スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本年最後のイベントは帰省の寄り道にて・・・

はやいものでもう年の瀬である。いつも通り一日早く年末年始休暇を開始した私は、どこをふらつくでもなく実家へ戻るまでの数日をフラフラ、プカプカと通り過ごして関西入りした。あちらこちら「プチ」放浪したわけだが、年末のご挨拶は・・・

AcoHamo_20081227.jpg

アコースティック・ハーモニー.へ。
例によってフィドルにマンドリンに、素晴らしい品揃えだねぇ。店主さんと雑談してる間にも商談が成立していたりして、いかにも年の瀬という感じである。今年は買い物らしい買い物ができなかったけれど、5弦フィドルの調整で随分お世話になった。また出物があればワナにはまるんだろうなぁ(笑)
最後の最後にアイリッシュ仲間がオ○ーショ○のウ○○レをちゃんと仕入れに行ったようで、まずまずの年末だったでしょうか(笑)

AndesWithSebastian.jpg

その当日は12月27日。アコハモに立ち寄った後、性懲りもなく武庫之荘へ足を伸ばした私。伺った先は夏ごろにお邪魔した武庫公民館。超格安でスタジオを借りることができる穴場である。写真は最近一部でゆ~めいなアンデスを弾く(吹く?)せばすちゃん氏。

GalwaySession_20081227_1.jpg

武庫公民館でのねこ練が終わった後は阪神西宮にあるアイリッシュ・パブ Galway へ移動。せば組なる怪しげな団体の新年会をここでやるそうで、cead氏が先乗りしていたところへ押し掛けた格好である。ちょいと写真ではわかりづらいかもだが、せばすちゃん氏が弾いているのはハーディング・フェーレ、cead氏の持ち物である。

GalwaySession_20081227_2.jpg

私も少し弾かせてもらった。手軽に弾けるようにということで、チューニングはフィドルと同じG-D-A-Eにしている、とのこと。速いフレーズよりもゆったりしたフレーズ、弓をコマメに返すよりも一弓を長く使う弓使い、圧を掛けすぎるよりは軽く弓を乗せる、というあたりに共鳴弦を響かせるコツがあるような印象。

本当はセッションの予定などなかったのだが、お店のご好意により暫しセッション・タイムを楽しんだ。久し振りに弾いた「Pigeon On The Gate / Lafferty's / Matt Peoples」はどうも独奏になりそうだったのでhiro さんに「最初の2曲はEm とD、最後の曲はAm とG を弾いていれば大体あうよ」とお伝えしてギターで伴奏してもらったりした。マイナー・キーの曲は「主音のマイナーコードと一音下のメジャーコード」で大体伴奏できてしまう、という好例であり、なぜだかお返しにhiroさんのフィドル&私のギターで「Farewell To Erin」をやっておりました。う~ん、ギターを弾くのは本当に久し振りだなぁ・・・。



翌28日、ごく普通な感じで談笑しているこのメンバー・・・。
YotubasiNite.jpgたとえばの話、この写真が関東圏内でのものであれば全然珍しくもないことで、敢えてブログにアップされることもないであろう。きみさんやIさんとはセッションでよくお会いするし、Kevin氏にしても今は和歌山住まいだが、本来ゴリゴリの江戸っ子という具合だからね。
このメンバーが終結したのは四ツ橋の名所、フィドル倶楽部前である。きみさん・IさんとはCock O' のセッション時に、ここでお会いしましょうという約束になっていたのだが、Kevin氏は意外だった。
因みにKevin氏はここへ立ち寄ってから関東へ、きみさんとIさんは広島へ、私は姫路へ、各々帰省までの寄り道である。


FiddleClubBonenkai.jpg

この日、フィドル倶楽部では大森ヒデノリ氏による好例の「フィドル練習会」があったのだが、如何にも年末らしく練習会後にはセッションが用意してあるということでお邪魔したのだった。年の瀬とはいえ、年内最終日曜日なら、この程度は集まって当然かな。フィドルが圧倒的に多いのはこの会の流れ上やむを得ないところだが、ゴールウェイからお越しのマンドリン弾きスパニッシュがいらっしゃったり、ジャズ・ヴァイオリンをここで習っておられる方がいらっしゃったり、と想定外の楽しいことが起きるのが実に必然みたいな感じで毎度笑える。

PickersSession.jpgそのマンドリナーと本当に楽しそうに演奏されていた大森さん。ゴールウェイからのお客さんがギターを弾き始めたら、喜んでマンドリンを弾き始め・・・、最終的にはうりぼうさんも加わっての見事な撥弦楽器アンサンブルとなった。これ以外にも写真には映っていないがボウルバックのマンドリンもありましたぜ。Planxty好きの私としてはこういうアンサンブルは素直に嬉しいものである。


RicohGR.jpg唐突だが、このカメラはリコーのGR-DIGITAL Ⅱ。28mmの単焦点レンズ搭載というマニアックなカメラ、これはまるさんのカメラである。因みに私が新兵器といっているのが、リコーのGX200。この日は持ってきていなかったのが残念だがせばすちゃん氏はリコーのR8を所有されているとのことで、うまくいけばセッション場でリコー三兄弟揃い踏みが実現するかも、ですなぁ。(笑)


BestShotByHiro.jpg

我がGX200による本日のベスト・ショットはこれ。hiroさんが撮った大森さんのマンドリン弾き姿。某所では「このマンドリンになりたい!」という実にコアな発言をされていた方もいたという噂も(笑)
GX200のビュー・ファインダーは角度調節ができるのでこういうローアングルから狙う写真は実に撮りやすい。この写真の撮影者hiroさんだけでなく、和さんとかも大はしゃぎで写真を撮っておられた(笑)

若干カオスな時間帯もあったけれど、フィドル倶楽部の名調理人でもあるとまとさんの美味しい食事もいただきつつ22時頃まで続いたセッション、ポルカで暴れ、リールで唸り、ジグで騒いでエアでまったりと、そしてあっという間に終演となった。主催の大森さんに会場のフィドル倶楽部の方々、そして参加者のみなさん、ありがとうございました。今シーズンの最後にふさわしい楽しいイベントでした。

ではでは皆さん、よいお年を~♪
スポンサーサイト
[ 2008/12/31 14:03 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

Christmas Dinner & Session Night

前回Cock O' The Walk @六本木にお邪魔したとき、Miwaさんにある予約をしていた。セッションでいつもお世話になっているヤスコさんがお店に貼ってあったクリスマス・ディナーの宣伝に惹かれて、セッション前にディナーしましょう、ということになったのである。会社をそそくさと後にして六本木へ向かった24日。

ChristmasDinner_20081224.jpg
タラを使った前菜後に姿を現したのは勿論ターキーすごい、でけぇ~!


ChristmasDinner_20081224_1.jpgで、マイクさんが親切に取り分けてくださったのが、この部分。ちょっとした手違いから遅れて来られるFさんには申し訳ないが、とりあえず3人で「美味しい!」を連発しながら頂いているのだが、とにかくこのサイズであるから、食べても食べても減らない・・・。3人共にそんなに食べる方ではないから、立派で美味しいターキーも徐々にノルマと化して重圧になってくる。KY語でいうところのNT、そうノルマのターキーである(笑)
三々五々揃うメンバー達にもどんどん食していただくことにして・・・


ChristmasSession_2008.jpgメインイベントのセッションもスタート。
さすがにクリスマス・イヴということで普段よりは少な目の人数でスタートだが、ターキーの効果も抜群で終始リラックスしていて、会話も存分に楽しみつつまったりと時間が過ぎていく。
本日はセッション参加者以外のお客さんも実に多彩で、ディナー前にはマイクさんやヤスコさんが20年近く前にセッションを始められた頃のことをご存知の方まで現れたのにはビックリ。


ChristmasSession_2008_Singing.jpg

マイクさんとお友達での歌もよい味だったし、久し振りにアンディさんのソロ歌もあり、もう一方外国人の方の見事な歌もあり・・・。とてもよい雰囲気である。

ChristmasSession_2008_1.jpg

ターキー・テーブルの四名も素晴らしい演奏だ。ターキーはだいぶん解体が進んだけど、まだまだありますねぇ、やっぱり(笑)
え、フィドラーの顔に見覚えあり?!

Brothers.jpg
う~む、確かに生き別れの兄弟たち、みたいに思えなくもないな~(笑)
詳しくはこの辺とかこことか、がいいかな、と。


ChristmasSession_2008_Dinner.jpg

セッションも終盤に差し掛かり、ターキーの解体もだいぶん進みましたね(笑)。美味しいものがテーブルにあるとみんなやっぱり和むようです♪

どうも本日もみなさん、ありがとうございました。
そして関東圏内の皆様、今年も一年お世話になりました。一足お先に旅路についております。来年もまた楽しく遊べるよう、精進いたしますのでよろしくお願いいたします。
当ブログは年内、まだ1~2度は更新があるか、と。

も@のぞみす~ぱ~エクスプレス
[ 2008/12/26 18:09 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

飛び石セッションと迎撃セッション、時々魚・・・(笑)

のっけからタイトルとまるで無関係そうな写真であるが、これは東銀座にあるエルベという店のビーフ&タンのミックスシチューだ。
elbe.jpg

銀座という土地柄もあって値段はそれなりに力強いから頻繁にというわけではなかったけれど、銀座に事務所があった頃にはバクチで儲かったときなどによく利用していたお店。今は場所を少し離れたところに移転したが、味は健在。時空の歪みを利用して再び上京される舌の肥えた北陸人を迎え撃つにはこれが最適と思いご招待した。これが12月13日の話。

KinsichoSession.jpg

北陸からの客人とはいうまでもなく、ZEN氏にいっつぁん女史。先月初めには卒倒しそうになるくらいの歓迎をしていただいただけに、彼ら得意の弾丸ツアーに多少なりとも彩を与えねば、と食事後は錦糸町のカラオケボックスでまっつんこさんも加わりセッション練習会である。これが飛び石セッションの幕開けである。
(サービス精神旺盛な北陸人たちのワナにほぼズッポリと嵌りそうなまっつんこさん、イベント事だけでなく食の情報にグラグラきていたのが笑えました。)
CelChri_2008.jpg

本来こちらのレポでも書くべきなんだろうけど・・・(爆)。この二人を日本で見ることができるのは次はいつだろう・・・。
そう、13日はケルティック・クリスマス@すみだトリフォニー・ホールだったのだ。北陸人達も当然ながらこれを目当てに上京されたというのは言うまでもない。コンサートの内容そのものはやはり及第点以上だったが、イベントとして考えたらちょっとビミョーかなぁ。ハウホイの時間はやたらと短かったし、今ひとつ主催者側の熱意が伝わってこなかったような・・・。あと、折角素晴らしいダンサー達を呼んでいるのだから、すみだトリフォニーホールは避けて欲しい。10列目とかの中途半端に前にある席だと足下が全然見えないのだよ・・・。




一日置いて15日は新橋へ。
SL_Shimbashi.jpg

新橋といえばこれ、SLだね。(←そうなのか・・・苦笑)
過去にこの前でゲリラセッションしてものの1分で鎮圧された苦い記憶のあるこの場所、某テレビ局の街頭インタビューで頻繁に出てくるオヤジの街である。

IrishTimes_20081215.jpg

このブログで新橋というと、必ず登場するパブロフの犬みたいだが、今回もやはりIrish Times さん。最近2号店もオープンされたとのこと。Kevin氏が「関西の内房」と私が呼んでいる和歌山へ異動されてから、ここでのセッションは2ヶ月に一度、という頻度になってしまったが、一時期は私にとってメインのセッション参加場でもあり、店の前に立つと何となく嬉しくなるものだ。

IrishTimesSession_20081215_Up.jpg

忘年会も兼ねたセッションは総勢15名程度で終始賑やかに。なぜか東京で仕事されているcead さんともお江戸では初対面。セッション後、有志数名で近くのカラオケボックスでさらに打ち上げて和やかに過ぎた一夜だった。



さらに一日置いて17日は上野へ。
Warrior_20081217_Up.jpg

このブログで新橋上野というと、必ず登場するパブロフの犬みたいだが、今回もやはりIrish Times Warrior Celt さん。(←いくら面倒だからといってコピペそのままですな・・・苦笑)
今年は大体いつも大入り満員で楽器を一度も出すことなくそのまま呑んだくれたこともあったぐらいだが、本日は比較的小ぢんまりとスタートしたワケだが、当然ながらそれで終わるわけもなく・・・

CelticBluegrassBand.jpg
マイクさん率いるブルーグラス・バンドのライブタイムがあったりしてこれもまたオツなものである。


WarriorSession_20081217_5.jpg
なんだかんだで、やはり最盛期にはこれくらいの規模になって・・・


WarriorSession_20081217_6.jpg
私が帰る頃にはコアなメンツ中心で・・・

本日もよい夜でした。Warrior に顔を出すのは今年はこれが最後かな。よい一年をありがとうございました!



飛び石セッションはWarrior でのセッションをもって終えたのであるが、20日にはまたしても仕事と称してヤツが上京してきた。
WhoIsHe.jpg以前にはく○ょん大○王」を模したコラージュを用意したら激怒されたので(笑)、今回はこの程度で・・・。
なんだかんだで上京されてのセッション回数もそれなりに増えてネット上ではなくリアルでも知名度がかなりあがってきたせばすちゃん氏。医者の不養生というわけではないだろうが、尿道結石の発作にもがきつつ手術をこなしたり、おバカな北陸迎撃作戦に参加されたりと、公私共に相変わらず「あれ」な方である。「あれ」なだけでなく、とにかく音楽以外のネタも豊富で彼が上京すると聞くと必ず参戦される、という奇特な方も関東には多い。


場所は・・・、このブログで新橋 上野六本木というと、必ず登場するパブロフの犬みたいだが、今回もやはりIrish Times Warrior Celt Cock O' The Walk さん。
生憎この日は18時から別の忘年会がお店であるとのことだったのだが、21時からなら大丈夫ということで毎度ながらごムリをお願いして使わせていただいた。いつもありがとうございます。

CockO_20081220_1.jpg

時期が時期だし、ということで今回は10名程度の小ぢんまりとしたセッションを志向していたのでブログでは告知せずメンツ確保に回ったのだが、数日前まで目論見通りだったのが徐々に膨張を始めて・・・(笑)

CockO_20081220_2.jpg

当日になってGreen Sheep Seesion 帰りのT田さんにくっついてFさんとIさん、そしてYutaさん経由でJim さんもご登場。最初はステージの方でやろうと目論んでいたのだが、急遽普段のセッションで使う場を今回も借用した。

CockO_20081220_3.jpg

今回は開始時間が遅いこともあるので、極力多数の方から矢継ぎ早に曲出しをお願いしてホスト役をきっちりこなしているように見せかけた私・・・(爆)。テメエで出した「Cooley's / Cup Of Tea / Wise Maid」の最中にStrayaway Child な大魔王を捜索に出かけるハメになるなど、やはり不慣れなことをしたツケも結構あったりしたが、まぁセッションとしてはそれなりに盛り上がった、と信じたい。

毎度ながら至らぬホスト役でございましたが、お越しくださった皆様、ありがとうございました。そして毎度気持ちよくセッションさせてくださるCock O' The Walk さん、本当にお世話になりました。年内にもう一度伺えますね、こちらは。



時節柄、不景気風が吹きすさぶ昨今だが忘年会はやっぱり多いなぁ・・・。セッションの合間にはいくつか忘年会があったりするが、こんな美味しいものも期せずして・・・。
(因みに独身の一人住まいの人間にりんご36個を贈ってきた困った方もいたが・・・、以前にシャケ一本を贈ってきた困ったお方なので最早驚くには及ばず、近隣に配って歩いて事なきを得ましたデス・・・苦笑)
MEJINA.jpg

自宅近所の居酒屋さんの常連さんで釣り名人が何人かいらっしゃるのだが、その方達の成果の一部がこれ。毎度ながら型が揃っていて素晴らしい戦果だ。
Mejina_1.jpg

で、本日21日は頭の塩焼き。これはエラく食べ応えがあって美味しかったなぁ。左は解体途中、右はほぼ解体完了の絵。「猫またぎ」とよく言われる私だが、丁寧にさらったつもりでもちょっと雑だったかなぁ、今回は・・・。まぁ成仏してくださいましな、お魚さん。
[ 2008/12/22 01:06 ] Session & Event | TB(0) | CM(9)

師走 de 連荘セッション ~東へ西へ篇~

再び間が空いてしまったが、前回記事の続編をちょいと駆け足で。
5日のオキャ会セッション翌日早朝に新幹線に飛び乗って帰京、レッスンに備えた練習並びにレッスンへ参上というスケジュールをこなして向かった先では・・・

のっけから怪しげなオヤジさんが
Kumasan.jpg
大きな身体を縮こまらせて何をしているか、と思いきや・・・


Kumasan_1.jpgかなり手が掛かっているお人形さん&持ち主の記念撮影をしておりました。
よく出来たお人形さんでしたが、さすがやはりお値段もなかなか力強い・・・。
因みにこの場所は水道橋にあるタペストリーさん。場の雰囲気、音響ともに非常に優れた店で、なかなか場所柄立ち寄ることは出来ないが、時間があれば時々美味しいスコッチをいただきにうかがうお店である。
話は結構急だったのだが、遥々名古屋からべんてん氏が上京されるとのことで、みかたろうさんがセッション・マスターを買って出て実現したのが12月6日のセッションであった。


TapeSession.jpg小ぢんまりとメンバーが揃ったセッションは何と参加者全員がフィドル関係者という見事な偏り方である。
お店に着くと既に主催者みかたろうさんに主賓のべんてん氏、そして爆音フィドラー熊さんがお揃いでお店の美味しいオードブルを囲んで和んでおられた。因みにこの三人、今年2月に既に顔合わせは済んでいる。Martin Hayes & Dennis Cahill のライブ後、Cock O' での臨時セッション参加者達である。

各々、思いついた曲を出しつつ会話も適宜弾んで初冬の夜を和やかに。途中から結婚式帰りのアイリッシュ・ダンス関係者達がお店に到来されてなんか凄くよい雰囲気の水道橋の夜でございました。

主催者のみかたろうさん、いろいろとセッティングありがとうございました & 参加者の皆様、お疲れ様でした。



日が変わって7日は再び朝から関西へ移動である。
Nozomi_20081207.jpg

今年果たして何度乗車したか、数える気さえ起きないくらいお世話になっている「のぞみ」号。
年内、最低でもあと一往復半はしないといけないんだよな・・・苦笑

MountFuji.jpg
綺麗に見えた富士山に見送られつつ・・・


ShinKobe.jpg
まずは新神戸に下車。ここからタクシー拾って魔窟「アコーシュティック・ハーモニー」へ。
愛器パントルをマイナー・チェンジして暫し談笑後、今度は一路守口へ・・・。


守口では今や恒例となったクリスマス企画、セッション&ケーリーが開催されているのだった。
お昼の部はセッション、夕方からケーリーで、今年は合間に隠し芸大会も企画されていた。私は存在そのものが隠し芸みたいなものなので、こちらはパス。

Andes.jpg

お店に着いたらいきなりこの光景である。5日のセッション時に話題になったスズキのアンデス、聞けばhiroさんが今日守口へ至る途中、梅田のナ○イ楽器で即買いしてきたらしい。素晴らしい行動力です、相変わらず!
鍵盤楽器も得意なともよさんは、もう既に自分の楽器の如く使いこなしておられた。これはまた陰のブームになりそうな楽器である。

KamoPiyoDancers_1.jpg

第二部のケーリーは相変わらずの盛り上がり。大変小さいサイズの写真で申し訳なし。昨今顔出し拒否の方がかなり多いので、ボカすよりはサイズを落として対応してみた。これでもイヤだ、という方は連絡くださいまし。

ダンスの合間には、楽隊連中で軽くセッションしたり・・・。
HenYumi.jpg

え、また変なものを使ってる・・・?
そうそう、これこそ弓そのもの、という形であるが、これはミュージカル・ソー用の弓である。見た目はゴツくて難しそうに感じるが、実際弾いてみるとそんなことはなくて、結構弾きやすい。因みにミュージカル・ソー用の弓はこういう弓以外にも子供用バイオリン弓(分数弓)っぽいのも用いられたりするらしい。

KamopiyoSession_1.jpg

フィドル、コンサーティーナ、ギター、アンデス、二胡などバリエーション豊かな楽器で繰り広げるセッションもまた楽し。昨年に引き続き、よい一日でございました。

幹事の194さん、そして会場モリウのみなさん、ありがとうございました。
[ 2008/12/12 21:47 ] Fiddle | TB(0) | CM(4)

師走 de 連荘セッション ~伊丹まったり爆笑篇~

12月5日(金)、私は仕事でまたしても尼にいた。もううんざりするくらい新幹線を乗り回しているので、いい加減疲れてきたが、まぁこれでオマンマをいただいているのだから仕方がない。それに特権を活かすこともできるしね(笑)
RoadToItami.jpg

というわけで、仕事終了後は一旦新大阪で宿にチェックインしてから「南方→十三→塚口→伊丹」と移動する。

目的地はここ
SalonDeSansui_20081205.jpg

先月もお邪魔したサロン・デ・サスイさん、今月もうまくオキャ会セッションとタイミングがあったので迷うことなく参戦してきた。

SyaoAndHiroJihad.jpg

今回は師走ということもあるのだろうが、参加者はhiroさんとしゃおさんに私の3名という本当に少人数。しかしながらフィドラーでありながら、最近はギタリストでもメキメキ頭角を現しているhiroさんに、即興で何でもハモれるしゃお嬢もいらっしゃるから、フィドラー3名だけとは思えない分厚いアンサンブルも可能だったりする。

お互い気心も知れているし、この少人数ならがっついて弾く必要もなく、演奏に会話にと愉しむ3人。しゃお嬢は例によって仕事で相当ストレスを溜め込んでおられる様子だったが、「なさけないスターウォーズ」の動画を見せたら崩れんばかりに笑い出し、笑いすぎて目に涙まで浮かべておられた。うん、これだけでもこのセッションの意義はあった、というものである(笑)

どうでもいいが、なぜセッション中にこんな絵があるのだ・・・爆
Mohamedo_20081205_1.jpg
これだけでも充分怪しいというのに、お店のマスターの発案で・・・


Jihad_1.jpg
似合いすぎだ・・・(笑)


Jihad_2.jpg
この記事がアップされる頃には某所のコスプレでこの勇姿が見られることだろう。

[ 2008/12/07 13:57 ] Session & Event | TB(0) | CM(3)

Geraldine Invites John And Many "ARE" People ...

相変わらず新アイテムに心を奪われムダに写真を撮りまくっているので、無用に重たい記事になるが平にご容赦を・・・笑

Geraldine_1203_1.jpg

写真は前回紹介できなかった陰のセッション・オナーであるジェラルディーンさんの後姿。マメに装いを変える彼女、お会いする度にアクセサリが増えておられて、なかなか日々の変化が追いかけきれない。

本日も・・・
Geraldine_20081203_1.jpg
セッション・オナーであるにも関わらず、セッション参加者から結構手荒な扱いを受けておられるが・・・(爆)


Geraldine_1203_After.jpgGeraldine_1203_After_2.jpg

装い新たなジェラルディーンさん。本日の追加アイテムは私が持参した光る招き猫。恐らく今頃はテントウムシのついたシャムロックもどこかに追加されてるハズ・・・笑

そんなお茶目なセッション・オナーが本日12月3日のCock O' Session に招いたプレイヤー並びに観戦者はこんなに多数(驚)。みんな出足も早くてセッション開始前に既にこんな状態だった。
CockOSession_20081203.jpg


恐らく皆さんのお目当ては
CockOSessionInvitesJohn.jpg

写真真ん中のフィドラーであるジョンさんだろう。今回初めてお会いしたのだが、気さくな人柄に味のあるフィドル、弾き始めるとほとんど途絶えることなくどんどん曲を繰り出す勢い、どれをとっても素晴らしい方で、お会いできて光栄でした。

相当数のメンバーが揃っているし、合間を見てはカメラ談義で・・・
FishEye_1.jpgFishEye_4.jpg
Yuta さんの思いつきで19mm広角の特性を魚眼風に使うギミック写真で笑っておりました。


そんなこんなの中・・・
JimTeachesAccordion.jpg
Jim先生のアコーディオン講座もあったりなんかして・・・笑



肝心の私ですが
BanjoAndFiddle_20081203.jpg

お隣のO'Bridge さんと「う~ん、今日はいつにも増して知らない曲、多いっすね」と笑いつつ、極たま~に弾いておりました(苦笑)



CockOSession_20081203_2.jpg

最後まで勢いが衰えることなく進んだセッション、皆様お疲れ様でした&ありがとうございました。
[ 2008/12/05 11:31 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。