スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

万感胸に迫る

お初のお店は看板ジャック。
Gnome_20110129_1.jpg
京都のアイリッシュパブ Gnomeである。

唐突だが、月曜日に岡山でお仕事があるためpadawan氏に問い合わせたところ、素晴らしいフィドラーのライブがあるということだったので訪問した次第。

その素晴らしいフィドラーとはDale Russ さん。ライブをちゃんと拝見するのは2007年12月以来で、共演のJay Gregg さんもそのときに初めて拝見した。
DaleRussLive_20110129_1.jpg

う~ん、相変わらず素晴らしいフィドル捌きだなぁ。
力強さと滑らかさ、歌心の豊かさに思わずうっとりする。どんなに装飾音を入れても、どんなにフェイクを入れても余裕綽々で全然苦しいところがない。
「Lilting Banshee/Rambling Pitchfolk/Gold Ring」のジグ・セットで幕を開けたライブは二部構成。二部では和さん(Concertina)やあつこさん(Fiddle)のゲストも交えて和やかに進行した。

GnomeSession_20110129_1.jpgライブ後はほんの短い時間だったけど、セッション。(うらめしや、アジアカップ・・・苦笑)
間隙をぬってとりあえず私からは「Garrett Barry's/Humours Of Ennistymon/Cliffs Of Moher/Tom Billy's」を。Garrett Barry's とCliffs Of Moher はライブ本編でも出ていたのだが、そこはご愛嬌で・・・。このツワモノどもにもTom Billy's は馴染みじゃないみたいでちょいと残念だったけど、Dale さんも Jay さんも追随してくださいました♪




翌日はちょいと遅れの新年ご挨拶でアコースティック・ハーモニーへ。
MandolinBridge_1.jpgMandolinBridge_2.jpg
マンドリンのブリッジ。何の変哲もなさそうだが、これはよくできている。

通常、フラットマンドリンのテールピースカバーはスライド式がほとんど。私が愛用している1954年F-12のように、持ち主が変遷していく過程でこのカバーがないものもよく見かけるのだが、このカバーは何と蓋を開けるがごとくの仕様。弦を引っ掛ける部分もすっきりしていて、これは使用者にかなり優しい仕様だと思う。お値段は少々張るらしいけどね。

そしてこちらはマンドリンの裏板の加工中→完成形の比較。使用前・使用後みたいなイメージだね。
MandolinBack_1.jpgMandolinBack_2.jpg

完成形の出来栄えはさすがに見事。見る角度によって杢の見え方が変わって実に鮮やかな仕上げになっている。ネックも小さな手の人向けに細身で実に握りやすくよくできたマンドリンでした♪

LostCity.jpg実はこんな話以外にも、店にいらしたお客さん達で昔話に花開いておりまして(笑)
今、頂戴したDVDを見ながらこれを書いておりますが、自分自身で経験したことではないのに、妙に迫りくるものがございましてね。貴重なもの、ありがとうございました、アコハモ・マスター様♪

スポンサーサイト
[ 2011/01/31 00:59 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

遅めの新春ご挨拶セッション@武蔵小杉

1月22日はMcCann's の2011年最初のセッション。
McCanns_20110122.jpg
再開発絡みで近隣はゴーストタウンみたいな感じだね。

比較的小ぢんまりと始まったセッションだけど、それがかえって心地よい。
McCannsSession_20110122_2.jpg
寒波を乗り越えて岩手から例の御仁たちもお越しになった♪


心地よく進むセッション、なぜか私の貴重なセットを中抜きするかのごとく、セットを出す人がどんどん私のレパートリーを侵食してく。まずいなぁと思いつつ適宜参戦でした。状況は追記をご覧いただければわかる人にはわかるか、と・・・苦笑

相変わらず素晴らしいフィドル捌きの@嬢。
McCannsSession_20110122_1.jpg
いつにも増して独特の節回しも含め素晴らしい演奏でした。


McCannsSession_20110122_3.jpg本日はブルースハープ奏者が初参加。
演奏の素晴らしさも勿論だが、キーに応じて楽器を持ち替える様もかっこよく・・・♪
「O'Carolan's Concerto/Loftus Jones」についていけなかったのが少々私は心残りでした・・・。
アイリッシュのセッションにはあまり参加経験がないとのことで、「定番中の定番曲ってあるんですか」という素直な問いに@嬢は怒涛のリール10曲セットで応えていました。興味ある方は続きを読むをクリックしてご確認ください。(どう考えてもMaudabawn Chapel はそこまで定番ではないと思うが・・・笑)


以下、恒例の本日のウイスキー達。
McCannsWhiskey_20110122_1.jpgMcCannsWhiskey_20110122_2.jpgMcCannsWhiskey_20110122_3.jpg
美味でした♪


セッション終演後はTRAD夫妻と酒酌み交わしつつうだうだと。何かね、久し振りにゆとりがある時間の過ごし方をした気分でした。

みなさま、お疲れ様でした。本年もお手柔らかによろしゅう・・・。



[ 2011/01/24 00:05 ] Session & Event | TB(0) | CM(4)

連日の新春セッション

1月14日はMorrigan's@四ツ谷へ。
MorrigansSession_20110114_1.jpg
2011年最初のMorrgan'sセッションだぁね。

諸事情で第三週Warrior Celt セッションは顔を出せたとしても丸腰参加になりそうなので、行けるときに顔を出せるところには行っておくか、と参加してみた。仕事で手古摺って到着は21時を過ぎたけど到着したらなかなかえぇ感じで音が出てました。

ここでお会いしたメンバーとは大半が新年のご挨拶。
MorrigansSession_20110114_2.jpg
ポールさんもお久し振りでした。


年末にTapestry であったらしいフルート・ミーティングを彷彿とさせるなぁ。
MorrigansSession_20110114_3.jpg
最大5台のフルートだったでしょうか。フィドルは私も含め2台でした・・・笑


セッションの合間にもう一人のフィドラー様と会話すること暫し。
F「クラシック経験者ですか?」
M「ま、まさか・・・。アイリッシュに拘ったレッスンではなかったけど、それなりに基礎練習はレッスンでやりましたけど」
F「フィドル弾いて何年くらいですか。手首の使い方が柔らかくていいなぁ、と思って見ていたんだけど」
M「フィドル歴は丸6年になりました。手首も含めて弾いている間についつい力が入ってしまってなかなか思い通りにならないっす」
聞けば、このフィドラー様はキャリア25年。恐れ多くもという感じだったけど、いろいろと勉強になる話を伺えてありがたい一夜でした♪



翌日15日は仕事絡みで藤沢くんだりまで足を伸ばした帰りにGreen Sheep@横浜へ。なべさんが手ぶらでセッションを拝聴されてました。次回は是非楽器を持参で参加してくださいね。

IrishCoffee_20110115.jpg今年の冬はとにかく寒い。COCOさん曰く「久し振りに寒いというより痛みを感じる冬だよね」は至言。
昼間に工場団地を歩き回って底冷えした身体を温めるにはやはりアイリッシュ・コーヒーがピッタリです(笑)。半分も呑まないうちに身体がポカポカしてきて、眠気が襲って参りました(笑)



kimi さんは最近入手された超美品のグッダールをご持参。神々しかったですね♪
GreenSheepSession_20110115.jpg

寒い中あちらこちら歩き回ったせいか、耳管の抜けが悪くて終始耳鳴りしてる状態でのセッションだったけど、最後にkimiさんから「何か合わせようよ」ということでやった「Da Slockit Light/Full Rigged Ship/New Rigged Ship/Boys Of Malin」は気持ちよかったなぁ。ありがとうございます。
みなさま、来月のビアフェス、よろしくお願いいたします。



[ 2011/01/17 00:39 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

新春杜の都奇行

GyutanRikyu_20110108.jpgいきなり何だという感じだが、これは1月8日のお昼にいただいた利久のシチュー。味付けはもう少し濃くてもよいかなという感じだが、とろけるようなタンの食感は最高だ。写真が多いので割愛したがセットで出てくるテールスープも最高だ。

牛タンといえば・・・
SendaiStation_20110108.jpg
そう、仙台、仙台です。


まぁ、このブログをお読みいただいている方なら大体想像はつくと思うので、なぜに仙台だとかの細かい背景や経過は省略するとして、18:40頃にお決まりのBarm's Irish Pub へGO。

WhosFinger.jpg人が注文したシェパーズパイの撮影をピースサインで邪魔してるヤツは誰だ・・・、というのも最早このブログでは野暮な疑問なので、これもスルー。
私の後でげんさんも同じものを注文していたけど、どうもお店の手違いでこの写真の倍くらいの量が出ていたのはナイショの話(笑)


本日はBarm's での2011年第一弾Session Live でした。
BarmsSession_20110108.jpg
TRAD夫妻→Takumi & Toshi の順でまずはライブです。


Why.jpgちょっと待て・・・。
私が言うのも何だが、なぜ師がここにいる・・・爆
聞けば山形回りで仙台入りされたのすけ師、痛恨の出遅れで山形滞在は30分(!)だったらしいが、たまこんにゃくやら何やら一応目的は果たしてこられたようだ。
本拠地関東ではなく、ここ仙台で新年のご挨拶というのも、まぁご愛嬌だね(笑)


二組のライブが終わって暫し、セッションの開始だ。
BarmsSession_20110108_1.jpg


リール200曲習得を目指しているTRAD(♂)さんの「Castle Kelly/Farewell To Erin/Bucks Of Oranmore」で幕を開けたセッションは快調に進む。

BarmsSession_20110108_2.jpg


セッションを引っ張っていたTRADご夫妻が22時過ぎに一旦休憩したいということで、店内ではCorrs のライブ映像を流しつつ会話を楽しむ時間帯に入ったのだが、M田さんとかげんさんと「この曲、知ってる?」とか話しつつ邪魔にならない程度の音量で弾いていたら、ジェラルドさんが傍に来られた。
以下、怪しい英語力に加え適度に酔いも回っていたが、いい加減な記憶と解釈に基づき再現してみる(笑)

G「お前さん、以前にここでStrathspey を弾いていたよね。あれは"Laird Of Drumblair"だったかな?」

M「Yes, Sir.James Scott Skinner の曲ですね。」

M、弾く
頼まれもしないのにリール・バージョンの"Angus Campbell"に怒涛の3連符速弾きもつけて・・・苦笑


G「そう、それだ。実は彼のレコーディング音源があるんだ。古い録音だけどすごくきれいな音で素晴らしいよ。聴いてみな」

M,げんさん、iPod を受け取り聴く


M「をを、素晴らしい。早速iTune Store でゲットせねば」

G「Aly Bain がやっていたNeil Gow の曲は弾けるかい?」

M「I'm sorry.でも、彼が書いた"Andy Broon's"だったら弾けるよ。いつも、John McCuskerの"Frank's"とDave Richardson の"MacArthur Road"とセットでやっているんだ。全然Traditional じゃなくて、Contemporary なセットなんだけどね。」

M、弾く

徐々に奏者が揃ってきてセッション再開、となりましたとさ。
BarmsSession_20110108_3.jpg

再開後はリール回しだの、リールの掛け合いなど怒涛の勢いで、最後はTRAD夫妻主催のセッションの恒例 "Soldier's Song"で終了。

みなさま、遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。今年もお手柔らかによろしゅうお願い申し上げます。



[ 2011/01/09 16:42 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)

2011 セッション初め

RICOHCameras.jpgところはWarrior Celt。1月5日は私にとって2011年最初のセッション。仕事始めからまだ2日目、上司達の帰宅も早く久し振りにセッション開始前にお店に到着したら、のっけからリコー祭りになってしまった(笑)。GX8、CX1、GRD、GXRと4機種が勢揃い。
なかなか圧巻な光景だが、オリンパス・ユーザーからは冷ややかな視線があったとか、なかったとか・・・笑


セッションは年始早々から活況を呈してましたな。
WarriorSession_20110105_1.jpg

一般のお客さんもかなり多かったし、終始賑やかで楽しいセッションでした。今年もまた楽しく過ごしたいですね♪
本日はYuta さんの長女のセッション・デビューでもありました。
WarriorSession_20110105_3.jpg
お店にいるみんなの人気者でした。健やかに育ってくれるといいですね♪


WarriorSession_20110105_2.jpgkomeg さんが弾いているのは本日セッション・デビューとなったO'Bridge さん持ち込みのチビ・アコーディオン。その風貌の愛らしさはなかなかの人気を博しておりましたね。
しかしながら彼の蛇腹熱はなかなか息が長く、お会いする度に違うアコーディオンが登場している印象があるのは私だけだろうか・・・笑



[ 2011/01/08 17:29 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

4年半が経過して・・・

このブログを始めて初期のころはこれから課題曲にしようかな、という曲を備忘録も含めてよく記事にしていた。耳を覆いたくなる自分の拙い演奏とたまには正面から向き合い、修正すべき点を冷静に捉えようというマジメな気分も多少あったワケだが、ホームページの容量は一杯になり、このブログに直接貼り付けようとすると500KB の容量がネックとなりいつしか、譜面とYoutube等のリンクを貼るだけの、いかにも「テキトーにやってます」になってしまっている。
テキトー感たっぷりなのは私の性格を反映した当ブログの仕様であるが、ブログで採りあげておきながらセッションで出ても「あぁ、昔弾こうとした時期があったね」と軽く流してしまうアキラメのよさはよくないなぁ、とは思っている。

別に年が改まって改心したということではないのだが、昨年末のケルクリでLunasa が「Doctor Gilbert」 のセットを組み替えていたのがかっこいいと思って練習し始めたので恥を忍んで今ひとたび音源をアップしてみることにする。
因みにDoctor Gilbert、実は4年半ほど前に当ブログに登場している。今現在の私よりさらに拙い演奏であるが一応リンクも貼っておこう。(過去記事はこちら)

今回は一応Lunasa を意識してはいるが、細かい装飾などはまだこれから。参考としてYoutube のURLを記しておく。因みにケルクリ前のワークショップに突如参加するという事件があり、そこで知ったSean Smyth のトリプレットの秘密が衝撃的だったのだが、これはまた後日。実は「Doctor Gilbert」より次に続く「Merry Sisters Of Fate」の方が練習曲としては向いている。

http://www.youtube.com/watch?v=MCfq0xpDQDc&feature=related

素直にかっこいいねぇ。

さて現実に戻って我が拙き演奏はこちら。あまりのヒドさに驚いて餅を喉に詰めたなどというクレームは一切受け入れないから覚悟して聞くこと。

4年半後のDotor Gilbert

リズム感も音程も音色もまぁ、あらあらという感じだが、まだまだその程度の実力だということを再認識しただけでも進歩だと思いたいね・・・苦笑
[ 2011/01/03 18:11 ] Trad. Songs | TB(0) | CM(2)

謹賀新年 2011

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
当ブログも丸5年を経過し、昨年12月初旬には15万アクセスを超えたようです。駄文ブログにお付き合いいただきありがとうございます。

昨年2010年は、年初から遠征も含む奇行続きでスタートしましたが、2月の突然入院騒ぎや6月の人事異動に伴う生活環境の変化など、落ち着きのない疲れる1年でした。今年はもう少し落ち着きのある生活を所望しておりますが、どうなることか・・・。

音楽に関しては昨年まで同様、出席できそうなセッション参加を中心とします。遠征者の迎撃など必要に応じて自ら企画することもありますが、代セミなど練習会兼セッションの企画は他者に任せて、おもに宣伝で当ブログを使用する程度の後方支援に回ろうと思います。
昨年来、代セミはほぼこの形に落ち着いてきたし、何せ仕事でやたら調整業務が多いため、せめて遊びのときくらいは解放してもらいたいという思いから、今回明文化しました。スミマセン・・・苦笑

年始は1月5日(水)のWarrior Celt セッションが、お初になると思います。



以下、年末の振り返り。

12月28日、京都へ潜行した私は、padawan氏とまず腹ごしらえ。
Simizuyanisiki_20101228.jpg
いかにも京都らしい渋いお店で、安価で味もよく・・・♪

お初の店だし、看板ジャックは欠かせない・・・笑
FieldPub_20101228_1.jpgFieldPub_20101228_2.jpg
というわけで、初「Field」でございました。


初心者セッション日だったらしく、集まりは悪かったけど楽しくセッション。
FieldSession_20101228.jpg

ピーターさんの講釈がなかなか勉強になった一夜でもありました。KNG さんとpadawanさん、師弟コンビの会話もなかなか濃い内容でした。
Fieldにある種敷居の高さを感じていたのは事実だけど、別に避けていたとかいうワケじゃございませんですよ(笑)。すーさんは、某日記を読んで感じていたままのイメージの方でした。またタイミングがあえば立ち寄りますね。


[ 2011/01/02 11:41 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。