スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンデー血脈ダービー

オルフェーブル、2冠おめでとう。
父親ステイゴールドにも、全兄ドリームジャーニーにも、そして今年の皐月賞でも大体痛い目に合わされる血筋なんだけど、母父メジロマックイーンというのが奮っている血筋ですな。
皐月賞では2着サダムパテックと3馬身の差をつけたが、私個人的には「何もかもうまく行き過ぎたレース」という見方をなかなか捨てきれなかった。2番人気のサダムパテックも「多分いらない」と思いつつ前日まではバッサリいくほどの確信を持てず・・・。しかも今年はデットーリがモハメド殿下の馬に騎乗するため来日するなど、とにかく予想する上で悩ましい要素が多いダービーだった。

78thTokyoYushun_1.jpg

結局ドロドロ馬場になったことでかえって腹がすわり、2番人気のサダムパテックをバッサリ切ったあたりで光明が見えた。本筋はオルフェーブル、ベルシャザールなんだが、やっぱり怖いデットーリと武豊の4頭が軸で入ったけれど、最後は五月雨式にオルフェーブル、ベルシャザールを2頭軸に皐月賞以外の組に流したら結果ウインバリアシオンがやってきて3連複が当たりました。ごっつぁんです(笑)

ちなみに競馬に興味がある方ならすぐピンとくるタイトル・・・笑

昨年の2歳戦、特に牡馬の3歳クラシックを目指す路線のレースを見ていてもともと感じていたことだったんだよね。で、実際今年の東京優駿日本ダービーは日経新聞の記事にもなったが登録馬22頭すべてがサンデーサイレンスの孫という事態になった。過去にも書いたことがあるが、完全な血の飽和状態だ。

今年のG1はかなり極端で父父サンデーサイレンスは実にこれだけ勝っている。
3歳クラシックに限らずものすごい占有率だと思う。

高松宮記念:キンシャサノキセキ(フジキセキ)
桜花賞:マルセリーナ(ディープインパクト)
皐月賞:オルフェーブル(ステイゴールド)
天皇賞:ヒルノダムール(マンハッタンカフェ)
オークス:エリンコート(デュランダル)
ダービー:オルフェーブル(ステイゴールド)

今回のダービーも出走馬18頭中、父系サンデーサイレンスが16頭、母系がサンデーサイレンスが2頭。今年はディープインパクトの初年度産駒が話題となり、現に桜花賞で早くもクラシック勝利を果たしているが、あまりにもサンデーサイレンス系に偏りすぎだ。もちろん、サンデーサイレンスは現役・種牡馬を通して超一流であることは疑わないが、こういう偏りがある世代は秋口以降の古馬との対戦では大体通用しないことが多い。2冠を達成したオルフェーブルがどの程度通用するかによるが、現4歳世代を負かすだけの力があるかどうか。今の時点から空想しつつ秋口を望みたいと思う。
スポンサーサイト
[ 2011/05/29 23:39 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

Welcome Back !!

5月21日(土)は神奈川セッションはしご祭りの日、勿論、私が勝手につけたネーミングであるが・・・笑。

昼過ぎから野暮用がありGreen Sheep に到着したのは16:30頃。
GreenSheepSession_20110521_1.jpg
実にお久し振りのY山さんが・・・嬉


何かと大変な日々であられた様子で少しおヤセになられているが、お元気そうで何よりでした。「一度手ぶらでセッションに顔を出してみたくてやってみたんだけど、みんながやっているのを見聞きしていると失敗したな、と思ったなぁ。久し振りに来たけど、何も変わらずまったりやってるのが嬉しかったよ」と仰っていたのが印象的でした。

ここのセッションはやはり蛇腹が売り♪
2Accordions.jpg

巷の蛇腹コレクター、O'Bridge さんはすっかりここのセッションに溶け込んでおられて、蛇腹軍団の勢力のおひとりですな。iPad 2 を駆使した小ネタも含めて人気者で行こう、ってな感じでした。

GreenSheepSession_20110521_2.jpg某所でCOCOさんが「アルバムのジャケット写真にいかがでしょうか。」と載せてくださっていた我が写真・・・苦笑。結構真剣に見えつつ、テンパり気味かなとも思いますが、ありがとうございます。
「ヒトの変な姿をブログに掲載する割に、本人の写真がない」というクレームをよく受ける当ブログなので、ご厚意に感謝申し上げます。アルバムは多分出ないと思いますが・・・笑




ところは武蔵小杉へ移って、新装McCann'sへ。
NewMcCanns.jpg
再開発の影響で仮店舗のここだが、実によく整備されていた♪

McCannsSession_20110521_1.jpg

ここ最近あちらこちらで聞く「かくれコンサーティナ弾き」の噂だが、遂にLady Jedi、貴様もか!、ってな図です。笛吹きのK子さんも本日はフィドラーで大活躍でしたね。弾かせてもらったけど、弾きやすいし、音色もなかなかよかったです。

岩手から恒例のTRAD夫妻も参戦。お元気そうで何よりです♪
McCannsSession_20110521_2.jpg
臨時セッション・マスターの之様もお疲れ様でした。


めちゃ混みの店内で続いたセッション・・・
McCannsSession_20110521_3.jpg
途中、ダンスも入れながら楽しい一夜でした。だからセッションは止められない!


さて、被災された東北地区も徐々にイベントが復活し始めているようで、恒例の定禅寺ジャズフェスも開催されるそうです。私自身、地震翌日から一週間仙台へ赴いたものの、その後訪問する機会がないままでしたが、6月4日に我が心のBarm's でTRAD さん主催のセッションがあるらしいので、都合が合えば行ってみようと考えています。




[ 2011/05/24 01:01 ] Session & Event | TB(0) | CM(4)

Rehair、ReKoma(笑)、そして鈴木さん家の志郎フィドル

MaintenaceOrder_20110514.jpg確か昨年も似たような時期に弓の毛の張り替えに出したのだが、5月14日は毛の張り替えに行ってきた。
見かけによらずこの辺は敏感で弾きづらさを感じ始めると即対処してしまう。お店も最初から固定で、前日までに予約しておけば即日引き渡しという便利さもあって毎回同じ店にしている。
過去何度も当ブログで触れたとおり、毛替えにあわせて楽器本体もチェックしてもらっているのだが、大体隔年おきに多少費用がいるメンテになる傾向があって今年は来そうだと思っていたら、予想外に「そろそろ駒が・・・」と指摘を受けた。もともとフィドラー向けかどうか、かなり低めのセッティングであるとは思っていたが、A線近辺がだいぶん弦も食い込む状態になっていて、できればこのタイミングでというアドバイスだった。
フィドルではなく、ヴァイオリンとして扱われるお店は日祝日お休みという店も多く、我がホームドクターも同様。かなりゴネて当日渡しでと思ったが結局お店に預けることになったのだった。今までも結構職人さんとは会話してきたけど、今回はかなり親身に聞いていただけたなぁ、と。よく楽器を使っていること、比較的掃除が行き届いていること、そして何より「これはかなりいい楽器ですよね。このクラスの楽器であれば、手を入れたい箇所はまだまだあります」という話には何となくニンマリしたりなんかしてね・・・笑


で、受け取りは18日に。ちょうどWarrior Celt のセッション日だし、たまには定時即行で会社を出たいなんて思いもあってセッション前に楽器を受け取ってきた。若干弦高があがっているが、新品駒と使い古した駒の違いなどを勘案してどの程度音色や音の出方に差があるかは興味深いところだった。

セッションはここ数回に比べて少な目だけど、よく集まっているレベル。
WarriorSession_20110518_1.jpg
食事しつつ、弓の毛にタップリと松脂を補給していたが、結果塗り過ぎ・・・苦笑

せっかく楽器表面をきれいにしてもらったのに、数曲弾くたびに必死で楽器表面の松脂を落としておりました・・・苦笑。
音の出方は多少慣れがいりそうですね。多少の弦高の変化は演奏上気になりませんが、弓の当て方はまだなれません。でも楽器の反応はいい感じなので当面この状態で頑張ってみます。

いつもながら一体感のある楽しいセッション。
WarriorSession_20110518_2.jpg
今回も和やかに賑やかに楽しめました。


続きを読むにセットリストをあげてます。ブログ上ではあんまり反応がないですが、結構評判はよいみたいだし、何より私自身の勉強になっているので、当面続ける予定です。某お方はiPad を使用した新たな曲名特定ツールを導入されたようなので、その辺も合間を見て研究ですな。だいぶん自力で音を拾えるようになってきたので、補助ツールとして使って生産性をあげたいものです。

そ、そ、ここ最近よく参加されるMr.Barn 氏のフィドル、同じ鈴木でも志郎さん作らしいのですが、これが素晴らしい鳴りがする名器でして・・・。機会あらば是非弾かせてもらってください。何かね、幸せな気分になるよい楽器ですよ、ほんとに。



[ 2011/05/23 00:28 ] Fiddle | TB(0) | CM(5)

黄金週間は襲撃・迎撃の機会・・・

周回おくれどころか、既に10日以上前のネタを今更、という感じは否めないが・・・苦笑

黄金週間後半の5月4日(水)はWarrior Celt の定例セッション日。休みの日でもないとなかなか定刻通りお店に入れない今日この頃・・・。
WarriorSession_20110504_1.jpg黄金週間序盤のウッドノートでも日本の東西問わず現れたミュージシャンにビックリしたが、ここでも同じ。Padawan 氏の参戦はわかっていたが、随分久し振りのA7さんには、ビックリしたなぁ、もうでした。

P氏がM氏に似ているか、M氏がP氏に似ているかは、当人同士で解決いただくとして、なかなか熱いフィドル・バトルでした。
っつうか、連休中になんでこんなに人がいるのだ・・・笑

WarriorSession_20110504_2.jpgセッション初体験と思しき方々も無理矢理セッション席に着座させて、曲出しもしていただいて最後まで音を切らすことなく続いたセッション。音源聴いてると、明らかに時間の経過とともにガタガタな私が異様に恥ずかしかったけど、久し振りにWarrior のセッションを満喫できた一日でした、とさ。





[ 2011/05/15 23:54 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

4月29日は恒例の・・・

Sanjo_20110429.jpg前日はDiglight のセッションに参加した後、T田さんと少し話し込んで予定より遅い出発となってしまったが、4月29日(金)夕刻、京都着。連休初日ということもあって新幹線はよく混んでいたし、宿もちょいと高くついてしまった・・・。
因みに写真は京都での常宿から徒歩数分、三条駅近くである。京都立ち寄りは1月末のDale Russさんのライブ以来だ。


京阪電車で出町柳まで出て叡山電鉄に乗り換え。
EizanDentetsu_20110429.jpg
目的地は一乗寺。

恒例の「元みどりの日」セッション@ウッドノートである。
WoodnoteSession_20110429.jpg

今回の帰省はちょいと慌ただしいのだが、例年通りお邪魔してきた。事前にやりとりしていたpadawan氏とも店で落ち合うことになっていた。果たして店に到着すると、予想通りkimiさんがいらっしゃったのには驚かなかったのだが、続々と店に到着する面子を並べていくととても京都のセッションとは思えないくらい(自分も含めて)多国籍軍である。
WoodnoteSession_20110429_1.jpg

まずは最近セッションでもなかなかお会いできないKaori さんにビックリさせられたが、ブズーキのたけだ~さんとか、ミントンさんとか、昨年末のケルクリ後セッションでお会いしたTERUさん以下中部勢4~5名とか・・・。店内は20数名の大所帯となった。
WoodnoteSession_20110429_2.jpg

Jun さんのWillie Coleman's/Out On The Ocean (Double Jigs)で幕を開けたセッションは、終始和やかにいいペースで進む。序盤だけ記録が残っているので一応備忘録で残しておく。

1)Willie Coleman's/Out On The Ocean (Double Jigs)
2)Eleanor Planket (O'Carolan's)
3)Over The Moor To Maggie/? (Reels)
4)Chicago Reel/?/Ships Are Sailing (Reels)
5)Garrett Barry's/Humours Of Ennistymon/Cliffs Of Moher (Double Jigs)
6)Turnpike/Shetland Fiddler/Boys Of Malin (Reels)
7)2 Jigs
8)Immigration Song (Song)
9)Double Jig/Slip Jig
10)3 Hornpipes
11)Bank Of Turf/? (Double Jigs)

WoodnoteSession_20110429_3.jpg


因みに当日私が出したのは、多分・・・。

Pigeon On The Gate/Lafferty's/Killarney Boys Of Pleasure (Reels)
Stan Chapman's/Arthur Darley's Swedish Jig (Double Jigs)
Tom Billy's/Sean Ryan's (Castle)/Sean Ryan's (Nightingale) (Double Jigs)
Frank's/MacArthur Road/Andy Broon's (Reels)
An Chuilfhionn March/Green Grow the Rushes-O (Polkas)

あたりかな。そういやマンドリンをお借りして「Dennis Murphy’s/John Ryan’s」もやったなぁ・・・苦笑
Woodnote では「Andy Broon's」はお初だったようで、驚いておられる方が多かったような・・・笑

毎度ながら暖かいセッションを楽しませていただきました。参加者の皆様、そしてウッドノートさん、ありがとうございました。



AcoHamo_20110430.jpgセッション後、打ち上げでpadawan氏と某所へ繰り出して呑んだ翌日はAcoustic Harmony へ。
震災のこと、楽器のこと、ケースのこと、色んなことをマスターと3人で語らいながらゆったりとした午後を過ごしました。
padawan氏は見事に魔窟のネタに“ひょいパク”で喰いついたとか・・・笑

[ 2011/05/03 17:40 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。