スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何と、もう4月下旬じゃないか・・・苦笑

いやはや、今年はいつにもまして更新頻度が低い・・・。最近は顔本とFlickrに写真をアップしたらついそれで安心してなかなか文面を起こす気にならなかったのであった、ポリポリ・・・。

3月はインフルでドタキャンした東十条でのライブは4月19日(土)。
DeDeLive.jpg
(写真提供:あきらさん@DeDe)


夕方のGreen Sheep セッションからそのまま東十条に流れて、当初Kimiさんとデュオだった予定もMinty女史を加えたトリオ編成でやってきました。お客さんは少なかったけど満足していただけたようで何より。5月以降も不定期的ながら1~2ヶ月に一度くらいの頻度でやることになりそうです。

この日のセットは・・・

1st Set
(1)Chanter's Song(D minor/A minor)/Da Full Rigged Ship(A minor)/Da New Rigged Ship(A dorian)/Boys Of Malin(A Major)
(2 marches & 1 jig & 2 reels)
(2)Bill Sullivan's(D Major)/The Britches Full Of Stiches(A Major)/Finnish(B minor)/Bill Sullivan's(A Major)
(4 polkas)
(3)Garrett Barry's(D minor)/Cliffs Of Moher(A minor)/Mooncoin(A mixolydian)
(3 jigs)
(4)Planxty Irwin(G Major)/Josephine's Waltz(G Major)
(5)Pigeon On The Gate(E dorian)/Lafferty's(E dorian)/Matt Peoples(A minor)/Torn Jacket(D Major)
(4 reels)

2nd Set
(1)Colerain(A minor)/White Petticaot(E minor)/Out on the ocean(G Major)
(3 jigs)
(2)Cooley's(E dorian)/Cup Of Tea(E dorian)/Wise Maid(D Major)
(3 reels)
(3)Tom Billy's(A mixolydian)/The Castle(A dorian)/The Nightingale(A dorian)
(3 jigs)
(4)Jenny's Welcome To Charlie(D dorian)/Girl That Broke My Heart(G dorian)/Exile Of Erin(D mixolydian)/Farewell To Erin(A minor)
(4 reels)
(5)Da Slockit Light
(6)Kerry Reel/Kerry Fling/Joe Banes

でした。1st Setは打ち合わせ通りの順番で最後に配していたCleraineのセットを2ndの頭に。
2nd Setは途中会話する時間も多かったので順番を入れ替えながらの進行、予定曲を1 Setだけ省いた形となりました。
次回以降は「オラシオン(小説「優駿」の馬名)」になりそうです(笑)



3月から5月まで、大物アーティストが続出。

3月24日はJohn McLaughlin & 4th Dimension @Bluenote Tokyo。
DSC03820.jpg
Elmar3.5cm/3.5 + SONY Alpha7

プロモートが偏り過ぎで、Blunoteはこの後Lee RitenourにPat Martinoが出演。2ヶ月おきくらいなら全部行ってあげられたのにねぇ・・・苦笑。

4月8日はJeff Beck @Tokyo Dome City Hall。
JeffBeck_1.jpg
iPhone 5S


この日はTapestryのマスターと観戦。終了後は余韻を楽しみつつ2軒ハシゴした充実の夜。因みにDeDeのマスターは追加公演に行かれたそうで、演目にはちょいと差があったみたい。Blue Wind~Led Bootsがあったと話すと「えぇ~、俺たちが行った日にはなかったよ・・・」ととても残念そうでした。

John McLaughlinとJeff Beck、いずれも超ベテランだがまだまだ進化を続けているところがすごいですな。偶然の一致だとは思うが、両者ともにMahavishnu Orchestraの「You Know You Know」を演奏していたのが妙に印象に残っている。

5月はKeith Jarrettがあるのも楽しみ。



アイリッシュ界恒例のセンパト月間、私は大人しかったこともあってブログ上では全部スルーしちゃったので主だったところは以下にFlickrのリンクからどうぞ。

センパト・セッション@Warrior Celt

後はその他参加したセッションの模様。
1st Wednesday Session April
3rd Saturday Session

次回の更新はいつになるかわかりませんが・・・苦笑、まぁ長~い目で見てやってくださいまし。


スポンサーサイト
[ 2014/04/27 16:18 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。