スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あけおめことよろの日々

例によってご無沙汰の更新であるがお許し願いたい。牛の反芻のごとく何度も損益試算させられてへとへとなのである。頼むからザイアス議長には退いていただきたいと大多数が思っているのだが・・・苦笑。

それはさておき、年始のご挨拶めぐりである。新兵器の使い勝手も含めて振り返っておく。

1月9日(木)はO'Phan@池ダブ。アニー氏が豪州へ出張につきツイン・フィドル+バウロンの変則トリオ。
L1002774.jpg
Summitar5cmF2(1939) + Leica M Typ240




このトリオは翌週1月16日(木)にも場所を新ダブにかえて登場している。
DSC01396.jpg
Summicron90mmF2 + SONY Alpha7


重量級レンズのSummicron90mmでもこのとおりよく撮れる。ただし、これは対策実施後でそれ以前はなかなか悲しい結果になったのであった。その写真は後で出てくる。




お茶目な@嬢。今月の2週目・3週目は彼女関連のイベントが続いた濃い2週間であった。
L1003049.jpg
Color-Heliar75mmF2.5 + Leica M Typ240


こちらはご本家LeicaにCosina-Voigtlanderの75mmを載せてみた。焦点距離75mmの画角はAPS-Cカメラ+50mmレンズの影響から好きな画角なのだが、玉の種類が少ないのが玉にキズ。洒落をいってる場合ではなく、手元にはこのColor-Heliarと73mmのHektorくらいなので大事にしたいところである。Heliar Classicに惹かれるものがあるのだが、現行品なので我慢、我慢・・・。



@嬢主催のMcCann's セッションは1月11日(土)のゾロ目。
DSC01257.jpg
Nokton50mmF1.1 + SONY Alpha7


大口径らしいよい描写なのだが、どうも四隅がケラレたように暗くなっている。広角レンズならいざしらず、50mm玉でこうなるのはどうも納得いかんぞ・・・、というのが気になり始めたのであった。

この日は関西からも多数セッション参加でさながら東西戦という感じであった。
DSC01267.jpg
Nokton50mmF1.1 + SONY Alpha7


ね、これだとわかりやすいでしょう、四隅のケラレ・・・。

こちらはたまたまシャッターにタイミングがあった絵・・・笑
L1002822.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ240

L1002807.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ240


ご本家様の各種設定は初期設定でレンズのみマニュアルで補正をかけているのだが、やや暖色系に転びやすいようである。RAWで調整するのもありだし、Leicaらしさを生かすためにJPEG撮って出しでも悪くないと思う。

関西勢が多かったのはべんてん氏と@嬢のライブ企画があったことも影響していたのであった。
DSC01235.jpg
Nokton50mmF1.1 + SONY Alpha7



そのお二人のライブは12日(日)。Really awesome という@嬢のシリーズもの。
L1002868.jpgDSC01290.jpg
左右いずれもレンズはSummicron90mmF2で、左がご本家、右がSONY。


これはわかいやすい実例でしょう。90mmレンズでさえAlpha7は四隅がケラレてしまう。
SONYのNexシリーズで四隅が落ちやすいというのは比較的有名な話であったので、フルサイズ化したAipha7でも広角系を中心に四隅が落ちることは想定していたのだが、90mmレンズでもこの結果が顕著というのはさすがに納得いかない。ここに及んでマウントアダプターに問題を感じて新たに仕入れたら問題がほぼ解消した。それが前出の新ダブでの画像で確認できたわけであった。SONY Alpha7シリーズでマウントアダプターを介してレンズ遊びを志すお方は「フルサイズ対応」表記があるマウントアダプターにしましょう。



本拠地Warrior Celtのセッション初めは15日(水)。
DSC01342.jpg
Super-Angulon(R)21mmF4 + SONY Alpha7


この日はまだ問題のあるマウントアダプターを介しているのだが、フランジバックが長いR玉のお蔭か四隅もしっかりしている。他にもElmarit(R)シリーズも搭載し始めたが総じて優秀でR玉の母艦としてかなり期待できそうである。

出だしは人があまり集まらずどうなるかと思ったが・・・
DSC01349.jpg
Super-Angulon(R)21mmF4 + SONY Alpha7

Jimさんが登場されたあたりから俄然人が増え始めた・・・笑。
DSC01374.jpg
Summarit5cmF1.5 + SONY Alpha7

この日は途中から両ボディに大口径玉をセット。Noktonの距離計も問題なさそうである。
L1002980.jpg
Nokton50mmF1.1 + Leica M Typ240

美女二人の間に変なオヂサンが混ざってますが無視してください・・・苦笑。
L1003013.jpg
Nokton50mmF1.1 + Leica M Typ240

(2月2日追記)Flickrを始めたのでリンク先を適宜記すことにしました。この日の模様はこちらをどうぞ。



今年は久し振りに1月から遠征できた。18日(土)は杜の都Barm'sへ。
L1003086.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ240

この日はAlpha7にAnother大口径レンズを搭載。
DSC01469.jpg
Sonnetar50mmF1.1 + SONY Alpha7


SonnetarはNoktonよりはるかに小振りで使いやすい大口径なのだが、Leicaに搭載すると35mmのフレーム枠が出てくることがあって、マウント部にやや問題がありそうである。

Alpha7のEVFはさすがの出来栄えで、使った人はみな絶賛されておりました。
DSC01476.jpg
Sonnetar50mmF1.1 + SONY Alpha7

北は北海道から南は神奈川まで。奏者もよく揃ったしお客さんもよく入った賑やかな一夜でした。
L1003113.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ240

(2月2日追記)Flickrを始めたのでリンク先を適宜記すことにしました。この日の模様はこちらをどうぞ。




大塚孝之トリオとの新年ご挨拶は21日(火)。
DSC01608.jpg
Super-Angulon21mmF4 + SONY Alpha7

ボチボチ2作目のレコーディングが近いらしく、この日は新曲のお披露目もあってラッキーでした。
L1003237_1.jpg
Color-Heliar75mmF2.5 + Leica M Typ240



Assamy Live@珠は23日(木)。先輩とガス抜き大会後に立ち寄った。
L1003276.jpg
Elmar5cmF3.5(1956) + Leica M Typ240

うっかりしていて長焦点玉を忘れたが、50mmのElmarもまたよし。
L1003292.jpg
Elmar5cmF3.5(1956) + Leica M Typ240


ちょいと長くなりすぎたが、各所でお会いできた皆様、本年もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
[ 2014/01/25 19:19 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

あけおめことよろ 2014

あけましておめでとうございます。めっきり更新頻度が落ちたこのブログですが、本年もマイペースで参りますのでよろしくお願いいたします。

年末は心斎橋2泊・京都1泊というスケジュールの割にあまりぶらつくことができなかったが、いくつか撮った写真で年末を振り返りつつ新年のご挨拶としましょう。

心斎橋・なんば界隈といえば象徴的なのがこれでしょうか。ここ数年大阪をパスする日程が続いたので妙に新鮮・・・笑
DSC01036.jpg
Summaron2.8cmF5.6 + SONY Alpha7

通称赤Summaronとのコンビだが、古いライカの広角レンズを載せると周辺減光が出やすく、Hektor2.8cmでも同様。

因みにLeica に載せるとこんな感じ。状況がまったく異なるので比較できないが今後いろいろ試していくつもり。
L1002483.jpg
Summaron2.8cmF5.6 + Leica M Typ240

同じ28mmでも第三世代のElmaritなら問題なさそうである。
DSC01087.jpg
Elmarit2.8cmF2.8 + SONY Alpha7


それはさておき・・・

大阪のこの界隈、とにかく目立つオブジェが多くて街全体が喧しい。
DSC01038_1.jpg
Summaron2.8cmF5.6 + SONY Alpha7

見れば何を食べさせてもらえるか、ということが確かによくわかるんだが・・・笑
L1002329.jpg
Hektor5cmF2.5(1931) + Leica M Typ240

L1002332.jpg
Hektor5cmF2.5(1931) + Leica M Typ240

DSC01044.jpg
Summaron2.8cmF5.6 + SONY Alpha7


梅田界隈がJR大阪駅周辺を中心にリニューアルしてずいぶんきれいになったが、大阪らしい毒気まで少々抜けた感じがすることを思うと、今現在大阪らしさを感じやすい場所はここ心斎橋・なんば界隈なのかもしれない。やはり帰省する際には時折立ち寄っておかねば、と思うのであった。



[ 2014/01/01 18:05 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。