FC2ブログ






ざっくりと振り返ってみる・・・

センパトに因んでアイリッシュ系のイベントが多い3月、一度ブログ更新の手を抜くと整理されないネタが溜まる一方でちょいと現実逃避しておりました・・・苦笑。ボチボチとマイペースで復活します。

今年の桜、南関東は早かった・・・。昨年が逆にものすごく遅かった反動というわけでもあるまいが、満開になってからは快晴に恵まれることが少なくどうにもなりませんでしたなぁ。
R0075559.jpg

R0075580_20130413150817.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR
球面Summiluxが手許に来てからというもの、GXRにはほとんどSummilux載せっ放しでした・・・。

対してX-E1にはボチボチとRマウントの玉も載せ始め、前回4月3日の定例WarriorではElmarit(R)24mmを。
DSCF7419.jpg
Elmarit24mmF2.8 + FUJIFILM X-E1

29日は今年初Morrigan's。途中まで野郎セッションでしたが後半は@嬢がグイグイと引っ張ってくれました。
R0075645.jpg

R0075666.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR

28日はDiglight。ダンサーも多く揃って盛況でしたね。
DSCF7296.jpg
Summilux50mmF1.4 +FUJIFILM X-E1
毎度お越しになるのに道に迷った方もおられましたが・・・笑

23日(土)はMcCann's。TRAD夫妻、今年初上陸。
R0075523.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR

20日はセンパト終了後の定例Warrior。
DSCF6948.jpg
Summicron35mmF2 + FUJIFILM X-E1




因みにお馬さんの方はというと、こちらも報告が滞ってしまったのでまとめて・・・。

2月の重賞全11Rで的中は5R、的中率45%。ちょいと苦戦気味に見えるが回収率は110%でまずまず。土日の重賞が増えてくると苦戦しますな。3連単がどうしても取れず回収率低下の要因。逆に単勝は好調で6番人気が2回(京都記念 トーセンラー、小倉大章典 ヒットザターゲット)などもあって回収率146%。

3月の重賞は15Rで的中が10R、的中率67%。レース数が多い上に堅めが多かったこともあって回収率は130%だが、トライアルが続く判断が難しい中では健闘した方だろう。オッズが2倍を切るレースが多かったとはいえ単勝の回収率は174%までアップした。頭の中が単勝のペースにあってきたのだろう。因みに大阪杯でようやく今年最初の3連単ゲット。この組み合わせで1,670円もつけば、頭固定の2点買いですむからじゅうぶんの配当であった。

単勝+Win5の回収率だが、Win5的中を除いても3月までで92%。さすがに回収し切るところまではいけないが、買い目を抑えておけばじゅうぶん遊べるという証左だろう。3月までで11回参戦してWin5とWin4がともに1回、Win3が4回、Win2が5回。4月7日(日)の桜花賞当日は初めてのWin0を覚悟したが、最後の桜花賞をゲットしWin1でも回収率は113%。福永のプリセンスジャックが余計だったが馬連とワイドもゲットでまずは+収支。

あと、別に預言者ではないが、以前指摘したとおりヴィルシーナの大阪杯参戦はやはり裏目だった。今まで経験したことがない惨敗でリズムを崩さないことを祈っているが、ジャパンカップまでも制したジェンティルドンナと遣り合ってスポイルされた可能性もあるから動向には注意が要るだろう。

大阪杯を無難に勝ったオルフェーヴルはやはり回避したが、フェノーメノが参戦することで天皇賞・春はどうにか面白味が残るレースになりそうだ。一応2強だろうが、ゴールドシップがやはり上だろう。日本ダービーこそフェノーメノ2着、ゴールドシップ5着だが、ただ単に内田騎手の仕掛けが遅かっただけというのが私の見解なので場合によっては伏兵が2着・3着もあり得ると思う。2強は並び立たずというのはよく言われる格言で、フェノーメノは当然ゴールドシップを負かす競馬をしに行くだろうが、そこに着を拾いに来る馬の付け込むスキができる可能性はじゅうぶんある。ゴールドシップはここで負けるようではオルフェーヴル・ジェンティルドンナと3強形成というわけにいかないだけにすんなり勝った上で、本当の試金石は宝塚記念ということになると思うが・・・。



最後はレンズネタ。2月は報告が漏れたがX-E1に搭載済レンズの更新もしておく。☆印が新たな搭載レンズ。
なお、このリストはX-E1への搭載を保証するものではないので、不具合が生じても当方では一切責任を負いません。自己責任にてお試しください。

<Lマウント>
Elmar50mmF3.5(1,4)
Elmar3.5cmF3.5(1946)
Hektor5cmF2.5
Hektor2.8cmF6.3
Summar5cmF2
Summitar5cmF2(1939)
Summicron5cmF2(Radioactive,1952)
Summicron5cmF2(Collapsible,1953)
Xenon5cmF1.5(1937)
Summaron2.8cmF5.6
Summarex8.5cmF1.5
Xenogon35mmF2.8
Ultra-WideHeliar12mmF5.6
Ultron28mmF1.9
☆Color-Heliar75mmF2.5

<Mマウント>
☆Elmar9cmF4(Collapsible)
Elmar90mmF4(Triplet)
Summicron50mmF2(Rigid)
☆Summicron50mmF2(3rd)
☆Summicron90mmF2
☆Summilux50mmF1.4
Summicron35mmF2(7 Elements)
Summarit5cmF1.5
Summaron3.5cmF3.5(M)
☆Summaron3.5cmF2.8(M)
☆M-Rokkor28mmF2.8
NoktonClassic40mmF1.4(MC)

<Rマウント>
☆Summicron(R)50mmF2
☆Elmarit(R)24mmF2.8
☆Super-Angulon(R)21mmF4
スポンサーサイト



[ 2013/04/13 15:36 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)