スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Summicron-C 40mm F2

これまで書いてきた順番からいくとElmar 9cm F4の登場となるところなのだが、「この値段なら今のうちに・・・」というモノに出くわして迷わずポチっと逝ってしまった・・・苦笑

Summicron-C 40mm F2
SummicronC40mmF2.jpg
憧れのSummicronである(嬉)


Summicron-Cは1973年10月に発売されたライツミノルタCLの標準レンズ。あまりオークションで見かけない気がするが、見つかれば他のSummicronに比べて手を出しやすい値段で手に入ると思う。4群6枚構成で設計が同じのM-ROKKOR QF 40mm F2 というミノルタのレンズも存在する。ざっと見た感じだとM-ROKKORの方が高評価という感じはあるが、どちらのレンズも常用されている方の評価は総じて高い。Summicronは初期のもの(1953年)が6群7枚のレンズ構成であったことを考えると、20年の時を経て仕様の変遷が感じられる。

因みにこれはレンズキャップなしで仕入れたのだが、フロントキャップに手頃なものがなく、悩んだ末にこういう形で対処している。(リアキャップはMマウント用なら何でも使えるから問題ない)

39mm→49mmのステップアップリングをねじ込んで
Summicron_2.jpg
49mmのキャップを据えればOK。
Summicron_3.jpg
この際、見てくれなんて関係ないね・・・笑

蓋に紐もついているのでビューマウントに引っ掛けておけば、邪魔にならず落とす心配もかなり減るから実用的でもある。さらにこの形は近接撮影用のクローズアップレンズも搭載できるので使いまわしも楽でいい。思わぬ副産物だった(笑)

シリアル・ナンバーから1975年製と推定されるこのレンズ、これまで手に入れたライカのレンズの中ではオールドと呼ぶには新しいが、それでも37年前のものである。状態は頗るいいと感じたが、さてさて、撮り心地はどんなもんかいな。
Yurakucho_20120217.jpg

どはっ、なんだこの描写は!!。
何と言っていいか、一枚目で脱帽。よくもまぁこんなレンズがあったものだと嬉しくなってブラブラ歩きつつ適当にシャッターを切る。

東京国際フォーラムの中をくぐるとクルマ屋台がお弁当を売っている。
Kokusaiforum_20120217.jpg


東京駅の丸の内側。
TokyoStation_20120217.jpg
もうすぐ完工かな。


というわけで、こちらの期待以上の画像を叩き出してくれるこのレンズには心底参ったなぁ、という感じである。テスト撮影も兼ねているので専ら絞り開放で撮っているのだが、輪郭がしっかりしていてしかも柔らかい。Elmarあたりに通じる質感もあるが、それよりももっと緻密な感じ。特にピントがバッチリあっている箇所のクッキリ感がすごい気がする。

40mmという画角も私にとっては使いやすくてかなりの手応えを得たので先週あった友人の結婚式二次会にはこのレンズ一本で臨んだ。主役お二人の人柄を反映して非常によいパーティでした。
Session_20120226011431.jpg

Session_1_20120226011431.jpg

Sikisya.jpg

う〜ん、間違いなく常用レンズになりますね、これは・・・笑。

それはさておき・・・
R0026412.jpg
ご結婚おめでとうございます。末永くおしあわせに!






スポンサーサイト
[ 2012/02/26 12:12 ] Camera | TB(0) | CM(0)

Summaron 3.5cm F3.5 No.976632

Summaron 3.5cm F3.5
Summaron35mmF35.jpg
は前回記事のSummar とほぼ同時期に入手した。

本当は同時期に出品されていたフロントキャップ・リアキャップが付いているものを狙っていたのだが、壮絶な叩き合いに敗れてフロントキャップ・リアキャップがないこちらになった・・・苦笑。Lマウントタイプの所謂前期型で、シリアルナンバーから1952年製造と推察される。GXRにはL/Mマウントアダプタを介して搭載する。Summarの稿で書いたとおり、フロントキャップとフードはかぶせ口径36mmで対処できるが、内径にネジが切っていないためねじ込み式のアクセサリは使用できないと思われる。

SummaronはElmar 3.5cm F3.5の後継レンズで1946年に登場した4群6枚構成のガウス型。沈胴式ではないが、その必要がないくらいコンパクトなレンズである。命名の由来はSummar同様でラテン語Summar=「最高のもの」に由来しているらしい。Summaronは後に2.8cm F5.6(1955年、赤Summaron)、3.5cm F2.8(1958年)があるようだ。

焦点距離35mmはGXRだと52mm相当。Summarと同時期に入手したものの少し試し撮りしただけで本格的に使用し始めたのはここ1週間である。50mm近辺の焦点距離はGXR A50とほぼ同じなので画角で悩むことはあまりないだろうというのが大きな要因で、入手そのものももっと後でいいかも、とさえ思っていたのだった。

R0025286.jpg東京駅八重洲側(2012/2/13)。仕事帰りに何の気なしに撮ってみたのだが実に素直な描写で奥行きもしっかり出る。Summar と比べると実に癖のない使いやすいレンズ、というのが第一印象。
Elmar、Summarと続けて75mm相当の画角に慣れていたので最初は引き気味の写真しか撮れず苦労したが、慣れてくればもともと馴染みのある画角なので実に楽だった。
東京駅は長らく工事が続いていて場所によっては迷路みたいだ。ここもまるで狭い通路のようだが右手にはちゃんと広い通路がある。にも関わらずわざわざこの狭いところを通っている人を見かけたので撮ってみた。



初めて立ち寄った虎ノ門のダブリナーズ(2012/2/14)
R0025508.jpg
この日はこのお店の10周年。
これはライカのレンズが、というよりはGXRが、という方が正しいかもしれないが、こういう浮き上がった文字は実に質感豊かに映るなぁ、といつも感心する。
トゥクトゥク・スキップ(トリオ)が盛り上げ役でした。
R0025514.jpg
実はこのバンド、初めて見ました。
ケルト系のバンドというよりは、様々な音楽をベースにしたバンドですね。フィドルはゴリゴリ系ではなく流麗なタイプ。
R0025527.jpg雨上がりの路地は光がいろんな所に見え隠れして絶好の写真スポットだと思う。湿度を含んだ空気感まで撮ってくれている気がして、モノクロ中心で新橋へ向かいながら目に止まった光景をバシャバシャと。
暖かくなってきたらもっといいね。



2月15日はWarrior Celtへ。
R0025580.jpg
Mr.Barn氏は年に一度あるかないかの正装でフィドル。

Mike さんは先週お誕生日だったのでお祝い。
R0025590.jpg

左からお三方はHappy Wedding。
R0025611.jpg
お祝いごとの多い和やかなセッションでした。



2月16日はダブリナーズ@新宿へ。
R0025680.jpg
このトリオを見るのはひょっとしたら初めてかも・・・。

アイコンタクトを取りながら自由自在に展開する構成が実に見事だ。写真を撮りつつゆったりと楽しめた。@嬢を見るときは結局右手をガン見しちゃうけどね。5拍子のオリジナル曲は受けたなぁ(笑)。
ライブも2セット目になるとお客もかなり増えた。
R0025807.jpg
着実にファン層が広がっているのは嬉しい限りだね。
[ 2012/02/19 09:16 ] Camera | TB(0) | CM(4)

Summar 5cm F2 No.354047

Summar 5cm F2
Summar354047.jpg
前々回記事で紹介したElmar 5cm に続いて入手したレンズ。35mm換算で焦点距離50mmは標準レンズと呼ばれていて様々な種類のレンズが豊富にあり、そこそこ撮れれば状態は問わないということなら比較的安価で入手できる。
Elmar 5cm はフロントキャップもリアキャップも付いてきたが、Summarはレンズだけの入手となったので後日キャップを入手した(フロントキャップはかぶせ式の36mm口径、リアキャップはVoightlanderのL/Mアダプタを買えばセットで付いてくる。こういう細々したアクセサリ類の情報は案外情報が入手できず苦労したので、極力書いておくことにした)。
SummarもElmarと同様に最短撮影距離が1mなのでクローズアップレンズで寄れるようにしたいと思っているのだが、ネジコミ口径34mm、又はかぶせ口径36mmのステップアップリングもクローズアップレンズも今のところ入手できていない。但し、かぶせ口径36mmのフードはオークション等で丹念に探せば適価で入手できる。別記事で採り上げる予定のSummaron 3.5cm F3.5もかぶせ口径36mmなのでフロントキャップやフードは流用できる。

Summar は1933年に登場したレンズで私が所有しているものはシリアルNo.から1937年のものと推定される。様々な仕様があるElmarなどと違って、Summarはひとつの仕様しかないライカでは珍しいタイプだ。ラテン語のSumma=「最高のもの」に由来した命名らしい。Lマウントのレンズなので、GXRにはL/Mアダプタを介して搭載する。
この当時にF2という明るいレンズを製造できているというのは驚くべきことだが、私の親より年上のレンズ、しかもフロントレンズはやわらかい素材が使われているということもあって細かなキズや若干のクモリがあるのは止むを得ないところだ。「ボケ玉」の異名を持つこのレンズ、あまり人気がないという評価や、デジタルカメラには案外相性がいいという評価も聞く、個性派レンズといえるだろう。

例によってこのレンズも慣れるために集中的に使ったので画像を紹介。

GXR Mount A12 の紹介記事でも訪れた中国庭園「瀋秀園」。
R0025018.jpg
快晴で絞り開放だと夢見心地のような雰囲気になる。


入り口付近が何やらにぎやかだなと思ったら、白昼堂々のコスプレ大会だった(笑)
R0025034.jpg
とにかくこのレンズは逆光に滅法弱く、絞り開放だと盛大にフレアが出る・・・苦笑。ただ、これも味だと善意に解釈し、むしろフレアが出ることを想定してフレーミングできるようになったらなかなか面白そう、というのが第一印象。順光でも絞り開放だとフレア気味で、レンズ面のキズ・クモリの影響もあると思うがどことなくモヤがかかったような写り方をする。

しかし、少し絞ったり光の量がやや少ないところで撮影すると輪郭がはっきりしてきてこのレンズの別な姿が現れてくる。
R0025106.jpg
水しぶきの描写も結構はっきり出ていい雰囲気だ。


これはもう少し前に日本橋で。東京マラソンの垂れ幕を狙ってみた。
R0024673.jpg
モヤが目立たず輪郭がはっきりした独特の質感が現れている(気がする)。


いろんな状況下でたくさん撮影したわけではないので慣れるのには時間がかかりそうだが、独特の質感は気持ちよく、比較的描写が想定できるElmarよりこちらのレンズをよく使っている。
[ 2012/02/18 08:43 ] Camera | TB(0) | CM(0)

沼・・・

YDBSC「いいかい、たったひとつ残っていたMount A12を君に売ってあげるけど、気をつけるんだよ。」

MOHER「ん・・・?。これに乗っかるレンズをいくつか買ってバシャバシャやるだけだよ。」

YDBSC「君は知らないのかい?。レンズにはね、ハマったら最期、抜け出すことができない怖〜い"沼"があるんだ。特にコンタックスとかこのマウントに載せるライカとかは史上最強の"沼"と呼ばれているから、くれぐれも気をつけるんだよ。」

MOHER「たかがレンズに何を大袈裟な・・・」

という会話があったとか、なかったとか・・・。








おっかしいな~、いつの間にこんなにレンズが・・・失笑。

(写真提供:COCOさん)


察しのよい方ならここ数回アップした記事に掲載されている写真を見て、一種類のレンズではないと睨んでおられたと思うが、上記写真にある4つを用いていろんな場面を試し撮りしている最中である。

(上・左)Elmar 5cm F3.5(1956年)
(上・中)Summar 5cm F2(1937年)
(上・右)Elmar 9cm F4(1957年)
(下)Summaron 3.5cm F3.5(1952年)

Elmar2種はMマウント、SummarとSummaronはLマウント、いずれもオークションでこの値段ならばと落札したものである。
最初に手にしたのは前回記事で採り上げたElmar 5cm F3.5。室内で試し撮りして60年近く前のレンズとは思えない描写力にビックリしたわけだが、これを入手した1月中旬から1月末にかけてライカ系レンズの出物ラッシュな感があり、魅入られるように入札ボタンをクリックしている自分がいたのには参った・・・。幸いなことにここ数週間はあまり出物がなくて安心している(笑)。っつうか、あの調子で出物がずっと続いていたらこっちの財布がもたない・・・苦笑。ある程度妥協すれば買えてしまう値段のものが多くあるという環境が一番財布に響くのだ。まさしくにズブズブと・・・の状態である。

当然ながら現物を見ない買い物だから高額なものは最初から却下。現物を見て買うにしても、さすがに楽器1台買えるようなシロモノに手を出す気は毛頭ない。今あるラインアップにSummicronがないのはそのためだ。1円開始のあまり状態がよくなさそうなものでもオークション終了間際には「はいはい、手を出した私が悪うございました」という状態になってしまうのである。

まだ各々の「これが素晴らしいんだ!」という特長までつかめていないが、同じ50mmの焦点距離でもElmarとSummarでは一見してわかるくらい違いがあって、しかもその違いを味と感じることができるという点が嬉しい。古風な見た目と半世紀以上前のレンズとは思えない描写力、もともと薄いSummaronはもちろんのこと、残りの3つも沈胴式ゆえにコンパクトなのもありがたい。特に中望遠のElmar 9cm F4の嵩の違いは感動的である。しかもコンパクトだが適度な重量感は撮影するときにもちょうどよいと思う。

レンズは日進月歩の世界だから基本的には新しいものの方が映りも使い勝手もよいと思うが、なぜに半世紀以上前のレンズに惹かれるかというと、CDとレコードの関係に似ているのかもしれないと私は思っている。盤面の埃を拭う、盤をひっくり返す、という音楽を聴くためには一手間も二手間もかかるレコードはCDに慣れてしまうと面倒であるが、ある種儀式のような所作が音楽を聴く際の心の準備になっていたように思う。盤面の状態は千差万別だし、気に入ってよく聴いたレコードはキズによるノイズが入る場所まで覚えていたものだ。
同様にオールドレンズも如何に丁寧に扱おうとも半世紀以上過ぎたなりのキズやクモリがあるし、ちょっとした条件の違いで盛大なフレアが出ることもままある。何よりフォーカスもマニュアルである。しかし、そうした不便さはシャッターを切る際の心の準備となり、撮影そのものに気合が入る(ような気がする)。また、白黒写真が主流だった時代のレンズで撮影するという行為は、白黒という色の制約がある中で「どんな色を感じながら撮影していたのだろうか」とか「どんな描写をイメージして作られたレンズだろうか」とかいった好奇心も煽る(気がする)。最近あえて白黒写真も撮っているのはそんな理由からで、カラーとセットで白黒も撮っていると人様の写真集にある白黒写真を見るときにも「どんな色かなぁ」とか想像力が逞しくなった(気がする)。

デジカメの便利さは何といっても現像の手間なく画像を確認できることだと思う。「あぁでもない、こうでもない」といじくり回して遊んでもフィルム代・現像代がかからないメリットは大きい。このメリットを最大限に活かしつつ歴史あるレンズも味わえる、というのが罪作りなRICOHのMount A12ユニットであると思う。

と、まぁこのブログに似つかわしくないことばかり書いていても何だね。
小金がほしいときは競馬ですよ、競馬。というわけで・・・

第46回共同通信杯(G3) 2012/2/12
KyodoTusinHai_2012.jpg

カメラ遊びだの、遠征だの、であまり今年は馬券を買っていなかったこともあるが、これが今年の初当り。

・馬連:210円
・馬単:780円
・ワイド:280円、370円
・3連複:640円
・3連単:3,790円

堅い決着とはいえ、パーフェクト的中は我ながらでき過ぎ(馬単は滅多に買わないし・・・)。自信あるならもう少し勝負しとくんだったと思いつつ、勝負はまだまだ先と見据えて慢心せず参りましょう。
それにしても、昨年3冠+有馬記念を勝ったオルフェーヴル、その兄で宝塚記念・有馬記念を勝ったドリームジャーニー、そして昨日共同通信杯を制したゴールドシップ、母父メジロマックイーンの血が熱いね。競馬界では古典的ともいえる血筋の活躍に乾杯!
[ 2012/02/14 00:03 ] Camera | TB(0) | CM(0)

Elmar 5cm F3.5 Nr.1335999

Elmar5cm.jpgGXRのMount A12 を紹介したときに載せていたレンズがこれ。M マウント用のElmarである。この写真はオークション時に掲載されていたものだが、とにかく1956年製とは思えない状態の良さに驚いたものだった。

Elmar は1926年に登場した3群4枚構成のレンズでLeica の標準的なレンズとされる。詳細はいくつかバリエーションがあるが、最後まで沈胴式で製造本数は37万本を超えるという代表的なレンズのひとつだ(Mマウント型は思ったより本数が少ないとも聞く)。前々回の記事で触れたとおり、50mmといいつつGXRにマウントすると1.5倍の画角になるのが悩みの種であったが、使っているうちにだいぶん慣れてきたのでここ数日をElmar とともに振り返ってみよう。

2月7日はDiglight 恒例のT田さんライブ。
R0024395.jpg
「う~ん、次の曲は何にしようかな?」
という彼がよく見せる表情のひとつを狙い撃ち(笑)。新橋のセッションで最初出会った頃は本当にあどけない感じの青年で、演奏中に見せるこういう表情はその当時のことを思い出させてくれる。

例によって本日もふうじんざのお二人がゲスト出演。
R0024556.jpg
歌っているところの写真はタイミングが難しい。ひたすらシャッター切ってどうにかこの一枚、という感じです。

いい感じですね。私も一曲混ぜてもらいました。
R0024486.jpg




2月10日は、おだいどこやなぎ。
R0024756.jpg
ポパイサラダお裾分けをパチリ。
クローズアップレンズを装着すれば料理の写真も撮れるが、もう一段倍率が高いものを載せた方がもっと寄れてよさそうです。

八重洲の地下街、バレンタイン一色といった感じです。
R0024789.jpg
柔らかい描写が個人的には好みです。




2月11日は整体帰りに川崎駅周辺をブラブラ。
R0024834_20120212100658.jpg

ヨドバシカメラの裏にあった謎の物体。いいレンズを所有するとつい「何かを撮りたい」という気持ちにさせてくれて、それが今まで見たことがないものに導いてくれる。いろんな方向・距離で撮ってみたがこれが一番よかった。ヨドバシカメラの裏は広場になっていて、その片隅にあったイタ飯屋も雰囲気があり料理の香りもよかったので今度行ってみよう。

京急川崎駅まで行くと・・・
R0024904_20120212100658.jpg
初めて見た京急の被り物(笑)。少々遠巻きに見ている子供の視線がいい。
最初は興味津々ながら警戒していた子供たちですが、この後は予想通り京急被り物をもみくちゃにしてました♪。中の人は大変だね。

川崎大師の混雑も今週くらいでひと段落かな。
R0024957_20120212100658.jpg
目に飛び込んできた「じゃがバター」の文字に惹かれてパチリ。
ええ、私はじゃがバター大好きなのです。


ここは大師の混雑度合いを計る定点観測場所です。
R0024994_20120212100658.jpg
楽に写真が撮れる程度の混雑になってきました。


[ 2012/02/12 11:19 ] Camera | TB(0) | CM(0)

如月のプチ遠征+α

まだまだ寒い日が続くが2月4日は久しぶりにプチ遠征してきた。もはやWarrior Celtセッションの常連となったMr.Barn氏が主催する勝田セッションだ。前号記事で紹介したとおり異様にマニアックで面白い構成になったGXRが嬉しくて早めに水戸入りしてまずは散策。電車から見るのと実際歩くのでは距離感にエライ違いがあったが偕楽園まで足を伸ばしてみた。

梅はまだ蕾程度だったが多少色付いてきた感じ。
R0023825.jpg
あえて白黒にしたが、薄っすら見える月がショボくなってしまった・・・。


歩く距離は結構あるが桜川沿いを歩いて行くと鴨だの白鳥だのが間近に見れて、写真を撮りつつ歩く分にはちょうどよい距離かもしれないと思った。

R0023841.jpg


R0023846.jpg

逆光下では盛大なフレアが意図せずして出たりするが、総じていい写りをしてくれる点にまずは満足した試写会でした。

夜はDoyle's@勝田へ。
R0023907.jpg
今まで参加した中では一番少ない感じだったが、曲は結構出た。

GXR独自のユニットを使っているときは、大体絞り優先モードで撮っていたのだが、今回のMount A12だと暗所では明るくなり過ぎる気がしてこの辺まではマニュアル・モードで撮影している。そもそもカメラヲタクでも何でもない素人カメラマンなので、画角についてはだいぶん慣れてきたものの撮影条件が変わると真っ黒になったり真っ白になったりしてシャッターチャンスをかなり逃してしまったのが残念だ。因みにこの夜はバシャバシャ撮るのに夢中になってしまってISO値を上げるのを忘れていたのも痛かった・・・苦笑。



翌日2月5日はTaproom@馬車道へ。
R0024011.jpg


この日はDrop Of Goodbeer とSammy,Hagi & Kimi の対バン形式ライブ。プチ遠征帰りで観戦見送りも考えたのだが、演奏を聴きつつカメラ試しをできる誘惑に勝てず、ちょいと遅刻したが行ってきた。

この辺は絞り優先モードで撮影。ピントはもう少し奥にあわせるべきだな。
R0024095.jpg
それでも適度に締まった感じの描写は嬉しくなる。


これなんかは白黒だともっと雰囲気が出そうだが・・・
R0024138.jpg
モヤっとしているのに輪郭はスッキリしている・・・気がする。


Taproomは結構後ろに引けるので75mmの画角でも全体像は撮れる。
R0024147.jpg
ピント位置に限れば、これは大体意図した感じで撮れている。


これはピントは意図通りだが、ややモヤが出過ぎ。
R0024169.jpg
それでもこれはこれでいいではないか、というのは本人の自己満足・・・苦笑


二組のバンド演奏後は合同でセッション風演奏で締めたが、その後の番外編では178さんのフィドルを借りて2セットほど参加させていただいた。
観客の外国人比率が高かったこともあって、ややお客の声が耳についたライブだったが音響自体はとてもよくてリラックスして観ることができたライブでした。みなさま、お疲れ様でした。



プチ遠征帰りにチョロっと立ち寄ったセッション仲間のお店。
R0023949.jpgR0023968.jpg
「やぁやぁ、ようこそいらっしゃいました」ってな感じが右の写真。

どうやらMr.Barn氏もここで良いレンズを仕入れたようで、カメラ界の「魔窟」になってしまいそうな予感がするのは気のせいだろうか(爆)。大体、セッション仲間にこういう生業の方がおられるということ自体がかなり危険だということは私も自覚していたハズだったんだけどなぁ・・・。
[ 2012/02/09 00:07 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。