スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新・魔窟伝説

いやはや、放置するにもほどがあるというくらい間隔があいてしまった・・・。もはやアクセスされる方もわずかだろうと思うが、顔本よりこちらの方がやりやすいこともまだありそうなのでまだ続けます。公私ともドタバタしていたのは事実なのだが、掲載写真を選びながら文章を考えている内に寝落ちするというパターンを繰り返してここまで来てしまったというのが本当のところである。顔本では触れていないことも含めて近況を以下に記してみる。

忙しくなると真っ先に影響が出るのはセッションへの出席率で、年明けから7週連続セッションへ顔出しだったのに、一度途絶えると不規則な参加となりホームにしているWarriorのセッションさえ顔を出せないことがあり、5月3週目のセッシ ョン以降一度もセッションに出れず1ヶ月ぶりの6月3週目にようやく顔を出せたという状態。

セッションへ顔を出さなくなると次に影響が出るのは写真で、毎日持ち歩いているものの撮影枚数はガタ減りだし、レンズをあれこれ試す機会も激減する。さらに怠け者を自認している私なのでセッションへの参加機会が減るとただでさえ足りていない練習に身が入らず、たまに真面目に練習すると身体が疲れきってしまうという、悪循環そのもので、3月頃から左肩が悲鳴を上げ始めてフィドルの練習量がガタ減りしてしまった。

フィドルがつらいならと久し振りにマンドリンと戯れながら、埋もれている音源を掘り起こしていたらMarla Fibishの『Morning Star』が気に入り、マンドリンの方が比較的好循環の波に乗り始めたのが救いであった。

行きつけの整体で色々対策を施してもらっているのだが左肩はなかなかよくならず、3月のGreen Sheepへのセッションで久し振りにマンドリンで参加。
11079617_977592495592239_2171833379530562579_n.jpg
写真提供:COCOさん


周囲の反応からも音量のハンデはどうにかなると判断できたので左肩の状態が落ち着くまでは、とそれ以降全てマンドリンでセッション参加ということになっている。幸い左肩の痛みはかなりよくなってきたのでリハビリは必要だが、セッションにはその日の気分でフィドルかマンドリンということになりそうである。(スペース的にゆとりがあるところは別だが、基本的にセッションには1台の楽器でというのが私の今の方針である)

と以上ならただ単なる現状報告であるが、当然ながらこのブログで重い腰を上げるからにはこれで終わりではない・・・笑。

さすがにGibsonクンも齢60になろうとする楽器、履歴はわからないもののフレットも細めのオリジナルっぽいし、よく使う低音側はそれなりに減っているので、久し振りに例の「魔窟」に相談してみることにした。GW初日のことである。
(なお、「魔窟」は今年須磨寺駅近くに移転されており、訪問される場合は事前に連絡された方がよい)

新店舗へ伺うと先客がマンドリン選定をしておられ、店主様から私向けに面白いネタと差し向けられたのがこれ・・・爆。
11052013_929072147153106_3647609225599361222_n.jpg
ご本家とピッコロ・マンドリン


左のGibsonは私のもの、右のピッコロ・マンドリンは通常のマンドリンの弦長を2フレット分短くしてそれにあわせてボディから何から全てリサイズしており見事な縮尺で美しいバランスを保っている。顔本では「マンドラとマンドリン?」みたいな質問もあったが、どちらもマンドリンである。

以前当ブログでフィドルとマンドリンを収納できるダブルケースとしてフィドル+ヴィオラのケースを代用したという記事をあげたことがあるが、サイズ的には通常のフラット・マンドリンはヴィオラの部分に納まり、ピッコロ・マンドリンはフィドルとほぼ同サイズである。
(注)ピッコロ・マンドリンの定義は難しいところで、ネットで調べると「クァルティーノ」という4度高い調弦の ものもピッコロ・マンドリンと呼ぶらしい。今回のピッコロ・マンドリンは通常の調弦の1音(2度)上をもともと想定して製作されたそうだが、通常チューニングでもじゅうぶんパワーがあるという想定以上の結果が得られたのであった。実験的な取組で当初は非売品という考えだったらしいが、あまりに出来栄えがよいので販売することにされたのだとか。(既にモールドもあるので注文すれば製作していただけるハズである)

Gibsonクンは相談の結果、フレット打ち直しと併せて弾き易さの追求を狙った調整を施すことに決定した。工期的にGW期間中の仕上がりはムリということでピッコロ・マンドリンを代車として持ち帰ることになったのである。「そのままお買い求めいただいても」という魔の言葉を聞いた ような気がしたが、持ち帰ってあれこれ弾いてみると、「ダメだ、こりゃ手放せない」と見事にワナにハマッた自分に気づいたのであった・・・苦笑。

何せ、弾きやすいのだ。私の手は掌も指もかなり小さくて(手の大きさが話題になるとあわせてみたりするが私より小さい手の大人はほとんど見たことがない)、通常のサイズだとブルーグラスなどで使われるChopコードでも苦労したりする。昨年7月上梓の新しい楽器だから弾きこむ内に音の鳴りもどんどんよくなってくる。
L1006068.jpg
Summicron50/2(1964) + Leica M Typ.240


高音域のフレットでも私の指なら慣れさえすれば対処できそうだ。弦のテンションが緩い分、ピッキングも圧を加えやすく不必要なアタック音が軽減されるように感じる。

セッションにも連れ出したが、蛇腹に取り囲まれるとか場所が広く て奏者の端から端までの距離が遠すぎるといった特殊な状況でない限りじゅうぶん使える。試し弾きした仲間の評判も上々であった。当初1ケ月の試用期間の予定が2ヶ月に延びてしまったが、先日神戸に行く時間がようやくできたのでご本家Gibsonクンの引き取りとともにピッコロ・マンドリンの決済もすませてきた。

弦は当初ライトゲージが張ってあったがA線のチューニングが甘くなりやすく、ミディアムゲージを試してみたがG線・D線が弾き難いので、結局ライトゲージに戻してプレイン弦は今までより多めに巻くことで対処している。A線だけは.015あたりがちょうどフィットしそうだが弦のバラ買いは高くつくのでこれは今後の課題。

2ヶ月の試用で使い勝手の確認はもちろん、2台のマンドリンの使い分 け・棲み分けも大体イメージができている。そのあたりについてはまた時間ができたときに当ブログで触れてみたいと思う。

スポンサーサイト
[ 2015/07/05 22:45 ] Mandolin | TB(0) | CM(4)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。