スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今更ながら、鬱の季節です・・・

GreenSheep_20100619_1.jpg19日(土)はGreen Sheep のセッション日。
時、あたかもワールドカップであり、しかも本日は日本vs和蘭と来ているから、店に到着以降お店の電話が鳴る、鳴る(笑)。
本日は身体のメンテナンスが17時からということで早目に参上して早目に帰るという予定だったのだが、虫の知らせがあったのかどうか、比較的早い時間に続々と奏者が揃って、主催のKさんがお越しになる前にセッションがスタートした。


ここのセッションは蛇腹多数であったり撥弦楽器多数であったりと楽器も豊富。
GreenSheep_20100619_2.jpg

今日はCOCOさんもお越しになっておらず蛇腹はIさんだけだったけど、場面によってはFさんのギターをバックにO'Bridge さんとT田さんのマンドリンが曲をリードするなんて展開がなかなか新鮮。
私は一時間程度の参加なので積極的に曲出しさせてもらったけど、散々練習したはずの「White Petticoat」のBメロで派手に転んで中止したし、「Maid At The Spinning Wheel」も2回目で指が付いていかず無理やりリルティングになってしまうなど、不満たらたらの内容でした。反省・・・。

ちょいと遅れておださんもお越しになって・・・
GreenSheep_20100619_3.jpg
月二回のボディ・メンテナンスが恨めしくなった展開でした・・・。




Zaias.jpgこの楽しいセッションの前日、社内の不穏な動きを察知して当事者二名による緊急同期会が金曜日に開催されたんだけどね・・・、多分タダじゃすみませんことよ。月曜に正式に辞令が出たが、勤め人として恐らく最大の危機だと思う。こんなとき、言葉が喋れる人間であることが最大のネックになるのかもしれん・・・苦笑。前途多難じゃ、全く・・・、妖怪白髪オヤジめ・・・。

スポンサーサイト
[ 2010/06/21 23:56 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

無事でよかった・・・♪

のっけから何だという感じの写真であるが・・・
WarriorKizuato_2.jpg

この記事を見て、「マジかよ・・・」と感じた方も多かったのではないかと思うが、その残骸のひとつがWarrior Celt の外に置いてあったのだった・・・。

何気なく記念撮影のMike さんといった風だが、これも傷跡のひとつ。
WarriorKizuato_1.jpg

Mike さんの「グッジョブ!」を示す左手は扉を貫通している。消火のために消防がくりぬいた三角形の穴があいたままなのである。Mike さんは事情通らしくボヤのいろんな爪痕を案内してくれたが、この扉を指さして「今、Warrior Celt は常に店が開いている状態なんだ」とジョークをかましておられました(笑)

そんな最中での定例セッションが16日にあったわけだが、今回は無事にWarrior でセッションができるありがたみと嬉しさ、それにAndy 夫妻へのお見舞いの意味合いも含んだセッションで、珍しくYuta さんもあちらこちらの奏者にメールで呼び込みをかけておられたようだ。

その甲斐あって、終始凄い数の奏者と一般のお客さんでごった返した一夜に♪
Warrior_20100616_1.jpg

常連メンバー、普段あまりお越しにならない方に加えて、遥々つくばからはN さんも。
Warrior_20100616_6.jpg
さすがに岩手からこんな方までお越しになるとは思ってなかったけど・・・笑

セッション席だけでは埋まり切らないので後方待機組もできる始末。
Warrior_20100616_2.jpg
ネ申並びにネ申の孫も仲良く陣取って心地よく音出しされていましたね。


今回に関しては特にSession Aid みたいなものでもあって、皆さんお酒も食事もよく進んでいた様子が「Warrior が無事でよかった」という気持ちを表していましたね。セッション席は一杯なので適宜奏者が入れ替わってどんどん曲が出てくる様は圧巻ともいえた。
Warrior_20100616_3.jpg
写真を整理してみても奏者の入れ替わりが激しいのが今見ても面白い!

ワールドカップ対応で普段店にはない液晶TVも・・・。
Warrior_20100616_4.jpg
保険で俄成金かと勘繰りましたが(爆)、Andyさんの私物のようです。

イリアンパイプスも2台、武者修行直前のしゅうぞうさんといい演奏でした♪
Warrior_20100616_5.jpg


Yuta さんによれば本日のセッションは総勢29名だったそうで、どうりで人が多いハズですなぁ(笑)。この大事なセッション場、これからも大事にしていきたいですね♪
[ 2010/06/20 13:29 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

お世話になってます・・・

たまにはお役立ち情報というか、最近よく使っているソフトの紹介なんぞしてみようか、と・・・。

参加したセッションでは極力録音させてもらうことにしているのだが、かねてからの懸案事項はその膨大な録音データの管理である。ミソもクソもiTune で統合管理してもいいのだが、ただでさえ肥大化しているiTunes 並びにiPod の音源データであるし、無節操な性格そのままの雑多なジャンルが入り込んだiTunes にセッション音源を入れて、しかも使い勝手よく整理、というのはさすがにムリだと最初から思っていたし何かよいソフトがないかなと物色して見つけたのがこれだ。
MediaMonkey_1.jpg

Media Monkeyというこのソフト、外見はWindowsのエクスプローラー+iTunes という感じで抵抗感が少ないのもありがたい。Media Monkey Gold という1ランク上で有料のソフトもあるが、ここまで使ってみた印象では無料のバージョンでじゅうぶんだと思う。というか、Media Monkey Gold にするメリットというか、無料バージョンとの違いがどうもよくわからん・・・笑

3月あたりからシコシコとセッション音源を読み込ませて、時間があるときに耳を通しながら音源にメタデータを入れていくわけだが、今のところはこういう感じにしている。
MediaMonkey_2.jpg

上から順に行くと、ファイルパスとファイル名は音源ファイルの情報なので自動で取得。トラックタイトル以降が追加編集していくメタデータとなる。
iTunes と似たような構成ではあるのだが、ありがたいのはトラック名で使える字数で、今まで使ってきた中で納まりきらなくなったということは一度もないほど文字を格納できる点。

実はセッション音源は、みんなが演奏している間に会話に夢中だったり、ただ単にセットが終わったけど停止ボタンの押し忘れとかの為に1ファイルが30分以上あるような困ったデータがあるのだ。適当なところで分割して別ファイルにするというのが、良い子のファイル整理術と重々承知しているのだけど、耳を通しながらひたすらわかる曲名は埋めていくという作業の方が効率が良いと判断したのだ。

アーティスト欄はそのセットをリードした人がわかる場合はその方の名前、ジャンルはDouble Jig やReel など曲のタイプ、グループ欄はセッション場、としている。覚えたい曲が入っているセットには評価を五ツ星で目印の役割。

今現在で20日分くらいのセッション音源に何らかのメタデータが入った状態になったが、それでもまだ例えばWarrior の音源だと昨年の8月くらいまでだ・・・。ま、諸事情により最近のセッション音源を優先したりしているというのもあるんだが、未整理のまま放ったらかしにしたツケですな、これは・・・苦笑。
いざ整理を始めると、相当以前からセッションで出ていたにも関わらず最近ようやく自分のレパートリーになった曲が多いことに気付く。恐らくその当時は耳に全然馴染んでいなくて右から左に通過してしまっていたんだろうなぁ、と・・・。数を繰り返せば、ハエの脳みそでもそこそこ記憶されていく曲も増えていくと積極的に考えたいところだ(笑)



こちらは、速度や音程を変更できる聞々ハヤえもんというフリーソフト。
Hayaemon.jpg

この手のソフト、以前はGOM Player というのを使っていたのだがある日突然リピートできなくなったり、うまく再生できない現象が起き始めたので仕方なく探していたら見つかったソフトだ。
再生速度を変更すると音質劣化・音量低下が少なからず起きるというのがこの手のソフトの最大の弱点と感じているのだが、このソフトはその度合いがかなり小さいというのがありがたいところだ。再生できるファイル形式もほぼ制限がない感じだし使い勝手はかなりいいと思う。
普通の再生速度では到底ついていけないような高速リールであっても、速度を80%くらいまで落とせば結構一緒に弾けたりするものだし、70%くらいまで落とすとトリプレットやカット・ロールなどの装飾音のニュアンスもよくわかる。何度もあわせて弾きながら、弓順やフェイクや装飾音の入れ方などを思考するというのが最近よくやる練習でなかなか勉強になりまする。効果的な練習方法を模索されているなら、一度お試しにどうぞ。
[ 2010/06/10 00:43 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)

母さん、あの○○、どうしたでせうね・・・

NingenNoSyomei_1.jpg実に笑えない話だが、同僚がたまたまラジオで聞いた「人間の証明」のテーマ曲がいたく彼の詩作を揺すぶったらしい。朝っぱらからそんな話を聞くと「それくらい仕事せえよ」という位反応が速い私・・・(爆)。早速返礼の詩を作っておりました。


--母さん、ボクが入社したときのあの会社、どうしたでせうね?
えぇ、一流とはいえないけれど、のんびりほのぼのしていたあの会社ですよ。

--母さん、本当にこの会社、どうしちゃったんでせうね?
言うことだけは大きくなったけど、全然中味が追いつかないこの会社、
ハゲの次には白髪が来て、ガタガタになったやうですよ。

・・・以下自粛・・・


NingenNoSyomei_3.jpg
過去にも当ブログで何度か話の枕に使ったが、厭戦ムードが漂う職場は実に退廃的だ・・・。学歴・職歴、どれを見て御エラい方なんだろうが、ここまで戦力に厭戦ムードを醸し出させたら正直あんたの負けやろう、と思う。ま、触らぬ何とかに祟りなし状態ですな・・・。


ま、そんな前触れとは関係なしに第一水曜日はセッションですよ、セッション。
WarriorSession_20100602.jpg

CameraDangi_1.jpgOさんはYuta さんちからデジカメを新調されたようで、使用方法など実に細やかに指導されておりましたね。コンデジでかなり小さな身ぶりのカメラでしたが、慣れれば使い勝手がよさそうなカメラでした。


本日は久し振りにドリーンさんも参戦。
WarriorSession_20100602_1.jpg
Drunken Sailor では身振りも含めてノリノリの元気な姿が嬉しかったです♪


Yさんは最近このセッションでも馴染みのピッコロ・フルート♪
WarriorSession_20100602_2.jpg
Mike さんも無事に風邪が癒え、いつもながらサービス精神旺盛振りを発揮されてました。


私は・・・「Strayaway Child」を皮切りに、先日ガタガタだった「Hunter's Purse/Toss The Feathers #3/Toss The Feathers #2/Toss The Feathers #1」を出すも、またしても崩壊気味・・・苦笑。やっぱり#3→#2 は私だけではなくみんなも混ざりやすくて危険みたい・・・。アキラメませんけどね・・・爆
最近は「Pigeon On The Gate」を使うときも「Pigeon On The Gate/Lafferty's/Killarney Boys Of Pleasure」にすることが増えたなぁ。「Matt Peoples」も忘れないように弾かないと・・・。

こんなに大きくなりました、Futaクン♪
WarriorSession_20100602_3.jpg
Andy さんが用意したお猿さんのオモチャに大興奮でしたね。




P10_2.jpgそうそう、カメラといえばリコーですよ。
4日にGXRの第三弾で28mm~300mm相当のズームレンズであるP10が発売されました(写真左)。
Amazon で先行予約したら店頭で買うより2,000円ほど安くあがったようだが、GXR のボディ自体も投げ売り気味に安くなっているからいい勝負かもしれん。
今まで出た3つのレンズユニットで実はGXR ならではの独自品は50mm相当の単焦点レンズであるA12 だけで、S10はGX系の流れだし、今回のP10 もCX3 の流れ。年末あたりに出そうな単焦点28mm相当のレンズはGR 系であるから、リコーにとって大変なのはこれからなんだろうね。


撮れ加減はいいですよ、P10も。
P10.jpgP10_1.jpg
彼らが目指している「どのレンズユニットを使っても表現の統一感」、というのはわかる気がしますね♪
[ 2010/06/06 23:33 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。