スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リコーの危ないワナ

ボチボチ、ここ数回引っ張ってきたネタも種明かししないといけないかな、ということで、当ブログのうたい文句にはないネタを書いてみよう。

見た目新旧入り混じったようなカメラ姿である。

GX200以来、私のカメラ生活はリコーが本分、GX200の後はGXRへ乗り換えて早2年になろうとしている。過去に何度か当ブログでも紹介したが、センサーごと入れ替えるGXRは斬新で過去に4つのユニットが発売されているが、いずれも気に入って使っている。
昨年9月に発売された5つ目のユニットはライカのMマウント対応のレンズ載せ替え機といえばいいだろうか、Mount A12 というユニットだ。タイの洪水もあって品薄の状態が続いているが、様々なリサーチをかけた上で入手したのが、今月1月の中旬。時期はずれではあるがあまりに操作が面倒で愛らしいので紹介する次第だ。

Mount A12の使い方は下記の写真を見ればおおよそは御理解いただけるかと。


ユニット本体はセンサーとシャッターというごくシンプルなものだ。

このマウントがライカのMマウント対応になっていて、マウントアダプターを介せばライカ以外のレンズも載せることが可能だし、当然ながら同じライカでもLマウントやRマウントもアダプターの助けで載せることができる。
こうなってしまうと、一応出始めはコンデジの高級版・マニアック版と呼ばれていたGXRも相当大げさなカメラになってしまったという感は否めないし、何よりライカマウントを用意することでリコーならではの新ユニット開発がなくなるのでは、という思いは私にもある。

因みにここで載せているのはLeica Elmar 5cm F3.5。オークションで落とした一品だが1956年製とは思えない状態の良さだ。沈胴式と呼ばれるタイプで下記の写真の通り


胴が伸び縮みするメカ心を揺すぶる一品だね。実際は胴が沈み込んで収納時のリアキャップやカメラへマウント時のボディに収まってカサが高くなくなるということなんだけどね。

この当時のライカレンズはcm表記だったりするが、要するに35mm換算で50mm相当のレンズ。問題はGXRに搭載すると画角が1.5倍、つまり75mm相当になってしまうことと、焦点距離の最短が1mということ。外で撮るには問題ないが後ろへ引けないときにはどちらも大きな障害になるのが悩みではある。

ということで対策後がこの姿。

焦点距離については39mm口径→49mm口径のステップアップリングに49mm口径のクローズアップレンズを載せることで解決可能だ。

因みにこれらの写真はiPhoneで撮った。侮れない性能だな、やっぱり。


75mmの画角に慣れるには、とにかく使うしかないね。ということで、先週のライブやセッションでバシャバシャやってみて、この土日も近隣でバシャバシャやった。

なぜここにあるのか、というのがよくわからないが近所の中国庭園。
R0023114.jpg
R0023107.jpg
カモが大勢おりました。


川崎大師は1月末でも人が多い。節分を過ぎれば少し落ち着くだろう。
R0023301.jpg

名物のせき止め飴。
R0023284.jpg
昔は数多くの店舗があったが、M&Aを重ねて大店数店舗が残ったようだ。


屋外での撮影はこの土日が初めてだったので全般的に白飛びが多くてピントもボヤっとした感じになってしまったが、数を重ねていけばもう少しマシな写真も撮れるだろう。
それよりももう少し広角のレンズがあればなぁ、とか考えてしまうのだが、俗にいう「沼」に近づきつつあるのが危険だ・・・苦笑。罪なものを作ってくれたものだ、リコーさん。
スポンサーサイト
[ 2012/01/30 08:25 ] Camera | TB(0) | CM(2)

新年挨拶回り2012(続き)

前回記事の続きで、挨拶回り。
1月25日(水)はフォルチュ@渋谷へ。
20120125_1.jpg

実はここは私も初めてで、本日のライブ演奏の梁池さんもアンダースさんも初めて。
フィドルの音は芯が太くアコーディオンとよく音が絡む感じでとても心地よい。

ガラにもなく白黒写真も撮ってみたりして...。
20120125_2.jpg
我ながらこういう撮り方も悪くないなと思う。


ライブは2セット構成で、ほとんどの曲について曲名と由来をMCで紹介されていた点も好印象だった。
聴衆にはご無沙汰の方、よく顔を合わす方、知った顔多数だったので幕間には色々話もできた。ここ数年はライブを観に行くよりセッションに参加する方が遥かに多くなってしまったが、もう少し人の演奏をじっくり聴く機会を増やすべきかもしれない。

アンコールは狭い場所にひしめきあってのダンスも加わり終演。
20120125_3.jpg
いいライブでした。来月上野で会えるかも、ですねぇ。




翌日はDiglight@高田馬場で南浦和ケーリーバンド主催の定例セッション。
こちらもまたガラにもなく白黒で...。
20120126_Diglight_1.jpg


思い思いの場所で演奏する方たち。
20120126_Diglight_2.jpg

これが大方60年前のレンズというのだから恐れ入る。抜けがいいのに描写が柔らかい。

年末にテナーバンジョーを自爆したT田さんは片時も外さずといった感じでバンジョーがメインでしたな。
20120126_Diglight_3.jpg

こちらは普通に撮ったけど夢見心地のような仕上がり。およそ70年前のレンズらしいとも言えるし、味のあるれんずですな。

たまには自分の写真も載せないと...。

写真提供は例によってKanaさん。ありがとうございます。
多分Jenny's Welcome To Charlie/Exile Of Erin/O'Rourke's かな。そういや前日のライブで、Wild Irishman2曲なんていうセットがあったが、一曲目はO'Rourke'sだったなぁ。









え、写真がやっばり今までと違うんじゃねぇか、ってか。詳細は次報あたりで触れることにしようかな(笑)
[ 2012/01/27 12:50 ] Session & Event | TB(0) | CM(0)

新年挨拶回り2012

新年明けても相変わらず更新遅れは変わりませんが、本年もお手柔らかによろしゅうおたのもうします。

年明け最初のセッションは、1月4日(水)Warrior Celt@上野。私にとっては仕事始めとセッションが一緒でした。世間的には5日始まりの会社も結構あるけどね。

年明けから満員御礼といった感じでいいセッションでした。




7日(土)は初めて訪れるSullivan's @吉祥寺。

物好きにも関西から遠征してくるメンバーを迎撃するため、昨年末の四ツ谷セッションの際にキャプテンFとおおのくにさん合議でこの場所に即決したのであった。
久しぶりにお会いしたべんてん氏もむーみん氏もくまも氏もセッション冒頭からエンジン全開といった感じでガンガンと進むセッションでした。Jimさんとこの最年少お弟子さんも参加されたのだが、少し周囲で勢いをつけてあげると大人顔負けのしぶ~い選曲多数で喝采を浴びてました。今でもいいフィドラーですが、大人になったら・・・。考えるのはよそう(笑)
因みにここSullivan's、吉祥寺という場所を考えるとそう頻回に立ち寄れないが、小ぢんまりとした空間でウイスキー類の品揃えもしっかりしていてスタッフもいい方、というおすすめパブですね。



10日(火)はT田さんのライブを拝見して、少し演奏も参加(写真なし)。肩当を忘れて苦しみました・・・苦笑。

13日(金)はMorrigans@四ツ谷。
こちらもほどよい数のメンバーが揃ってよいセッションでした。序盤はなかなかメンツが揃わなくてツイッターでつぶやき(ぼやき)していた数十分はミュージシャンが現れるたびに生写真入り実況中継をしていた癖に肝心のセッション写真はありません・・・謝



18日(水)は三重出張から一旦自宅へ戻って楽器を持ってWarrior Celt@上野へ。
WarriorCelt_20120118.jpeg

21時を過ぎていたので最初は離れから呑み観戦。席に空きができた頃合からジワジワ参戦しました。最近しつこく弾いているJenny's Welcome To Charlie は先に出たので、Girl That Broke My Heart/Exile Of Erin/O'Rourke's/St.Anne's としてみました。コケそうなのを無理やりつなぎとめている感じでスミマセン・・・。



21日(土)はダブルヘッダーでまずはGreen Sheep@横浜。
20120120_GreenSheep_1.jpg20120120_GreenSheep_2.jpg
20120120_GreenSheep_3.jpg20120120_GreenSheep_4.jpg

Drop Of Goodbeer VS Sammy ,Hagi ,Kimi の対バンで来月ライブをやるそうで、諸事打ち合わせに余念のないセッションでした。私は寒いのと身体ダルダルとで2曲ほど弾いただけで早退しましたが、ウイスキー片手に好きな音楽を聴けるというのはなかなかいいねぇ。

2ヶ所目はMcCann's@武蔵小杉。
TRAD夫妻の乱入予定は寒波到来で東北に軟禁されたそうで・・・。
20120121_McCanns_1.jpg20120121_McCanns_2.jpg
寒いときはギネスシチューだね、やっぱり(嬉)

この日はお初のバンジョー弾きショーンさんが来られて・・・
20120121_McCanns_3.jpg20120121_McCanns_4.jpg
O'Bridgeさんと仲睦まじくバンジョー談義されてました。

ここも身体だるだる&眠いという肉体の欲求に勝てず、22時頃に退散いたしましたが、ショーンさんの参加もあって面白いセッションでした。








写真の様子が途中からおかしいと感じた方、あなたはエライ!(一部有名?)

[ 2012/01/25 01:09 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。