FC2ブログ






寄り道、道草、衝動買い・・・

いつまでも暑くて今年はほんとに冬が来るのかと思いつつ、急に冷え込んで帳尻合わせの寒さが身にしみるここ数日、皆様はいかがお過ごしであらしゃいましょうか。僕は元気です・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




別にそんなこたぁ、どうでもいいやね。本日は小ネタで失礼。

上司は海外へ出張で「何とか、元気で留守がいい」状態なここ数日、一日予定がずれてくれれば新橋にも上野にも顔を出せたというのに、どうにも調整がつかなかった今週だった。本日木曜日は先の課題は別としてとりあえず一段落ついたので定時とともに会社を去った。

真っ直ぐ帰宅してもよいのだが、某Y楽器のポイントも溜まっていることだし、さすがにEileen Ivers の新譜が置いてあるとは思わないものの、なにがしか面白いネタがあればと銀座Y楽器へと向かったのが運のつきだった・・・。

音源の方はSharon Shannon の新譜など多少触手が動くものがあったものの、自爆するほどの勢いはなく、ひ弱なヘリコア弦でも補充にと上の階へ向かったのだが・・・、楽譜コーナーという難関が私の前に立ちはだかっていたのだった。

いつだったかの改装工事で今のY楽器はジャズ系音源と楽譜コーナーが同じフロアで抱き合わせになっているのだが、何事もなく通り過ぎようとしたら、楽譜売り場の目立つ場所に「フィドル楽譜特集」と銘打っている一角があることに、ほんとビックリ。これに反応せずして漢は成り立たないやね。

輸入本ばかりでどうみても個人でアマゾンなどに発注するより割高なのだが、中を見てみたいと思った譜面が多数「買ってください」とばかり並んでいるのはこちらの内面を熟知しているようでいささか気色悪いね(苦笑)
一応興味ある分野に絞って
(1)音源有無
(2)教則的要素の有無
(3)珍しいレパートリーがあるかかどうか
というあたりを主眼に物色を始めて、手許に来たのがこの4冊。(結局買ってんじゃん、という不粋な突っ込みは却下だよ~ん)


一番手前にあるAly Bain のものは、頼もうとしていたのだがたまたま某所で欠品になっていたもの。最近Boys Of The Lough もちょくちょく耳にするようになって気になっていたフィドラーで、附属音源はPhil Cunningham の伴奏での模範演奏だ。その後ろの『Fiddle Tunes』はEngland、Wales、Scotland、Ireland のフィドル曲集。模範音源の曲数が少ないのがタマに傷だが、あちらこちらで紹介されている定番的なフィドル曲集。さらにその後ろの『Irish Fiddle Solos』は来春だったかに来日するPete Cooper の64曲入り曲集で勿論模範演奏付である。

え、最後の譜面はあまりにも脈絡ないだろう、ってか(爆)。そういう不粋な突っ込みをする輩は当ブログにある『神々しい音楽の宴』(過去記事はこちら)のDVDでもご鑑賞いただくこととして・・・笑



えっと、24日(土)は、寒風吹きすさぶ中、代々木公園でまっつんさん達の主催によるアイリッシュ練習会がある模様。私もレッスン前のひとときをご一緒させていただこうと思っています。多分原宿駅側に近い入り口から近い場所でおやりになってると思うので興味ある方は是非に♪

23日(金)は、グリーンシープ@横浜でA Drop Of Goodbeers さん達主催のセッションもあります。通常15:30~ ですが、今回は17:30~だそうです。よろしければ是非。
スポンサーサイト



[ 2007/11/22 22:32 ] Fiddle | TB(0) | CM(16)