スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Project P.F.・・・?!

梅雨明け宣言した途端にまるで梅雨入りしたかのような皮肉な天候が続く関東地方もどうやら夏本番の様相である。この土日、関東地方は実に暑かったですなぁ・・・。人一倍汗かきな私は大変往生する季節でございまする・・・。因みにジェダイの弟子並びにルークが生まれたQ州は自然災害で何やら大変な様子ですが、大丈夫だろうか・・・。何かあれば、ビン入りギネス送るけんね・・・笑

これを書いている本日から遡ること数日、定例のCock O' The Walk @六本木のセッションがございました。19時前に店に着いたのですが何と一番乗り、ってか店にはMiwaさんだけ。「まるで梅雨だよねぇ」と笑いながら喋っているとMike さんにヤスコさんも登場されていつもながらのセッション前のひとときでした。Mike さんは相変わらず工作好きで、雷鳴がするパーカッションにカエルの鳴き声パーカッションも持参されていて、セッション前からさながらMike さんのオモチャ箱状態でございました。

ちょいと照明が暗すぎて焦点がボケ過ぎですが・・・
CockOSession_20090722.jpg

セッション最中、しきりにドリーンさんがまっつんこ嬢にバウロンの熱血指導されていたのがすごく印象的。Mike さん持参のパーカッションにも大受けされていて相当なご活躍だったドリーンさん、先月だったかに喜寿をお迎えになられたらしいのだが、益々お盛んで嬉しい限りです♪

因みにこの日は何だかやたら曲出しさせられたような・・・苦笑。
ま、大体は普段出しているセットばかりなんだけど、今回は「Gallowgrass/Kitty's Rambles」(double jigs)を初出し。たまたまY田さんがヤスコさんに貸し出していたCDにBreda Keville のモノが入っていたので試しに出してみたのだけど、見事にフォローしてくださって大きな破綻もなく終えられた。

BoysOfTheLough_Bowing.jpg因みにこれは、先日も触れたKevin Burke & Cal Scott の『Across The Blackriver』の譜面からリールのロングセット冒頭の「Boys Of The Lough」。O'Bridge さんによると当ブログの前回記事では弓順指定まではハッキリ見えないとのことだったので、同じサムネイルなれど多少改善されてるハズだ。
この弓順指定が鬼であることは既に触れたが、この間の土曜日にはこれを素材としてレッスンの時間を割いていただいた。ここ最近、こういうことはなかったのだが、珍しく師匠が「よ~し、今日はこれの通り、一緒に弾いてみましょう!」と気合が入ったので暫しお付き合いいただいた。弾き始めて間もなく「うぉ・・・、ガハハうそぉ・・・、ギャハハ」と声が入ったのは言うまでもない。
実はこれを提示する前に「Splendid Isolation/Sweeny's Buttermilk」を暫し弾いていたのだが、実はこれのボウイングをKevin Burke 風のボウイングにしていて、ひとしきり「Boys Of The Lough」を弾いた後に「実は悔しくてさっきの曲をこれ風に練習してたんですよ」と見ていただくと、椅子から転げ落ちんばかりに受けるわが師・・・笑。

L「全部が逆弓っていうか、一音余計にスラーを入れているから裏返っている感じになるんですよね、多分。よく練習しましたねぇ、こんなややこしいのを・・・苦笑」

M「テンポが速くてもゆっくり弾いてるように聴こえるのは、このスラーが多いボウイングにも秘密がある気がして、色々やってみてるんですけど。」

L「じゅうぶんスピード出てますけどねぇ。これでもCDの速度にあいませんか・・・。確かに頻繁に弓を切り返すより聴いた印象がゆっくりになるとは思いますね」

などと会話しつつゆったりとレッスンを楽しんだのであった。








さて、ここまで書いて、当記事のタイトルの匂いもないね・・・笑
実はCock O' セッション開始前にヤスコさんから途方もない宿題をお受けしたのだった。

Ya「Paddy パフィー・・・、じゃなくて・・・」

Mo「パフィーは日本のボーカルグループですってば。ファーフィ?」

Mi「Yes,Yes!! Paddy Fahy.」

Ya「私、あの人の曲、大好きなの。曲集、作ってくれる?」

Mo「(ゲ・・・)、あの方は曲名つけるのが嫌いだったみたいだから、譜面情報はそれなりにそろえやすいとは思いますけど・・・」

Ya「じゃ、お願いね(笑)」

・・・・・・。

しまった、不覚にも請け負ってしまった・・・。
ま、いかに大変な作業であるかは、The Session の検索で「Paddy Fahy」と入れてみれば大体お分かりになるか、と。何せセットを組んだら「Paddy Fahy's/Paddy Fahy's/Paddy Fahy's」(Reels)みたいになってもおかしくない方である。実際、そういうセットが入っているCDを私は持っている・・・爆。やられっぱなしですませる心算は毛頭ないけど、これは結構大変だね・・・苦笑

スポンサーサイト
[ 2009/07/27 00:23 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

やっと分かった曲名と増える課題曲・・・

Warrior Celt@上野のセッションは本日(7月15日)も大盛況。開始時間の20時あたりはまだまばらな感じだった集まりも、時間の経過とともに続々と集結するいつもの集合パターンだった。楽器もフィドルや笛系に加えてマンドリン、ギター、5弦バンジョーとバラエティ豊富だった。
Warrior_20090715.jpg

私は、というとまぁいつも通り酒飲みながらグタグタしておりましたが、Seamus Creagh のCDで覚えたBrosna/Dan O'Keeffe'sのスライド・セットを初出し。他には特に自分からは出さなかったかな。ついていけそうな曲だけチョロチョロと音出しして楽しませてもらった。課題セットになっている内の曲「Fred Finn's / Hunter's House」は前者のみどうにか入れたけど後者は全然ダメでした、っつうか混ざる・・・苦笑。Brithces をGメジャー→Finnish Polka をAマイナーというポルカ・セットも撃沈。時々このキー・セットでハメられているのだが、今回もダメだった・・・笑
複数回出た「Silver Spear」(reel)とか、「My Darling Asleep」(Double Jig)あたりは、どうにか混ざれるレベルになったかねぇ。久し振りに出た「Tommy Peoples'」とか「Humours Of Tulla」はかなり怪しかったので再訓練ですな・・・。曲を覚えるにつれてBメロが他の曲になってしまうようになった「Stars Of Munster」はここ最近時々弾いているのでどうにかついていけたけど、これに続く「Exile Of Erin」は完全に忘却の彼方だった・・・。



日が替わって昨日19日はGreen Sheep@横浜セッションへ。身体のメンテナンスを終えてからの参加だったので、17:30頃に到着。いつものメンバーに加えて、しいのさんがフィドル&アコーディオンで参戦。お店は扉全開状態で冷房なし。気温はそれほどでないにしても湿度が異常に高いからこれは結構ヘビーだ・・・苦笑。
各々バランスよく曲出しする中でやっと曲名のわかったセットがあって、これは嬉しい収穫。

Saint Mary's(Gurteen Cross) / Memories Of Ballymote(Church Street)
Polkas from The Chieftains 1/The Chieftains

http://www.thesession.org/tunes/display/1564
http://www.thesession.org/tunes/display.php/1560

前から時折Warrior のセッションで聴いていたポルカ・セット。(実は15日のWarrior Celt でも久し振りに出ていた)
セッション音源から耳コピはしていたんだけど、しいのさんに曲名を聞いたら「Memories Of 何たら」というお答えだったのでThe Session で検索してみたらあっさり引っ掛かった。セッション以外にどこかで聴いた記憶があったのだが、Chieftains の1枚目に入っていた。Chieftains お得意の色んなリズムがごちゃ混ぜのロング・セットで、この2曲を皮切りに以降

Garret Barry's / The Battering Ram (Double jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/544
http://www.thesession.org/tunes/display/382

Kitty Goes A-Milking / Rakish Paddy (Reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/1647
http://www.thesession.org/tunes/display/86

とジグ×2、リール×2が続く。音は少々古くさいけど、なかなかよいセットだ。
Garret Barry's はKevin Burke のマイナー・ヴァージョンしか弾けないし、The Battering Ram はセッションでよく聴くのに弾けない課題曲、Rakish Paddy も久しく弾いていなくて忘却の彼方だから、復習も含めて色々勉強になりそうなセットだね。
[ 2009/07/19 18:07 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

Across The Black River

『Across The Black River』/Kevin Burke & Cal Scott
with special guests Johnny B. Connolly, Michael McGoldrick and Phil Baker
AcrossTheBlackRiver.jpgこれは2007年に出たKevin Burke(fiddle)とCal Scott(guitar,bouzouki他)のアルバム。たまたまiTunes Storeで何かめぼしいものがないかと冷やかし半分に探していたら引っ掛かったアルバムだ。
ちょっと地味かなぁ、と感じていた作品だが最近結構聴いているアルバムである。ちょっと気になるリールのロング・セットやワルツがあるんだよね。


先日たまたまKevin Burke の公式サイトを覗きに行って発見したのがこれ。
AcrossTheBlackRiverBook.jpg何故に今頃、という気がしないでもないけど、譜面集が最近発売されている。
残念ながらKevin Burke のHPでは中味がどんなだかは分からないが、まぁこういうものはある間に買っておくってのが基本なのでとりあえず発注してみた。
曲ごとにも大雑把な解説があるし、譜面も弓順指定ありでコードも付記。ご丁寧にギターのチューニングも書いてある。まぁ、値段相応というところでまずは満足ですな。


中がどんな感じか知りたいって方もいらっしゃるかもしれないので写真も載せておこう。(サムネイルにしてますので、写真をクリックすれば多少見やすくなると思います)
BoysOfTheLough_KevinBurke.jpgしかし、やっぱり「あれ」だね、この譜面・・・苦笑。
試しにこの間の休日、指定通りに弾いてみたのだがこの弓順指定は鬼だ。弾きづらいことこの上ない。本当にこれであっているのかどうかは分からないが、ニュアンスは結構出ていると思う。
完コピする必要なんてないんだが、あぁいう流暢なリールを聴くと弓順とかにも秘密があるのではないかと、ついマネしてみたくなる。結果いつも惨敗で結局自分で弾きやすいように変えてしまうんだけどね・・・笑


因みにこのお二人の動画はYou Tubeで結構引っ掛かる。この間尼に宿泊したときにヒマに任せて、というか仕事の合間に適当に流していて発見したのがこれ。

http://www.youtube.com/watch?v=8t2AKt9oLJw

The amazing Kevin Burke playing a house party in San Antonio, TX
Boys Of Maline/John Stenson's #1/John Stenson's #2

多分Kevin Burke がBoys Of Maline を弾いているのを聴いたのはこれが初めてじゃないかな。
どこかの家でのパーティで弾いているようだが、酒も入っているのかどうか二人ともゴキゲンだ。特にKevin Burke は両足でステップを踏んでいるかと思えば、まるでダンサーのように右足を振り回していたり、ノリノリで弾き倒している(笑)

先述の気になるリールのロング・セットはこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=WjhQubdPRh8
他にもステージ上での動画もあったけど、解像度とか考えるとこれの方が見やすいね。Master Crowley's のBメロの頭、あえて休符にしてるんだが、ダウンボウで空弾きしてる様子がよくわかる。先日師匠にその話しをしたら「まぁ、ギターとかの空ピックと同じ理屈なんでしょうね。多分その方がタイム感も得やすいでしょうし」とのことだった。

ま、こういう精緻な研究は焦らずじっくりが基本でしょうなぁ。先は長い・・・。
[ 2009/07/15 01:39 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(0)

Tunes For Practice

TunesForPractice.jpg写真は、今年亡くなったSeamus Creagh の『Tunes For Practice』という2枚組CD。某所でこのCDの情報を仕入れたのだが、最近になってようやく入手した。
Amazon などメジャーなサイトではなかなか見つからないが、私はCladdagh Recordsで入手した。ここには他にもメジャーどころではなかなか入手できないシロモノがゴロゴロ転がっていて、私自身もこのCD以外に随分散財してしまった危険な場所ではある・・・笑


アルバムのライナーノーツを書いているのはGretta McCarthy というお方。
乏しい英語能力ながらつらつらと読んでみるに

「34歳でアイルランドの伝統音楽をフルートで吹き始めたのだが、セッションに参加し始めてあまりにも知っている曲が少なくて欲求不満が溜まってしまった。そこでセッション・オナーの一人だったSeamus Creagh に『何か吹き込んでくれませんか』と空のカセットテープを渡したところ快諾を得た。10年ほどの間に4本のカセットテープに曲のプレゼントをしてくれたのがこのCDの起源である」

みたいな感じかな。

セッションに参加したはいいが、弾ける曲が少なくてフラストレーションが溜まる、というのは私もよく経験してる・・・苦笑。しかしまぁ、いくらそこのセッション・マスターとはいえ、カセットテープにわざわざ吹き込んであげるプロの奏者がいる、というのも如何にもこの世界の方だなぁ、とその素晴らしさに思わず笑みが浮かんでしまうのは私だけだろうか。

タイトル通りで初心者でもついていけそうなテンポが中心で聴いて楽しむというよりは、同じ聴くでも音を出すタイミングや装飾音の入れ方などに思わず神経がいくような感じ、もっと言えば一緒に弾きながら諸々のタイミングを掴むといった使い方もあるね。音もフレーズも味わい深くて慣れてくれば聴いていても結構楽しい。

楽譜が附属でないのはやむを得ないところだが、いつもながらThe Session の曲リンクが相当適当なのが残念なところだ(苦笑)。こういう作業はある程度まとまった時間がないとなかなかできず、本日ようやく手をつけたが、ジグなのにリールの譜面とか、ポルカなのにジグとか、予想していたものの相当ヒドいリンク貼り付けでエラく疲れてしまった・・・。まだ完全版でないが、CDの曲リストと拾えたものは譜面情報も貼り付けてみた。

たとえばの話、Dan O'Keeffe'sだとかGoing to the Well for Waterだとか、セッションでよく聴くけど曲名不明のまま放ったらかしになっていた曲もあれば、Seamus 曰く「Kevin Burke から覚えた」というUnknown のポルカがあったり、と曲の採り上げ方もなかなか面白い。本日5日は久し振りにほとんど予定のない休日だったので、ゆっくりテンポにあわせて耳コピーしてみたり、Seamus とあわせて弾いてみたりとなかなかまったりとした休日であった。
気が向けば譜面リストも更新します・・・、多分しないな、私の性格じゃあ・・・苦笑
こういうネタで練習会ってのも案外面白いかも、ですな♪


『Tunes For Practice』 / Seamus Creagh
http://www.thesession.org/recordings/display/3225

Disc 1
1)Tuning
2)Kerry Polka(Egan's)/Maggie in the Wood(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/39
http://www.thesession.org/tunes/display/291

3)Brosna/Dan O'Keeffe's(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/1414
http://www.thesession.org/tunes/display/53

4)Hugh Travers'(in D Major)/Miller of Glanmire(Lilting Bubshee)(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1514
http://www.thesession.org/tunes/display/60

5)Merry Blacksmith/Maid Behind the Bar(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/72
http://www.thesession.org/tunes/display/64

6)Cork Hornpipe(Harvest Home)/Boys of Bluehill(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/49
http://www.thesession.org/tunes/display/651

7)Tatter Jack Walsh/Jug of Brown Ale(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1638
http://www.thesession.org/tunes/display/888 (←2009年10月11日追記)

8)Jessica's/A Finnish Polka/Unknown(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/1532
http://www.thesession.org/tunes/display/418
?

9)Job of Journeywork(set dance)
http://www.thesession.org/tunes/display/1605

10)Golden Keyboard/Finbarr Dwyer's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/36
?

11)Old Grey Goose(jig)
http://www.thesession.org/tunes/display/241

12)Cuckoo's Nest/Walsh's(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/2395
http://www.thesession.org/tunes/display/2332

13)Art O'Keeffe's(Cus Teehan's)/Going to the Well for Water(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/2613
http://www.thesession.org/tunes/display/455

14)Farewell to Whiskey/The Dark Girl(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/1529
http://www.thesession.org/tunes/display/1534

15)Henry Mac Dermot Roe(O'Carolan)
http://www.thesession.org/tunes/display/5085

16)Crossing the Shannon/Dunmore Lasses(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/494
http://www.thesession.org/tunes/display/462

17)Jerry's Beaver Hat/Lilting Fisherman(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/319
http://www.thesession.org/tunes/display/3369

18)Teetotaller/Ships are Sailing(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/114
http://www.thesession.org/tunes/display/543

Disc 2
1)Tuning
2)Ballydesmond Polkas 1 & 2(polkas)
http://www.thesession.org/tunes/display/238
http://www.thesession.org/tunes/display/239

3)Micho Russell's/Eibhlin Ni Riordain(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/958
http://www.thesession.org/tunes/display/4375

4)Eel in the Sink/Glen of Aherlow(Lafferty's)(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/1446
http://www.thesession.org/tunes/display/496

5)Kilfenora(jig)
http://www.thesession.org/tunes/display/949

6)Galtee Rangers(Callaghan's)/O'Keeffe's/Gleanntan/O'Callaghan's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/724
?
?
?
7)The Woodcock/The Kerfunten(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/580
http://www.thesession.org/tunes/display/139(in D Major)

8)The Lonesome Polkas(polkas)
?
?

9)Banks of the llen/Tom Billy's(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/747
http://www.thesession.org/tunes/display/900

10)An Luradan/Sean Ryan's(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/1851(in D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/273

11)Plains of Boyle/Dinny O'Brien's(hornpipes)
http://www.thesession.org/tunes/display/652
http://www.thesession.org/tunes/display/3175

12)Two versions of Toss the Feathers(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/113
http://www.thesession.org/tunes/display/138

13)Blackbird(set dance)
http://www.thesession.org/tunes/display/1104

14)The Priest/Mary Willy's(slides)
http://www.thesession.org/tunes/display/1765
http://www.thesession.org/tunes/display/365

15)Miss McLeod's/Sligo Maid(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/75
http://www.thesession.org/tunes/display/399

16)Tom Billy's(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/816
http://www.thesession.org/tunes/display/1283

17)Baker's Well/Seamus Cussen's(polkas)
?
http://www.thesession.org/tunes/display/1426

18)Gallagher's Frolics/Idle Road(jigs)
http://www.thesession.org/tunes/display/160
http://www.thesession.org/tunes/display/4474

19)Paddy Taylor's/John O'Mahony's(jigs)
?
?

20)Matt Molloy's(Matt Peoples')/Tommy Peoples(Matt Peoples')(reels)
http://www.thesession.org/tunes/display/691
http://www.thesession.org/tunes/display/2980

21)Seamus says Goodbye
[ 2009/07/05 23:20 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(8)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。