スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こんなときだからこそ嬉しかった二日間

4月23日(土)、24日(日)はライブ観戦。場所は両日ともにスター・パインズ・カフェ@吉祥寺。何気に吉祥寺で降りるのは久しぶりだ。出演者はMartin Hayes & Dennis Cahill。東日本大震災以来、取りやめになった公演も多いようだが、地震・津波だけでなく原発問題も抱えている以上、個々の判断を責めるわけにはいかないと思う。私の大好きなデュオが、今の状況下で来日してくれたのは嬉しい限りである。そしてこの公演の実現まで頑張ってくださったプロモーターさんにも感謝したい。

23日の方が知った方が多く、宮古で被災され自家用車が流されたTRAD夫妻もこのライブのために上京された。年明け早々にお会いして以来、もちろん震災後初めてでしたが、いろいろと大変だったろうにそんな素振りを全く見せない元気な姿を見て安心しました。
フィドラーMTOさんは●ムさんのレッスンが急遽キャンセルになったらしいのだが、たまたまMartin Hayesらしき人を見かけたので声をかけたら「ついて来い」と言われてそのままライブ会場に拉致されたらしい(笑)

以下ライブの印象などを思いつくまま・・・。
私自身は3年前に見て以来でしたが、そのときに感じた印象を踏まえて振り返ってみます。因みに私は2日間とも2階の一番前で見ておりました。実はここはとても観やすい♪

1.ライブ構成
2日間、プログラムはアンコールを除きほぼ同一。50分強演奏して20分ほど休憩を挟んでさらに50分、アンコールは2セットという構成でした。初日聴いたときにはアドリブかと思う展開があった2セット目の中盤もやはりキメだったようです。
スターパインズは入場者受付のすぐ近くが楽屋みたいなのですが、開演10分前にはバリバリとフィドルの音が聴こえていました。ほんと、一音入魂という感じがしましたねぇ。

2.演目
1ステージ目が4セット、2ステージ目は何と2セット。相変わらず1セットが非常に長い演奏ですが、さすがに飽きさせません。ジグが非常に少なかった印象で、同じタイプの曲でセットを通したのもひとつふたつ、といったところでしょうか。ゆったり静かに始めて徐々に熱がこもってくる展開というのが長いセットでの基本パターンだけど、決して一本調子で盛り上げるわけではなく、曲が変わると一旦クールダウンするなど、一ひねり二ひねり入れながら展開していく感じです。
「アイルランドでもベネフィット・コンサートを開催しているし、みんな日本のことを気にかけている」というニュアンスのMCがあった「O'Carolan's Farewell To Music」は今回の東日本大震災に対する鎮魂歌のようで、急遽組まれたセットなのかもしれません。初日は涙が止まりませんでした。後ろに続く怒涛のセットも凄まじかったなぁ。

3.Dennis Cahill
やはりギターはノーマル・チューニングだと思います。Martin Hayesをじっと見やりながら寄り添うようなバッキングは健在でした。今回は2階から広めの視野で眺められた分、彼のギター捌きにも注目していましたが、1コードで1コーラス押し通す場面もありながら全然単調ではないあたりがやはり見事です。オクターブ、ハーモニクス、ハイポジションなどを駆使したチューニングも今まで通りでしたが、前回よりは全般的に素早く終わった印象。マンドリンの好演は1ステージ目(Castle Kelly のセット)で披露してくれました。これがまたいい感じなんだなぁ♪

4.Martin Hayes
今回は距離が離れていたので細かい点の観察はできませんでしたが、弓の持ち方も左手のお盆持ちも健在でした(笑)
前回の印象では弓を通す場所はネックと駒の中間あたりかと見ましたが今回見た感じではネック寄りといった方がよさそう。弓使いは、短く切り返しても音の頭がハッキリしているし音もよく飛んでくるなぁと改めて思いました。強弱、アクセントも自由自在ですね。左手の所作は遠目から見ていたことに加え、とにかく手が大きい人なので細かい点は確認できませんでしたが、常にカットやロールが入っているのではないかと言いたくなるくらい指がよく回ってました。足技も相変わらずお見事ですね。今回はギターのように楽器を抱えてピチカ-トするシーンもありましたね。
使用弦については、砂被り席で観ておられたTRAD(♂)さんによるとボールエンド側が緑色だったとか。果たして何でしょうね。「1ステージでほとんどチューニングをしなかったことを考えると金属弦」という説が我々の間では有力でしたが、それにしては音の出方が実に柔らかいなぁ、と思いますし・・・。ま、名手であればどんな弦を使っても自分の音色を出しそうですけどね。

2日目のアンコールでは「何かリクエストはあるか?」という展開になったので思わず「Jenny's Welcome To Charlie」と叫んだら、Martin さんも「いい選択だね」ということで受けていただきました。後ろについた「Graf Spey」も見事でした。個人的にはこれが一番嬉しかったかな(笑)

ただいま、まだ日本公演をやっておられる最中のこのお二人、どうやら11月に来日しヴェーセンと共演らしい。矢継ぎ早ですが今から楽しみです。トシさん、今度は一緒に観に行こうね!
スポンサーサイト
[ 2011/04/27 01:09 ] Concert | TB(0) | CM(8)

横浜セッション5周年♪

ブログ更新が完全に周回(週回?)遅れな今日この頃・・・苦笑。
MinaGenki.jpg
写真は23日(土)、Martin Hayes & Dennis Cahill のライブ観戦後、某路線にて。
よかった~、みんな元気で♪

因みに次回いつアップするか不明なので、先に触れておく。震災以降まだまだ落ち着かない日本に予定通り来てくれたMartin Hayes & Dennis Cahill さん。本当にありがとうございます。二日間、実によい演奏を聴かせていただき嬉しかったです。




さてと・・・、話は前週に戻る。Green Sheep を中心とした横浜のセッションも今回で5周年。
そういや、昨年の4周年は我が人生初の線路歩きをしたのだった(苦笑)。

4月16日(土)、横浜は関内界隈を歩く。
R0019404.jpg

暑いくらいの陽気の中、風は少々強いがお昼ご飯を食べる場所を探しつつ歩きまわる。今年の桜は一気に開花して一気に散った印象。この通りなどは満開であればさぞ心地よいだろうね。

道すがら色んなものを眺めつつ・・・
R0019409.jpg
風情がある建物が多数あるが、日本郵船のビルはいい感じだねぇ。


R0019427.jpg結局うだうだ歩いた挙句赤レンガ付近で食事を済ませたのだが、桜の見ごろを過ぎたとはいえイベントはやっていた。
傍まで寄ろうという意欲は起きなかったけどカーニバル系の賑やかなものだった。こういう時期だけれど、こうして普通にやれることを普通にやることが大事な気がする今日この頃です。
実際、楽しそうだったし、見ている連中も自然な笑顔でした。大事なことだと本当に思います。



前置きが長過ぎだが、16日はA Drop Of Goodbeer さん主催の横浜セッションでした。今回は普段のGreen Sheepではなく、馬車道のタップルームで開催。赤レンガから馬車道へ戻る途中でpiperine さんと偶然合流しお店に入ってビックリ!
タップルームに到着して飲み物とともに2階のセッション場所(といっても、あくまでもお店の営業スペース)にあがると・・・

何とま○かさんとし○たさんではないか!
TaproomSession_20110416_1.jpg
因みにし○たさんはkimiさんのお師匠さん。

昨年来、Warrior Celt のセッションで何度かご一緒させていただいたが、今日はさすがに読めなかったなぁ。ビックリするやらありがたいやら、スタートからテンションが上がりましたな。kimiさんもすごく嬉しそうでした♪

因みにこのフロア、実に音響がいい!
TaproomSession_20110416_2.jpg
武骨なつくりなんだけど、天井が高くて高温低音が綺麗に混ざり響きあう感じ。

久し振りにGX200も持ち出してみたんだけど、結構いい感じで撮れます。
TaproomSession_20110416_3.jpg

店の内装等を手掛けた方がちょうど演奏場にいらしたのですが、「こういう使い方をしてくれて本当に嬉しい。素晴らしいね。」と仰っていただけたのが何より我々も嬉しかったですね♪

途中からは一般のお客さんからも注目を浴びていたこの一角。
TaproomSession_20110416_4.jpg
終始楽しく演奏して本日のセッションを終えました♪




[ 2011/04/25 00:41 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

Doyle's 復活記念セッション

MitoStation_20110410.jpg写真は4月10日(日)の水戸駅南口。
東北地区の凄まじい被害に目を奪われがちだが、関東圏内でもかなり大きな被害を受けた地区がある。水戸界隈もそのひとつであるということがよくわかった。南口から繋がるペデストリアン・デッキもいたるところに通行禁止のトラロープが張ってあった。



前日、東京駅から水戸へ向かう高速バスに乗り込み、ほぼ定刻通り水戸入りした私は一旦ホテルにチェックインしてから、JRで隣駅の勝田へ向かった。生憎の雨天ではあったが、ブログで触れた通りDoyle's 復活記念セッションへ参加するのだ。

Mr.Barn さんの主催するセッションへの参加は久し振り。
DoylesSession_20110409_1.jpg
えみゅさんのフィドラー姿は初めて。ややこしそうな北欧の曲をアンサンブル♪

途中からWild Geese の面々も参戦!
DoylesSession_20110409_2.jpg
みんな無事とは聞いていたけど、お会いできると感無量です。

予定通り19時から始まったセッションは和気藹々。
DoylesSession_20110409_4.jpg

こうして仲間が集まって音を出しあえる喜びはやはり何物にも代え難いですね。また、音を出しあえる場所が無事に再開できたという喜びもこれまた何物にも代え難い。メールなどで無事を確認できたときの喜びや安堵感とは違った感情が湧きますね。

川崎からは私以外にOdagiri氏も参戦。
DoylesSession_20110409_5.jpg
名残惜しくありながら再会を期してセッション後のお喋りも含めてお開きが25時でした・・・苦笑


Kells の入っているビルが建て直しを強いられるなど、水戸・勝田界隈の被災も大変ですが、一日も早い復旧・復興を心よりお祈りしております。機会があればまた訪れます。


[ 2011/04/17 19:23 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

前を向いて

4月6日(水)はWarrior Celtの定例セッション。2011年に入って、1月・3月は仕事の関係で3週目のセッションに参加できなかったりしているし、参加できたときでも定刻前にお店に入ることは稀になってしまったが、本日もやはり1時間程度遅れて店に到着でございました。
前回3月16日はセントパトリックス・デイの前夜祭セッションとして盛り上がるはずが震災のため10名程度だったそうだが、本日はあまり見かけない方も結構おられて、かなり活況を呈していた。

WarriorSession_20110406_1.jpg


Mike さん、Miwa さん、Yasuko さんなど、震災後仙台へ一週間赴いていた事情をご存知の方々が口々に労をねぎらってくださって、思わずホロリとしました。演奏の合間にもやはり震災関係の話は多くて、特にTRADさんの「Erin捜索記」をご覧になった方々は、みんな涙したようです。

さて、セッションの方は先述の通りあまりお見かけしない方が多かったですが、まとまった演奏が展開されていました。Y田さんは多忙につきご欠席でしたが、なかじさんなど常連メンバーがうまくセッションをリードされていましたね。

中には遥々つくばからお越しのMr.Barnさんの姿も。お仕事の方は今回の震災で何もやらせてもらえないそうで、それはそれで大変なご様子ですが、お元気そうでフィドル捌きもお見事でしたね。

私は慢性的な練習不足でございますが、Mr.Barnさんが出した「Jackie Coleman's/Gravel Walks/Dinky's」のセットの中盤から参戦。MikeさんとYasukoさんからのリクエスト「I Buried My Wife And Danced on Her Grave/Will You Come Home With me ?/Trip To Athlon/Pipes On The Hob」で初出しでございました。
こめぐさんが出したリール・セットが「Gatehouse Maid」で終わったので、後ろに「Whitefish in The Rapid/Earl Mitton's Breakdown」を潜り込ませようとして大破しましたが、こめぐさんの「ゆっくりでいいから仕切りなおしましょうよ」との慈悲深いお言葉に甘えて弾き始めたら、フィドラーには評判がよい曲だったようです。キーがB♭なので笛にはつらそうですが・・・苦笑。



写真は八重洲さくら通りの様子。
Sakuradori_20110425.jpg
今年はなかなか暖かくならないけどボチボチ咲き揃い始めましたね。


イベント事は「こんなときに・・・」という意見も「こんなときだからこそ」という意見もあると思いますが、私は基本的に後者の立場で参りたいと思います。というわけで、聞こえてきたイベントをいくつか紹介。

4月9日(土)19:00~ Doyle's 復活記念セッション@勝田
Mr.Barnさん主催のセッション。Doyle'sも今回の地震で相当な被害にあわれたそうですが、3月29日から営業を再開されたことを祝しての応援セッションです。まだ交通の便が100%復旧したわけではありませんが、久し振りに訪れようと思っています。

4月10日(日)昼間 代々木公園セッション
こちらは「はる」ネ申様が主催の代々木公園セッション。自粛モードが強いとはいえ、恐らく花見客で混んでいるでしょうが、興味ある方は是非。因みに私は前日に水戸泊の予定なので今回は欠席させていただきます。

4月16日(土)19:30~ TRAD Live @Barm's 仙台
Barm's さんも今回の震災で相当な被害にあわれたご様子ですが、早々と3月21日から営業を再開されています。既にセッションやライブも開催されたようですが、この日はTRADさんご夫妻の震災後初ライブです。さすがに私は出向けませんが、元気のギブ&テイクができるといいですね。応援してます。
同日には関東圏内でもA Drop Of Goodbeer主催のセッションが馬車道タップルームである(15:00~19:00)他、19:00からは水道橋Tapestry でも「北欧&ギリシャの音楽とダンス」という投げ銭チャリティ・ライブが企画されています。
[ 2011/04/08 07:20 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

天まで届け

4月2日(土)18時に木更津に降り立った。私にとってはあの日以来だ・・・。
Mick_20110402.jpg
一旦チェックインして目指すはMickというライブハウス。木更津駅東口から徒歩5分程度のところにある。存在は知っていたけど顔を出すのは初めてだ。

ことは昨年12月に遡る。Sutton's のマスター渡辺氏が急逝された後、お店の常連さんを中心に「弔いライブ」をやろうという気運が盛り上がり、それならば彼が好きだったオールドタイム・ジャズを、地元出身で現在も君津在住の苅込さんを中心としたメンバーでやっていただこうということになったのだった。

集結したメンバーはその筋の精鋭5名。
KarikomiDixieBand_20110402_1.jpg

苅込博之(tb)、牧原正洋(tp)、青木研(bj)、家中勉(tuba)、荒張正之(ds)によるライブは、20時スタートの二部構成で、スインギーな曲から切ないバラードまで。ナベさんゆかりの「St.James Infirmary」あたりはちょっと涙をそそる感じ。湿っぽくならないように、という気分もあるけど、時折ホロっとくるのもありだよね。ナベさん、聴いてたかな?

ゲストにはお仕事でQ州におられるうっち~さん。
KarikomiDixieBand_20110402_2.jpg
ナベさん逝去の報に際し自爆されたソプラノサックスでの参加でした。


演奏の合間や終演後は、さながらSutton's同窓会。私は現在川崎在住で頻繁に訪れることはできないだけに、再会を祝しつつ思い出話や今やってることなどいろいろと話し込めました。

今日のお酒たち。
KoyoinoOsake_20110402_1.jpg
こちらはうっち~さん好み、かどうかはわからないけどワイン。


こちらはバーボンウイスキー、「Tom Moore」。
TomMoore_20110402.jpg

このお酒はSutton's の常連さんにとっては思い出深いウイスキー。あまり他店では見ないが、なかなか美味しい。そしてこれを見ると初めてSutton's へ行った晩のことを思い出す。

M「ワイルドターキーをロックで」
S「ターキー、ねぇよ」
M「んじゃ、ハーパーをロックで」
S「ハーパーもねぇよ。お客さん、バーボン好きなの?。だったらTom Mooreにしときなよ」
M「んじゃ、そいつをロックで。でもさ、置いてないのになんでメニューに書いてあるの?」
S「大人数のパーティ用でメニューに書いてるんだよ。だってさ、値段は安いけどハーパーやターキーなんかよりこっちの方がずっと美味しいよ。」

次は一周忌のどんちゃん騒ぎかな・・・。




同じ日の昼間、某所にて。
CherryBlossom_20110402.jpg
春が来ない冬はない。
[ 2011/04/03 12:25 ] Concert | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。