スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初めての日光訪問とその後・・・

随分時間が経ってしまいましたが、"初"日光の旅路を楽しんできました。演奏メインだったのであちらこちら歩き回るということはありませんでしたが、土日二日間に渡って秋山さんにとてもお世話になりました。演奏の方はやはり30分だとエンジンがかかった頃に終わる感じで個人的にはもっとやれたのに、という不満点が多かったですがこれは今後の課題ということで・・・ムニャムニャ。

昼も夜も暖かく応援いただきありがとうございました。
BarDeNikko.jpg
写真提供はくじら食堂様


一応我々は昼用セットと夜用セットで計11セットを用意して、結果は昼・夜ともに5セットずつ。夜はくじら食堂さんの方で演奏、何と厨房内がステージという貴重な経験でした。お店のつくりがとてもよくて、音響もバッチリだったように思います。お酒は美味しいものが揃っているし、その酒に相性ピッタリのおつまみもあり、とてもよいお店でした。

夕方には、打ち合わせに伺ったのだが中に入って即、気に入ってしまった。
L1002936.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ.240


当日のセットは下記の通り。

Jenny's Welcome To Charlie/The Girl That Broke My Heart
The Irish Washerwoman/The Atholl Highlanders
Da Slockit Light/Da Full Rigged Ship/Da New Rigged Ship
The Brithces Full Of Stitches/A Finnish/Bill Sullivan's
Leaving Stoer/Frank's/MacArthur Road/Andy Broon's


I Buried My Wife And Danced On Her Grave/Will You Come Home With Me?/The Trip To Athlone/The Pipe On The Hob
Eleanor Plunkett
The Rights Of Man/The Pride Of Petravore/Kitty's Wedding
Willie Coleman's/Cliffs Of Moher/The Mooncoin
The Pigeon On The Gate/Lafferty's/Matt Peoples' #1/The Torn Jacket/The Boys Of Malin

対バンというかお相手はThe Fern Renaissance Ensemble。古楽器をふんだんに使った編成で、私が聴いた経験のある音楽範疇の中ではGryphonのイメージ。
L1002929.jpg
Summilux35mmF1.4 + Leica M Typ.240

昼と夜でメンバーが一部入れ替わるというメンバー層も厚いグループでした。
DSC09003.jpg
Summilux35mm(1968) + SONY Alpha7


11日(土)夜は演奏前に花火大会観戦。さすがに日光あたりだと夜は結構な冷え込み。肌寒い中の花火という少し不思議なシチュエーションを楽しんできました。空気が澄んでいることもあるのか、綺麗な発色だったように思います。

上がる場所が近すぎて90mmでは捉えきれない・・・苦笑
DSC08960.jpg
Summicron90mmF2 + SONY Alpha7

というわけでこちらは15mm。晴天下での撮影はマゼンタ被りがひどいようだが、夜だと気にしないで使える玉である。
DSC08989.jpg
Super-WideHeliar15mmF4.5 + SONY Alpha7

月の上に花火が上がるというなかなか珍しい風景。ちょいと月が赤過ぎか・・・汗。
L1003020.jpg
Summicron50mmF2(1964) + Leica M Typ.240


実はLeicaでもSONYでも花火を撮るのは初めて。どうなることかと思いましたが、想像よりはよい絵にはなったようです。少しは現地の雰囲気が伝わるでしょうか。



因みに次回Diglightは11月23日(日)、東十条は12月21日(日)で決まりました。また時期が近づいたら改めて告知いたします。いずれもLop Nurの四人ヴァージョンの予定。

今月はWarrior Celtの定例セッションは第五水曜もあり。プチ・ハロウィンかな。東北から遥々げんさんが参戦予定。
GenSan.jpg
Summicron50mmF2(1964) + Leica M Typ.240


9月の定禅寺St.ジャズフェス時のセッションでは頻繁に舟をこいでおられたので、上野ではそんなヒマがないくらいに歓迎して差し上げましょうかね(笑)

スポンサーサイト
[ 2014/10/26 17:08 ] Session & Event | TB(-) | CM(0)

御礼・・・

はや10月になってしまいましたが、先月20・21日のライブにお越しくださった皆様、そしてお店の方々、ありがとうございました。10月以降の予定はまだ決まっておりませんが、Diglightの方は11月23日で調整中です。

DEDE 開演前
DSC08571.jpg
Elmarit(R)24mmF2.8 + SONY Alpha7

Diglight演奏中
L1002326.jpg
Elmar3.5cmF3.5(1946) + Leica M Typ.240

Diglightセッション中
DSC08586.jpg
Elmarit(R)24mmF2.8 + SONY Alpha7


なお、21日のDiglightでのライブ&セッションで頂戴しました投げ銭につきましては、次回Diglightで開催する際に主催者側から提供するフード代として使わせていただきます。元を取りたい方(笑)は是非次回もお越しくださいませ。かなり前回よりグレードが上がると思います。
DSC08585.jpg
Elmarit(R)24mmF2.8 + SONY Alpha7


23日はオサムさんの本職「昭和彩景」展をギャラリー銀座で。私にとってはリアルタイムで体験できるよりちょいと前の時代が中心だけど、とても楽しく拝見しました。因みにフライヤーに出ていたオサムさんの写真は私がGreen Sheepで撮ったものでした(笑)。
L1002397.jpg
Elmar3.5cmF3.5(1946) + Leica M Typ.240


たまたまGreen Sheepで久し振りにお会いしたときに撮ったものが採用されたのは個人的には嬉しい限り。そうそう久し振りといえば、このお方も帰国後初めてお会いしました。嬉しくてテンションが上がりまくりのセッションでしたね。

26日(金)、Morrigan's@四谷。
L1002552.jpg
Summicron50mmF2(1964) + Leica M Typ.240


今週11日(土)はなぜか日光の予定・・・。
日光にある「花山椒」というカフェギャラリーで「秋山俊也&小坂朋子二人展」が10月9日から11月4日まで開催される記念になぜかLop NorがKimiさんと私の二人ヴァージョンで登場。もう一組、The Fern Renaisance Ensemble もご出演。時間は14:00〜15:00くらいで、各々30分程度を予定。
夜は「ヨイノクチ」+「Bar de Nikko くじら食堂」で30分程度ずつ演奏予定。当日限定でこの二店舗が往来自由となる「バルノクチ」となりワンコインでフードやドリンクを提供されるとのことです。
夜はともかく、昼間はちょいと荷が重いですが、当日拝見するお二人の作品を見た上で何かしらイメージを持って弾けるといいなぁ・・・。愛蘭音楽普及グッズも鋭意作成中です。


[ 2014/10/06 19:29 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。