スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はしご

昨日の記事にある通り、不粋な雨により中止となった代々木公園でのセッション&練習会。朝8時の段階で天気予報だの、雨雲の動きなどを見ると既に絶望的な状態だった。同じ関東圏内とはいえ、ちょっと遠方からお越しの方もいらっしゃるし早目に中止の連絡を入れたついでに

「もし、屋内でもやりましょうということであれば、カラオケ屋にでも潜りこんでやっても構いませんが、どうでしょう?」

と付け加えてみたところ...

「弾く気になっていたのでこの気持ちをどこかで放出しませんか

という殺る気満々のコメントやら

「家族のものになかなか言い出せなくて参加表明が遅れて申し訳ありません。
昼ごはんの作成今夜の夕飯の準備を済ませること条件に代々木公園セッション参加のお許しを得たのですが、...」

という実に生活臭を帯びた参加表明もあったりして(笑)

前回記事にあげたように急遽集合場所を変更して新宿のカラオケボックスでセッション&練習会をやろうということになった。

新宿の塔レコに13時50分頃到着。結局なんだかんだで参加表明者は全員揃った。フィドル×6、ホイッスル×2の計8名。
大所帯だし、とにかく目に付いたカラオケボックスをローラー作戦で片っ端から当たろうという作戦だったが、すんなり最寄のお店でOKが取れた。

部屋はなかなかゆったりスペースで多分10名超用の部屋か、と。ヘタに4~5名くらいで行くよりもこれくらいの大人数の方が快適な部屋が得られるというのは、中華街のお店で大して待たずに円卓に座れることと同じかもしれない。

まっつんさんを除いては、基本的にゆっくりセッションの常連メンバーなのだが、「そういや、まともに自己紹介もしたことがなかったね」ということで軽く各々ご挨拶してセッション&練習会の開始だ。

こういう集まりは最初は遠慮がちなんだが、誰かが口火を切ってしまえば大体惰性でそのまま最後まで突っ走れる。というわけで、とりあえず馴染みのポルカセットを出して、後はみんなで作る流れに乗っかる。

因みに参加したフィドラー6名の構図は、ケメ子、はる、Ken10、もは~ vs まゆ、O'Bridge の師匠筋対決でもある。用意してくる譜面は大森ヒデノリさんの譜面はやはり定番であるにしても、まぁ皆さんマチマチだ。観察する限り、まゆさんとO'Bridge さんは、大体弾ける曲に共通項がありそうなのだが、方やLinLin 集団のレパートリーは各々バラバラもいいところだ(笑)。

弾きたい曲やセットを予め告げてから弾いたり、とりあえず弾き始めてみんなが乗っかかったり、無理やり他人のセットの終わりに付け足したりのセッションをしつつ、合間合間で課題曲を採り上げて弾いてみたり。
ガツガツした感じではないけど、ほとんど音が途絶えることなく宴は続く。一応3時間押さえていたのだが、皆さんの後の予定も勘案して30分だけ延長して閉幕。
みなさま、お疲れ様でした。そして、お見事でございました。来月、リベンジで今度こそ晴天の代々木公園でやりましょう。

RensyukaiSession.jpg多分今回が初顔あわせだと思うこの二人。
演奏技術もさることながら、演目もなかなか凝っていて結構息が合っていた。
この他、ケメ子さんとKen10 さんの「Master Crowly's」デュエットはかなり美味しいアレンジで聴き応えタップリでしたなぁ。


因みに今回は書記役もやってみた。課題曲は「Foxhunter」以外全部出たかな。Up Sligo! は記録モレでどこでやったか書けませんでした。
Ken10 さんからは丁寧に提案された曲でマニアックそうなものを連絡してくれました。下記以外で彼が送ってきた曲リストは

Glen Road to Carrick (reel)
Paddy Fahey's(D dorian reel)
Miss Monaghan (reel)
Loch Lomond (air?)
Tatter Jack Walsh (jig)

です。

1)Bill Sullivan's / Britches Full Of Stitches / Egan's (polkas)
2)? / Minstrel Boy (Highland)
3)The Last Chance / Finnish / Salmon Taling Up The River / John Ryan's (polkas)
4)Tolka (polka)
5)Laird Of Drumblair (strathspey / reel)
6)History Man (strathspey)
7)Give Me Your Hand (air)
8)Soldier's Joy (hornpipe)
9)Loftus Jones / Carolan's Concerto (O'Carolan's)
10)Behind The Haystack / Lark In The Morning / Arthur Darley's (double jigs)
11)Strayaway Child (double jig)
12)My Darling Asleep (double jig)
13)Si Bheag , Si Mhor (O'Carolan's)
14)Planxty Irwin / Josefin's Waltz (O'Carolan's / waltz)
15)? / Woman Of The House / Man Of The House (reels)
16)Earl's Chair / Miss McLead's / Pigeon On The Gate / Lafferty's / Morning Dew / Flogging (reels)
17)Kilfenora / Cliffs Of Moher / Sean Ryan's / Morrison's (double jigs)
18)Master Crawly's (reel)
19)Fig For A Kiss / Langstorm's Pony (slip jig / double jig)
20)Boys Of Bluehill / Cronin' / Rights of Man (hornpipes)
21)Blarney Pilgrim / Connaughtman's Ramble / Willie Coleman's (double jigs)
22)Blair Atholl / Jenny's Chicken (reels)
23)Ward's Favorite / Morning Star / Stars Of Munster / Laington's (double jig / reels)
24)Humours Of Tulla / Musical Priest / Dinky's (reels)
25)? / Sally Garden / ? / ? (reels)
26)Gravel Walks (reel)
27)Kesh (double jig)
28)? / Salamanca (reels)
29)Butterfly / Drowsy Maggie / Cooley's / Toss The Feathers / Toss The Feathers / Fairy Dance (slip jig / reels)
30)Hector The Hero (air)
31)Headlands March (Cape Breton March)
32)Dark Island (air)
33)Stack Of Barley (hornpipe)
34)? / Humours Of Tulla (double jig / reel)
35)Rise A Mile (slip jig)
36)Old Bush / High Reel (reels)
37)Carraroe / Out On The Ocean (double jigs)
38)Atholl Highlanders (double jig)
39)Rakish Paddy (reel)
40)Tolka / Finnish / Jessica's (polkas)



新宿のセッション&練習会がハネた後、T田さんと私はさる筋から招待を受けていたので、そのまま某所へ直行した。
しばらくはお久し振りの@嬢やたけだ~さんに、Sのさん達とまったり楽しんでいたわけであるが、そこへ乱入者現る。
KosugiSession.jpgん...?数回お会いしたことがあるだけなのだが、この方は...。
カメというより既にウサギ」と噂されるカメアリ主催者えなさんではないか!
さすが、距離を感じさせず頻繁にアイルランドまで足を運んでおられるだけある。ちょくちょく関東に現れているという噂は耳にしたことがあるが、まさかここで会うとは。

こちらのお集まりはツワモノ揃いなので、私はどちらかというと呑み役・聴き役中心で。さすがに最後の方はヘロヘロだったけど、ツワモノ達の演奏に刺激を得て帰路に着いた。駅までの道すがら、Sの氏と「Abbey Road Medley」を口ずさみながら歩いていたのはナイショの話だ...(笑)
スポンサーサイト
[ 2007/09/30 10:39 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)

代セミの屋内開催について

本日、生憎の天候につき代々木公園でのセッション&練習会は中止いたします。

が...

弾く気満々で迎えた方も多く、屋内開催でも参加しますとの連絡をいただいたので、下記要領にて実施いたします。

集合時間:14時
集合場所:新宿タワーレコード(JR新宿駅東南口の左手にあるフラッグスビル)7階の上りエスカレータ付近

集合後、潜り込めるカラオケボックスを探索してセッション&練習会を始めます。

[ 2007/09/29 10:48 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

29日(土)の曲なぞ...

29日(土)のアイルランド音楽練習会&セッション@代々木公園、コメントでいろいろと曲も飛び交っているので、一旦ここいらで整理しておきませう。

今現在の天気予報では29日(土)は曇り、降水確率30%という非常に微妙な感じですが、当日プラっと参加も構いませんし、引き続き参加希望を受け付けております。
因みに今現在の参加予定者(敬称略)は

はる(fiddle)、Ken10(fiddle)、ケメ子(fiddle)、T田(whistles、spoons他)、まっつん(whistle)、まっつんさんのお友達、まゆ(fiddle)、もはー(fiddle、mandolin、ひょっとしたらbouzouki)

です。

目標曲は別に全曲弾ける状態で参加しなければいけないということはないので、肩の力を抜いてほとほとと参りませう(笑)。因みに私、半分くらいは弾けない曲です、今現在...。
一応フィドラーさん向けに大森ヒデノリさんの譜面があるものには☆を入れておきます。色々と手直しすれば後々も使えるかという思いから、所有している収録作もとりあえず併記してます。(かなりテキトーにやっているので合間をみて可能な限り手入れします。誤記、モレ等に気付かれた方はご連絡くださいませ...)

(Double Jigs)
1)Sean Ryan's (A dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/273
・In Concert / Kevin Burke
・Martin Hayes
・Twenty Irish Fiddle Tunes / Kevin Burke
・Live In Concert / Bothy Band
・Music at Matt Molloy's / V.A.
・Come West Along The Road / V.A.(De Danann) (DVD)

2)Up Sligo ! (E Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/537
・In Concert / Kevin Burke

3)Strayaway Child (E Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/134
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・Out Of The Wind Into The Sun / Bothy Band
・Learning The Irish Fiddle / Kevin Burke

4)Behind the Haystack (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/358
・Molloy , Brady , Peoples / Tommy Peoples
・Liadan / Liadan

5)Lark in the Morning (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/62
・Liege & Lief / Fairport Convention
・Sleep Sound In The Morning / Fiddlin' Ian McCamy

6)Langstorm's Pony (A mixolydian)
http://www.thesession.org/tunes/display/61
・Waiting For A Call / Tommy Peoples
・Crossing The Bridge / Eileen Ivers

7)Arthur Darley's Swedish Jig (A mixolydian)
http://www.thesession.org/tunes/display/417
・Play On / Celtic Fiddle Festival
・Another Musical Interlude / Aly Bain & Phil Cunningham (DVD)

(Slip Jigs)
1)Rise A Mile (Ride A Mile) (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/4042
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・Made In Cork / Patrick Street
(過去記事においてOpen House に入っているという誤記がありました。Patrick Street が正解です。)

2)Fig For A Kiss (E dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/750
・Come West Along The Road / V.A. (DVD)
・Crossing The Bridge / Eileen Eivers

(Polka)
1)Tolka Polka (A dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/1251
・Hoof And Mouth / Kevin Burke's Open House

(Reels)
1)Blair Atholl (A Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/5874
・Celtic Fiddle Festival

2)Earl's Chair (B Minor) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/221
・If The Cap Fits / Kevin Burke
・In Concert / Kevin Burke
・Twenty Irish Fiddle Tunes / Kevin Burke
・Lost In The Loop / Liz Carroll
・Patrick Street
・Shatter The Calm / Dan Beimborn

3)Foxhunter's (G Major or A Mojor)
http://www.thesession.org/tunes/display/511
・Encore / Celtic Fiddle Festival
・Under The Moon / Martin Hayes
・Torch & Fire / Dan Beimborn
・Traditional Music Of Ireland / Kelly, O'Brien, & Sproule
・Many Happy Returns / Arcady

4)Morning Star
http://www.thesession.org/tunes/display/828
・Encore / Celtic Fiddle Festival
・Live In Concert / Bothy Band
・Out Of The Wind Into The Sun / Bothy Band
・Martin Hayes
・The Iron Man / Tommy Peoples

(Hornpipe、Strathspey)
1)Laird Of Drumblair (A Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/170
・Bothy Band 1975
・Celtic Fiddle Festival
・Come West Along The Road / V.A.(Tommy Peoples) (DVD)
・Fiddler's Fancy / Tommy Peoples
・Another Musical Interlude / Aly Bain & Phil Cunningham (DVD)
・Live From Matt Molloy's / Tread

2)The Stuck Of Barley (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/2224
・Up Close / Kevin Burke

(Air)
1)Hector The Hero (D Major or A Major) ☆
・Bothy Band 1975
・Encore / Celtic Fiddle Festival

上記以外で、私が記憶する限りでよく出てくるものも一応記しておきましょう。

(Polkas)
1)Bill Sullivan's (A Major or D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/481
・If The Cap Fits / Kevin Burke
・Jackie Daly and Seamus Creagh
・Learn To Play Irish Fiddle Vol.1 / Kevin Burke (DVD)

2)Britches Full Of Stitches (A Major) ☆
・Chieftains 7 / Chieftains
・Jackie Daly and Semus Creagh
・Learn To Play Irish Fiddle Vol.1 / Kevin Burke (DVD)

3)Egan's (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/39
・Chieftains 5 / Chieftains

4)The Last Chance (A Minor) ☆

5)Dennis Murphy's (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/357
・Cold Blow And The Rainy Night / Planxty

6)John Ryan's (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/441
・Cold Blow And The Rainy Night / Planxty

7)Salmon Taling Up The River (A Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1535
・Forerunner / Cottars

8)Ballydesmond #1 ☆ (A dorian)
・Chieftains 5 / Chieftains

9)Ballydesmond #2 (A dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/238
・Forerunner / Cottars

10)Scartaglen (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1764

11)Finnish (B Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/418
・Up Close / Kevin Burke
・Shatter The Calm / Dan Beimborn

12)Jessica's (A Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1532
・Up Close / Kevin Burke

(Double Jigs)
1)Blarney Pilgrim (D mixolydian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/5
・Andy Irvine and Paul Brady
・Liberty Tapes / Paul Brady
・Waiting For A Call / Tommy Peoples
・Live In Italy / John Renbourn

2)Connaughtman's Ramble (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/19
・Irelande / Frankie Gavin
・Open House / Kevin Burke
・Learn To Play Irish Fiddle Vol.1 / Kevin Burke (DVD)
・Learning The Irish Fiddle / Kevin Burke

3)Kesh (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/55
・Bothy Band 1975
・After Hours / Bothy Band
・In Concert / Bothy Band
・Live at Passim / Boys Of The Lough

4)Carraroe (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/771
・Live In Seattle / Martin Hayes & Dennis Cahill
・Patrick Street

5)Out On The Ocean (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/108
・Live In Seattle / Martin Hayes & Dennis Cahill
・Irelande / Frankie Gavin
・Fiddler's Fancy / Tommy Peoples
・Heathery Breeze / Matt Molloy
・Molloy , Brady , Peoples
・The Iron Man / Tommy Peoples and Daithi Sproule

6)Irish Washerwoman (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/92
・Torch And Fire / Dan Beimborn

7)Tripping Upstairs (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/111
・A Compilation / Natalie MacMaster

8)Ward's Favorite (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/793
・Encore / Celtic Fiddle Festival
・Wild Blue / Eileen Ivers

9)Atholl Highlanders (A Mojor)
http://www.thesession.org/tunes/display/107

10)My Darling Asleep (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/76
・Celtic Fiddle Of Liz Knowles

11)Banish Misfortune (D Mixolydian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/9
・Diary Of The Fiddler / Darol Anger (with Martin Hayes)
・Chieftains 2 / Chieftains

12)Willie Coleman's (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/476
・Portland / Kevin Burke & Micheal O'Dohmnaill

13)Cliffs Of Moher (A dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/12
・Celtic Fiddle Festival
・If The Cap Fits / Kevin Burke
・Under The Moon / Martin Hayes

(Slip Jigs)
1)Butterfly (E Minor) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/10
・Bothy Band 1975
・After Hours / Bothy Band
・In Concert / Kevin Burke

2)Kid On The Mountain (E Minor) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/52
・After Hours / Bothy Band
・Live in Concert / Bothy Band
・Come West Along The Road / V.A. (DVD)
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・The Well Below The Valley / Planxty
・Chieftains 5 / Chieftains

(Slides)
1)Priest (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1765
・After Hours / Bothy Band
・Out Of The Wind Into The Sun / Bothy Band

2)Mary Willie's (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/365
・After Hours / Bothy Band
・Out Of The Wind Into The Sun / Bothy Band

3)This Is My Love , Do You Like Her ? (A dorian)
・After Hours / Bothy Band
・Out Of The Wind Into The Sun / Bothy Band

(Hornpipes)
1)Boys Of Bluehill (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/651
・Many Happy Returns / Arcady

2)Cronin' (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/478
・Paddy In The Smoke / V.A.

3)The Rights Of Man (E Minor) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/83
・Ballroom / De Danann

4)King Of Fairies (E dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/475
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・Learn To Play Irish Fiddle Vol.1 / Kevin Burke (DVD)

5)Liverpool (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/1500
・The Celebrated Recordings / John Doherty
・Come West Along The Road / V.A. (DVD)

6)Harvest Home (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/49

(Reels)
1)Mountain Road (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/68
・In Concert / Kevin Burke
・A Compilation / Natalie MacMaster
・Sharon Shannon
・Irelande / Frankie Gavin

2)Drowsy Maggie (E dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/27
・Heathery Breeze / Matt Molloy
・Chieftains 4 / Chieftains
・A Friend Indeed / Liz Carroll
・Street Life / Patrick Street
・Frankie Gavin & Alec Finn

3)Banshee (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/8
・Bothy Band 1975

4)Hand Me Down The Tuckles (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/800
・Tribute to Joe Cooley / Frankie Gavin
・Bringing All Back Home / V.A.(Frankie Gavin & Alec Finn etc.) (CD/DVD)

5)Tommy People's (B Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/192
・Island Angel/ Altan

6)Cup Of Tea (E dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/20
・Frankie Gavin and Alec Finn
・Learning The Irish Fiddle Vol.2 / Kevin Burke (DVD、演奏のみ解説なし)
・A Celebration Of 50 Years / Tulla Ceili Band

7)Flogging (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/195
・Fierce Traditional / Frankie Gavin
・Lost In The Loop / Liz Carroll
・Many Happy Returns / Arcady
・Another Musical Interlude / Aly Bain & Phil Cunningham
・Aly Bain & Friends

8)Pigeon On The Gate (E dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/517
・Celtic Fiddle Festival
・Promenade / Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
・Frankie Gavin & Alec Finn

9)Lafferty's (E dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/496
・Celtic Fiddle Festival
・Promenade / Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
・Paddy In The Smoke / V.A.

10)Gravel Walks (A dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/496
・Crossing The Bridge / Eileen Ivers
・Fiddle Sticks / V.A.

11)Musical Priest (B Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/73
・Lost In The Loop / Liz Carroll

12)Dinky's (A Mixolydian)
http://www.thesession.org/tunes/display/24
・Irelande / Frankie Gavin
・String Sisters Live / String Sisters (CD/DVD)
・How The West Was Won / De Danann

13)Humours Of Tulla (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/415
・Live In Seattle / Martin Hayes & Dennis Cahill

14)Stars Of Munster (A dorian) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/197
・Encore / Celtic Fiddle Festival
・If The Cap Fits / Kevin Burke
・Frankie Gavin & Alec Finn
・Wild Blue / Eileen Ivers

15)Jackie Coleman's (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/50
・Music At Matt Molloy's / V.A.

16)Cooley's (E Minor)
http://www.thesession.org/tunes/display/1
・Tribute To Joe Cooley / Frankie Gavin
・Celebration Of 50 Years / Tulla Ceili Band
・Live In Concert / Bothy Band
・Best Of Irish Fiddle / Florie Brown

(Airs , O'Carolan's etc)
1)Down By The Sally Garden (D Major) ☆
・Blue Shamrock / Alec Finn

2)Inisheer (G Major) ☆

3)Planxty Irwin (G Major) ☆
・Planxty

4)Carolan's Draught (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/1421
・Irelande / Frankie Gavin

5)Carolan's Concerto (D Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/788
・Play On / Celtic Fiddle Festival
・Randezvous / Celtic Fiddle Festival
・The Hermit / John Renbourn
・Live From Matt Molloy's / Tread

6)Loftus Jones (A Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/640
・Play On / Celtic Fiddle Festival
・Patrick Street / Patrick Street
・Traveller's Prayer / John Renbourn

7)Funny Power (G Major) ☆
http://www.thesession.org/tunes/display/957

8)Josefin's Waltz (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1016
・Live / Dervish
・Live From Matt Molloy's / Tread
[ 2007/09/26 23:05 ] Session & Event | TB(0) | CM(8)

けびん・ば~く といっしょ♪

遠征シリーズもとりあえず終えてようやく腰をすえて練習する時間もそこそこ確保できる状態になってきた。仕事はそれなりに忙しいのだが、まぁ休日は比較的自由な時間を確保できる。こんなときは、レパートリーの拡充と基礎技術の向上を意識してじっくりと取り組みたいものだ。
というわけで、最近よくお付き合いいただいているのが下記2つの教則シリーズ。
そこそこ速度も上がってきたので一緒に弾いてノリなり歌わせ方なりをじっくり研究してみようというワケである。

TwentyIrishFiddleTunes.jpgこちらはKevin Burke の『Twenty Irish Fiddle Tunes』。譜面の方は装飾音も弓順もない実にあっさりしたものであるが、附属のCDにはスロー・ヴァージョンノーマル・スピード・ヴァージョンを用意してくれているのがありがたい。
<収録曲>
Rolling In The Ryegrass, The Sligo Maid, The Earl's Chair, The Wind That Shakes The Barley, Down The Broom, The Gatehouse Maid, The Sailor On The Rock, The Humours Of Lissadell, The Maid Behind The Bar, The Maids Of Mitchelstown, The Stack Of Barley, Rise A Mile, Tune From Gurteen, Tom Billy's, The Scotsman Over The Border, Andy McGann's Jig, Old Man Dillon, Sean Ryan's Jig, Wallace's Cross, A Slide, A Jig


今度の代セミでも提案した「Earl's Chair」を一緒に弾いてみた。因みにこれはスロー・ヴァージョンにあわせている。
♪ ~ Earl's Chair ~♪

オマエの音は邪魔だKevin Burke の音だけ聴かせろ!」というお叱りが聞こえてきそうだが...(苦笑)

Burkeこちらは過去にも紹介したことがある(過去記事はこちら)『Learning The Irish Fiddle』だ。こちらにはスロー・ヴァージョンとノーマル・スピード・ヴァージョンの区別がないかわりに、パートごとにKevin Burke の解説が付いたCDを6枚セット。模範演奏は全然言った通り弾いてないやんけ、というフェイクだらけだったりするけど、これもお勧め。


こっちからは過去にTrad. Songs シリーズでもとりあげた「Strayaway Child」を。ちょっと見づらいけど譜面の写真はこちらをどうぞ~。

♪ ~ Strayaway Child ~♪

まだまだな感じだけど、少しはマシになったかしらん...。
[ 2007/09/23 15:52 ] Fiddle | TB(0) | CM(6)

第三回代セミ(アイルランド音楽セッション&練習会@野外)のお知らせ

怠け者で暑いの嫌い、寒いの嫌いな当ブログ管理人が気まぐれで始めたこの企画、奇特な方々のご要望により再開いたします。当日が晴れることを祈って...。
というわけで、久々に野外セッション&練習会のご案内です。

若干変更しましたが、基本的には春季にやっていたころの実施要領通りでとりあえず告知いたします。

基本的に雨天中止としますが、基本的な判断基準は

(中止の判断基準)
1)当日のお昼11時時点で雨が降っている場合
2)当日午後から確実に降雨が予想される場合

です。

参加表明をいただいた方の内、メール・アドレス又は電話番号が分かっている方及びmixi 関係者には11時頃に念のため開催有無を当方より連絡致します。
もしも連絡先を私に伝えたい場合は当ブログにコメントされる際に「管理者にだけ表示を許可する」欄にチェックを入れてコメントください。当方より私の連絡先等をメールにて連絡後コメント削除致します。メアド表記はただでさえ嫌気が差しているスパム助長になるのでご理解くださいませ。

では、以下開催要領です。

yoyogikouen.jpg
1.開催日:9月29日(土曜日)
2.集合時間:14時
3.集合場所:代々木公園の原宿駅側入口(左記地図をご参照ください。のあたりに門がありますのでその辺りで待ち合わせしたいと思います。JRでお越しの方は原宿駅の表参道口から出るようにしてください。)
4.おおよその開催時間帯:14時~17時
5.参加費無料
(飲み物・敷物・椅子等が必要な方は各自でご用意ください。何もしない幹事で申し訳ありませんが、楽器等荷物を多数抱えてますので何卒ご理解ください。終了後は居残ったメンバーで協力してゴミ等ちゃんと片付けましょう)
6.参加資格:アイルランド音楽と銘打っていますが、音楽が好きな方ならどなたでも。見学OK遅刻早退自由。(遅刻される方は私の携帯に連絡ください。集合場所までお迎えに参ります)
7.現時点での参加予定者(敬称略)
はる(fiddle)、Ken10(fiddle)、ケメ子(fiddle)、もはー(fiddle、mandolin、ひょっとしたらbouzouki)



で、過去2回の開催の反省及びいくつかセッションに参加して感じたことなどを少しずつ反映していこうか、と考えています。制限事項というよりは折角の貴重な場なので提案という形で以下に記しますので、ご意見ご要望もよろしければコメントください。(すべて私のレベルを基準にしてますので悪しからず...苦笑)

1.基本的に練習の場であり、セッションの場でもありたい。勿論交流の場であることは言うまでもない。

2.遊びではあるけど、やるなら真剣に。

3.やったからには参加者すべてになにがしかの参加し甲斐があればいいなぁ。

これが最低線の狙いか、と。

で、今回実験的ですが、出来得る限りでよいので下記を少し念頭に置いて参加いただけたら嬉しいです。(個人的願望であり強要ではありません)

1.リール回しなり、ジグ回しなり、ポルカ回しなりはやりたいと思っていますが、ご自身で提案された曲は極力曲名を事前・事後問わないので教えてください。(自主練で絶対に必要な情報なので、特に上級者の方にお願い申し上げます)
→急遽そんな中から特定の曲を練習する時間があってもよいと思っています。

2.セッション時は速度や熟練度を度外視でリード役をやってみましょう。自分で1曲或いは1セットをリードすることで心臓バクバク度があがるかもしれませんが、絶対勉強になります。練習会を兼ねていますので失敗を恐れず思い切って弾いてみましょう。

3.今まで通り練習会&セッションの進行手順は特に決めません。参加者によっても変化があるでしょうし、基本的には場の流れ重視でいきたいと考えています。

前回迄の傾向を勘案するに、目標曲はあまり触れられることなく会が終わってしまっているのが実態なので(苦笑)、開催までの期間に当ブログやメールのやり取り等で数曲目標曲を設定してもいいかな、と考えています。目標曲の設定が決まったら提案者の方には申し訳ないのですが、譜面情報・音源情報(ここに譜面があるよ、キーは○○よ、誰某がいい演奏をしているよ等々)の提供をお願いいたします。可能な限り私もフォロー致します。

で、ここまで書いておいて何もしないのでは進展がないので、私からとりあえず曲の提案なぞ...。

1.Laird Of Drumblair(Strathspey)
個人的にはBothy Band の1枚目やCeltic Fiddle Festival(Johnny Cunningham)で非常に印象強い曲。リールに展開して3連符嵐を弾き倒すところに浪漫が...。Tommy Peoples の譜面があります。

2.Arthur Darley's Swedish Jig(Double Jig)
これもCeltic Fiddle Festival(『Play On』)が印象強い。ちょっと字余りな箇所があるけど、普段あまり使わない♭キーがあるBパートが難所でありつつ、美しい。

3.Ride A Mile(Slip Jig)
最近研究中の曲。Kevin Burke が『Sweeney's Dream』や『Open House』で採り上げているちょいと可愛らしいスリップ・ジグ。前か後ろに「Givve Us A Drink Of Water」をくっ付けてもあいそう。

4.Tolka Polka(Polka)
変態的なポルカ。合奏するにはちょっと複雑な曲だけど、よろしければ。
私なりの弓順を書いた譜面ならあります。Kevin Burke's Open House の『Hoof & Mouth』に入っています。

5.Strayaway Child(Double Jig)
6パートからなる異様に長いダブル・ジグ。これもKevin Burke の『Sweeney's Dream』に収録。Bothy も『Out Of The Wind Into The Sun』に収録。
ヘンテコなボウイングの嵐ですが、Kevin Burke の教則本譜面があります。

6.Earl's Chair(Reel)
リールの名曲で、ボウイング指定譜はないけど、Kevin Burke の教則本+音源あり。大森ヒデノリさんのところにもオーソドックスな譜面があります。

7.The Stack Of Barley(Hornpipe)
これもKevin Burke の『Up Close』収録。やはりKevin Burke の教則本譜面があります。

いずれもThe Session に譜面がありますが、必要であれば当日持参いたしますので連絡くださいませ。

いつも通りのゴタゴタと長い文章になってしまいましたが、堅苦しい会にするつもりは皆無ですので、奮って参加くださいませ。
[ 2007/09/20 22:13 ] Session & Event | TB(0) | CM(16)

久々の...

もう日がかわってしまったが、18日は久し振りの新橋ゆっくりセッションだった。Kevin 師匠と四国&関西ツアーをしたこともあって、8月開催は見送られたから2ヶ月振りだね。

私は例によって季節労働最盛期にかかろうとしているので出欠不明のまま当日を迎えた。一応某所にペールギュントは預けておいたので行けそうなら行こうというスタンスだ。
果たしてどうにか仕事は区切りのよいところまで行ったのでボチボチと出向いてアイリッシュタイムスに到着したのが20時10分頃。ほとんど楽器の音は聴こえずお食事タイムかなと思ってセッション場に顔を出したらケメ子さんとKen10 さん、我が兄弟弟子コンビで何やらマニアックな曲を弾きあって楽しんでおられた。

暫くは場の雰囲気把握と空腹満たしタイムである。そうこうするうちにhana さんもお見えになり暫し飲食&お喋りタイムを満喫。あまり積極的に曲が出ない様子なので楽器を取り出しチューニング。やっぱりヘリコアをペグだけで調弦は結構難しいね...。

はるさんあたりから盛んに「曲出せ」オーラが出るので弾き始めにはちと辛いけど「Stan Chapman's / Arthur Darley's」なんぞを。Stan Chapman's はKesh と勘違いして弾いておられた方もいたような...。このセットはもう一工夫いるかもしれないですな。

10名程度に落ち着いたセッションはここ数回のガっついた感じとは打って変わってまったりモードではある。ガチっと決まった感じのセットが頻出するというよりは、誰かが思いついた曲に適宜みんなが乗りかかって、スーっとひいていく感じ。多少まとまったセットが欲しいなと思っていたら「Boys Of Bluehill」(hornpipe)が始まったのでとりあえず乗りかかってそのまま「Cronin'」(hornpipe)へ。今回はスコティッシュ並びにケープ・ブレトン大好きのKen10 さんが居るし、どんな曲でも無敵のYuta さんもいらっしゃるから、ムリヤリ「Laird Of Drumblair」(Strathspey)へ。リール・モードへ切り替えてもKen10 さんは見事に弾ききってくれるのが嬉しいやね。これもLinLin 教室定番チューンに格上げかしらん...。

各々持ちチューンを披露で、まったりしながらも楽しい音楽の時間は続く。今回はるさんは初めて(多分...)「Gravel Walks」をご披露。少しゆったりテンポだが雰囲気は抜群だ。ならばリール連発で引き続き「Pigeon On The Gate / Hand Me Down The Tuckles」と繋いでみたり、鴨練発表会でしっかり覚えた「Salmon Tailing Up The River」を「Ballydesmond」の後ろにくっつけたらhanaさんが横で素晴らしいホイッスルを聴かせてくださった。最後はKen10 さんから「Musical Priest やりましょうよ」とお声が掛かったのでこれも若干ムリヤリながら「Musical Priest / Dinky's」で終幕。

途中から参入なので全容はわからないけど本日のチューン達。

(Polkas)
Ballydesmond #1、Ballydesmond #2、Tolka Polka、Finnish、Jessica's、Salmon Tailing Up The River、Bill Sullivan's(in A)、、Egan's 他

(Jigs)
Kesh、Connaughtman's Ramble、Irish Washerwoman、Tripping Upstairs、Stan Chapman's、Arthur Darley's 他

(Reels)
Gravel Walks、Pigeon On The Gate、Tommy Peoples、Hand Me Down The Tuckles、Musical Priest、Dinky's、Mountain Road、Drowsie Maggie、Banshee、Flogging、Nine Points Of Roguery、Cup Of Tea 他

(Hornpipes)
Harvest Home、Boys Of Bluehill、Cronin' 他

(Strathspey)
Laird Of Drumblair

久々にお会いした方々含めありがとうございました。



今回は番外編あり。
TinAndLow.jpgYuta さんがどうも吹き足りないらしく、「どこかでもっと音出せないですかねぇ」と延長戦オーラを出しておられたのでならばと居残ったオジサン4人。O田さんが会員になっておられる某カラオケ・チェーン店に乱入である。時間は限られているがこういう余韻は基本的に大歓迎の私、喜んでご一緒させてもらった。
O田さんのロー・ホイッスルにYuta さんのティン・ホイッスルは凄く綺麗なアンサンブルだった。思えばホンワリはフィドラーだらけだったし、凄く新鮮な気分で拝聴。

TinAndGuitar.jpgKevin 師匠もエンジン全開かな。ホンワリでは若干散漫な感じだったが、気合が乗った番外編は結構ギターをかき鳴らしておられた。


曲は各々思いついたものを適宜出していくスタイルで続いた番外編。個人的には鴨練以外で初出の「Strayaway Child」をYuta さんとご一緒できたし、最後にはO田さん→私→Yuta さんでリール回しを2回しくらいできたしで余韻を楽しむにはじゅうぶんなカラオケ・セッションができたのが嬉しかったな。そういえば、アイリッシュタイムスでの本編もカラオケボックスでの番外編も含めてほとんど曲が被っていなかったのも印象的だった。

ではでは、また一緒に遊びませう。zzz...。
[ 2007/09/19 01:31 ] Session & Event | TB(0) | CM(14)

長い旅路の果てに...

StringsFullOfStitches.jpgこれが弦交換前のパントル。
張ってある弦はトニカ。最初はドミナントで途中フレクソコアやインフェルド青に替えてみたが、結局トニカが一番合うので今のところ浮気は考えていない。

近接撮影で若干見辛いかもしれないが、特にA線・D線の傷みが顕著だ。ヒドいところは黄色の○で囲んでみたが...、巻線は解れて芯線が見えるぐらいボロボロになってしまった。この状態になると開放弦を鳴らすと音がビビる状態だ。
前回張り替えた記録を残すのを忘れていたが、九州遠征(過去記事はこちら)に備えて張り替えたハズだから、2ヶ月半から3ヶ月経過後の姿である。

普段はここまでヒドい状態で放っておくことはないのだが、ちょいと気合を入れて弾かなければならないイベントが多かったのでついついここまで引っ張ってしまった。

思えば7月から緊張を、激しい練習を、強いられるイベントが続いた。日々の練習時間を記録しておくようなマメな人間ではないから詳細は記憶の闇に葬り去られているが、少なくともこの1年くらいの間では最もよく練習したと思う。
自分自身の進歩というのはなかなか分からないが、レパートリーも多少増えたし弾ける速度もそれなりに上がってきた。新ネタを覚えるのも多少速くなったような気がするし、それなりの成果はあったものとは思う。イベントではチョンボも多かったし、情けないくらい弾けてないなぁ、ということも多々あったけど、周囲の方々のお陰で存分に楽しませていただいた。

しかし...。

ご一緒した方々のレベルが高かった。如何せん、まだ私の実力では太刀打ちできない場が多過ぎるのは悲しいが厳しい現実だ。イベント最中や終わった直後などは「うん、まぁ楽しめたね。」と思うのだが、録音などが残っていようものなら、聴いた後に凹んで反省である。考えようによればそんなハイレベルな方達とご一緒させてもらえるだけでも大きな進歩である。しかし、せばすちゃんさんではないが、やられっぱなしというのは漢ではない。勿論やり返せる算段などない訳であるが、このままでは悔しいというものだ。

四十路男の妄想開始...

GodF_02.jpgGF「長い付き合いだが頼みごとは初めてだ。
君の家に招かれたのも遠い昔の話だ。家内は君の娘の名付け親なのに...。
君はワシを敬遠しておった、借りを作るのを恐れて。それが今、ドン・コルレオーネ、制裁を、か?
友情もなく ワシをゴッドファーザーとも呼ばずに...。ワシはそれほど情けない男か。」

GodF_03.jpg
GF「君が友人としてくればそんなクズなどすぐ処分してくれる。
善良な君(?)を苦しめる者はワシが許さん。友人ならばな...。」


GodF_05.jpgB「私の友人に...?...ゴッドファーザー」
GF「よかろう。いずれ何かワシが頼むことがあるかもしれん。その日までは...」


は...。目が覚めた。
こんな妄想をしている場合ではない...。
アホやっていないで鍛錬あるのみあるね...。
[ 2007/09/17 23:17 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

引退...

昨日9月15日、残念なニュースがひっそりと...。

ショウナンパントル号登録抹消(JRA発表)
-----------------------------------------------------------------
2004年(H16年)阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に優勝したショウナンパントル号(牝5歳、美浦・大久保洋吉厩舎)は、9/15付で競走馬登録が抹消されました。なお、同馬は北海道平取町・スガタ牧場で繁殖馬となる予定です。
-----------------------------------------------------------------

PeintreRetire.jpg
ショウナンパントルの経歴は以下の通り。
父:サンデーサイレンス
母:バブルウイングス(母父 In The Wings)
成績:17戦2勝
重賞勝利:2004年阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
獲得賞金:92,888,000円(付加賞含む)

う~む、たった2勝か...。2005年9月の紫苑ステークス2着を最後に馬券対象になることもなく2桁着順を繰り返していたから、いつこの報が出るかと覚悟はしていたけど、やっぱり寂しい限りだね。
因みに異父弟のショウナンアクロス(父ダンスインザダーク)が今年デビューしており8月4日に未勝利戦で勝利している。

このブログ、フィドルやマンドリンを中心とした音楽ネタと競馬を扱う雑多な内容だが、「競馬で得たちょいと嬉しい配当で楽器を買おう」というのが主旨のひとつである。
しがない勤め人である以上、お給料でそうそう高価な買い物ができるわけではないから、ラッキーパンチであろうが、マグレであろうが、好きな競馬を研究して高配当にありついたらお小遣いだけではなかなかできない買い物をするというのが重要な到達点なのである。

ショウナンパントルはその到達点の極みであった。
フィドル或いはヴァイオリンというのは憧れの楽器ではあったが、2004年の阪神ジュベナイルフィリーズが当たるまでは購入することすら考えたことがなかった。多少ギターなりマンドリンなりを齧った経験から安物の楽器では満足できないだろうと思っていたし、かといって今まで一度も経験がない「フレットがない(=音程は自分で決める)、弓の毛で弦を擦る」楽器を本当にできるようになるのか、という不安から高額投資するには非常に勇気が必要だったわけである。

2004年12月5日の阪神ジュベナイルフィリーズ、ショウナンパントルは牡馬相手に新潟2歳S(G3、1600m)の2着があり大崩れなくきているにも関わらず8番人気の低評価だった。1番人気は後に桜花賞・NHKマイルカップの変則2冠を達成するラインクラフト。2番人気はフサイチエアデールの仔で武豊騎乗のライラプス、3番人気が函館2歳S馬のアンブロワーズとなっていた。阪神コースはまだリニューアル前だからフルゲートのマイル戦では外枠はハッキリ不利であり、ライラプス(17番)をバッサリ捨てたらあっさりと◎ラインクラフト、○アンブロワーズ、▲ショウナンパントルと決まった。他の馬は用ナシと即腹が決まった。
レースは終始アンブロワーズが好位でいつでも抜け出せる体制、ショウナンパントルは後方内で脚をためていた。直線に入り早めにアンブロワーズが先頭で押し切りに入ったところをラインクラフトが猛然と外から襲い掛かるが、内からショウナンパントルが見事に差し切った。5番枠を巧みに活かして終始内をついた吉田豊の好騎乗が光ったレースだった。

馬連(85.2倍)、3連複(54.5倍)、3連単(690.5倍)を見事に仕留めた私は早速その使い道を考え始めた。この年10月に人事異動があり遅れ馳せながらの取引先への挨拶回りで九州(豊前・戸畑)~関西(姫路・大阪)の出張途中、当ブログでも御馴染みの魔窟アコースティック・ハーモニーで私のメインフィドルであるパントルと運命の出会い。アコハモ店主のお勧めに従って即購入決定という、それこそ衝動買いの極みみたいな買い物ではあったが、本当によい楽器に出会えたと今でも感謝している。

今充実した音楽生活を過ごせているのも思えばこのフィドルのお陰である。初めて扱うフィドルに戸惑い約1ヶ月のリサーチで今の師匠と出会いテキトー感たっぷりながら(爆)親切な手ほどきを受け、アイリッシュ音楽のセッションにもちょくちょく顔を出すこともできて仲間も増えた。飽きっぽい性格ゆえにいつまで続くかは神のみぞ知る世界ではあるが(苦笑)、引き続き今のような良好な音楽環境に身をおけるならそれはひとえにショウナンパントルからの贈り物だと思う。物欲を満たすだけでなく、無形の恩恵まで与えてくれたショウナンパントルに感謝感謝。競争生活、お疲れ様。よい仔を出してね。応援するから!

因みに競馬の配当で楽器を買うということ、非常に不謹慎というか動機不純なわけだが、なぜか大受けすることが多い。我が師匠も目が飛び出んばかりにビックリされながらもゲラゲラ笑っておられたし、一方的に私淑している森元志乃さんもメールでのやり取りで白状したら
「(フィドルの)きっかけが競馬っていうのが 最高です。
馬もヴァイオリンも 奥の深さは同じですもの(笑)。
配当金で始めてもらえたフィドルは巷の多くのものの中から選ばれた訳ですから
きっと 幸せだったでしょう。」
と実に心温まる返事をいただいたりした。

不幸な事件で一度もセッションで使うことなく廃用になってしまったアロンダイトみたいなこともあったけど、今後も「競馬の配当で新たな楽器を我が手に」のスローガンは変わらない。
[ 2007/09/16 13:46 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(4)

守口の暑い、熱い一日

Stage_20070908.jpgのっけから随分仰々しいデカ文字で「土曜ステージ」の幕がある会場。守口市生涯学習情報センター(ムーブ21)なるところで、ひょんなことから、鴨練発表会に出演者として招待されたのである。
この写真は客席側からの雰囲気。楽器演奏隊だけでなく、ダンスもある本格的なライブである。ダンサーが登場するとまた華やいだ感じになることは言うまでもない。


当日13時に最寄り駅の大日駅に集合。まずは楽器隊の練習をカラオケボックスで。
かなり広い部屋ではあるのだが、楽器持参者が10数名も集まれば所狭しの状態になってしまうのはやむを得ないことだ。何度か鴨練セッションに参加させていただいたお陰で顔見知りの方も増えてリラックスしつつ...、といく訳ではなくやはり本番を控えているのでかなりシビアな音合わせである。一通りさらいつつ問題になりそうな箇所は適宜その場で打ち合わせしつつ解消する。

CeildhBand_1.jpgこれが本日の楽隊メンバー達。先月初めてお会いした名手しゃおさんに御馴染みの194さん(mdn、ダンス兼任)、よしさん(whistle、flute兼任)、ともよさん(concertina、ダンス兼任)のフィドラー達、相変わらず素晴らしい声を披露してくださるYokoさん(vo、bodhran)、そしてギター3名(ダンスやら歌やらwhistleやら色々兼任されているので省略...爆)、コンサーティナ兼ダンサー等々。ヴァリエーション豊かな編成は実に新鮮だね。

Practice_20070908.jpg15時からは会場へ移動しダンサー達との合わせ練習を楽屋で。
ただ楽器を弾くだけなら適当に誤魔化しても...である(爆)が、ダンスの伴奏となると大変だ。それが今回の一番の課題であり不安点でもあった。
過去にカメアリのケイリーや(過去記事はこちら)や鴨練新年会(過去記事はこちら)でなんちゃって伴奏をしたことがあるものの、こういう本格的なのは初めて。演奏者として参加しない曲もあるのだが、そんなときも他の奏者の目線とかダンサーのステップをじっくり拝見させていただき大変勉強になった。


因みに演目は以下の通り。
1.Step Dance - Hornpipe
The Boys of Ballycastle(1)-Rights of Man(1)-Pride of Petravore(2)
2.(Jig)Donnybrook fair(2)-Irish Washerwoman(2)-Kesh jig(2)
3.Step Dance - The Priest and His Boots (1.4.5) イントロ+2回リピート
Single Time (1.4.3) イントロ+4回リピート
4.(Song)Bantry Girl Lament
5.Step Dance - King of Fairies
6.Set Dance - Reel
7.(Mazuruka)Sonny's(1)-Donegal Mazuruka(1)-Varse of Vienna(2)
8.(O'carolan)Fanny Power(1)-Planxty Irwin(1)
9.Ceili Dance
10.(Reel)Sally Garden(2)-Cooley's(2)-St.Anne's Reel(2)
11.(Song)Foggy Dew
12.Set Dance - Polka
 Croppie's March(3)-The Salmon Taking Up the River(3)-John Ryan's(2)
13.(Song)The Water is Wide
14.千の風になって
イントロ、歌1、間奏、歌2、Bメロ

OnStage_20070908_1.jpgいよいよ本番開始。
え、何でこんなアングルの写真があるのか、ってか。貴様は弾かずにステージ上から写真を撮っていていいのか、と疑問な方々にひと言。

いいのである。
194さんと打ち合わせ済みで客席側からはビデオも写真も撮影のアテがついているので滅多に見ることができないバックからのダンサー達の写真も撮ろうということになったのだ。
この写真での曲だったかどうか忘れたが、楽隊でダンサーのバックを全曲こなすことはまだできないので、CDを流してダンサー達が踊る曲もあるのだよ。

Stage_Song_20070908.jpgそして今回、やっぱりえぇなぁと思ったのがYoko さんの歌。バウロンでも素晴らしいリズムのアクセントを付けておられて改めてビックリしたが、その歌声の美しさは見事というしかない。しかも裏メロを名手しゃおさんである。こんな贅沢な場はそうあるものではないね。もう少しギターの音が聴こえていればさらに素晴らしい演奏になったことだろう。ちょっと惜しかったなぁ。


なんやかやで、ほぼ定刻通り終了した。
一応フィドルとマンドリンの2台装備で伺ったのだが、結局使ったのはマンドリンだけ(苦笑)。いやね、一応「The Boys of Ballycastle / Rights of Man / Pride of Petravore」、「Donnybrook fair / Irish Washerwoman / Kesh jig」、「Croppie's March / The Salmon Taking Up the River / John Ryan's」の3セットはフィドルで、と思っていたんだけど、バランスを聴いていてホーンパイプはマンドリンがよかろうと判断、ポルカはダンサー兼ギター兼whistleのSさんから「マンドリンが入った方がダンサーは絶対踊りやすいと思う」という助言があったんだよね。そうなるとたかが1セット弾くだけのためにフィドルを持ち出すのも面倒になってしまった、ということに過ぎない。

因みにポルカ・セットで見事にハメられた...。「John Ryan's」の2回し目で見事に一人ぼっちにされた。女性陣に囲まれニヤついて演奏していたのだが(爆)、こんな落とし穴を用意していたとは...。(実は2回し目は私も抜いてやろうと思っていたのはナイショの話。抜いていたら大変なことになっていたね...笑。)
いつかリベンジしてやる。

ま、私個人の出来栄えはいいとして、全体的にはメリハリのあるよい演奏会ができたのではないか、と思う。メイビー...。

Hanseikai_20070908.jpgという甘い考えを覆すのが打ち上げでの反省会の模様(笑)。打ち上げ開始後1時間くらいは美味しい料理に酒を楽しみつつご歓談&フィドルバトルをやっていたのだが、遂にビデオを見ながら反省会の開始となってしまったわけだ...。やはりダンサー達は見栄えが気になるのであろう、こうして熱心に見入っておられる方はほとんどがダンサーだ。

Zzzzz_20070908.jpgま、中には心地よい疲れからか、こうしてお休みの方もいらっしゃるわけだが...(笑)
聞くところによると彼、可哀想なことに東京へ出張した挙句、見事に台風の洗礼を浴び帰阪は私と同じ本日ときているから大変だったであろう。
とはいえ、ケイリーが始まればじゃんじゃん踊っていたけどね(笑)


utiageDance_20070908.jpg宴たけなわではあるが、あっという間に打ち上げ時間も終了のとき。最後には打ち上げ会場の娘さん達まで巻き込んでの踊りまくりだ。
いやいや、皆さんお元気ですな。
え、私...?踊るわけないでしょう(爆)。ノンビリとステップ中心に観察しつつ楽しませていただきましたよ♪


出演者の皆さん、今回貴重な体験をさせていただきありがとうございました。終日本当に楽しませていただきました。そしてムーブ21にお越しくださったお客様に御礼申し上げます。
[ 2007/09/09 18:51 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)

六本木の夜は長い...

ブログというのも困ったもの、というか日記形式であり、たとえば当ブログであれば画面右上にカレンダーがあるが、ここに記事があることを示す下線がないとどうにもサマにならないものだね。
意識してやったことはないが、極力月が動いたらなるべく早期に記事をあげたいとは思っているのだが...。

ということはどうでもよくて、久々に六本木にお出かけしてきた。
ペールギュントを入手したことで、予め出没する場所が決まれば知り合いのところに楽器を預けておけるというアドバンテージが得られるのはありがたいことではある。

CockOTheWalkSession_20070905.jpg本日お邪魔したのは六本木はCock O' The Walk
当ブログでは初登場であるが、実は半年ほど前に一度セッションでお邪魔している。(その時の模様はKevin 師匠のブログが詳しい)
最近ゆっくりセッションだけでなく、行く場所行く場所で出くわすYuta さんが主催されているセッションだ。
実は先週金曜日に尼崎から戻る道すがら四谷セッションを観に行ったらYuta さんがおられて...、なら久し振りに六本木にも顔をだしませう、となった次第。


Yuta さんというと私の場合、Warrior Celt @上野の印象が強過ぎる。演奏技術は勿論のこと、とにかくネタが豊富な方だ。豊富すぎて上野では全く歯が立たず...、という苦い経験があるのでどうしても尻込みしてしまう...。ふっ、軟弱モノあるな...自分。

本日は降ったりやんだりの雨天に加え、相当不快指数の高い気候だった。開始20分ほど前に現地着したが、中を覗くとYuta さんとMike さんが談笑されてるだけで、他のメンツは見当たらない。とりあえずご挨拶を交わして、私はそそくさと燃料補給。

セッション開始時間が来たので席を移してボチボチ開始。

人数が少ないこともあってやんわり・まったりモードでセッション開始だが...、ぬぬ、またしても知らない曲が...。やはり手強いが、途中Yuta さんが「次、Cooley's Reel です」とわざわざ演奏を中断してまで声を掛けてくださる。をを、これはありがたい。最近フィドルではとんとご無沙汰の曲なんだが、間違え山ほどしつつ混ぜていただく。

そうこうするうちに、Kevin 師匠やらJim さんやらO田さんにF江さんまでご登場で混み過ぎず適度な人員に落ち着いて続くセッション。
冒頭の写真にあるフィドラーさんはつい先日までシェトランドにいらっしゃったとかで、シェトランド仕込みのセットを披露される。すごく綺麗でカッコいいセットだった。音源撮ったから研究せにゃね。

ガッついた感じではなく比較的まったりモードで進むセッションだったから、合間を縫って私も何セットかご披露。というか、大人しくしているとYuta さんから「何か出して」目線もあるので...(笑)
出したのは最近ワンパターンの「Stan Chapman's / Arthur Darley's」、「Laird Of Drumblair」、「Morning Star / Stars Of Munster」、「Musical Priest / Dinky's」に加えて毎度出してるような気がする「Bill Sullivan's / Britches / Egan's」、「Blarney Pilgrim / Connaughtman's Ramble / Kesh」、「Planxty Irwin / Josefin's Waltz」あたり。

本日の参加メンバーはバンジョー・マンドリンにコンサーティーナ、ブズーキに笛系、そしてフィドルとなかなかヴァリエーション豊かで音の分散もちょうどいい加減。Kevin 師匠のなんちゃってブズーキもお初で拝めたし、いろいろと収穫あり。

第一水曜は比較的仕事の都合をどうにかしやすい時期ではあるので先々都合が合えばまた顔を出させていただこうと思う。暖かく迎えてくださった皆様、ありがとうございました。次はもう少しマシな演奏をできるよう精進いたしますので、何卒今後ともよろしゅうお願い申し上げまする。
[ 2007/09/06 01:37 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。