スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンズ与太話(その2) ~~Hektor 5cm/f2.5~~

ひねくれ者の私であるから、与太話の第二弾は28mmに続いて50mmのHektorを選んでみた。Hektor名義の玉は28mm、50mm、73mm、135mmとVisoflex用として125mmの大別して5種類がある。(リリース順は50mm/f2.5、73mm/f1.9、135mm/f4.5、28mm/f6.3の順。125mmは戦後のリリースでMax Berekの設計ではない)

Hektor 5cm/f2.5(1931)
Hektor(1931).jpg

この50mmのHektorも以前このブログで軽く紹介したが、詳しくはLeica Wikiがいいだろう。Leicaレンズの原点である50mmのElmarに続いてリリースされた標準レンズであるが、製造本数はElmarと雲泥の差で諸説あるが1万本程度だったらしい。3群3枚構成のトリプレットを基本に各群2枚張り合わせにして3群6枚というユニークな構成は73mmのHektorでも採用されている。(28mmは2-1-2の3群5枚、135mmは1-2-1の3群4枚)
なお、全く翻訳できない言語で書かれているサイトだが、Marco Cavinaによるとこの3群6枚をさらに拡張する構想もあったようだ。前群の2枚を張り合わせず空気レンズを挟み込む4群6枚(50mm/f2)や3群6枚の前にさらに1枚入れる4群7枚(50mm/f1.3)の構成図が掲載されている。

手許に2本あるHektor。この当時使われていたガラスの質感が何ともいえず魅力的だ。
2Hektor.jpg

左が最初に入手した玉。レンズ再研磨で有名なY研究所でオーバーホールされており、外観はちょっとくたびれているが光学系はほぼ問題ない。シリアルナンバーを信じるならば1931年製である。
右は昨年入手したもの。ジャンク品かと見紛うような値段で手許にやって きたのだが、キズと曇りがやや多いものの鏡胴はこちらの方が綺麗だ。シリアルナンバーを信じるならば1933年製である。

以前50mmのElmarで触れたが、Hektorにも鏡胴番号がピントノブの裏に刻印されていて、最初に入手したものが「2」、後で入手したものが「0」となっている。レンズ固定式からレンズ交換式に換装されたElmarには「2」がないとされているのが不思議であったが、Hektorに振られているとは思わなかった。メジャーなElmarに対してHektorの情報は極端に少なく詳しいことはわからないのであった。

この時代としてはかなり頑張った設計ということもあるだろうが、あらゆる状況で安定感があるElmarと比べるとかなりのジャジャ馬である。撮り手の実力と経験が試される玉で、正直なところ使いこなせるレベルに達せられるかいまだに自信がない・・・苦笑。
これは開放近辺での描写。モノクロのJPEGでレタッチはしていない。
L1003795.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240

前ボケが比較的柔らかくて好印象な反面、背景のボケはがさつきちょいと煩い。当然ながらモノクロの描写としては見事な階調表現だと感じる。

こちらはRAWデータをストレート現像したもの。
L1003981.jpg
Hektor5cm/f2.5(1933) + Leica M Typ.240

モノクロ前提のレンズとはいいつつ、若干黄色い印象があるがカラーでの表現も悪くない。狙った被写体の浮き出し方はElmarより柔らかいものの程よいレベルと感じる。白がやや煌めく特徴が見られる。

絞り開放近くで遠景を狙うとかなりボヤっとした像が出やすい。APS-Cで使おうがフルサイズで使おうが、遠景は絞り近景は開くという基本線を守ると解像感のある比較的安定した描写が得られやすいと思う。これはF4くらいまで絞っているのだが何となくボヤっとした感じで出来損ないの記録写真のようでもある・・・苦笑。
L1007243.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240


ボケはとても個性的。73mmのHektorもそうだがこの玉もカエルの卵状の玉ボケが発生する。
DSC09357.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


等倍で切り出してみるとよくわかるのだが、なかなか強烈である・・・笑。背景になった木の部分はほぼレンズの中央部分を使っていることもあって、煩いくらいに玉ボケが出ているが形は整っている。ピント面の葉っぱは太陽光に縁取られたような独特の線を描いている点がこの玉の特筆すべきところかもしれない。
BokehOfHektor.jpg

それに対して中央部から外れていくと玉の形が崩れ始め、左下あたりになると円周上に引き摺られるようなグルグルボケの兆候が観察できる。
BokehOfHektor_2.jpg

SONY Alpha7でありがたいのはLive Viewでこのボケの様子も撮る前に大体判断できるところで、クセ玉の類いはSONYでいろいろ試して経験値を積んでおけばご本家でも作画意図を反映しやすくなると思う。

こういう背景を気にしないで撮れる環境だと安定した描写を得やすいが、絵として面白みを出すだけの能力が私にはないのがつらいところである・・・苦笑。
DSC09340.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


絞れば多少マシになるが白・銀系の色はフレアを伴いながら煌くのも特徴のひとつ。また、色を問わずピントを外れたあたりから急速に像の滲みが顕著になる。73mmのHektorが滲み玉の代表格とされるがこの50mmもかなりの滲み玉で、これもまた柔らかさの所以であろう。
DSC09331.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + SONY Alpha7


煌めくクセを逆手にとって作画に活かすことができれば表現の幅が広がると思うのだがRF機でその域に達するのはなかなか容易なことではない。当面は予期せぬ描写に助けられる状況が続きそうである。
L1008727.jpg
Hektor5cm/f2.5(1931) + Leica M Typ.240


ご本家で古い玉を載せる場合、最近は積極的にモノクロJPEG+RAWの設定を使っているのだがこれがなかなか楽しい。Live Viewが使えるSONYでは実像でボケ加減などレンズのクセを確認し、ご本家ではモノクロで光の加減を確認するというのが今のパターンとして定着しつつあるのであった。

スポンサーサイト
[ 2014/11/26 20:38 ] Camera | TB(0) | CM(2)

Live & Session お知らせ

以前軽く触れましたが予定通りライヴ&セッションを開催しますので一応告知しておきます。

Lop Nur Live & Session
場所:Diglight @高田馬場
11月23日
19:30 Open、20:00~Live、終了後Session
出演:Kimiaki Fujimoto(guitar)、Minty(Flute,Concertia他)、Mitsunori Toda(banjo,accordion,whistles)
投げ銭制(1ドリンク要オーダー)
前回頂戴した投げ銭を原資に主催者側よりおつまみを用意しております。3連休中日ですが、ご都合がつく方は是非ゆるりと遊びにいらしてくださいませ。

なお、野〇村は諸般の事情により欠席でLop Nurは3人ヴァージョンでお送りいたします。

あと、本日という急な話ですがS野さん主催のセッションが藤沢であります。
場所:Bar Cane's @藤沢
藤沢市藤沢991 野口ビル2階
Tel:0466-28-5584
時間:16:00~




[ 2014/11/16 11:50 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

レンズ与太話(その1) ~~Hektor 2.8cm/f6.3~~

無謀ともいえる憧れのご本家の入手からはや1年が過ぎた。可能な限り手許にある玉を載せ換えて撮り続けてきたが、いまだレポートという形で何かを書くという気分にはなっていない。というか、ご本家の本体を持つのはこれが初めてだからとても参考になるようなレビューになるはずがないという思いが実は強いのだった。
ただ、何がしか書いておきたいという気分もあるし、ダラダラとレンズごとに写真を並べてみるのも一興かと思ってとりあえず書いてみることにした。せっかくご本家とSONY、二つのフルサイズ・カメラがあるわけだから多少なりとも比較の参考になれば幸いである。

因みに正確な統計は取れないが、ご本家の撮影では

Summicron50mm/f2(1964)
Summilux50mm/f1.4(1961)
Summilux35mm/f1.4(1968)

この3本が群を抜いて多い。
逆にSONYのAlpha7の方はばらつきが大きく、強いてあげればMacro-Elmarit(R)60mm/f2.8の出番が多い。SONYはR玉活用の母艦機として最適解のひとつで、広角・標準を問わずR玉を載せる機会は多い。

ひねくれているブログ主なので今回採り上げるのはご本家最初の28mm玉であるHektor2.8cm/f6.3である。このレンズの細かい情報はここがいいだろう。入手したときにこのブログでも採り上げているが、ご本家純正のレンズで最も小さい玉である。

Hektor 2.8cm/f6.3
DSC09235.jpg


開放F値が6.3という現代では考えられないくらいに暗いレンズなので基本は昼撮り用。従って休日の予定が埋まっているとなかなか出番がないわけだが、夏頃にはご本家に搭載して頻繁に持ち出した。広角+F値が暗いということで開放からかなりシャープな玉だが、光量があるところならF9〜F12あたりまで絞ると抜群のスナップシューターである。
L1000698_2.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Leica M Typ.240

古い玉の割にはカラーバランスは思ったほど悪くなく、多少時代がかった印象はあるがなかなかパリっとした絵が出る。

当然ながらモノクロだと特によい印象。レンズ・本体ともにしっかりしているからか、暗部は粘り強くなかなかつぶれない。これはデジカメそのものの特性かもしれないが、ハイライトは飛びやすいのでアンダー気味で撮っておけば露出面の失敗は高確率で救うことができそうである。
L1001418.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Leica M Typ.240


モロに逆光だと火線が飛ぶなど計算外の事態も起きるが、齢80になろうかという玉を扱うときは万事緩い気分で行くべし。
DSC01523.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + SONY Alpha7


広角では周辺が落ちやすく場合によってはマゼンタ被りがひどくなるというSONYでも相性は悪くない。
DSC01434.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + SONY Alpha7


但し、この玉は気をつけないといけないことがある。上の写真もちょっと観ればわかるだろうが、玉が小さすぎる故に油断すると指が写り込んでしまうのである・・・苦笑。似たような大きさである35mmのElmarでは経験したことがないので、そこは28mmか35mmかの画角の差なのであろう。

因みに今年の定禅寺St.ジャズフェスでは久しぶりにR-D1xにこの玉を載せて撮ってみた。焦点距離が約1.5倍になり崩れやすい周辺をトリミングしているわけだから、標準レンズに近いかなり使いやすい玉となる(笑)。
EPSN3895.jpg
Hektor2.8cm/f6.3 + Epson R-D1x


画素数などのスペックが恐ろしく古いR-D1xであるが、作画は実にいい。ご本家やSONYよりレンズの古臭さをうまく表現してくれている気がしてこれこれでやはり捨て難い魅力があるのであった。


[ 2014/11/09 19:25 ] Camera | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。