スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お龍さん、参上・・・

それはある日のこと・・・

こんな場所に私は居りました。

AkohamoKobo.jpg

何やら怪しげな楽器並びに予備軍が居並ぶ工房・・・。これが噂の魔窟の一部あるね。

というわけで先日23日にお邪魔して参りました。勿論目的は噂の彼女との逢瀬・・・。


Oryosan_0923_1.jpg


左は彼女の後に工房に現れた新たなる5弦、右は彼女だ。
楽器そのものとしては画面左の5弦さんの方が遥かに格上な印象だけれど、某マイミク女史曰くの「派手な美人さん」である彼女も見事な存在感である。

Suidosuji.jpg

というわけで、まずは一次調整を終えて我が手に舞い戻ってきた「お龍さん」(おりょうさん)。
入手当時から駒の削り、アジャスタ追加(結局全弦配置に)、指板調整に弦間調整、そして粗さを感じる部分の細かな補正などいくつもこの楽器なりの調整をいただいて、我が手許に再び、である。どこの馬の骨とも知れぬこの楽器にいくつも有用な手を加えてくださってありがとうございます、アコハモマスター様。雑談ベースで話した内容も含め、また後日手を入れていただくやもしれませぬ。その節にはまたよろしくお願いいたしまする。

ちょいと見辛いかもしれないけど、上記写真には宣伝も込みでして・・・。
水道筋ミュージックストリートという何やら楽しげなイベントが11月16日に神戸は阪急王子公園駅近くにある水道筋であるそうです。今ならまだイベント記念並びに共通入場チケット代わりの限定SMSオリジナル缶バッヂ付きでご購入いただけます。興味ある方はアコースティック・ハーモニーさんやらな也さんなどでお問い合わせいただければ、と。



というワケで、「お龍さん」である。
手許に戻ってきた以上、いろいろ試してみたいわけであるが色々お仕事が忙しく結局ちゃんと弾いてみたのは27日(土)だった。お店で多少弾いて感触は掴んでいたのであるが、いざ弾いてみるとちょっと音量が寂しいかなぁ、と。というわけで普段メイン弓のArcus からデルフラーに持ち替えて弾くこと1時間ほど。徐々に音が前に出るようになってきて・・・。こうなればArcus でも同等の音が出るようになってきた。いずれにしても新作だし、アコハモマスターの指摘通り板厚が厚めだから今はこんなものかなぁ、という音色は出始めて一安心。そのままフィドルのレッスンにお伴していただく。

恐らく師匠もお弟子さん達から噂は聞いておられたのであろう、現物を見せると「うわぁ、出たぁ(爆笑)」と仰りつつ、即品定めが始まった。「多少重めですねぇ、でも弾き心地は・・・、おぉ、普通に弾けますねぇ。鳴りはちょっと篭り気味ですが・・・、これくらい鳴ればじゅうぶん楽しめますね」と実際にお弾きになりつつ、感想を。普通のフィドルにはないC線を鳴らしてみて「思ったより響いて気持ちいいですね」というあたりはアコハモマスターのお陰が・・・♪
Iさんから素で「で、C線はいつ使うのですか」という至極まっとうなツッコミを受けて何も出来なかったワケだが(苦笑)、これは追々っつうことで・・・。私のレッスンの後ろにおられたかおりさんも大受け。彼女はオオフジツボやらEra やらKBB などでご活躍の壺井彰久さんのファンでもあられるから5弦フィドルも自然憧れの世界でおられる。実際弾いてみていただいたりして・・・。如何でしたでしょうか。



レッスン終了後、そのまま水道橋へ移動しちょいとライブを楽しんでから赴いたのは武蔵小杉のMcCann's。@嬢が不定期的にセッションを開催されている、何とも居心地のよいアイリッシュ・パブだ。
お店に到着と同時に「5弦弾かせて」と猛烈にアピールされる方もいらっしゃるので即お渡しして暫し食事。阪神、やっぱり負けとるがな・・・。恐る恐る店主に尋ねると、「こういう商売なのであからさまには言えないんですが、実はこう見えてもトラ・ファンでして・・・」というお答えが返ってきた(笑)。「かのチームの負けっぷりのよさには男らしい潔さを感じますねぇ」と半ば自虐的な笑いになったのはナイショの話だ(笑)

OryoAtMcCanns_Session.jpg


しーのさんやら熊さんやらがいらっしゃればもっと面白かったかもしれないけど、みかたろうさんも@嬢も色々弾いてみてくれて面白かったセッション。何か出せと嬢から強姦されて出した「MacArthur Road / Frank's」もどうにか弾けてマズマズな一夜でした。
セッションでご一緒した皆様、ありがとうございました。お龍さん、セッション参加者以外の方もやはり珍しかったようでいくつも問い合わせをいただきました。ネタとしてはチビ弓以来の流行振りで何よりでした(笑)



さらに一夜明けて・・・。

TuBoyTencho.jpgここは新宿にあるDisk Union さん。
専門性を重視したお店の色分けをされているチェーン店で、何かとお世話になることが多いCD店である。まだ姫路在勤だった頃は、御茶ノ水界隈が隆盛でトラディショナル音楽のお店も御茶ノ水にあったのだがお店の再編もあって最近好みのトラディショナル館は新宿に移転した。ジャズ店は今も確か御茶ノ水で健在であられるハズだが、ジャズに関しては新宿ももともと充実しておられたので御茶ノ水へ行く機会は激減した。I橋楽器のマンドリン系も御茶ノ水から渋谷に移転してしまったしね・・・。

というワケで(?)、上記写真は新宿にある「プログレッシブ・ロック館」である。普通にレジしているように見えるが、当の写真のお方は只者ではない。何だか店に入ると・・・

TuBoyOneDayTencho.jpg

踏みモノ系がうじゃうじゃ・・・。


TuBoyOneDayTenchoJihoLive.jpgKBBやらEraやら、プログレッシブ・ロック系の超絶バヨリニストの壺井彰久さんである。
今回Disc Union の一日店長企画でご登場された。彼のバヨ捌きは今から遡ること5年ほど前、閉店してしまったSutton's でのEraのライブで拝見したのが最初だ。このときは偶然にも私の○○回目の誕生日当日で、いろいろとリクエストしたら最後はギターの鬼怒無月さんとアコースティック・デュオでアイリッシュなセットをいくつも披露してくださった思い出深い一夜である。
その後私は東京でアイリッシュ系のユニットであるオオフジツボのライブをいくつか拝見した。今思うに君津のSutton's で披露してくれたアイリッシュなネタは壺井さんがオオフジツボに参加された初期だったのだろう。
因みに縁とは不思議なもので昨年暮れにアホな企画で九州へ伺った際に「壺井さんってご存知ですか」と私に尋ねてこられた女史がいらっしゃった。何でもこれまでは誰に聞いても「知らんねぇ」ということでアキラメておられたそうなのだが、何故だか私は知っているということでエラく感激しておられた。その女史が今は期間限定といいつつも関東に在住されているかおりさんである。後になって聞けば下関からわざわざ木更津までEraのライブを観に行かれたそうである。素晴らしい、その熱意!!

TuBoyMeetsOryosan.jpg


というワケで、再度お龍さんのお目見えである。
私の買い物のレジ打ち(!、店長ですから・・・笑)をしていただいた後、弾いていただいた。
楽器の表裏、内部までじっくり覗かれておもむろに弾き始める壺井さん。

「ほ~、面白いですねぇ。装飾もイロモノで楽しいし(笑)。どこで売っているんですか、これ」
と仰いつつメカニカルなフレーズやら、C線の音をじっくり鳴らしておられた。

「アコースティックな分、使い場所が難しいかもしれないですけど、C線の響きは悪くないので色んな楽しみ方がありそうですねぇ」とニコニコでした。

これから暫し意味もなく5弦が現れるかもしれませんが、暖か~い目で見守ってやってくださいまし・・・(笑)
スポンサーサイト
[ 2008/09/29 00:04 ] Fiddle | TB(0) | CM(6)

Pot Still の夜

話は5ヶ月ほど前に遡る。

toyamaares.jpgゴールデンウィーク直前にオールナイト・セッションという極めておバカなイベントが大阪のフィドル倶楽部であったのだが(過去記事はこちら)、そのときに何と北陸は富山から遥々参戦された奇特な御仁達がおられた。テメエのことはうっちゃって、世の中には物好きな方がおられるなぁと感心しつつ、これで未踏の地北陸にも足掛かりが出来たとほくそ笑んだのは公然のナイショ話である。


9月13日は、鴨練&アイ京ライブ@大阪守口やら定禅寺ストリートジャズフェスティバル@宮城県仙台など実は遠征には事欠かないイベント事が各地であった。そこに件の「あれ」な方@富山のZENさんからこんなメッセージが届いた。

「富山のアイリッシュパブの5周年記念が9月12、13日の両日と決まりました。
ねらい目ですのでお知らせいたします。 」


何でも5周年記念でセッションを両日ともに開催されるらしい。

鴨練&アイ京ライブは全く合わせ練習に参加できないという地理的ハンデが引っ掛かって今回は自粛、定禅寺ジャズフェスはTRAD さんのブログを見る限り相当数のメンバーが揃いそうだし毎年盛況で来年もチャンスがあるだろう、ということ並びに「未踏の地」への憧れから北陸路を選択した。先月末に「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」という滅茶苦茶楽しそうなイベントにもお誘いを受けていたのだが、諸事情で参戦できず不義理をしていたしね。

17時30分にホテルのロビーで合流した3名は寿司屋で歓談しつつ軽くお腹を満たし富山駅前でサックス・カルテット+ドラムスにゲスト・ヴォーカルにオペラ歌手というなかなか面白い趣向のライブやらコミカルなマジックを楽しんでからセッション会場へと向かう。

are_2.jpgカザフスタンの撥弦楽器ドンブラの奏者で、アイリッシュではフィドルをメイン楽器にされているZENさん。アイリッシュの経験はまだ浅い方だがブランクがあるもののバイオリン歴は私などより遥かに長い大先輩。左手も右手もやっぱり合理的な使い方で流石でございました。


are_toyama_1.jpgそしてオールナイト・セッションにお越しになられていたもう一人の「あれ」な方、いっつぁんさん。とにかく多趣味な方で、楽器だけでもフルートにフィドル、ティンホイッスルに二胡をなさる上に最近はマラソンも。さらに愛読家でいくらでも本が欲しいらしい。「一日48時間欲しい」というスーパー「あれ」な方。美味しいもの巡りには欠かせない情報通であられるし、富山県内全ての道を知っているのではないかと思われる歩くカーナビでもあられる(笑)


PotStill.jpgセッションの開催場所は富山駅近くのアイリッシュ・パブ、Pot Still さん。バウロンを抱えておられる方が店長さんである。ZENさんがアイリッシュに真剣に取り組むようになったのは、昨年の「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」に出演していたPot Still Band を観て刺激を受けられてからとのことらしい。多趣味ないっつぁんさんを奸知に長けた勧誘活動で仲間に引き入れ、一気にアイリッシュ熱に染めてしまったらしい。



PotStillSession.jpgぱっと見で巨大なテーブルを囲んでいるように見えるが、実はこれはビリヤード台。この他にスロットマシーンやら(途中で遊んでみたのだが何時まで経ってもコインがなくならないのでいっつぁんさんに後をお任せしたら500円引きのコインに交換されていた・・・笑)、ダーツもある。バーカウンターは落ち着いた感じだし、店の広さもじゅうぶんあって、単なるアイリッシュ・パブというよりは酒を楽しみながら遊べる社交場みたいな雰囲気でこれは都会ではちょっとないかな、というタイプのお店で好印象。


まだお互いにレパートリーも少ないしセッションの進め方は決して簡単ではない。とりあえずZENさん達は京都のField Session 音源と大森ヒデノリさんの譜面中心のネタらしいので、基本的には頭出ししていただいてこちらが追随できるものは追随、余力があれば後ろに私が弾きたい曲をくっ付けるという展開で進めた。
ちょっと間が空いてお喋りモードになるとBGM&映像をリバーダンスに切り替えて気分転換。その間には小さめの音で曲を少し浚ってみたり、とにかく呑んで喋って親交を深める一夜。
フィドル弾きが5人(?)(内、いっつぁんさんはホイッスルにフルートが今はメインかしらん)に店長さんのバウロンが主体のメンツ。その他アイリッシュ体験組で途中からピアニカとか笛・バイオリンの方も混じってみんなで「Down By The Sally Garden」を弾いたり、後半は外人さんもパーカッションで混じってポルカを弾き倒したり・・・笑
ちょいとカオス的な展開になってしまったのは反省点だけど、あっという間に富山の夜は過ぎていく。

PotStillFiddlers.jpg

セッションの最後まで残っていたメンバーで記念写真。どこの馬の骨とも分からぬ怪しい流浪人を暖かく迎えていただきありがとうございました。
固定メンバーがなかなか増えないなど悩みも多いと聞きましたが、頑張って富山にアイリッシュの礎を築いてくださいね。今回は慌しい日程でしたが、またゆっくりとお邪魔したいと思います。



翌日、ZENさんには観光案内していただき、城端のむぎや祭を拝見。肝心の踊り倒しの宴は見ることができなかったが、映像と講習会で雰囲気は掴めたし麦屋節全国コンクール(参加者137名!!)でエンドレス的に流れる麦屋節を堪能できた。プログラムを見る限り初日の夜がよさ気な印象。城端の街をあげての祭だからその道で「あれ」な方々が踊り倒しているに違いない。来年の遠征候補だね。

え・・・、勿論踊りませんよ、私は・・・(爆)
[ 2008/09/15 19:50 ] Session & Event | TB(0) | CM(14)

西北西に進路を取れ

昨日の記事アップから約4時間、到着したのはここ。

Uodu.jpg

板東・村椿の延長18回引き分け再試合を想起する・・・もとい、蜃気楼の見える街、魚津である。蜃気楼の他、埋没林なる特別天然記念物もあるというし、最終目的地までの途中下車で対応できるので立ち寄ってみた。

道中ビックリしたのは電車の混雑ぶり。
新幹線で越後湯沢まで出るのも指定席をとるにはあまり贅沢が言えない状態だったのだが、越後湯沢からの特急「はくたか」は指定が全て満席。ネットなどで情報探索すると慢性的な混雑状態だという。
実際乗り換えようとすると人、人、人。これで約2時間は結構厳しいから早めに行動を決めて指定席を押さえないといけないね。

haisen.jpg

魚津駅周辺には学生さんなどそれなりに人がいるのだが、駅から数十m行くと人がいない。とにかく歩けど歩けど人と出会わない・・・苦笑。写真は魚津駅から海の方へ向かっている線路跡。住宅地であるのだがとにかく人と出会わない・・・。

hakubutukan.jpg


駅から歩くこと20分程、魚津埋没林博物館に到着。
埋没林の発生過程の解説に実物をじっくり拝見し、蜃気楼のハイビジョン映像(10分)も興味深く楽しんだ。蜃気楼ってテレビでちょろっと見ただけだが、ちゃんと見るとやっぱりビックリだね。見れば見るほど神秘的だ。一度生で拝んでみたいですな。

Toyama_20080913.jpg

本当は滑川にも立ち寄ってホタルイカ・ミュージアムにも行ってみたかったのだが、さすがに身体も疲れているし時間も微妙なので(電車を一本逃すと次が・・・苦笑)、最終目的地へ向かう。
魚津から電車で20分ほど、最終目的地の富山である。

以下、次号へ。
[ 2008/09/14 09:18 ] Session & Event | TB(0) | CM(8)

なくて七癖・・・

Start.jpg写真は東京駅。
何だかエラく人が多いような気がするんですけど・・・。
こういう絵が出てくるとネタは・・・・・・、なくて七癖、放浪癖である(爆)。




世間では鬱病の方が増えているらしい。
私が勤める会社も例外ではなく、何名かは実名で実態を捕捉している。新聞などの報道によれば、所謂本来の鬱病に加えて、会社に居る間だけ鬱というまぁ五月病みたいな鬱もあるらしい。

社内に四箇所座席がある状態は変わっていないのだが、実は本拠地の職場で先月初めにささやかな座席移動があった。
たかが座席、されど座席であって、これがそもそも諸悪の根源である。私の対面が何かにつけてうるさく目障りなのである。独り言、溜息、パニくったときの奇声、モノを考えるときにブツブツ言いながらおでこやら頬をペシペシ叩いたり(これがまたやかましい・・・)、こちらの仕事の会話に常時入りこんできたり・・・。因みにこの方は鬱ではない。

件の人物が年下であるなら「やかましい!!ツベコベ言わずにさっさとやれ!!!」の一喝ですませられるのだが、年上ではそうもいかない。ただでさえ四箇所勤務で疲れているのに本拠地に座ると面前がこの状態というのは精神衛生上非常に宜しくない・・・。本当に鬱で苦しんでおられる方には申し訳ないが、「鬱になるぞ」というのは社内で流行り文句になり始めている・・・。

そんな状態を忘れるには・・・、放浪しかないのである(笑)

Max.jpg
行き先・・・・・・?。それは次回以降で。
ではでは、行って参ります!
[ 2008/09/13 09:17 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

お龍さん

それは突然の出来事だった。青天の霹靂とはこういうことをいうのだろう・・・(爆)

そろそろTonica 弦のストックも切れるころだし、例によってオークションで安く仕入れようといつもの場所で楽器→ヴァイオリンとカテゴリーを絞ってキーワードに「弦」と入力したらこんな画面が登場してしまったのである。

auction.jpg

チョイと見辛いかもだが、これがその画面。何と5弦バイオリンが、
出品価格1万円???。んなアホな・・・。


この世界、オークションなどで「高級バイオリン、何と100円から!!」みたいな世の中の消費者をナメ切った文句が堂々と並べ立てられることも珍しくないワケだが、この5弦フィドルの1万円ってどうよ・・・。ゲテモノとはいえ、希少価値の5弦フィドルであることに加え、意味不明なインレイ多数ヘッドは龍を模した彫り物つき。いくらパッチモン得意の某第三国製とはいえ、どう考えても1万円では作れないと思うんだが・・・。

使い道もよく考慮せぬままオークションで5弦フィドルを取りに行って敗北した過去を持つ私、全く想定外の経緯であったが即参加したのはいうまでもない。締め切り前日くらいまではクールな展開だったのに、終わり間際にホウヨウボーイとモンテプリンスの壮絶な叩き合いのような展開になったのは誤算だったが・・・。
まぁ泡銭があったのでその誤算とて誤差の範疇ではあるしよしとしよう・・・。(因みに今回の泡銭はカッコよいモノではないので一応秘匿しておく・・・苦笑)

落札後数日を経て前回記事の通りブツが届いたワケだが、その記事でも触れた通り調整に関しては難ありというか手付かずのままで、駒はほとんど削っていない状態である上にナットも高過ぎて左指で弦を押さえると見事に他の弦を擦ってしまう状態であった。但し出音の雰囲気は悪くないし、まぁ荒っぽい造りではあるけれどよく出来ているんじゃないかな、という感触は得た。とんでもないシロモノが届くのではないかという不安も多々あっただけにこれは大当たりともいえる。後は実用化の進め方であるが、これは今のところ心配要らない。

というワケで9月7日、例によってのぞみを乗り回して新神戸に降り立った私は「あれ」なあの場所へタクシーを走らせる・・・。

そう、言うまでもなくアコースティック・ハーモニーである。

予めメールでやり取りしていたから早速ブツの診断である。彼の判断次第でどこまで手を入れるか決めようと思っていたのだが・・・

「へぇようできてるやん(爆笑)。こんなん、あるんやなぁ。値段聞いたら尚のことやねぇ。面白いもんってまだまだあるんやなぁ」

AcoHamoMasterWithFiddle_0907.jpg


とエラく受けておられる。それだけですまないのがこのお店の素晴らしいところで、「実は既に5弦フィドル用の駒があったりするねん(笑)。」と出てきたのはピックアップまで仕込んである実に気の利いたシロモノだったりする。たまたまお店の掃除をしていたら出てきたらしいのだが、普通あり得んだろう、そんなこと・・・笑

外観検査から始まりボディ内部もザっとご覧になられたマスター、やおら弓を取って音を鳴らし始められる。「おぉ、立派な音がするやん、これ。絶対お買い得やねぇ」と悦に入っておられる。出品価格が1万円であるにも関わらず付いてきたケースは角型のそれなりにしっかりしたケースだし、付属の弓も別にどうしようもないような弓ではない。魔窟にあるお徳用の角型ケースでさえ12,000円はするというのに何というコストパフォーマンスなんだ・・・。


いつになく商談は早く、最低限の修正箇所並びに「こんな感じにした方が使いやすいんちゃうかな」という提案も出していただいて方針は即決だった。

というワケで新たなマイ楽器に加わったこのフィドル、ちょっと安易ではあるが、「お龍さん」(おりょうさん)と命名した。勿論イメージは坂本竜馬のカミさんだったお龍である。竜馬が愛したとされる自由奔放さに加え、寺田屋事件の際には入浴中だったにも関わらず裸のままで風呂から出て龍馬に危機を知らせて救ったという豪胆さ、そんなチョイと型破りなフィドルになってくれたら最高だね♪

早ければ来月あたりのセッションでお目見えか、と。
[ 2008/09/08 20:04 ] Fiddle | TB(0) | CM(20)

新たなる・・・

nimotu_0829.jpg話は8月29日のこと。
帰宅するとこんな荷物が・・・。

フィドルかな・・・?。
丁寧な梱包で安心できるが、その分ゴミが山ほど出るのが難点ではあるね。


開梱してみると・・・

gaikan_1.jpg
どうでもいいが、駒のアーチが平坦すぎますな。

えっ、それ以前にフィドルとして何かおかしくないか、ってか・・・(爆)











gaikan_2.jpg

詳細は後日・・・

[ 2008/09/07 10:32 ] Fiddle | TB(0) | CM(14)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。