FC2ブログ






梅雨・・・

ずいぶん間が空いたが、ようやく関東は梅雨らしいじめじめした日々に・・・。年々ひどくなる汗かきは今年も健在で少々お疲れ気味。昨年10月から2ヶ所兼務だったのだが、6月から本務・兼務がひっくり返ってから時折暴れているので余計に疲れるのかもしれん・・・苦笑。
セッションはちょいと控えめで常連化している場所以外は自重している。Pinkas Zukermanを観て以来、もう少し丁寧に練習が必要だと痛感し練習時間は不足しているがゆっくり丁寧に弾くことに重点を置いている。当面、この方針で行くつもりです。

6月1週目の定例Warrior。
DSCF0261.jpg
Ultron35mmF1.7 + FUJIFILM X-E1

いよいよX-E1へのレンズ搭載も大詰め。この日はUltron35mmであった。
DSCF0282.jpgR0077367.jpg
左:Ultron35mmF1.7 + FUJIFILM X-E1、右:Summicron50mmF2(Rigid) + RICOH GXR



8日(土)は各地でイベントが山盛りだったが、初「万象房」を選択した。昨秋以来のすらいごめいと。
DSCF0387.jpg
Apo-Lanthar90mmF3.5 + FUJIFILM X-E1

DSCF0399.jpg
Apo-Lanthar90mmF3.5 + FUJIFILM X-E1



12日はDiglight。ジャズロックのタッティー・トリオを初観戦。
R0077416.jpg
Summilux35mmF1.4 + RICOH GXR


顔本で彼らのアルバム「The First Jam」が何度かプッシュされていたのでiTunesで視聴したら気に入ってダウンロードした。オリジナル曲の雰囲気もよくて、それこそJohn McLaughlinなどを追い掛けていた時代が懐かしくなるよい出来栄え。この日のライブも聴き応えがあった。
「作曲の着想は?」と尋ねると「マハヴィシュヌのBirds Of Fire」とか「King Crimson」とか、思わずニヤリとするお話をたくさん伺えた。これはまた観に行こう。



15日は定例のGreen Sheep。
DSCF0528.jpgDSCF0525.jpg
いずれもSummilux50mmF1.4 + FUJIFILM X-E1
入院騒動で心配しましたが無事回復されて何よりでした。あとはグーパパさんの復帰を待つばかりですね。




因みにWarriorセッションでは2週にわたってサプライズのカメラが登場した。どちらも実物を見るのは初めてのレア機種。お値段はいずれもなかなか力強い・・・。

フルサイズ・センサー搭載のコンデジSony RX1。
DSCF9867.jpg
レンズ交換式ならあの値段でも飛びついたかもしれない・・・。

こちらは超マニアックな世界初のデジタル・レンジ・ファインダー・カメラであるEpson R-D1。
DSCF0252.jpg

外観はアナログそのもの。フィルム巻き取りレバーでシャッターチャージするというバカバカしいくらいアナログっぽい作りがメカ魂をくすぐる。しかも搭載レンズは、本家LeicaのSummicronをも凌ぐという噂のHexanon35mm。マニアック過ぎだろう(笑)。
現行機種はR-D1xGであるが、最初のモデルから一貫して画素数600万は時代遅れも甚だしいスペックであるにも関わらず中古でなかなか出てこない困った機種でもある。

上記2機種、持ち主が同じなのだが、買った動機が「つい、フラフラっと」というところがタダ者ではない。世の中、上には上がおられるものであると妙に感心してしまうのだった・・・笑。




スポンサーサイト



[ 2013/06/16 16:26 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(4)