スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国際招待競争、国際G1ねぇ...

昨日、今日と連日国際招待競争が組まれたジャパン・カップ週。何となく盛り上がりに欠けますなぁ。
昨日のジャパン・カップ・ダートは外国馬が不出走の上、中央・地方のエース格カネヒキリとアジュデミツオーが出ていない面子では、正直そこらのダート重賞や地方交流重賞と何ら変わるところがないレースだった。
今日のジャパン・カップにしても11頭立てで外車も2頭、しかも牝馬のみ参戦。11頭の中にもいかにも数合わせ的馬にラビット役も混じっているから実質一桁台の頭数という感じだ。辛うじて国内エース格であるハーツクライとディープインパクトが出走していること、3歳クラシックを賑わせた馬たちが出走していることで面目を保っていますな。まぁ、このレースの結果如何では有馬記念の面白みが一気に消え去る可能性もあるわけだが...。

先述したが、ユキノサンロイヤルやトーセンシャナオー、フリードニアなどは論外と思っていい。このレースのポイントは3歳馬とデットーリの取捨だろう。

傾向的には3歳馬でも結構勝負になっている。勝ち馬こそ2001年のジャングルポケットを最後に出ていないが、2004年には2-3着を独占だし、2003年は2着にザッツザプレンティ、2002年はシンボリクリスエスが3着だ。但しいずれも古馬陣の層が薄い(2001年、2003年、2004年)、どろどろの不良馬場(2003年)と特殊事情があったことは否めない。同世代では抜けた能力の持ち主がいて、古馬陣が不在のときに出番があると考えるのが自然だ。

ここまでの3歳vs古馬戦を見る限り、今年の3歳は「比較的よく頑張っているなぁ」と思える世代なのでバッサリ捨てるには勇気がいるのだが、割とやれそうと思っていたドリームパスポートは鞍上が岩田。ヨコノリから府中苦手の岩田ということで今回は消そう。メイショウサムソンはどうも絞りきれないみたいな話も聞かれるし、今ひとつ強いかそうでもないのかよくわからないので消し。但し、フサイチパンドラは拾う。矛盾しているように思われるかもしれないが、何となく匂う。アテにならない馬だが、福永が乗り始めてからは3着を外していないし、牝馬限定とはいえ古馬と対戦しスイープトウショウに先着できているから、牡馬2頭よりむしろ信頼できるかもしれない。

ウィジャボードは、というかデットーリはどうか。昨年は軽視して見事にやられちゃったから余計に悩むわけだが、常識的にはないと思う。「昨年よりはるかにデキがよい」という記事をあらゆるところで目にしたが、こんなときの外車は捨てだ。

ディープインパクトとハーツクライはさすがに捨てられない。となればいかに絞って買うか、だね。もしこの2頭が2着以内に揃わないとすれば外れる可能性が高いのはハーツクライだろう。休み明けが長いことは決してプラス材料にならないからね。

◎ディープインパクト
○ハーツクライ
△スウィフトカレント
☆フサイチパンドラ

3連複・3連単は、ディープから1頭流し若しくはディープ&ハーツから2頭流しでいかがか。ディープ以外の3頭でワイドボックスも結構配当は大きい。

なんじゃかんじゃで、ディープとハーツの馬連3.2倍(14:02現在)ってオイシイよね、という結果だったりして...(爆)。

キルトクールはウィジャボード。触らぬデットーリに祟りあり??
スポンサーサイト
[ 2006/11/26 14:16 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(2)

はんなり音語り

私はクラシック音楽については好きだが非常に疎い。コンサート・ホールで聴くとなるとお行儀よくしていなければならず、しかも薄暗いところで心地よい音楽が流れてくるわけだから、自然眠気に誘われることもある。演奏者によっては「眠たければゆっくりお休みになっていいんですよ」と仰る方もいらっしゃるが、鼾をかくわけにはいかないから、そう簡単な話ではない。
まぁ、ライブハウスやパブで飲み物を飲みつつ、タバコを吸いつつ気楽にライブを楽しむことに慣れすぎてしまった私にとって、コンサートホールそのものが眠気を誘うのかもしれない(爆)。

そんなふしだらな私には常々こんな願望があった。

でも飲みながらリラックスできるライブハウスクラシックが聴けたら何と素晴らしいことだろうか

そんな願望を満たしてくれるお店が実は赤坂に誕生している。カーサ・クラシカさんである。なかなか足を運ぶ機会がなかったが、ようやく本日行ってこれた。

出演は、森元志乃さん(vln)と山本実樹子さん(p)のデュオ。どちらも初めて聴かせていただく方達だが、森元志乃さんに関しては著書「ヴァイオリン各駅停車」やホームページ「ヴァイオリン弾きのおやど」で一方的に私淑している。ヴァイオリン、音楽を教える・伝えることに並ならぬ情熱を感じる方で一度演奏を拝聴したいと思っていたのだった。

ヴァイオリン各駅停車
guidetotheviolin.jpgこれは実に思い出深く、今でも事あるごとに読み返す本だ。我が愛器パントル入手からレッスン開始までの約1ヶ月は本当にこの本には随分助けてもらった。手入れも含めた楽器の扱い方から始まり、構え方や弓の使い方など今読んでも参考になることが多い。
体験レッスンでいきなり全弓ボウイングを披露し、「おぉ真っ直ぐに弓が引けているじゃないですか!」と師匠を驚愕させることができた(大袈裟!)のは、紛れもなくこの本のお陰である。


カーサ・クラシカは予想していたより小さ目のハコで、演奏家との距離もかなり近い。開演30分前に到着したらまだリハーサルをやっておられた。なんだ、そんなことならもう少し早めに行っておくんだったなぁ。

事前に森元さんのブログにご挨拶したら「是非当日は声をかけてください」とのことだったので、リハーサル後に簡単にご挨拶。想像以上に敷居の高さを感じないフランクな方で、さすがだなぁ、という感じだった。

今夜のコンサートは3セット構成。曲間は森元志乃さんと山本実樹子さんのくだけすぎない適度な軽いトークで曲やら作曲者やらの紹介をしてくださる。うん、こんな感じのリラックスできる雰囲気でクラシックを愉しんでみたかったんですな、私は。

演目はクラシックに疎い私でも聴けば「あぁ、これは知っている」という曲がほとんど。編成もシンプルだから各々の楽器の音もよく聴こえるし非常に心地よい。病み付きになりそうですな、これは♪

1st と2nd の幕間で森元さんが「愉しんで頂けましたか」と声をかけてくださった。

森元さん「楽器を何かやられるんですか」

私「今はヴァイオリンを習っています。いきなりアイリッシュ・フィドルなんですけど」

森元さん「あぁ!いいですよね。知り合いにもあの世界にドップリはまった人がいるんですよ。独特の技術がいるようですけど、間違いなく楽しめる音楽ですよね」

てな、会話を少しさせていただいて。
今まで書籍やホームページで私淑していた方だけに実際会話するとなると実に緊張したが、少しでもお話させていただいてありがたい限りデス。
何か、オーラというか聞かれもしないのに余計なことまで喋ってしまいそうになる広さを感じる方でした。ますます私淑しちゃいそうですねぇ(笑)

演目は下記の通り。秋の夜長にピッタリのよい構成だったと思う。観に行ってよかった。本当に楽しかったです。同じ場所、同じメンバーで来年1月にまたあるそうです。

(1st stage)
 1 バッハ アヴェ・マリア
 2 ヘンデル 涙のアリア
 3 シューベルト セレナード
 4 グルック オルフェオのメロディ
 5 モーツァルト ヴァイオリンソナタ G-dur k379
 
(2nd stage)
 6 フォーレ 夢のあとに
 7 フォーレ 子守歌
 8 ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
 9 ラヴェル ハバネラ様式の小品
 10 ドビュッシー 亜麻色の髪の乙女
 11 ドビュッシー 夢( Pfソロ)
 12 キャプレ 夢
 
(3rd stage)
 13 リスト ハンガリアンラプソディー No.12( Pfソロ)
 14 リスト  ラ・カンパネラ(Pfソロ)
 15 ピアソラ オブリビオン
 16 ピアソラ リベルタンゴ
 17 ピアソラ 天使のミロンガ
[ 2006/11/24 00:52 ] Concert | TB(0) | CM(16)

勉強になる位置

昨日21日はIrish Times @ 新橋でアイリッシュのライブがあった。
9月に初めて観て以来(過去記事はこちら)、すっかり大渕さんのフィドル捌きの見事さに惹かれてしまった私は、三度観に行くことにしたのだ。

shinbashi_1121.jpg本日はこんな角度からライブ観戦。いつもゆっくりセッションで陣取るテーブルからの観戦だ。過去2回はほぼ正面に近い場所から眺めていたのであるが、少なくともフィドル捌き、特にボウイングを観るにはこの位置が圧倒的によい。人によって随分相違点はあるのだと思うが、この視線で観る大渕さんの弓使いは、それはそれは勉強になるものだった。


Burke_1121_2.jpg例えばこれはKevin Burke の教則DVD の映像なんだが、大抵の教則モノでは弓の毛と弦との接触は精々ここまでの角度でしか観ることができない。弓の動きはじゅうぶん見えるのであるが、弓の毛をどのように弦に当てているかまでは判別できないですな。


bowing_1121.jpgしかるに、今日の観戦位置であればこんな角度になる。ちょうどよい写真が撮れなかったので分かりづらいかもしれないが、どのように弓の毛を弦に当てているかが凄く分かりやすい位置だったのだ。毛の張り具合で弦に当てる弓の力具合までハッキリ見て取れる。真正面から観ていたのではわからない微妙な力加減をじっくり観察できたのは大いなる収穫だった。


ライブは例によってノリノリで素晴らしい出来栄え。Kevin 師匠のリクエスト「Rose In The Heather ~ Kesh Jig ~ Connaughtman's Ramble」のセットもよかったなぁ。

tenorbanjo.jpg幕間にはこんなことも...(笑)。ブレンダンさんのテナー・バンジョーを弾かせていただいた。スケールが長い分、指使いが少し難しいが、7フレットを使わずにすむ曲ならなんとか弾けますな。残念ながら写真はないが、大渕さんのフィドルも少し弾かせていただいた。凄くよく鳴る楽器だったなぁ。ウズウズ...。


因みに本日のライブを観て試してみたいというか、真剣に弓使いを少し触ってみようという気になっている。たかが一晩よい席で観ただけで分かるほど甘くはないと思うが、何となくヒントのようなものを得た気分なのだ。実際やってみないことにはわからないのでここでは書かないが、もし思った通りなら別途このブログに記事を書いてみようと思っている。

本日も皆さん、楽しい夜をありがとうございました。
[ 2006/11/22 01:18 ] Fiddle | TB(0) | CM(6)

忘却の彼方に名曲あり

昨日のレッスンで師匠とこんな会話をしていた。

「実はこの本のポルカって、ほとんどやってないんですよね...(苦笑)」

師匠「あぁ、そういえばいきなりジグから入ってホーンパイプ、リールに行ったんでしたね。スライドも飛ばしちゃったし(笑)」

・・・・・・・・・。

そう、フィドルを始めてもうボチボチ2年になろうとしているが、例の課題曲も合格・不合格もないレッスンのお陰で結構歯抜けになっていたりするわけだ。最初から全く手をつけずに飛ばした曲もあれば、多少さらったはよいものの何となく気乗りがしなくて途中で沙汰やみになってしまったものも多数ある。ここ数日、そんなことをしてきたツケが来ているかのような出来事が多い...。

例えば......



(その1)
12月に新橋に上陸する漢せばすちゃんさんからJig Set で「Rose In The Heather」を含むジグ・セットの提案があった。実はこの曲、長らく弾いておらず忘却の彼方にあったわけだが、何と1年半くらい前に『Irish Fiddle Book』の譜面でちゃんとレッスンしていた曲だ。いろんな曲をつまみ食いしている間に完全に抜け落ちてしまったらしい。

(その2)
これも昨日の師匠との会話だ。

師匠「そうそう、Star Of Munster の前にこの曲をつけたらどうでしょう?曲名を思い出せないんです(爆)が、Irish Fiddle Book に載っていた曲です」

~~~~~~~~師匠、実演中~~~~~~~

「あぁ、確かに弾いた記憶がありますね(猛爆)。曲名を思い出せませんが、何か途中でうやむやになっちゃったような記憶が...」

師匠「そうそう、途中どうも弓順がしっくりこなかったか何かで消えちゃってましたねぇ(笑)」




いかんよな~。もっと大事に曲を覚え愛でるように接しなければ!ただでさえ雑になりやすいから、ちゃんと意識しておかないと曲に失礼やね。

云っているハナからこれかよ、という感じだが...(笑)。心臓に悪いかもしれないから聞きたい方はじゅうぶん覚悟の上にしてね♪

♪ Rose In The Heather ~ Kesh Jig ♪

さすがにゆっくりなりに弾いたことがある曲だから、何度かさらうと思い出してきた。結構覚えづらい音使いなのでまだ安心はできないが、もう少し速くても大丈夫だ。むしろ油断しているKesh の方が怪しかったりするのは実に皮肉なことだ(苦笑)。そういや、Kesh も最近練習ではあまり弾かなくなっちゃったな...。

この程度では「はははどこからでもかかってきなさい」といえるようなレベルではないが、弾き込んだら何とかなる目処は立ったような気がするね。
どうも「Strayaway Child」で変な弓順(過去記事はこちら)を練習したら、一般的なジグのボウイングもやりやすくなったような気がするなぁ。気のせいじゃなければ嬉しいんだけど...。
[ 2006/11/19 23:58 ] Fiddle | TB(0) | CM(4)

東京湾半周音楽の旅

昨日はフィドル・レッスン日。今年2月の発表会でご一緒させていただいた方と随分久しぶりにお会いした。

レッスンは「Strayaway Child」「The Pigeon On The Gate」を中心に+αで「Lafferty's Reel」。
ボウイング・パターンの考え方を中心にトリプレットとロールの入れ方などを。The Pigeon On The Gate はトリプレットやロールを自由に入れ替えられるといいが、慣れるまでは弓順とセットで固定化した方がケガが少ない。Lafferty's Reel はKevin Burke 特有の変な弓順で、師匠自身「ウッソー、これは難しいというか、かなり意識していないと違うボウイングになっちゃいますね~」と仰るくらいなので、じっくりと取り組むしかなかろう。

12月の教室でのセッションはほぼ候補日が確定したようで、何と2回もある!。残念ながら来月16日の漢迎撃セッション日は折り合いが付かなかったらしく、なだれ込み企画は企画倒れで終わってしまったが参加可能な人には連絡しておいていただけるようだ。




レッスン終了後は君津へ移動。久しぶりに関東手酌の会が開催されるのでSutton's へ。
今回は新たな仕事に就いた手酌の会会長のお祝いと遅ればせながら私の誕生日祝いということで、一本目はシャンパン。以降、赤ワイン→白ワインというつながりだった。
食事は相変わらず美味しいものを出してくれる。一番気に入ったのはこれ。
oyster_1118.jpg牡蠣料理なんだが、周りのスープがまたいい味が出てるんだな、これが。シャンパンよりは日本酒向きのアテという感じはするが、シャンパンとも相性はよかった。料理名は不明。


美味しいものを食し、美味しい酒を飲み夜は更ける。夜が更けてくれば呑みながら音楽だ。
Fluter_1119.jpgフラッシュをオフにするとかなりの確率で手振れを起こすわけだが、これもその一枚。光の加減はこの方がよいのだが難しいのぉ。ただ、手振れした感じが逆に幻想的でよいかもと思い上げてみた。手酌の会会長は今年になってフルートを始めたのだが、なかなか練習できないとボヤきつつ、やはり音色が実にきれいになっていたのにビックリ!

折角なのでマスターにギターで伴奏をつけていただいて「Brithces Full Of Stitches ~ Egan's ~ The Last Chance」を一緒に演奏した。昭和歌謡がネタに出たり、お土産に持っていったティン・ホイッスルでマスターが即興フリージャズを始めたのでマンドリンで絡んだり(笑)。
気付けばもう明け方3時を差している...。そりゃ眠いハズだわ...。
皆さん、今回もありがとうございました。またよろしくね~。
[ 2006/11/19 23:04 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

新星誕生なるか...

今日はマイル・チャンピオン・シップですな。
このレースに対する考え方は昨年このブログに書いた記事(こちら)から変化はない。世代交代があるかないか、が予想の重要なポイントだ。

昨年はデュランダルの末脚不発で大いに計算が狂ってしまった。正直なところ2001年産はキングカメハメハを除いて弱い世代なのでは、と常々思っていたのであるが、ダイワメジャーが本格化した印象やね。牝馬はもともとこの世代が強い。ダンスインザムードは能力がどの程度キープできているか、がポイントだろう。

2002年産(4歳)勢がどうもいけないね。今年はたった2頭の登録。昨年も書いたが、この世代は強い馬は徹底的に強く、他は大したことがない。層は薄いのである。デアリングハートあたりは早熟馬の印象を払拭して狙ってみても面白いが、このメンバーではちょっと辛い気がするね。

2003年産(3歳)勢が6頭と大量に出てきた。NHKマイルカップの結果を見ても、まだこの路線の代表格が決まらない感じだがこのレースの結果如何では、長期政権になる可能性はあると思う。

そして、今年いやらしいのは外車の存在。馬自体の実力がよくわからない上に、名手デットーリである。小雨も降っているようだし全く無視するわけにはいかない...。

危険な人気馬はマルカシェンクだ。骨折さえなければこの世代の代表馬になっていたかもしれない素質の持ち主だとは思うが、毎日王冠(1800m)→菊花賞(3000m)→マイルチャンピオンシップ(1600m)の使い方はあまりにも無茶苦茶なローテーションと云わざるを得ない。若い分、成長シロがどの程度あるかが微妙だが、毎日王冠を考慮すると斤量面でダイワメジャーとは3kg差が1kg差に、ダンスインザムードとは1kgが-1kgである。普通に考えれば分が悪かろう。

◎ダイワメジャー
○キンシャサノキセキ
▲コートマスターピース
△ダンスインザムード

スローは考えづらいが、ステキシンスケクンの逃げは気になる...。極端な前残りだと危険だが捨てた。ダイワメジャーは小雨が幸いするだろうが、もしやられるとしたら今までやったことのない連中に出し抜けを食わされるパターンだろう。ダンスインザムードはダイワメジャーの前には行けないから△。

3連複でダイワメジャーから流しでいかがか。3連単ならダンスインザムードはダイワメジャーより下に置くことが肝要かと。

キルトクールは前述の通りマルカシェンク。意味不明なローテーションは名馬を駆逐してしまうのだ。
[ 2006/11/19 12:52 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

不惑+1日@Irish Times ゆっくりセッション

コメントで既に出ているが、実は11月13日は私の誕生日であった。遂に不惑に突入で複雑な心境だが、だからといって本人は特に今までと変わるところなくこれまで通り...。まぁ、一日で人間がそんなに変わるものでもないやね。

日が明けて14日は毎月恒例の「ゆっくりセッション」だ。何だかんだで5月に初めて参加して以来欠かすことなく出席でき、毎回少なからぬ刺激を受けてきた。Kevin師匠を始めご一緒させていただいた方々に感謝・感謝である。

19時過ぎに到着すると、既にKevin師匠・ちえこさん・T田さんの3名がくつろいでおられた。

ちえこさんの側には見慣れぬケースが...。まさか、と思ったが何とアイリッシュハープである。色んなサイズがあると聞くが、ちょっと小振りなタイプかな?ケースを見たときにはライアとも思えるような感じだったが、何ともえぇ雰囲気ですなぁ。見た目の雰囲気からは想像できないくらい軽く、音は柔らかく美しい。ちえこさん曰く「まだまだ練習不足でちゃんと弾けないんですけど」とのことだったが、伴奏にメロ弾きに何度となく披露され素晴らしい雰囲気を演出されていた。ゆっくりセッションでお会いしただけでもホイッスル・コンサーティーナ・ハープをこなされ、さらにオールドスタイルのステップ・ダンスも素晴らしい。ううむ、凄いですねぇ。


ゆっくり飲食しつつ、楽器の準備を始めて徐々にセッションに突入。ゆったりと演奏している内にKen さん、い~ぐるさん、noriさん、ryoさん、kouさんと続々登場。今日はどちらかというとまったり系というか、ややゆったりスピードでリラックスできた感じだった。定番曲を中心に私も半分くらい参戦したが、個人的にはゆったりと弾いた「Britches Full Of Stiches ~ Egan's」のポルカ・セットが新鮮だった。ryoさんのブズーキが凄く心地よくて、新たな魅力を発見できたなぁ。

盛り上がり始めた頃に止めで熊五郎師匠とおさむさんの千両役者コンビが登場。やっぱり一本芯が入る感じで気持ちよかった!

Session_20061114.jpg今回は初参加者比率も高かったが、その中で終始大活躍されたのはkouさんだ。先月代々木公園のセッションで初めてお会いした方なのだが、最近遭遇率が高く、わずか1ヶ月ほどの間に既に今日で4回目かな?フィドル、ホイッスル何でもござれの若者だ。ryoさんとのコンビも息があっていて気持ちがよい。写真の撮り方が下手なのは私のせいだが、結構この写真は気に入っている。


最後はお決まりの「John Ryan's」で〆。充実の2時間をありがとうございました。

終了後は定番となりつつある喫茶店での打ち上げ。色んな話が弾みあっという間の余韻でした。来月はいよいよ西方より来る漢の迎撃作戦発動ですな。皆さん、張り切って参りませう!
[ 2006/11/15 01:29 ] Fiddle | TB(0) | CM(25)

Trad. Songs Vol.10 ~The Pigeon OnThe Gate~

今回は「The Pigeon On The Gate」を採り上げてみた。

1.標記の種類
1)The Pigeon On The Gate
2)The Pidgeon On The Gate
3)Pigeon On The Gate
4)Seamus Ennis

4)を除いては判断が付く標記ばかりですな。
因みに訳すと「門の上のハト」だが、アイリッシュ・フィドラーあるはなさんのブログに「発見。」というバカ受けネタがあるので是非参照願いたい。これで曲名記憶障害から救われるか...。

2.曲のタイプ
Reel(リール)
キー:E Dorian
Aパート×2、Bパート×2の形式

3.所有している音源
1)『The Celtic Fiddle Festival』/Celtic Fiddle Festival
(Set)Pigeon On The Gate / Lafferty's / Morning Dew
2)『Promenade』/Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
(Set)The Pigeon On The Gate / Lafferty's Reel / Matt People's Reel
3)『Frankie Gavin And Alec Finn』/Frankie Gavin And Alec Finn
(Set)Pigeon On The Gate Reel
4)『Learning The Irish Fiddle』/Kevin Burke
(Set)The Pigeon On The Gate
5)『It's A Hard Road To Travel』/Andy McGann & Paul Brady
(Set)Reel Of Mullinavat / Pigeon On The Gate (reels)

これも定番曲で所有している音源も上記以外に最近仕入れた10枚組コンピレーション『Celtic Souls ~Irish Celtic Ballads & Traditional Music』にも3テイクあったことを付記しておこう。

The Session の譜面はこんな感じ
PigeonOnTheGate.jpg


Pigeon_20061112.jpg大森ヒデノリさんがやはり丁寧な譜面を書いておられるのだが、今回はボウイング・パターンを考えるということもテーマにしているので殺風景な『Learning The Irish Fiddle』の譜面をコピーし、Kevin Burke の演奏や解説を聴きつつ取り組んでみた。教則DVD でKevin Burke は「トリプレットは99%ダウンボウで弾き始める」と証言しているから、トリプレット前後のボウイングは比較的予想しやすい。しかし、いい加減な譜面やね~E Dorian なら#は2つでしょうよ!


相変わらずトリプレットが大きな課題だ。トリプレットそのものの品質も不揃いだが、その前後で大きくリズムを外してしまうし、かなりヒドイね...。
昨今、人が道路を歩こうが自転車で通行しようが人間が避けてくれると思い上がっているハトどもが多いから、この音源で門の上のハトをたまには叩き落して試練を与えるための音源だ。

♪ The Pigeon On The Gate ♪

聴いたら階段から転げ落ちたとか、躓いてこけたなどというクレームは一切受け付けないから、覚悟して聞いてね(爆)

[ 2006/11/12 19:50 ] Trad. Songs | TB(0) | CM(4)

熱き牝馬の戦い

今日はエリザベス女王杯ですな。

単勝・複勝オッズ(12日9:43現在)

カワカミプリンセス 3.0倍 1.3-1.7
スイープトウショウ 3.1倍 1.4-1.8
アドマイヤキッス 8.7倍 2.3-3.4
ディアデラノビア 9.1倍 1.9-2.8
アサヒライジング 10.7倍 2.3-3.4

おぉ、なるほど。カワカミプリンセスとスイープトウショウの差がかなり縮まりましたな。能力を発揮すればスイープトウショウが一番強いと思っているので妥当な線でしょう。
面白いのは複勝のオッズだね。カワカミプリンセスを除くと古馬有利とよんでいる人が多いことがハッキリわかります。

G1戦線を歩んできた3歳馬にとっては古馬との初対戦になることから力関係を読みきることが肝要なレースだ。ここ7年間で馬券対象となった3歳馬は

1999年フサイチエアデール 2着
2001年ローズバド 2着
2002年ファインモーション 1着
2003年アドマイヤグルーヴ 1着、スティルインラヴ 2着

の5頭。
割と特徴があって、3歳馬が絡む年は1年お姉さんの4歳世代が手薄なときである。例えば1999年はメジロドーベル(旧表記6歳)が1着だが、めぼしい4歳(旧表記5歳)はファレノプシスだけ。2001年はトゥザヴィクトリー(5歳)が優勝だが、4歳勢でめぼしいのは秋華賞馬ティコティコタックだけ。2002年は2~3着が4歳勢だが、レディパステルにしてもローズバドにしても3歳時の勢いは既に失せていた。2003年に至ってはさらに悲惨で、代表格ファインモーションが不出走では太刀打ちできる4歳勢は皆無だったといっていい。
ここ2年は牝馬の層が特に厚く、2004年は3歳馬ながら一番人気のスイープトウショウがあっさり5着に退けられたし、昨年のエアメサイアも見せ場なく5着に沈んでいる。天皇賞・秋の予想でも書いたが一般的には2Kg の斤量差ではまだ3歳馬には分が悪いとみるのが素直だ。傑出した能力を持つ3歳馬がいて、さらに充実期であるハズの4歳勢にめぼしい勢力がいないときに3歳馬の活躍が見込める、というのが私の基本的な考え方。

実は今年のメンバーはほぼこれに当たる。現4歳世代はラインクラフト、シーザリオ、エアメサイアと強い世代だったハズなのだが、ラインクラフトは死亡、シーザリオは引退、エアメサイアは休養中で正直なところ大将格が不在と見える。一方現在1番人気のカワカミプリンセスは無敗の2冠馬で秋華賞のタイムも優秀。3歳勢ではちょっと抜きん出た存在といえる。

結局鍵を握るのはスイープトウショウの出来だろう。マジメに走ればまだカワカミプリンセスより上のハズ。どちらかといえばスローな流れの決め手勝負に強い追い込み馬だが、宝塚記念のような上がりがかかる競馬でも牡馬相手に勝っているから万能型の追い込み馬。但し、この馬は頭に来るか着外、とみるのが妥当。

アサヒライジングは最内を引いたから場合によってはハナ、もある。シェルズレイも騎手がルメールだから積極的な競馬になると思われる。アドマイヤキッスも「もう少し積極的な競馬を」という陣営の思いがあるようだから流れはスローにはならない

ウダウダ書いているが、要するに考えがまとまらないので今回は二通りの買い方で通そう、というのが今の案。

(ケース1)スイープトウショウの追い込み不発のパターン
◎カワカミプリンセス
○アサヒライジング
▲シェルズレイ

(ケース2)前潰れのパターン
◎スイープトウショウ
○ディアデラノビア
▲キストゥヘヴン
△カワカミプリンセス

てなところで如何か。実は桜花賞馬はエリザベス女王杯と相性がよくなくて、現在の3歳以上になってからはファレノプシスとスティルインラブしか馬券対象になっていない。いずれも桜花賞以外のG1勝ちがありキストゥヘヴンには有り難くないデータやね...。

キルトクールは稀代の名トライアルホース、いや3歳牝馬界のバランスオブゲームと呼ばせてもらっているアドマイヤキッスでいかがか(爆)
[ 2006/11/12 10:49 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

Sam Bush に学ぶ

先週日曜日にマンドリン研究会でmureさんが3連符研究を発表された(過去記事はこちら)が、そのときの素材となった「Brilliancy」がなかなかよい曲で印象に残っていた。ちょうど所有している教則DVDにも入っていたのでマジメに取り組んでみようと思った次第。

Mandolin Method』 / Sam Bush
例によって発売元はHomespun。2枚組で譜面付きのてんこ盛りだ。国内でも大手楽器店では扱っている。少し前に入手していたものだが、この手のものにつきものの鑑賞専用DVDと化していたのだった...。

ビデオでも発売されているが、比較的新しい部類なのだろう。このように左手と右手をきっちりとアップで1画面に入れてくれているのが嬉しいね。
しかし、なんとも馬鹿デカい手だ。うらやましいぞ!

「Brilliancy」の曲構成はAパート×2、Bパート×2、Cパート×2で、Sam Bush は基本メロディーと変奏で2回流し最後はAパートを弾いてからエンディングとしている。

変奏部分の例は譜面も一部表記されている。
1111_variations.jpg例によってピンボケ写真で見辛いだろうが、これがその箇所だ。mureさんの3連符研究課題のダシの素だね。一番上のはまだいいとして、Bパートの3連符嵐は鬼ですなぁ。ポジションチェンジも含んでいるから相当厳しい。


さすがに手を付け始めて即こんなフレーズは弾けないが、まずは曲を覚えるところからスタートだ。朝一から取り組んで昼ご飯後にちょっと録音してみた。

♪ Brilliancy ♪

全体的にマダマダ君の状態だが、後半どうもバテてくるようで音色が段々汚くなっているなぁ。リズム感が悪いのもいつも通りの仕様だ。覚えるのに精一杯の状態なので仕方ないか...。ポジション・チェンジが頻出するBパートにもう少し慣れてきたら、Variation にもチャレンジしよう。
[ 2006/11/11 15:12 ] Mandolin | TB(0) | CM(2)

ガリシアの音楽

先日部屋のCDを整理していたら出てきたのがこれ。
PLENILUNIO』/ LUAR NA LUBRE
Plenilunio.jpgルアル・ナ・ルブレと読むようだ。スペインはガリシア地方のグループで、これは1997年の作品。まだ輸入盤しか入手できない頃に何と田舎の塔レコに陳列してあった奇跡(爆)の作品だ。Mike Oldfield がカバーした曲が入っているという触れ込みで衝動買いした記憶がある。
恥ずかしながら買った頃はどちらが題名でどちらがグループ名かさえ理解不能だった(苦笑)が、なかなか郷愁をそそる美しいメロディにハマってよく聴いた。アイリッシュのような分類があるのかどうかよくわからないが、リールやジグのノリの曲もある。

バンドの公式サイトはこちら
下記のサイトは日本語で公式サイトではないが、このバンドの魅力もよく伝えられていると思う。
http://www.geocities.jp/observateurdetoile/camino/media.html

因みにMike Oldfield がLuar Na Lubre の曲をカバーしたのはこの作品。(1996年)
Voyager』/ Mike Oldfield
voyager.jpg1曲目の「The Song Of The Sun」がLUAR NA LUBREの曲で、LUAR NA LUBRE の作品では「O son do ar」(邦題:風の歌)となっている。ガリシアを訪れたMike が現地で彼らの演奏を聴いて感銘を受けカバーしたらしい。アイリッシュの名曲も彼なりのアレンジで数多くカバーされていて、その手の音楽が好きな人には結構入りやすいと思う。

ガリシアのケルト音楽というと一番メジャーなのはガイタ(ガリシアのバグパイプ)奏者のCarlos Núñezかな。Chieftains との共演をきっかけにメジャーになった方だ。まだまだ私自身はガリシアの音楽に詳しくないので、これからボチボチやっていくつもりだ。

よせばいいのに~♪

「O son do ar」を適当に端折って録音してみた。何と本邦初公開の楽器2種類が登場する、これぞ真の「音害といえる恐ろしいまでにヒドい音源だ(笑)。
従って、ちゃんと警告しておかねばなるまい
これを聞いたからといってLuar Na Lubreの音楽がダメだ、などと絶対に思わないように!!あるいはLuar Na Lubre の音楽を既に聴いたことがある方は必ずや失望するから、この試練の音源は聞かないことを強くおススメする。(爆)
[ 2006/11/08 00:38 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(0)

音程は左手でつくるもの

唐突だが、これが今日の教訓。

本日は新宿マンドリン研究会の第3回会合であった。何と本日晴天である。(過去2回は見事に雨だった...)。天気がよいのは素晴らしいことなのだが、都合がつかない方がいたり、あろうことか難聴で出席不可の方まで出てしまった。私も含め皆さん、体調維持には注意いたしませう。

今回はOさんが敬愛されるRoland White の研究、Mure さんが3連符研究という議題だった。Oさんからはご自身の経験談を含めた実に味わい深いお話&会長とのセッション、Mure さんからはChris Thile 、Sam Bush の効果的3連符の使い方講座だった。どちらも中身が濃い!毎度ながら勉強になる発表を拝聴できて有意義だった。

うだうだと質疑応答する中、F野さんから出たのが冒頭の「音程は左手で作り上げるもの」だった。F野さんに実際ギターを用いて再現していただいたが、フレットのある楽器でもやはり左手で音程を作り上げる作業は必要になる、ということを実感した。フィドルなどフレットのない楽器では当たり前のことだが、フレットのある楽器でさえ、そこまで神経を使う必要があるんですな...。何となく感じてはいたものの、実際こういう話を聞いたらほんと目から鱗だ。F野さん曰く「クラシック・ギターでは当たり前の世界みたいですねぇ」とのことだった。

確かに思い当たる節はあるんだよね。1999年、David Grisman の公演を2夜連続観に行ったのだが、両日とも曲の最中にGrisman は弦を切った。弦楽器は微妙なもので一本弦が切れると少なからずチューニングが狂うのであるが、彼はものともせず弾き切りしかも音程は全然違和感がなかった。F野さん曰く「なかなか完全にコントロールできる人は見かけない(特に日本人では)けど、中にはそんなゴツイのがいるんだよね。こんな話しちゃうと夢も希望もなくなってしまうけど...」とのことだった。真似できるようなことではないと思うが、自分が使っている楽器のことをもっと知るべきだ、と私は感じた。クセさえつかめばパニックになることもないだろうし...。もっと自分の愛器を知らないといけないな、と感じた重い一言だった。

1次会終了後は例によって呑みのお作法会だ。今回は5名と小規模な2次会だったが、会長以下重鎮から様々な話を拝聴できて有意義だった。個人的には会長と麹さんでマンドリン漫才なんて企画をやっていただいたら、さぞブルーグラス・フェスも盛り上がるのではと思ったりした。
やっぱりえぇなぁ、You and the night and the Music!

みなさん、本日もありがとうございました。勉強になりました。
[ 2006/11/06 00:01 ] Mandolin | TB(0) | CM(4)

ワナ、わな、罠

昨日はフィドルのレッスン。出立の時間を勘違いして早めに出てしまった。やむを得ないので途中自販機で缶コーヒーを買い一服してから教室へ。それでも20分前...。しょうがねぇか、と思っていたら前のレッスンが早く終わったようで中で待つことができた。とりあえずケースを開けて少しウォーミングアップ。力を入れて弾き始めた頃に師匠が登場された。

ブログにアップした「Strayaway Child」は体力がいるので後半に、と考えていたのだが、師匠入室時に既に私が弾いていたので、師匠も「あれ、もう覚えちゃいましたか?」などとまたしても弟子を煽る...(苦笑)
しょうがないね、これからやるか...(爆)

師匠は本日、またしてもおニューの楽器だった。「私、貯めるより使う方が好きなもので、少しゆとりができるとついつい買っちゃうんですよねぇ~(爆笑)」。
誰だって使う方が好きですよ、おカネさえあれば!!(爆)

Strayaway Child」は散々本日も弾いた上でレッスンに臨んだのだが、やはりエンジンがかかるまでが大変。最初数度は最後まで辿り着けなかったが、師匠は「いいですよ、そんな感じで。しかし長い曲ですよねぇ」と言いつついろいろ弾いておられる。そう、私のレッスンでは最早当たり前の光景ともいえる「実は師匠も弾いたことがない曲」というパターンである。

それでも何度か弾いている内に最後まで何となく通すことができるようになった。最後まで通すことができるようになると、今度は装飾音(Grace Note)である。Fパート最後のところは師匠曰く「このロールは厳しいですねぇ。カットの方が雰囲気が出るかも」とのことで、悔しいから無理やりロールをハッキリ響かせるように弾いてみたり...。

その後、師匠から爆弾発言。「あのぉ、どうも2月に発表会がまたあるみたいです

ゲっ、来やがったよ...

師匠は「ブルーグラス組」と「アイリッシュ組」に分けて、というアイデアのようだ。参加費の費用負担方法が変わるようで、レベル別にさらに細分化なども考えておられる。なぜか私をブルーグラス組にもカウントされているのが微妙に大きな勘違いという気がするが...(爆)。
会場はまだ未定らしいが、今年2月にやった場所はちょっとなぁ...。出演者及びお客さんが多かったこともあるが、出演中に楽器ケースを置く場所の確保さえ覚束なかったので...。

師匠「あ゛~、歌い手さんとピアノが多いからそこまで気が回る人が少ないんですよね~(爆)。多分7月にもあるので、もしあそこだったら見送ってもいいですねぇ」

よしよし、回避の道筋がひとつできた...(爆)

今年2月の発表会はキャリア1年強のわずかな経験でジグ→リール→ジグという無謀なセットに挑んで撃沈した。もっと謙虚なセットがいいが...。

師匠ジグ→リールのセットにしたいんですよね~」

オイオイ...、師匠は私の心の中まで見通せるのか...。

mmm、いかん、これでは前回と一緒で丸め込まれてしまう。話を変えねば...。ということで、セットリストを考える振りをしつつ「試練のポルカ」を弾く(笑)。さすがに後半はバテたが、日々練習すれば何とかなりそうやね。

モハー「そういや、教室でセッションの話はどないなりました?」

師匠「あぁ、12月に2日ほど場所は押さえてありますよ。バイオリンには新しい先生もいらしているから、伴奏者も呼んで是非プレッシャー・セッションを、と企画中です、エヘヘ」

モハー「できりゃ、○△日がいいかと。実はその日、関西から友人が来て忘年会兼セッションをパブでする予定なので、教室でセッションした後になだれ込んだらちょうどよいかと思うんですけど」

師匠「えっ、そうなんですか。それはよさそう。強制的にみんなを連行しちゃうかなぁ

モハー「呑み放題○△□×円なので是非!!」

師匠「いいですねぇ。私、呑みまくってしまおう!

弾きまくるんじゃなくて、呑みまくるんですね、師匠...(笑)。

というわけで(どんなワケだ...)、結局発表会向けネタの探索に引き戻されるのだった...。

冗談は別として師匠は「Star Of Munster」をセットの中に入れたいらしい。ジグ→リールのセットで「Star Of Munster」ならCeltic Fiddle Festival の「Ward's Favourite ~ The Morning Star ~ The Star Of Munster ~ Laington's Reel」が私には思い浮かぶ。
いかん、そうではなくて、そんな無謀なアイデアを避けなければいけないわけだから...、とまたしても目先を変えるために「Rights Of Man」を弾き始めると、師匠も「あぁ、これもいいんですよね~。ホーンパイプだとセットリストが難しいなぁ」と思案。
その後も「Kesh Jig」「Doctor Gilbert」「Liverpool」「Mountain Road」「Drowsy Maggie」「Flogging Reel」などいろいろ弾いてみた。有名曲をアイリッシュ風に、という企画で「カノン」や「Hey Jude」なども飛び出した。結論は出なかったが、結局何だかんだで引き摺り出されてしまうんだろうな...。
[ 2006/11/05 11:41 ] Fiddle | TB(0) | CM(10)

Trad. Songs No.9 ~ Strayaway Child ~

今回は「The Strayaway Child」を採り上げてみた。既にDouble Jig 、ボウイングのあれこれで少し紹介したが、ちょっとマジメに取り組んでみた。

1.標記の種類
1)The Strayaway Child
2)The Breakaway Child

「The Breakaway Child」でクレジットされている作品は持っていないのでよくわからない。

2.曲のタイプ
Double Jig(ダブル・ジグ)
キー:E Minor
Aパート×2、Bパート×2(変形あり)、Cパート×2、Dパート×2、Eパート×2、Fパート×2の形式。アイリッシュ曲にしては相当な大作である。一応Trad. Song のカテゴリーにしているが作者はハッキリしていて、Michael Gorman という名フィドラーだ。

3.所有している音源
1)『Sweeney's Dream』/Kevin Burke
(Set)The Strayaway Child
2)『Out Of The Wind Into The Sun』/The Bothy Band
(Set)The Strayaway Child
3)『Learning The Irish Fiddle』/Kevin Burke
(Set)The Strayaway Child

要するにKevin Burke 参加のものしか所有していない、というのが現状だ。純粋にフィドルを聴きたいということなら『Sweeney's Dream』が最適。研究ネタにはHomespun から出版されている『Learning The Irish Fiddle』がいいだろう。相変わらずKevin Burke はボソボソと喋っているので聞き取り辛いが参考にはじゅうぶんになる。
勿論、Bothy Band のテイクもいいことは言うまでもない。

The Session の譜面はこんな感じと書こうと考えたが、曲が長すぎて一画面に収まらないので過去記事からの引用だが、譜面のピンボケ写真でご勘弁。



さすがに6パートからなる曲ともなると覚えるだけでも大変。通常の3倍は手間がかかるという計算になるからね。一応音源も出しておこう。変則的なボウイングやら曲が長いやらいろいろ言い訳のネタは尽きないのだがこんなにヘタなのか、と人を失意のどん底に叩き落すような感じだ。

The Strayaway Child

Kevin Burke はもっと快活なテンポで見事に弾き切っているが、そんなことをマネした日にゃ、曲を覚える前に身体が壊れるのでゆったりと弾いてみた。これ以上遅くするとさらにリズム感がメタメタになってしまうという恐ろしい破滅のジグだ(爆)

現時点での個人的注意事項...
(Aパート)
A線E音とD線B音を人差し指の頭で押さえるときの音程がヒドい。後に人差し指基点のロールがあるだけに狂いやすいようだ。G線を結構使うので弓圧のかけ方にももっと注意が要る。
(Bパート)
最後のG線B音とD線E音(4度音程)の重音が外れやすい。全般的にそうだが、拍の頭をスラーで処理する関係で突っ込みやすい。
(Cパート)
弓順が狂いやすい。最終的には自分の気分で弾き分けたらよいと考えているが、今は従順に行きたい。Dパートへの出だしとなるB音を飛ばしやすいから要練習。
(Dパート)
何と言っても3小節目最後のB音へのシングル・カット→4小節目最初のA音が難しい。最初4小節はアップ・ボウのスラーで頭につなぐパターンが頻出するので個別練習は避けられない。
(Eパート)
後半のスラーの嵐が難所。いかにジグのノリを維持しつつ浮遊感を持たせるかがポイントかなぁ。
(Fパート)
スラーがかなりあるが、前半4小節は結構ボウイングが忙しいのでセコセコした感じが出ないように気をつけねば...。

まだ暗譜が完全でないのも問題だ。譜面を見つつ、チューナーで音程も気にしていたのではこれが精一杯というのが悲しくも厳しい現実やねぇ。こういう曲を意識せずにしっかりしたボウイングができるようになったら、相当な進歩だと思うが前途多難な我がフィドルである...。自戒。
[ 2006/11/03 23:26 ] Trad. Songs | TB(0) | CM(4)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。