http://www.thesession.org/tunes/display/949

6)Galtee Rangers(Callaghan's)/O'Keeffe's/Gleanntan/O'Callaghan's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/724
?
?
?
7)The Woodcock/The Kerfunten(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/580
http://www.thesession.org/tunes/display/139(in D Major)

8)The Lonesome Polkas(polkas)
?
?

9)Banks of the llen/Tom Billy's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/747
http://www.thesession.org/tunes/display/900

10)An Luradan/Sean Ryan's(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1851(in D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/273

11)Plains of Boyle/Dinny O'Brien's(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/652
http://www.thesession.org/tunes/display/3175

12)Two versions of Toss the Feathers(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/113
http://www.thesession.org/tunes/display/138

13)Blackbird(set dance)
http://www.thesession.org/tunes/display/1104

14)The Priest/Mary Willy's(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/1765
http://www.thesession.org/tunes/display/365

15)Miss McLeod's/Sligo Maid(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/75
http://www.thesession.org/tunes/display/399

16)Tom Billy's(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/816
http://www.thesession.org/tunes/display/1283

17)Baker's Well/Seamus Cussen's(polkas)
?
http://www.thesession.org/tunes/display/1426

18)Gallagher's Frolics/Idle Road(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/160
http://www.thesession.org/tunes/display/4474

19)Paddy Taylor's/John O'Mahony's(jigs)
?
?

20)Matt Molloy's(Matt Peoples')/Tommy Peoples(Matt Peoples')(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/691
http://www.thesession.org/tunes/display/2980

21)Seamus says Goodbye
[ 2009/07/05 23:20 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(8)

げげげ・・・涙

何となくこのブログのリンク先をクリックしてビックリ・・・

時折お邪魔してはCD等を大人買いしていたディスク・ユニオンのルーツ&トラディショナル館なのだが・・・


■突然でもないですが、5月下旬に閉店致します。長年御愛顧頂き、誠に有難うございました。

だと・・・。ほんと、ビックリ。

御茶ノ水にあった頃から、時間があればフラっと立ち寄って色んなモノを買ったよなぁ。今となっては店頭販売で唯一楽しめるお店、という感じだったから凄く残念。ジャケ買いで拾い物、なんてケースも激減しちゃうなぁ・・・。

閉店前にセールもあるようで、5/4(月)はケルト音楽中古CDセールだそうです。

はぁ・・・・・・。
[ 2009/04/10 12:33 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(10)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。