スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Moher meets Eagle

「第4回日本バイオリン製作研究会展示会」なるものが、池袋の自由学園・明日館であると聞き、出向いてきた。きっかけはいろいろあるのだが、私が時々ブログを覗きに行く菊田浩さんが出展されていることと、このブログによく遊びに来てくださるい~ぐるさんも顔を出されるというのが最大の動機である。

メールでの打ち合わせ通り遅滞なく集合完了。ま、当たり前か。マンドリン・フィドルを抱えた中年男に中身不明のギグバックを抱えた中年男、バイオリン・ケースを抱えた女性。こんな待ち合わせはいくら大都会といえどもそうあるものではない。
い~ぐるさんとは何度となくブログでやり取りはあったが、会うのは初めて。そして、本日はい~ぐるさんからcherry をnori さんへ贈呈ということでnori さんとも初対面。三人で昼食しつつ懇親。い~ぐるさんとnoriさんは既知の間柄だが、私は初対面。にも関わらず話は盛り上がる。う~ん、いいですなぁ。筆不精ながらブログを続けていた甲斐があるというものだ。
jiyu腹も満たし展示会場へ向かう。池袋の中心からわずか6~7分のところだが非常に閑静で都心にこんな場所があるのが不思議なくらいだ。この写真は展示会場対面にある施設だがなかなか風情があってよろしい。


kikuta展示会場に入ると既に試奏の音が充満している。所狭しと楽器が並びめまいがしそうだ。まずはやはりお目当て菊田さんの楽器を探さねばなるまい。い~ぐるさんが素早く発見された。2台展示してあるが、とにかく見た目だけでも十分満足できる美しさだ。


kikuta

恐れ多くも弾いてしまうい~ぐるさんと私。普段お互いのブログ汚しで遊んでいるが、遂に菊田さんのヴァイオリンまで汚してしまった(苦笑)。弾いてみて素直な印象、とにかく鳴る!しかも傍鳴りとは違う。どヘタが弾いても耳に気持ちよい音が出るのにビックリ。大きく鳴らそうとしないでも自然に鳴ってくれる気持ちのよい楽器だった。これは試奏会が楽しみだぞ。

試奏会で使われたのは午後の部だけで22台。1台だけ調整不十分なのか、指板が落ちてしまい途中で終了になってしまったが、それぞれ個性があって面白かった。私ごときの耳で聞き分けられるものか、と半信半疑だったが存外わかる(気がしている)。鳴りそうだな、と思う楽器はチューニングの段階で予感がする。隣のい~ぐるさんを見ているとプログラムにチェックされていて、やっぱり反応は同じだったりする(笑)。先入観があるかもしれないが、菊田さんのヴァイオリンは別格のような気がした。クライスラーの曲を是非聴きたかったが...。

試奏会終了後、菊田さんのお気遣いで別室に行き我々が持参した楽器のお披露目となった。我々以外に菊田さんの楽器のユーザーさんがおられて便乗する形となった。そのユーザーさんの楽器も素晴らしい。菊田さんが楽器チェックも兼ねて弾き始められると思わず聞き惚れてしまう。凄いな~。ダービーさえ当っていればその場で展示会場の楽器で手を打っていたところなんだが...(嘘)。い~ぐるさんが持参されたcherry(violin)にマンタ(A-Type Mandolin)、私持参のパントルにGIBSON。たどたどしいバッハはよいとして、アイリッシュ・ポルカあり、グリスマンあり、ついには菊田さんまでマンドリンでブルーグラスというおよそ場の雰囲気にそぐわない番外試奏会だったが、終始和やかでくつろげました。菊田さん、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました!!

会場を後にし駅へ向かう3人組。想定外のありがたい出来事により当初予定していたダブリナーズ品川のセッション見学は間に合わなくなったので駅前のカラオケボックスへ。あまり時間はないが折角なので音出しだ。先ほどの番外試奏会でも思ったが、い~ぐるさんお手製のcherryもマンタも実に素晴らしい楽器だ。あの短期間でここまで仕上げる腕前と工夫と根性に改めて感動した。特にマンタの音はアイリッシュにあいそうだし、製作依頼をしたいくらいだ。
noriさんはまだバイオリン開始3ヶ月の若葉マークということだったが、弓の持ち方などなかなか堂に入ったものだし、道すがら「重音が難しくて」と仰っておられたが、結構ちゃんとできていたりする。開始3ヶ月時の私よりは遥かにデキがいいだろう。
さすがにバッハを合わせるなどという芸当を持ち合わせない我々は、手っ取り早く形になるものを志向する。そこで登場するのがアイリッシュ・ポルカだ!(うーむ、手前味噌ですんません。)開放弦・人差し指・中指だけで弾ける「Britches」、開放弦・人差し指・薬指だけで弾ける「Egan's」なんて最適なのでゆっくりと合わせて遊んだ。ついでに「Last Chance」を弾いてみたらnoriさんが「あ、その曲、いいですね!」ということでなぜか課題曲になった(笑)。何とここに貴重な音源が落ちていたりするから世の中は恐いね(爆)。

The Last Chance
因みにい~ぐるさんがマンドリンで私がフィドル。い~ぐるさんはこの曲は初見であるにも関わらずここまで弾ききってしまった。素晴らしい!!

んじゃ、ということで悪ノリして「Carolan's Draught」も(爆)。

Carolan's Draught
私の音程が悪いところを除けば(それがすべてという説もある)、既に結構いい感じなのではなかろうか。

この2曲はい~ぐるさんのみならず、noriさんも気に入っていただけたようなので、次回チャンスがあれば練習ですね。また機会があったら遊んでください。今日はありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2006/05/29 01:54 ] Fiddle | TB(0) | CM(14)

東京競馬場で競馬をする会

gaol

昨日は競馬仲間と5人で府中の東京競馬場へ行ってきた。最近すっかり出不精で滅多に本馬場へ行かなくってしまったが、この会だけは年一度開催することにしている。生憎の雨だが、日本ダービー前日でもあり記念フォトでゴール板は記念撮影しておいた。

この会、いいトシこいたオヤジ集団が1レースから酒盛りしながら競馬をするという、まぁ場所を居酒屋から競馬場へ移しただけの単なる飲み会ともいえる。

1R
今日は雨、馬券も難しくなるだろうという予測のもと1レースは様子見で、「馬連・ワイド・3連複」で入ることにする。

結果は「13→8→4」で、申し訳程度のワイドのみ当り。トリガミだ...。
方針転換で2レースからは「ワイド・3連複」。こんなややこしい日はいかに負けを少なくするかが大事だ。結果はワイドのみ的中。orz、馬連でも当りだったじゃないか...。3レース、またワイドのみ。1-3着の組み合わせだからとりあえずワイドの価値はあるが、配当が530円では話にならない。
4レース障害、大荒れでハズレ。こんな日はロクなことがない。熱くなるのはやめて「ワイド・3連複」で押し通そう。
5レース、若手騎手限定戦。こんなもの当るわけがない。結果はやはり大荒れ。6レース、ワイドのみ的中。1,580円の配当だから美味しいが、何とこれも馬連で当っていたじゃないか...(怒)。
以下、7レース→ハズレ、8レース→ハズレ、9レース→ワイドのみ的中(馬連でも当りだったのに...)、10レース→馬連・3連複当り、11レース→馬連当り、12レース→ハズレ、中京11レース→ハズレ
となった。
13レースに参加して7レース的中だが、馬連×2回・3連複×1回の的中じゃあ話にならないね。最小限の損失ですんだが、難しいとわかっていたなら3連複をやめて馬連に切り替えておけばプラス収支だったハズでちょっと勿体無い競馬会だった。

競馬会参加メンバーで最後にサヨナラ逆転ホームランをかましたのがいた。それまで泣かず飛ばずだったのに、このレースで3連単5万馬券を300円も買っていたのだ!電車が混むという理由のもと、場所を移して痛飲したのは言うまでもない。ご馳走様でした。
[ 2006/05/28 08:16 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

キルトクール & カウトコナーイ

実は今回のダービーで大いに悩んでいる諸悪の根源が、今やJRA重賞界で、「大先生」の異名をとる柴田善臣騎乗のアドマイヤメインだ。
彼とは実に相性が悪く、「切ると来る」「買うと来ない」(勿論後者でよくハマる)印象しかない。(私は基本的に重賞しか馬券を買わないからこういう印象になるだけで、リーディングでは常に上位にいる上手い騎手です。一応彼の名誉のため...)
ここ数年は重賞予想、特にG1予想をするたびに「大先生騎乗だから」という理由だけで蹴飛ばして、それなりの成果が上がっているから、結構効率的だしあながち間違った選択方法ではなかったハズだ。彼の重賞不振の原因分析は下記のブログが面白い。なかなか当を得た分析で必見デス。

http://psychokinesis.air-nifty.com/psychokinesis_telepathy_/cat1316650/index.html

ところが今年はどうも様相が変だ。
端的なのは高松宮記念だった。冷静に考えれば武豊も横山典弘も安藤勝己もいなかったから春の椿事があっても不思議でなかったわけだが、いつものごとく「オレハマッテルゼは大先生だから消し」とあっさり予想したのが運の尽き。結果はご存知の通りで蹴飛ばした私が「オレ、ハマッテルゼ」になってしまった。同馬は大先生騎乗で、東京新聞杯2着、この間の京王杯でも圧勝。今期、大先生の重賞成績は(4-3-2-19)。連対率.250、複勝率.321は昨年までのイメージと随分違う。

先ほど紹介したブログでもオークス予想において「大先生に異変?」の匂いを表明されていた。

http://psychokinesis.air-nifty.com/psychokinesis_telepathy_/2006/05/g1_2207.html#more

実はマイルカップで既に予兆を感じマイネルスケルティに重い印を打ってまたしてもヤラれてしまい、オークスで再び大先生不要論に戻ると3着に来られてしまった。あくまでも私にハズレ馬券を掴ませたいらしい、mmm。

前段が長くなってしまったが、問題は東京優駿のアドマイヤメインがいるか、いらないか、だ。

セレクトセール高額馬、デビューから前走青葉賞まで毎日杯を除いて武豊騎乗、とくれば人気になるのも当然で、きさらぎ賞を除きすべて1番人気。初勝利は2戦目、その後詰めの甘さから勝ち星があがらず評判倒れかと思ったが、3月4日500万下のレースで逃げ切ってから軌道に乗った。相手関係は楽だったろうが、毎日杯・青葉賞と重賞連勝はまず評価できる。決め手勝負では分が悪いだろうが、平均ペースぐらいで道中を走れたら逃げでなくても自分の競馬ができそうなタイプ、キレないがバテない強みを生かせるかもしれない。今の府中は比較的前が残りやすい印象だし、内目の枠も悪くない。

そこで大先生が問題になるわけだ。頭候補にまでなるかどうかは別だが、馬券対象の候補としては馬自体に魅力があるだけに余計に悩まされてしまう。
先週のオークスを見ても平均ペース遵守で回ってくる馬に大先生は合ってるように感じますが、このブログ上で何度となく「騎手で消し」と標榜してきているだけに突然の翻意はさすがにバツが悪いし、「買うと来ない」になってしまうと大先生ファンに申し訳ないよね。

こうして悩ましい日々は日曜まで続くわけだ...。
[ 2006/05/26 17:43 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

東京優駿予想の備忘録

28日は競馬の祭典、東京優駿日本ダービーだ。
昨年のディープインパクト一色ムードとは打って変わって今年は混戦模様。四位騎手の「10回やれば結果も10回異なるメンバー」は至言だと思う。
先週オークスでは見事に1~3着を蹴飛ばし、買った馬は4~7着独占という怪挙だった。先週の轍を踏まぬよう慎重に吟味したい。今年は複雑怪奇なのでとりあえず思いついたことは備忘録で残しておく。

ダービーへの主なステップレースは皐月賞・青葉賞・京都新聞杯・プリンシパルS・NHKマイルカップあたり。これにいくつかオープン特別が加わるというのが一般的なところである。
最重要レースが皐月賞であるのは言うまでもないことで、これはオークスにおける桜花賞と同じ位置付け。但し、皐月賞からの直行組が全滅したケースが過去10年間に1996年、2002年、2004年の3度あり、皐月賞からの直行組だけで決まったケースは1999年だけ。確率論からいけば、3着迄全てを皐月賞からの直行組と考えるのは危険ですな。

青葉賞はダービーと同条件だが、連対馬こそ何頭も出しているものの勝ち馬ゼロ。ダービーで馬券対象となったのはすべて勝ち馬で、2~3着馬は掲示板確保さえ厳しい。さらに...、ダービーで好走したのは「皐月賞に出走したくてもできなかった」馬限定かも。2004年ハイヤーゲーム、2003年ゼンノロブロイ、2002年シンボリクリスエスなどが好例。逆に昨年のダンツキッチョウが記憶に新しいところだが、皐月賞をパスして青葉賞からダービーへ(ダービー一本に絞るなんて聞いた感じはカッコいいけど...)臨んできたような馬は割り引くべきと思う。

マイルカップからの臨戦は、タニノギムレット(2002年)にキングカメハメハ(2005年)の2勝だが、これは松田国厩舎得意のパンクパターン。今回はロジックやフサイチリシャール(おぉ、これも松田国だ!)が該当するが、相当な能力の持ち主でなければムリとみるのが自然と思う。

京都新聞杯組は実は青葉賞組より重く見るべきかもしれない。青葉賞組が果たしていないダービー制覇をアグネスフライトが果たしているし、ダービーこそ2着だったものの有馬記念を制したシルクジャスティス、今やディープインパクトとタメを張る名馬となったハーツクライ、正攻法で2着に残ったインティライミなど個性派はこちらかも。西高東低の勢力図からも無視できないステップレースだ。ただし、このステップも勝っていることが条件。

プリンシパルSはちょっと影が薄い。ダンスインザダーク、ダイワスペリアー、マチカネアカツキの3頭が馬券対象となったが、いずれも2200mで施行していたときのもの。割り引いて考えるべきか。同じオープン特別なら他のオープン特別(芝)の方が面白いかも。今年のような混戦模様のときに何かやらかす可能性は一応念頭に置いておきたい。
[ 2006/05/26 12:45 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(2)

Partita #2 Giga

ここのところ、予定のない休日はフィドルとマンドリンの練習に忙しい日々。朝早く目覚めればマンドリンから練習開始、昼間はフィドルを練習し夕方から再びマンドリン練習というのがパターンになっている。
マンドリンについてはバッハのPartita #3 Preludio を課題にするとこのブログで宣言したが、実はやむを得ない事情によりPartita #2 Giga を主軸に据えている。掌は返すために存在している!

過去記事にも書いたが、原典はこれ。但しAパートのみ記載なので後半は別途仕入れが必要ではある。
Mike Marshall's Mandolin Method
Sonatas and Partitas for unaccompanied Violin by J.S. BACH

MikeMarshallBach
この曲の拍子は12/8 、3連符若しくは6連符フィールでやたら音数が多い。譜面を見た瞬間に萎えてしまいそうな威圧感のある曲だ。ただ、バッハの常として似たようなパターンが繰り返されるので、一度そのパターンさえ掴んでしまえば、(弾けるかどうかは別にして)膨大な音数ほど大変ではない可能性もある。



譜面はこんな感じ
Giga_1

試し始めて約1ヶ月になるが、似たようなパターンが続く割に微妙にパターンが違っていて一箇所間違えると即崩壊の実に危ない曲だ。ただ、少し弾けるようになると妙に心地よかったりするのでついつい練習に身が入るのも事実。
ローポジション中心で頻繁なポジション・チェンジがない分、Partita #3 Preludio より楽なハズだが、ローポジションは指の間のストレッチが厳しいので実はあまりありがたくない。とはいえ泣き言を言っているわけにもいかないので私なりに特訓し続けた結果をお聞かせいたしましょう。例によって、これを聞いて体調を崩しても私は保障しない。自己責任においてのみ聞く資格ありです。

Partita #2 Giga

たどたどしい、音が鳴っていない、表現力がない等様々なご意見があるかと思うが、我がチャレンジ・スピリットの減耗になっては意味がないのでここでは却下。いい年ぶっこいて、こんな無謀な計画を試みているバカがいる、という風に思っていただければじゅうぶんです。ここからどこまで進歩するかはわかりませんが、暫くマジメに取り組んでみます。
[ 2006/05/22 00:41 ] Mandolin | TB(0) | CM(4)

Ballydesmond Polka

昨日レッスンで初めて弾いた「Ballydesmond Polka」、これは先日Kevin さん主催の「ゆっくりセッション」で太刀打ちできなかったポルカだ。実はこの曲には3種類バージョンがあるらしいが、何せ似ているから一気に3種類覚えるのは私には厳しい。従ってまずは2種類覚えてメドレーにする。実は2種類でさえ厳しい。メロディがゴチャゴチャになってしまう。あぁ、悲しいかなハエの脳味噌...。
一通り覚えたら録音。なんじゃ、このもっさりしたノリは?まぁいい、これから弾き込んで来月のセッションに備えよう。この録音後はマンドリンの練習が控えているので指慣らしにマンドリンも弾いて録音した。何の工夫もないユニゾンだが(苦笑)、音源はこちらに用意した。吐き気を催しても責任は持ちませんぜ。

Ballydesmond Polka #1 & #2

実はHarvest Home も企画していたのだが、こいつは今回はパス。とてもじゃないが、人にお聞かせするような品質ではない。うーむ次回のセッションに間に合うだろうか...。こいつはまた別稿を立てる予定なので今日はご勘弁を。
[ 2006/05/21 23:49 ] Fiddle | TB(0) | CM(5)

新ネタへの挑戦

昨日はフィドルのレッスン。来週は土日とも既に予定が入っており変則で2週連続となった。このパターンの場合、どうしても練習不足のままレッスンに臨まざるを得ないのが厳しいところ。

入室すると師匠がいきなりホーンパイプを弾き始める。弾いた後「この曲、何でしたっけ?」。弟子の私もそうだが、師匠も曲名をよくお忘れになる。師匠が弾いておられたのは「Harvest Home」。まるで「ゆっくりセッション @ Irish Times 新橋」で私が手も足も出ず指をくわえて見ていた光景(過去記事はこちら)を見透かされているかのごとき展開だ...。
実は今日のレッスンに臨むにあたって、計画では次回ゆっくりセッション対策で「Balydesmond Polka #1」、「Balydesmond Polka #2」、「Harvest Home」が強化訓練曲だったのだが、さすがに土曜日の数時間程度でさらえるわけもなく、どうにかBallydesmond Polka だけは覚えていったというのが実情。
いきなり Harvest Home では厳しいのでまずはBallydesmond Polka を見ていただく。久々にポルカの新ネタだがまずまずの出来かな。師匠もノリノリで合わせてくださって実に心地よかった。
指先も馴染んだところで「Harvest Home」をトライ。ボウイングは複雑だし、3連符もふんだんに入っていてこれは難しい。悪戦苦闘する私を師匠は大受けしながら横で見ている。次回までに必ずリベンジしますぞ!
後はこれまでやった曲の復習。
Banish Misfortune / Cliffs Of Moher(Jigs)、Boys Of Bluehill / Cronin' Hornpipe (hornpipes)、King Of The Fairies(hornpipe)、Liverpool Hornpipe(hornpipe)、Banshee(reel)、Flogging Reel(reel)
番外編
師匠独演によるPartita #2 Gigaのさわりを(笑)
[ 2006/05/21 14:37 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

優駿牝馬

今日は優駿牝馬(オークス)だ。牝馬限定のダービーみたいなもんで、距離も日本ダービーと同じ2400m。牡馬が皐月賞 2000m → 日本ダービー2400m と400mの距離延長に対し、牝馬は桜花賞 1600m → オークス 2400m で距離差が800mと大きいことから予想が難解になるのは当たり前か。
トライアルの日程が今の状態に変更されて、桜花賞出走馬で賞金不足の場合相当厳しいローテーションになることから「桜花賞上位組 vs トライアル組」という構図とみていい。
また、距離が桜花賞から一気に800m延長されるということで、「長距離血統」が突然クローズアップされるケースもある。もちろん血統は重要な要素であるが、この時期の場合能力や完成度だけでどうにかこなしてしまう馬もいるから、ステップレースの結果を冷静に分析せねばならない。

当然ながら最も重要なステップレースは桜花賞である。
1着 キストゥヘヴン
2着 アドマイヤキッス 3/4馬身
3着 コイウタ ハナ
以降は1馬身以上の着差があり、戦前の混戦模様とは打って変わって上位3頭が抜けている印象を与える内容だった。
その点、フローラS やスイートピーSはやはり格下の印象を拭えない。500万下条件といってもおかしくないようなメンバーだったしやむを得ないかも。トライアル組よりは忘れな草賞の方がローテーション的にも面白い。したがって基本は桜花賞組+ニシノフジムスメの中で取捨していきたいと考えている。

◎ニシノフジムスメ
○アドマイヤキッス
▲キストゥヘヴン
△シェルズレイ

だが、馬券の買い方はキッス & キス → ニシノ、シェルズレイの3連複がシンプルかな。姑息だがキッス & キスの3着以内は堅いのではないかと読んだ。コイウタはマイルカップ挑戦を考えていた節もあり思い切って捨てました。アサヒライジング、ロイヤルタッチの子なので応援はしてますが、例によって大先生騎乗、オークス前になって血統背景がもてはやされているのが難点で捨てました。
[ 2006/05/21 09:05 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

マンドリン師匠、現る!

今日は池袋ブルードラッグで小林キヨシさんのライブ&セッション・デイ。ブルードラッグの人気メニューのひとつだ。私自身は先月初めて見させていただいたが、小林キヨシさんの演奏が素晴らしいのは勿論、セッション・タイムに参加される方々もみなさん素晴らしい技術の持ち主だし、何より音を楽しむという音楽の原点が感じられる素晴らしい企画でございます。

先月に引き続き顔を出したのだが、目的は小林キヨシさんの演奏だけではないのが本日のミソだ。19時過ぎ、お店に到着するとカウンター奥の席に見かけた顔が!たまにこのブログにも遊びに来てくださるFlatironman さん。別に偶然でも何でもなく、一緒に小林キヨシさんの演奏を楽しもうという算段だが、実はもうひとつ目的がある。来月に「マンドリン研究会」の第一回会合が予定されており、それまでに一度お会いして課題曲やら何やらの情報交換の機会でもあったのである。

早速挨拶をすませ隣に陣取ると既にカウンターにはマンドリンが(笑)。先日フィドルのレッスン後預けておいた我がKentucky クンである。まだライブ&セッションが始まるまで時間があるので座るなりいきなりFlatironman さんのマンドリン講座開始。いきなりPartita #2 Giga だったりするのが既に恐ろしい世界だが、実に丁寧に弾いておられるのが印象的だった。Flatironmanさんは音色が凄くきれいなんです。ピックを見せていただいたら弦に対して絶対に斜めにピックを当てない、という強い意志を感じました。そっか、やはり美音の根源はこれか。でもわしゃ、できんぞそんなこと(苦笑)。弾いていただいたものすべてが私には新鮮かつ驚愕のシロモノだったが、やっぱり圧巻は「Russian Rag」か。何じゃそれのクロマティック嵐。え、そんなものを1ヶ月後にやるんですか、の世界です。
せっかくの機会だし、私も少しマンドリンを弾く。まだウロ覚えこの上ない世界だが、Partita #2 Giga を。案の定ほぼ忘れていたが何度か弾くうち、少しずつ思い出す。すると先生が「繰り返しフレーズの2回目は半分くらいの音量で弾くとバッハらしいよ」とか「そんな急いで弾かないでも大丈夫。もう少しゆっくりの方が綺麗に弾けるよ」と的確にアドバイスしてくださる。フィドルは習っているが、マンドリンはこれまで自己流。こうやって教えていただけると勉強になります。Russian Rug のクロマティック嵐フレーズも指使いを教えていただいた。おっし、これから練習だ!

マンドリンを弾いていない間も話は尽きない。お互いの音楽趣味、やってみたいこと、マンドリンの譜面情報、最近聴いた音楽の話...。素晴らしい時間を過ごすことができました。そして...、締めは小林キヨシさんの演奏。フレーズ・音色の美しさとカッコよさは病み付きになりますね。こんな贅沢な夜を過ごせたことに改めて感謝です。ブルードラッグさん、小林キヨシさん、そしてFlatironman さん、ありがとうございました。
[ 2006/05/19 00:51 ] Mandolin | TB(0) | CM(6)

オープン・セッション ~Irish Times @ 新橋編~

以前からブログで拝見し興味があったKevinさん主催のオープン・セッションがあることを知り、僭越ながら参加させていただくことにした昨日。当方、仕事帰りにつき楽器を持っていくわけにいかないが、Kevin さんがフィドルを用意してくださるとのこと、ありがたく貸していただく算段でお店に向かった。
Irish Times 新橋
irishtimes


19時30分頃店に到着するとすでにKevin さん、Kenさん、ヤギオさん達がお店の一角でくつろいでおられた。早速名乗り名刺交換から始まったりする(笑)。和やかな雰囲気でこれは楽しめそう。飲食しつつ話しているとヤギオさんから「ひょっとしてモハーさんって、せばすちゃんさんのブログでお見かけする方では?」とネット世界がきっかけとは思えない世間の狭さを痛感する問いかけが...(笑)。うーむ、完全なネタばれですな。

Ken さんはバンジョーマンドリンをご持参。興味があるので少し弾かせていただいた。音はかなり私好みでアイリッシュに相性がよさそう。いいなぁ、つい欲しくなってしまいましたよ♪

Kevinさんはフィドル二台+ギターを持参されていたが、演奏は専らギター。ヤギオさんと私はフィドル。T田さんはテナー・バンジョー+ロー・ホイッスル。Asamiさんがホイッスル。

「そろそろ始めましょうか」というんで、Kevin さんからフィドルを拝借。これがなかなか渋いフィドルで齢80歳くらいの政吉フィドル!発音が素直で実に弾きやすい。早速、「Kesh Jig」「Kerry Polka」「John Ryan's Polka」など定番曲でセッション開始。うーん、楽しいな~。セッションと言いつつ、練習会的趣きもあって終始和やかに進む。弓が面白くて4/4サイズのもの以外に、何と1/16サイズの弓!初めて使ったけど、場所が狭いところで使うには最適かも。さすがに弓そのものの重みがないので人差し指で少し圧を加えてやる必要があるのと、スローエアでは頻繁に弓が足りなくなるのが難しいところだが、なかなかのグッドアイデアです。

遅れ参加のフィドラー熊五郎さんが来られてからは完全にヒートアップ。この方、もともとブルーグラスをやっておられたそうだが、とにかく上手い。世紀を超えても影さえ踏めないのではないか、と思うくらいです。

結局2時間半ほど弾かせていただいたが、「いつもここで演奏しているの?」「うわ、生演奏をやっている!」「写真、撮っていいですか」などお店のお客さんから反応がいくつかあったのも面白かった。私個人の問題だが、もう少しマシな演奏ができないとマズイなとは思ったがお店の方も好意的に見てくださったようで一安心。

終始和やかムードで引っ張っていただいたKevin さんに参加者のみなさん、こんな楽しい場を用意していただいたIrish Timesさん、そして楽しく飲食されているところを邪魔してしまったかもしれないIrish Times のお客様達に厚く御礼申し上げます

本日参加した曲
Kesh Jig、Kerry Polka、John Ryan's Polka、Britches、Connaughtman's Ramble、Planxty Irwin、Carolan's Draught、O'Carolan's Concerto、Down By The Sally Gardens、Inisheer、Banshee、Kids On The Mountain、Maountain Road、King Of The Fairies

指をくわえて聴いていた曲
Harvest Home、Toss The Feathers、Drowsie Maggie、Ballydesmond Polka、他多数。
[ 2006/05/17 01:26 ] Fiddle | TB(0) | CM(10)

わがテーマ曲

唐突だが、「モハー」という名前の由来はアイリッシュ・ジグの名曲「Cliffs Of Moher」(モハーの断崖)である。モハーの断崖そのものの風景は適当にネット検索していただくとして、フィドルを始めて1年半弱になろうというのに、名前の由来となっている曲を全く弾いていないというのは問題だ。ゴールデンウィーク中にブログ仲間のせばすちゃんさんと遊んでいたときに(過去記事はこちら)「師匠が Banish Misfortune の後に Cliffs Of Moher を続けて弾いていてすごくカッコいいんですよ」と煽られてしまった。思い入れがある曲だけに「もう少し上達したら」と考えていたのだが、こうなってはチャレンジするしかあるまい。

因みに私の魂を直撃したのはこれに入っているテイク。
Under The Moon / Martin Hayes
UnderTheMoonこれの10曲目にLark's March ~ Kilfenora Jig ~ Cliffs Of Moher のセットで入っている。Cliffs Of Moher だけでなくジグ・セットとしてこのテイクは大好きだ。いずれこれはマスターしたいと思っている。

Sheetついでだが譜面も出ている。(またか!)
当然ながら既に入手しているのは言うまでもない。妙に装飾音までこと細かに拾っている割に中途半端にリピート多しの変な譜面だが、じゅうぶん役には立つ。他にもHayes節満載の素晴らしい作品なのだ。こんなに自在に弾けたらさぞ楽しいだろうな。この作品だけ譜面が出ているというのも不思議だが、この後に続くDennis Cahill とのデュオより純粋にフィドルが楽しめる作品ともいえる。


勿論目標はMartin Hayes パターンなのだが、セッションの模様などを聴いているとどうも少し違う。メロディの触り方も違う。先々セッションで楽しめるようになりたいという目標から考えるとセッションで一般的なものを先に覚えた方が合理的だ。ちょうどKevin Burke もCeltic Fiddle Festival でやっていることだし、適当にネットで譜面を仕入れて練習し始めた矢先にまたしても我が物欲を刺激するものが見つかってしまった

Learning The Irish Fiddle taught by Kevin Burke
Burke1)Boys Of Bluehill
2)Kitty's Wedding
3)The Connaughtman's Ramble
4)The Frost Is All Over
5)The Humours Of Glendart
6)The Castlebar Tramp
7)The Pigeon On The Gate
8)Rolls
9)Lafferty's Reel
10)The Strayaway Child
11)Bonnie Kate
12)Jennie's Chickens
13)The Green Groves Of Erin
14)The Kid On The Mountain
15)The Cliffs Of Moher
16)Callaghan's Reel
CDが6枚付属。

なんだ、苦労しないでもこの中にズバリ入っているじゃないか。模範演奏だけでなく、演奏の解説もしてくれている。こりゃ便利ですな。他にも既に練習中の「Kids On The Mountain」なども入っていてありがたい。英語能力ゼロだが早速Burke 先生のお話を聞きながらお勉強。

せっかくせばすちゃんさんから「Banish Misfortune」も教えてもらったし、ここは贅沢にセットで練習と意気込んで練習したが、実際はこんな感じ...(汗)。(勇気ある方のみどうぞ)
Banish Misfortune ~ Cliffs Of Moher

mmm、ヒドいですな~。リズムはメタメタだし、音程もかなり狂ってる。ただ、個人的にはAパートの3、7小節目に入る前掛りのロールは比較的綺麗に入っていてうまくいっている方だと思っている。とにかく弾きこむしかないんだが、どうも課題が増えるばかりで一向に「この曲、仕上がりました」というのがないのが気になる。ボウイングは「King Of The Fairies」練習のお陰で多少マシになったか、とは思うが、厳しいのぉ...。
[ 2006/05/14 23:44 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

ヴィクトリアマイル

今日は今年新設されたヴィクトリアマイル(G1)がある。府中にG1が集中し過ぎ、マイルG1多過ぎなど不満点もあるが、強い牝馬が長く走ってくれる可能性を広げてくれているわけで、個人的にはいいのではないかと思っている。
シーザリオの引退、スイープトウショウの故障欠場があったものの、記念すべき第一回にふさわしくメンバーは揃いましたね。個人的にはゲートを出てみないと走るか走らないかわからないスイープトウショウの不参加はありがたかったりする(笑)

有力馬はみな一長一短があり判断が難しいが、個人的には潜在能力ではダンスインザムードとラインクラフトが抜けていると思っている。

G1好走馬で早熟・上がり目なしと判断したのは以下の4頭。
アズマサンダース、ショウナンパントル、ディアデラノビア、デアリングハート
これにジェダイトも含め5頭は消去。

騎手で消そうと思っているのは以下の2頭。(お決まりですね)
スナークスズラン:カッチーだもんね
コスモマーベラス:大先生だもんね

無条件に消すのは2頭
オーゴンサンデー、レクレドール

難しいのは上り馬の判断ですが、この春は実績馬がそれなりの結果を残してきているだけにちょっと厳しいのではないか、というのが今の考え。アグネスラズベリ、ロフティーエイムなどは切りたいですね。

残るは7頭。

マイネサマンサは久々で捨て。チアフルスマイルは横山典が魅力だけど、阪神牝特が不満です。ちょっと差があるでしょう。

残ったのはダンスインザムード、ラインクラフト、ヤマニンシュクル、ヤマニンアラバスタ、エアメサイアの5頭。

ダンスインザムードは最内枠がどう出るかでしょう。馬場の悪いところを通されて嫌気が差さなければいいと思いますが...。
ラインクラフトは1200m → 1400mのローテーションが鍵かな。ローズSや秋華賞で2000mもこなしているので大丈夫とは思いますが、行きたがるようだと危ないかも。
ヤマニンシュクルは府中が?。前走で久々に勝って勢いがあるかもしれないですけど...。重もよくないでしょうね。
ヤマニンアラバスタは距離と出遅れ癖が鍵。スローで流れても33秒前半の上がりで差し切る力がありますが、これは出遅れなければの条件つき。重はこなせるので面白いですけどね。
エアメサイアは3歳春、フィリーズレビュー3着 → 桜花賞4着が気になります。1600m未満での決め手の無さを距離延長で補えた馬という印象が強い。しかも阪神牝特ではフィリーズレビューのときよりラインクラフトとの着差が拡大。東京コースが救いとなるかどうか、というところでしょう。

という感じですが、一応私の印は以下の通り。
◎ダンスインザムード(お姉さまの貫禄見せて)
○ラインクラフト(この距離までなら能力随一)
▲ヤマニンアラバスタ(一発あるならこれか)
△エアメサイア(武様なので一応押さえで)

最終的にはパドックを見てからにしようと思いますが、ダンス&ラインの2頭軸でアラバスタとメサイアへ流しが省エネでよいと考えています。
[ 2006/05/14 10:21 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(2)

フィドルレッスン

間にゴールデンウィークが入ったこともあり久しぶりのレッスンだった昨日。連休期間のパワーアップを見せたいところだが、平日は相変わらず弾けていないので...。

冒頭はちょっと音階で悩みがあった「Banish Misfortune」から。
GW中の練習会でせばすちゃんさんから教えていただいたカッコいいJigだが、F音をシャープかナチュラルかで悩む場所がある。Chieftains も2枚目でやっているのだが、どうもFナチュラルを使っているような箇所が多々あった。いざ、レッスンで弾いて師匠に相談すると「Fナチュラルを使う場合転調の認識でしょう。弾いて気持ちよい方を使えばいいですよ」といつも通りの爽やかな笑顔。お次はお試しで「Cliffs Of Moher」。私のHN の由来となっている曲だ。まだ全然納得できるレベルでないのでこれは別稿とさせていただく。

今回レッスンでみていただきたかったのは「King Of The Fairies」だ。弾き始めると師匠は頷きながらじっくり聴いておられる風だ。こういうときは大体師匠は「いいですねぇ。」と言われると相場は決まっている。果たして、やはりその通りで「よくできてますよ。ちゃんとスライドを使っているのもいい」と久々の評価でした。

ここから先は乱れ打ち状態。Liverpool を試し弾きまではまだよかったんだが、その後Hornpipe 繋がりで過去にやったことがある「Boys Of Bluehill」が突然始まったり、師匠とのセッション大会みたいだ。こうなると止まらない。前回教えていただいたリール「Salamanca ~ Banshee」や「Flogging Reel」も自然発生的だし、Kesh Jig を弾こうものなら師匠はその後Bothy メドレーに入ってしまう。あっという間の1時間。無茶苦茶ではあるが時間の経過を忘れる楽しいレッスンでした。「多分Jigは大丈夫でしょうから、どんどん曲を覚えましょう」と言われた。こういう意欲を掻き立てるおだて言葉は嬉しいもんですな(笑)

番外編で...。
実は雨天にも関わらずやむを得ぬ事情により今回のレッスンはマンドリンも持参。一通りレッスンは終わったが後ろがあいていて何とマンドリンまで...。師匠は楽器を見た瞬間に興味津々の表情なので「じゃ、どうぞ」とお渡ししたら「あぁ、これいいかも。」と覚束ない雰囲気で音を出される。最初は「あぁ、私の指でも大丈夫ですね」なんて言われていたが暫くすると「バイオリンよりはビオラの感覚ですね」と。サイズ的にはやはり予想通りの反応だった。自然に押さえると小指が若干7フレットに届いていないんですな。
うろ覚えのPartita #2 Gigaを弾き始めたら師匠は大受け。途中つっかえると「そこはド」とか「はい、そこはレ」などと間髪なくご指導。さすがです。弾き終えたらニコっと笑いながら「よく覚えましたねぇ。弓使いの問題は勿論あるけどポジション取りは大丈夫なのでそのままバイオリンで弾いても面白いですよ」ときた。むむ、それは私への挑発ですな(笑)。恐いので再度確認したら「開放弦の箇所を4指で処理したらほぼイメージ通りですよ」とのこと。時折でてくる1st ポジション以外の場所について「マンドリンは目印があるからいいけど」と私が言うと「バイオリンも一緒ですよ。弾いていくうちにわかるから」とまた笑顔。うーん、どうやらポジション・チェンジへのトライを容認してもらったのかなぁ。
[ 2006/05/14 01:35 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

妖精の王様?

この休暇はセッションに出向いたり、楽器屋さんに遊びに行ったり、川原でフィドルを弾いたりで個人的には愉しんできたのだが、どうも最近フィドルの音色が気に入らない。「それはオマエがヘタやねん」と突っ込まれたら何も反論できないわけだが、どうもボウイングが粗くなっている感じが自分でもしている。所謂スランプというものか。

以前このブログで書いたが、Kevin Burke の「Learn To Play Irish Fiddle」のVol.1 に名曲King Of Fiaries があり、テンポも楽なので練習している。一応曲はホーンパイプだと思うが、Air のように歌うような演奏で素材にはちょうどよい。ロングボーのチェック+装飾音 を極める題材で使わせてもらうことにした。

今、これよりひどい音は出ないだろうという楽観的な予測のもと、まずはDVD 付属の譜面通りに弾いたのが、これ。
King Of Fairies 譜面通り
曲自体がきれいのでこれでも問題がないといえばそれまで。しかしボウイング音程もヒドい。名曲も台無しですな。

次はまだちゃんとできないが、何箇所かDVD を見つつ装飾なりを工夫したのがこれ。
King Of Fairies ちょっと工夫版
Kevin Burke のDVD によるとこの辺は既に私にとってはハイレベル過ぎるのだが、スライドやらビブラートやらてんこ盛り。とても一度にはムリなので現時点で可能なところのみ試してみた。開放弦のロールも試しているが、中指&人差し指は普段使わないのでほんのお遊び程度にしかなっていない。スライドはただでさえ怪しい音程をさらに狂わせるネタでしかないですな...。

恐怖はこれ。真の勇者のみ聴く資格がある。前記2バージョンを左右に振ってオーバーダビングしたテイクだ。言っときますが、真面目に聞いたらホンマに吐きまっせ
King Of Fairies マジ吐きそう
音程の不安定さをこれほど如実に語るものはないと思う。それでも後半になると狂った音なのにまるで予定調和かのように収束するところが恐かったりする。ようは私は音痴??

ここまで恥を忍んで(だったらアップするんじゃないというのはごもっともだが建設できてないので却下する)出したのは、ここ数ヶ月どうも音色がよくないという反省にたってのことだ。ゆったりした曲でボウイングをもう一度ちゃんと見直すとともに、見た目派手な装飾音を取り入れ表現力アップを目指したいという考えの下、始めたことである。飽きやすい中年男がやることなので、いつまで続くかは本人でさえわからないが、選曲やテーマは正しいと思っている。また進歩があればアップできるよう日々研鑽する所存である。
[ 2006/05/08 02:26 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

NHKマイル特別

もう出走間近になってきたが、何も予想しないのも何なので...。
各紙とも先行激化と書き立てる中、いまだに私は精々平均よりやや速め程度でないか、という考えが捨てきれず...。これから雨でどの程度馬場が渋るか次第ではあるが、馬場状態が悪化するにつれレースのペースが上がるような気がする。時計は1分33秒後半程度じゃないか、と。
ということで馬表を眺めつつ方針決定。前半3ハロンと後半3ハロンをほぼイーブンで回ってきて勝ったような馬狙い
候補は
マイネルスケルティ、ロジック、ステキシンスケクン、ドラゴンウェルズあたり。この内、前回書いたとおりロジックは豊人気でうまみがないので捨てる。そして、一応実績に敬意を表してフサイチリシャールと先行策を仄めかしているディープエアーを追加。
◎フサイチリシャール(ま、一応G1ホースだし...)
○マイネルスケルティ(大先生じゃなきゃ、◎はこちら)
▲ドラゴンウェルズ(休養明けの前走度外視で一か八か)
△ディープエアー(雨と先行策に妙味)
△ステキシンスケクン(人気の盲点かな)
買い方は...、これから必死で考えますわ。
[ 2006/05/07 13:59 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

NHKマイルカップは必要なG1か?

地獄の6週連続G1の第二弾、NHKマイルカップが7日にある。
1996年、従来ダービー・トライアルだったNHK杯(G2)が距離を2000mから1600mに変更されG1へ格上げ、残念ダービーもしくは○外ダービーと言われていたニュージーランドトロフィーがマイルカップのトライアルに変更された。
JRAの意図通りというか、1996年から2001年まではまさしく○外ダービーだった。○外以外で3着以内だったのは、
1997年 ショウナンナンバー
2001年 サマーキャンドル
の二頭だけ。他はすべて○外である。
2002年から潮目が変わり、3着以内に入った○外は2002年のアグネスソニックだけだ。
○外も条件付でクラシック競争へ出走できるようになり、レースの位置づけがただ単なる3歳限定マイルG1になったということだろう。また皐月賞よりは、マイルC→ダービーを狙う陣営が出てきたということもあるのだろう。まぁ、この特殊なローテーションで成績を残したのは松田国厩舎で、クロフネ・タニノギムレット・キングカメハメハと名馬を3頭ともパンクさせてしまった鬼門のパターンではある。
大物○外が出なくなってからは、クラシックを賑わすような馬の有無でレースの結果も決まってくるというのがこのレースの特徴ともいえる。

2002年
1着テレグノシス:スプリングS 2着 → NHK 1着
2着アグネスソニック:スプリングS 3着 → NHK 2着
3着タニノギムレット:スプリングS 1着 → 皐月3着 → NHK 3着
2004年
1着キングカメハメハ:毎日杯1着 → NHK 1着
2着コスモサンビーム:皐月賞4着 → NHK 2着
2着メイショウボーラー:皐月賞3着 → NHK 3着
2005年
1着ラインクラフト:桜花賞1着 → NHK 1着
2着デアリングハート:桜花賞3着 → NHK 2着
3着アイルラヴァゲイン:マーガレット 1着 → NHK 3着

2005年はちょっと異色ではあるが、しっかりとした軸馬がいる年は配当は別として、大レースでそれなりに好走してきた連中が着実に馬券対象となっている。しかも2002年は3頭ともスプリングS組、2004年は皐月賞組が2頭、2005年は桜花賞組が2頭。
今年の出走メンバーを見る限り、上記3年には程遠く2003年の混戦パターンと思う。
因みに2003年はこんな結果。
1着:ウインクリューガー(9人気)
2着:エイシンツルギサン(5人気)
3着:マイネルモルゲン(6人気)
1人気 ゴールデンキャスト 11着
2人気 ヒューマ 9着
3人気 サクラタイリン 6着
上位3番人気まではソロって掲示板を外す討ち死。ゴールデンキャストは武豊による過剰人気、ヒューマは1400mまでしか経験なし、サクラタイリンは前哨戦でエイシンツルギサンに敗れているにも関わらず3番人気はやはり人気過剰かな。

多分今回の一番人気はフサイチリシャールでしょう。G1ホースであるし、マイル~1800mあたりが適正距離っぽいですからね。ロジックは人気するようなら捨てと思います。私にはゴールデンキャストの匂いがします。本来ならマイネルスケルティに厚く印を打ちたいところだが、鞍上が大先生。個人的にはG1レースとは言い難いメンバーだ。
今日枠も発表になり普段愛読の競馬ブックを見たら、展開予想がハイペースになっている。ほんとかな?誰でも勝つチャンスがありそうなレースにハイペースは似合わない。精々ちょっと早めの平均ペースと私は見てますが...。

フサイチリシャールは府中1800mなら無敵だと思いますが、1600mは案外向かないかもしれません。マイネルスケルティは前述通り鞍上に不安。ただ、捨て切る勇気はないですね。こんなときは決め手不足で泣いてきたような馬が絡むんだよね。ディープエアー・ドラゴンウェルズ・ロジックあたりがそんな匂いを醸し出している気はします。
結論は明日の京都新聞杯後にしようと思っています。マルカシェンクのレース次第でこの世代の勢力分布がハッキリわかると私は思っているのです。
現時点では諸条件に目を瞑るなら
◎フサイチリシャール
○マイネルスケルティ
が不動。以下、ディープエアー、ドラゴンウェルズ、といったところです。気が向いたらまたアップします。
[ 2006/05/05 23:59 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

中年ピヨラーズ at 武庫川

ブログがきっかけでピヨラー仲間になったせばすちゃんさんと昨日になって連絡が取れ、急遽練習会となった今日。久しぶりに西宮まで出かけてきた。昨年末、Hanshin Fiddler's Nest の合同練習会以来だから、約4ヶ月ぶりの再会である。お互いの進歩(後退している可能性もあり?)を確認しようという趣旨だ。
昼過ぎから武庫川川原沿いでベンチに腰掛けフィドルを弾く中年男二人。バーベキューやら野球・サッカー・ゲートボールに興じる連中からは奇異に見えたことであろうが、本人達は至って真面目にフィドルを弾いているつもりである。周囲も適度に騒がしいのであまり気にせず結構集中して弾けました。
せばすちゃんさんからは、「Banish Misfortune」「Behind The Haystack」といったジグを教えてもらった。前者は前日コソ練していたが、やはり見事に忘れている。何度かゆっくり弾いてもらってだいぶん指に馴染んだ。後者はまだまだ練習が必要だが、知っている人に弾いてもらっているのを聴きながら練習するのは実に効率がよい。一人で音採りするより遥かに速いね。
お互いちゃんと頭に入っている曲は合わせて弾く。「Brithces ~ Egan's ~ Last Chance」、「Kesh Jig」、「Blarney Pilgrim」などは定番なので何度となく弾いた。せばすちゃんさんは最近カットやロールなど装飾音に取り組み始められたらしいので、Kesh Jig やBritches などは格好の練習台。お互いに入れ方を確認しつつ、何度も弾く。飽き始めたらお互いの楽器を取り替えて弾いたり。前回弾かせていただいたときにも思ったが、せばすちゃんさんのベルガラスは本当によく鳴ります。芯のある野太いフィドルらしい音というか、フィドルを挟んでいる顎に直撃するボディの振動が嬉しくなります。せばすちゃんさんからは我が愛器パントルを「表現しやすい。強弱も簡単につけられるしさすが年代モノですね」と評していただいた。我が愛器の音は人に弾いてもらわないとわからない、もんですな。
結局、あぁだこうだで3時間超。春晴れの心地よい川原で楽しく過ごすことができた。せばすちゃんさん、また遊びましょう。不屈の中年フィドラーとして精進し、驚愕の腕前になるのだ。教わったジグは次回リヴェンジしますね。次に会う時には驚愕の装飾音で勝負だぁ!!
[ 2006/05/03 20:24 ] Fiddle | TB(0) | CM(9)

寄り道~神戸編

昨日京都へ寄り道したが、翌日も引き続き寄り道で神戸へ。
一度も神戸の住人になったことがない私だが好きな街で、学生時代や就職してからも関西在勤の頃には随分顔を出したものだ。今回は暫く顔を出せなかったところへ顔を出すというテーマのもと、阪急王子公園へ降り立つ。駅前で綺麗な花壇があったので思わず写真。
flower


前から一度撮っておかねばと思っていた観覧車もついでだ。
Ouji


目的地へ向け上がっていくと競技場で懐かしい響きが。「○○、ファーストダウンを取りました」。おぉ、アメリカン・フットボールですな。見ているとどうも私の母校が試合していたようなのでこれも遠景ながら写真。
ameragu


ようやく目的地へ到着した。ここである。
Acoustic Harmony
AcoHamo

最初お会いした頃は京都で店をやっておられたが、神戸に移られて何年になるか...。マンドリンやフィドル、私が新たな楽器を始めようとするたびに的確に微妙な価格設定で素晴らしい楽器を紹介していただいたありがたい、いや危ないお店である。中は楽器屋兼喫茶店となっていて、オーナーとゆったり話しながらいつの間にか楽器がほしくなる催眠をかけられてしまう仕掛けになっている。今日はさらに凄いことに工房ホットリックスの方まで出てきて旧知の方にフィドルを強姦されていた(笑)。ま、本人が欲しいといっているからよいものを薦めるのは当たり前だが、オーナーまで大受けしつつ、次から次へとフィドルを出してくる手際のよさには今更ながら驚いた次第だ。いつの間にか弾き方講座も始まっている。う~む、私も関西人の端くれだが、こういうのをみると商売上手はやっぱり関西だと思いますな。結局皆から薦められた楽器をほぼ即決に近い形で購入されていた。その楽器は私も少し弾かせてもらったが、私のパントルより野太い感じの力強い音が出る。何でも使えそうな素晴らしい鳴りでした。多分、パントルと並べられていたら私は悩んで二本とも買ったことだろう(嘘)。

結局予定より長居してしまい、そそくさコーヒー代を支払って元町へ。ここは世話になっているというよりは、向こうから中元・歳暮の類が来ないのがおかしい、という場所である。そんな場所ほど募金活動の群れがいることにいつも違和感を覚え、今回も余程写真で動かぬ証拠を撮ってやろうかと思ったが止めました。写真は既に大勝負「天皇賞」が終わった後の記念ということで。
大勝負、終わった後の...
wins_kobe

私が到着したとき、ちょうどレースは終わっていたが、近所のパチンコ屋のテレビでリプレイはじっくり見せてもらった。ディープの圧勝は当たり前としても、3角過ぎから既に先頭、とは思わなかった。本来これはデルタブルースあたりがやりたかった形のハズ。ディープとリンカーンの変則二強の考え方はあっていたようだ。リンカーン、可哀相に。過去二年の間に今日のようなレースをしていれば、キミも既にG1馬になっていたんだよ。G1未勝利脱出へ向け宝塚を頑張ろうね、リンカーン。あ、馬券は久々に当たりましたよ。我ながら変則二強とストラタジェムのヨミは見事でした。三連複でゲットです。

最後に寄ろうと思いながら時間が足りず写真だけになったのが、ここ。
Honky Tonk
HonkyTonk

学生時代から世話になっていた中古レコード屋さん。社会人になってからもLP のDjangologieシリーズ(Pathe 盤)の入手では随分お世話になった。また今度寄りますので今回はごめんなさい。

この後実家へ向かう電車へ。面白かったけど疲れた~。
[ 2006/05/01 00:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。