スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月ももう半ば・・・

今週は前回紹介したHektor7.3cmF1.9とノンビリ過ごせた。仕事はくだらないケツ拭いばかりで辟易としているが、平日は夜撮り中心で楽しんでいる。

17日(水)、定例のWarrior Celt。
R0076088.jpg
なかじ氏とはHektor談義。齢80の玉の面白さに話が弾む。

R0076101.jpgR0076112.jpg

R0076137.jpg
以上、Hektor7.3cmF1.9(Black) + RICOH GXR

この日はGXRに73mm、X-E1には50mmのHektorを搭載してセッションを楽しんだ。
DSCF7869.jpg

DSCF7856.jpg
以上、Hektor5cmF2.5 + FUJIFILM X-E1


距離違いを楽しむのはElmarにせよ、Summicronにせよ、楽しいものであるが、Hektorはまた異なる趣を楽しめるコンビだ。28mmや135mmと合わせる方が焦点距離としては望ましいだろうが、同じレンズ構成(3群6枚)の距離違いで楽しむというのはなかなか贅沢な遊びである。



18日(木)はちょろっと新宿Dublinersへ。
R0076168.jpg

R0076185.jpg
いつもO'Phanのライブはよく混んでいるが、この日は隙間を縫うように撮るしか手段なし・・・苦笑。

73mmならギリギリ狙える感じで、50mmは結局一度も使わず。
R0076204.jpg

たまには観客の模様も・・・。
R0076208.jpgR0076209.jpg

R0076215.jpg

R0076239.jpg
以上、Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR




ついでに皐月賞雑感。
珍しく1〜4着まで人気順で入ったレースとなった。スプリングS快勝の結果から本命ロゴタイプ、連下コディーノは決まっていたので当てること自体はやさしい馬券だった。

ナリタブライアンを最後に朝日杯優勝馬からクラシック勝ち馬が出ていないというジンクスが続いていたが、私の頭の中は朝日杯勝ち馬で翌年初戦を勝った馬のことを考えていた。

エイシンチャンプ(2002年朝日杯1着→2003年弥生賞1着→皐月賞3着)が最後。

その前は・・・

ナリタブライアン(1993年朝日杯1着→1994年共同通信杯1着→スプリングS1着→皐月賞・ダービー・菊花賞1着)

その前は・・・

ミホノブルボン(1991年朝日杯1着→1992年スプリングS1着→皐月賞・ダービー1着→菊花賞2着)

で、このジンクスは単なる巡りあわせの問題と判断した。それどころではない、朝日杯・スプリングSを勝てば皐月賞も勝つじゃん、みたいな簡単な推理である。

ナリタブライアンとエイシンチャンプの間にはフジキセキ(朝日杯1着→弥生賞1着後故障、引退)、バブルガムフェロー(朝日杯1着→スプリングS1着後故障で休養、3歳で天皇賞・秋制覇)といった無事なら皐月賞も勝っていただろうという馬がいたし、マル外が出走できなかった時代にはそれこそ古くはマルゼンスキーから近いところではグラスワンダーなど皐月賞に出走できれば好走したと思われる馬もいた。
距離体系の整備が進みクラシックを目指す牡馬は暮れのラジオたんぱ杯(2000m)に向かうことが多いことも最近の不振に繋がっていただろうが、朝日杯・スプリングSを連勝できるレベルの馬なら皐月賞好走は約束されていると見てもよいと思う。2歳G1ひとつならまぐれで勝てるかもしれない(実際そういう一発屋も多くいる)が、休養を挟んでトライアルにも勝つ、しかも「強くなった」と感じさせる勝ち方ならまぐれではなく実力、つまり信頼度は高い。

因みに母父サンデーサイレンスの血統がクラシックを勝てないというジンクスも破れた。牝馬クラシックや牡馬でも菊花賞では例があるが、皐月賞・ダービーでは不思議なくらい母父サンデーサイレンスの血統は勝てなかった。サンデーサイレンス亡き後もアグネスタキオン、ディープインパクト、ステイゴールドなどが猛威を奮っているというのもあるだろうが、これは昔あった「サンデーサイレンス×母父ノーザンテーストはG1を勝てない」というジンクスと似ているので、その内忘れ去られるかもしれない。

併せて2歳G1とクラシックの関連もちょいと触れておく。
<牝馬>
・阪神JFはキャリア1戦馬も通用する。
・阪神JFを人気薄で勝った馬は桜花賞ではなかなか馬券に絡まない。特にトライアルで見せ場がなければ切ってよい。(今年のローブティサージュの他、ジョワドビーヴルなど多数当てはまる)
・上位人気で阪神JFに敗れても桜花賞での挽回はある。トライアル好走が条件になるが、人気馬で惜敗なら狙える。

<牡馬>
・朝日杯はキャリア1戦では通用しない。
・朝日杯での人気は関係なく、結果重視。惜敗の2着馬は疑ってかかるべし。
・クラシック好走の条件は皐月賞トライアルでも強い競馬をすること。

牡牝でなかなか傾向に違いがあるので要注意だ。


今回、ちょいと計算外だったのが馬場状態。異変に気付いたのは中山8Rの芝1200m(1000万下)で1.08.6というタイムが刻まれたあたりから。これはかなり速い時計で、9Rの芝2000m(1000万下)の1.59.7もべらぼうに速くしかも前残り。こりゃ、追い込み一手では届くまいと方針変更してどうにか的中にありついたのだった。
昨年は内が極端に悪く、外へ馬が殺到するところをゴールドシップは内から徐々に進出して直線では馬場の良いところへ持ち出すという競馬で勝ったが、今年はその轍は踏むまいと芝を刈ったり馬場を締めたのだろう。例年この時期の中山は芝の状態がよくないことが多いが、人為的に極端な高速馬場にすると必ず弊害も出てくる。今年の皐月賞はコース・レコードの1.58.0で決着したが、案の定4着カミノタサハラは浅屈腱炎で長期離脱、フェイムゲームも骨折、と故障馬が連発している。ここからダービーへ直行する組は状態の確認が欠かせない。

勝ったロゴタイプは先例からいけば少なくともダービーまで主役だ。距離不安説が常に囁かれるタイプだが、レースを重ねるごとに強くなっている印象で2冠確実とまでは言えないが、凡走するとも思えない。逆に2着エピファネイアや3着コディーノは心配されていた折り合い面の不安が出ただけに距離が伸びてよいとは思えない。特にコディーノは時折F厩舎の評判馬に見られる尻すぼみ傾向が出ているから、ダービーよりマイルCがいいのかもしれない(陣営からはダービー直行が発表された)。元々ダービーが皐月賞組だけで決まることは少ないが、今年も距離延長に不安がある皐月賞の2、3着馬よりも京都新聞杯(キズナ他)、青葉賞(レッドレイヴン他)の組に触手が動きそうだ。

ところで、青葉賞組がダービーを勝てないというジンクスはまだ続くだろうか・・・笑。


スポンサーサイト
[ 2013/04/21 15:20 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)

幻想的な玉

久しぶりの新着玉はまたしてもちょいと面妖な昔レンズである。実は今回の玉は別のモノが先に手許に来ていたのだが距離計があわず調整中。お忙しいこともあるだろうし、苦戦されているかもしれず、やかましく催促するのも申し訳ないと思っていたら、「この値段ならよかろう」という額でセリにお出ましになった。

Hektor7.3cmF1.9(1933年、Black)
IMG_5442.jpg

調整中の玉が戻ってきてから同時に公開とも思ったが、試写してみたら「これは絶対使う頻度が増える」と確信したので公開することにした。

木村伊兵衛氏も愛用されたライカの初期レンズでXenon5cmF1.5が出るまでライカの最も明るい玉であった。73mmという焦点距離も開放F値1.9もいずれも中途半端な数値だが、営業生産できるギリギリ限度のスペックがたまたまこれになったというところだろうか。
レンズ構成はHektor5cmF2.5と同様の3群6枚、トリプレットの変形である。50mmが1930年から、73mmは1931年から製造開始していて73mmの方は1946年まで7,225本製造された。現在とは物価水準も為替レートも大きく異なるから参考にならないが、発売当時、日本では家が買えると言われたカメラ本体+Elmar50mmよりも高いレンズだったらしい。

この玉、ライカでも初期のレンズなのだが、相当な種類があるらしい。調べた中ではここが最も詳しく、その解説によると見た目の部分、つまり鏡胴だけでも

(1)オールブラック
(2)オールクローム、
(3)ピントリング下部がニッケル、他がブラックのツートン、マウント部がブラック
(4)ピントリング下部がクローム、他がブラックのツートン、マウント部がクローム
(5)ピントリング下部がクローム、他がブラックのツートンでマウント部がブラック
(6)ピントリングの中央部分のみブラックで上下がクローム、マウント部がクローム
(7)ピントリング全体がクローム、他がブラック

など7種類。
さらには、ヘリコイドも直進式と回転式が混在し、レンズブロックがネジ式で外れるか否か、など多種多様。最短撮影距離は1.5mだが、モノによっては1m以内まで寄れるとか、1.5mピッタリとか、かなりアバウトな感じである。こうした違いはシリアルナンバーでの偏りもなく、どうやら客からの要請に応えてかなりカスタマイズされたようで、いかにも受注生産式と思わせる。古いレンズだけに保存状態も含めた個体差が相当あるようで、手を出すこと自体がバクチみたいな感じもある。

この玉もハイライトが滲むクセ玉。それを好む人には絶大な人気を誇る玉のひとつで、WEB上を探索するとHektor7.3cmを持ち寄るオフ会などという物騒な集まりがあったり、「どうせ沼にハマるなら一人でも多く巻き込んで・・・」とか、かなり物騒な物欲刺激をしあっている様が観察できる・・・苦笑。

Diglight6周年の名残・・・笑。
R0075921.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR
傷の多いSummarにも通じるような柔らかさが印象的・・・。


因みに今回入手した玉は1933年製の(1)オールブラック+直進ヘリコイド+最短撮影距離1.3mあたり、という仕様。試してはいないが多分レンズ・ブロックも分離できるタイプだ。絞り、距離、被写界深度を表示する銀色の象嵌に多少乱れはあるが、まぁよくここまで作り込みましたねぇと感心するレベルの工芸品である。
IMG_5443.jpg

外観は全体的にブラックペイントが擦れているが逆にそれが一種の迫力と味を醸し出している。出品者によると実測443g。フィルターはねじ込み39mm(E39)が使える。光学系はこの年代としてはじゅうぶんと思える状態だし、オトクに落とせた方だろう。
(実はこれより安い玉も暫く鎮座されているのだが、調整中の玉と外観は同じだし状態は今回入手したものの方がよさそうでポイントを使えばほぼ同額になることからこちらを選択した。)

筆おろしは11日(木)、Diglightで。
R0075904.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR


開放F値1.9という大口径レンズだが、評判通り被写界深度は思ったより深い。ジャスピンは難しいがフォーカス・アシストがあるGXRなら絞り開放でも許容範囲に収めやすい印象だ。

もちろんモノクロの描写も申し分ない。
R0075943.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR


Diglightのステージ上は当然ながら照明が行き届いていることもあって、確かに滲みはあるけど結構普通じゃん、とか思っていたのだが・・・

京急川崎駅の売店。ぐ・・・、滲みもボケ方もなかなか強烈。
R0075983.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR

中央部分を拡大すると・・・。
H73_1.jpg
ボケとも滲みとも取れる微妙な崩れ方をしている。

さすがに開放で遠いところはゆるゆるだが、光のとらえ方は幻想的でよい雰囲気だと思う。
R0075980.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + RICOH GXR

X-E1にもこの休みで搭載してみた。夕方フラフラと出ていったのだが曇り空だったこともあるだろうが・・・。
DSCF7695.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + FUJIFILM X-E1
どうすればこうなるのか、と思う独特の絵である。

Hektor5cmF2.5でお馴染みのカエルの卵ボケ。同じレンズ構成で中望遠、やはり盛大に出る(笑)。
DSCF7739.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + FUJIFILM X-E1

もちろん、絞ればそれなりにシャープで軽くフレアが乗ったよい絵を出してくれる。
DSCF7701.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + FUJIFILM X-E1

ディスプレイで拡大してみて驚いた。
H73_2.jpg
画面中央近辺なのだが、指もなかなかきっちりと解像している。F4.5あたりだったと記憶している。

寄るとさすがに深度が浅くてX-E1では難しいが、これは比較的狙ったとおり。
DSCF7782.jpg
Hektor7.3cmF1.9 + FUJIFILM X-E1

合焦部分をアップにしてみると・・・
H73_3.jpg
なるほどと思った。


ちゃんとピントが合った部分は滲みもそこそこレベルなのだが、少し外れると途端に滲み始めているようだ。妙に眩しい感じのする幻想的な描写の秘密は被写体自身が光を発しているような滲みによるものらしい。面白い玉があったものである。好むか嫌うか二者択一的なクセ玉だが、どうやら私はこの玉と長いお付き合いになりそうな気がする。




[ 2013/04/14 19:30 ] Camera | TB(0) | CM(2)

ざっくりと振り返ってみる・・・

センパトに因んでアイリッシュ系のイベントが多い3月、一度ブログ更新の手を抜くと整理されないネタが溜まる一方でちょいと現実逃避しておりました・・・苦笑。ボチボチとマイペースで復活します。

今年の桜、南関東は早かった・・・。昨年が逆にものすごく遅かった反動というわけでもあるまいが、満開になってからは快晴に恵まれることが少なくどうにもなりませんでしたなぁ。
R0075559.jpg

R0075580_20130413150817.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR
球面Summiluxが手許に来てからというもの、GXRにはほとんどSummilux載せっ放しでした・・・。

対してX-E1にはボチボチとRマウントの玉も載せ始め、前回4月3日の定例WarriorではElmarit(R)24mmを。
DSCF7419.jpg
Elmarit24mmF2.8 + FUJIFILM X-E1

29日は今年初Morrigan's。途中まで野郎セッションでしたが後半は@嬢がグイグイと引っ張ってくれました。
R0075645.jpg

R0075666.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR

28日はDiglight。ダンサーも多く揃って盛況でしたね。
DSCF7296.jpg
Summilux50mmF1.4 +FUJIFILM X-E1
毎度お越しになるのに道に迷った方もおられましたが・・・笑

23日(土)はMcCann's。TRAD夫妻、今年初上陸。
R0075523.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR

20日はセンパト終了後の定例Warrior。
DSCF6948.jpg
Summicron35mmF2 + FUJIFILM X-E1




因みにお馬さんの方はというと、こちらも報告が滞ってしまったのでまとめて・・・。

2月の重賞全11Rで的中は5R、的中率45%。ちょいと苦戦気味に見えるが回収率は110%でまずまず。土日の重賞が増えてくると苦戦しますな。3連単がどうしても取れず回収率低下の要因。逆に単勝は好調で6番人気が2回(京都記念 トーセンラー、小倉大章典 ヒットザターゲット)などもあって回収率146%。

3月の重賞は15Rで的中が10R、的中率67%。レース数が多い上に堅めが多かったこともあって回収率は130%だが、トライアルが続く判断が難しい中では健闘した方だろう。オッズが2倍を切るレースが多かったとはいえ単勝の回収率は174%までアップした。頭の中が単勝のペースにあってきたのだろう。因みに大阪杯でようやく今年最初の3連単ゲット。この組み合わせで1,670円もつけば、頭固定の2点買いですむからじゅうぶんの配当であった。

単勝+Win5の回収率だが、Win5的中を除いても3月までで92%。さすがに回収し切るところまではいけないが、買い目を抑えておけばじゅうぶん遊べるという証左だろう。3月までで11回参戦してWin5とWin4がともに1回、Win3が4回、Win2が5回。4月7日(日)の桜花賞当日は初めてのWin0を覚悟したが、最後の桜花賞をゲットしWin1でも回収率は113%。福永のプリセンスジャックが余計だったが馬連とワイドもゲットでまずは+収支。

あと、別に預言者ではないが、以前指摘したとおりヴィルシーナの大阪杯参戦はやはり裏目だった。今まで経験したことがない惨敗でリズムを崩さないことを祈っているが、ジャパンカップまでも制したジェンティルドンナと遣り合ってスポイルされた可能性もあるから動向には注意が要るだろう。

大阪杯を無難に勝ったオルフェーヴルはやはり回避したが、フェノーメノが参戦することで天皇賞・春はどうにか面白味が残るレースになりそうだ。一応2強だろうが、ゴールドシップがやはり上だろう。日本ダービーこそフェノーメノ2着、ゴールドシップ5着だが、ただ単に内田騎手の仕掛けが遅かっただけというのが私の見解なので場合によっては伏兵が2着・3着もあり得ると思う。2強は並び立たずというのはよく言われる格言で、フェノーメノは当然ゴールドシップを負かす競馬をしに行くだろうが、そこに着を拾いに来る馬の付け込むスキができる可能性はじゅうぶんある。ゴールドシップはここで負けるようではオルフェーヴル・ジェンティルドンナと3強形成というわけにいかないだけにすんなり勝った上で、本当の試金石は宝塚記念ということになると思うが・・・。



最後はレンズネタ。2月は報告が漏れたがX-E1に搭載済レンズの更新もしておく。☆印が新たな搭載レンズ。
なお、このリストはX-E1への搭載を保証するものではないので、不具合が生じても当方では一切責任を負いません。自己責任にてお試しください。

<Lマウント>
Elmar50mmF3.5(1,4)
Elmar3.5cmF3.5(1946)
Hektor5cmF2.5
Hektor2.8cmF6.3
Summar5cmF2
Summitar5cmF2(1939)
Summicron5cmF2(Radioactive,1952)
Summicron5cmF2(Collapsible,1953)
Xenon5cmF1.5(1937)
Summaron2.8cmF5.6
Summarex8.5cmF1.5
Xenogon35mmF2.8
Ultra-WideHeliar12mmF5.6
Ultron28mmF1.9
☆Color-Heliar75mmF2.5

<Mマウント>
☆Elmar9cmF4(Collapsible)
Elmar90mmF4(Triplet)
Summicron50mmF2(Rigid)
☆Summicron50mmF2(3rd)
☆Summicron90mmF2
☆Summilux50mmF1.4
Summicron35mmF2(7 Elements)
Summarit5cmF1.5
Summaron3.5cmF3.5(M)
☆Summaron3.5cmF2.8(M)
☆M-Rokkor28mmF2.8
NoktonClassic40mmF1.4(MC)

<Rマウント>
☆Summicron(R)50mmF2
☆Elmarit(R)24mmF2.8
☆Super-Angulon(R)21mmF4
[ 2013/04/13 15:36 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。