スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

馬券の買い方、研究の仕方について

昨年は当ブログで競馬ネタを書くことがなかった。顔本ではそれなりに書いたのだが、たまたま興味深い話を見かけたので新年のご挨拶風でちょっと触れてみよう。

元ネタはここ

キャリアやスタイルなど様々な方を対象に書いていると思われるので、批判・評価というよりはこの文章に照らして私なりの考えを書いてみようと思う。誤解を招くといけないので最初に書いておくが、私の馬券スタイルは一攫千金ではなく、年間通じて収支をプラスにすることが主題である。

まず最初のテーマとなっている「馬券の組み立ては馬連から」であるが、単勝・複勝・枠連しか選択肢がなかった頃から競馬と付き合った私としては仰る通りというのが第一印象で、3連単からいきなり予想に入るのは馬柱を見てある程度狙いが定まるようなレースだけだと思う。
ただ、私なら馬連だけでなく単勝とワイドを加えたい
単勝は言うまでもなく馬券の基本であるし、2頭当てないと当たり馬券にならない連複よりもっとシンプルであることに加えて少点数でWin5を楽しむ道も拓ける。
ワイドについては狙いを定めた馬の中で人気薄が来た時に思わぬ高配当が期待できることと選び方によっては3通り全て当たる可能性があること、加えて案外配当が高いことが理由である。リンクした文章でも3連複と3連単の収支の考え方が記してあるがワイドも同じ。例えば3頭ボックスで馬連を買う場合は買い目は3点で当たりは一つしかないが、3頭の内の2頭が3着以内は堅いと見るなら配当次第(目安は馬連の配当の1/3以上)でワイド一点勝負という手が存在する。
統計を取ったワケではないが、印象としては上位人気以外が絡んだ場合や人気が割れているときのワイドの配当は存外高いし、馬連を外したときの保険にもなる。全部持って行かれる場合と少しでも配当が返ってくる場合の落差は思ったより大きいことに留意すべきだ。
複勝も同様だが配当が低すぎるのでどちらかといえば一点勝負でドンと行ける資金力がある玄人向けだと私は思う。

次の項にある「馬連で回収が取れるならわざわざ3連単にする必要はない」は至言。狙いが絞れるなら3連複や3連単など外れるリスクが増える馬券ではなく馬連に資金を集中した方が結果はよい。例外はもちろんある。3強が図抜けて強くそのまま決まる場合は3連複が最も狙いやすい馬券になるが配当は馬連より低いケースが多くワイドも申し訳程度の配当に収まるので、保険を3連複にして馬連はどれか一点で、3連単は点数を絞って勝負というのが正解だと思う。

「どんな時に3連単を?」の項については個人の価値観が相当左右する部分だと思う。
「ワイド1点で狙えるが安すぎる場合に3連単の2頭軸で相手を選んでマルチにするという選択」を私はしない。マルチは思ったより点数が増えてしまう。先々のための訓練も考えるならフォーメーションを勧めたい。馬には色んなタイプがいて、例えば過去の成績を眺めたときに、1着か着外とか勝率は低いけど複勝率は高いなど、傾向値は掴めるので、自分なりに1〜3着にどう配置するか考えることが大事だと私は思う。その経験を活かせば3連単も比較的少ない買い目で当てられる可能性が高まっていく。

リンク先の文章に照らして書くのは以上だが、私が考えるそもそも論が抜けているので最後に記しておく。長く競馬と付き合った経験からなので絶対正しいという話ではないが参考にはなると思う。

・買うレースを絞ること
競馬場へ遊びに行ったときは楽しみたいから全レース買ったりするが、これはオススメできない。勝負するレースを決めてそこに資金も気持ちも集中した方がよい。
私は基本的に重賞しか買わない。理由は簡単で得られる情報量が圧倒的に多いからである。専門誌でも平場のレースは極端に情報が少ない。そうしたレースは見することが賢明で、このレースならというものがあれば、後のための資金作りと割り切って深追いしないことが大事である。

・荒れそうか堅そうかを見極める
オッズは実際の馬券購入者の購入量で決まるのだが、そのオッズの行方は専門誌をはじめとする予想紙がかなり握っている。従って予想に当たっては、人気馬から順番に「どういう理由で人気になるか」を自分なりの判断で考える訓練をオススメしたい。人気馬に逆らえないと思えば点数を絞り、逆らう理由があれば手を広げるという臨機応変な使い分けの訓練を試してほしい。

・こないと思う馬は最初に除外しておく
上記と矛盾している話ではない。特に重賞クラスになれば論外という馬はそれなりにいるので最初からペケにして馬柱をスッキリさせた方が考えがまとまりやすい。

・見つけた穴馬がきたときには取りもらさない工夫を
ワイドのところで触れたが、自身で穴馬を見つけたときは最低でもワイドを拾う工夫を考えるとよい。これも統計を拾ったワケではないが、得てして3着にその手の馬が来ることが多い。そうなると当たりはワイドか3連複・3連単にしかない。ワイドの重要性はこんなところにもある。

・当たりはひとつしかない
複勝・ワイドを除いて、当たり馬券は一通りしかない。その一通りを目指して何点買うかが問題である。例えば5頭ボックスにしたときの買い目は
馬連:10通り
3連複:10通り
3連単:60通り(5×4×3)
となる。でも各々の券種で当たりは一通りしかない。確率で考えたときに3連単は非常に厳しい分だけ配当がそれなりに来てくれないと意味がない。

ただし、ここで一工夫する余地はある。5頭ボックスから1頭減らして4頭ボックスに切り替えると姿が結構変わるのだ。
馬連:6通り
3連複:4通り
3連単:24通り(4×3×2)
特筆すべきは3連複である。5頭ボックスから1頭減らすだけで買い目が6通りも減るのだ。1頭流し、2頭流しに抵抗がある方は買う馬を1頭減らす工夫を試みるだけでもかなり成果が出る可能性がある。

・レース回顧を怠らない
当たったレースは印象に残るから回顧はあまりいらない。むしろ外したレースについてはよく考え直すことが大事。特に荒れたときは屁理屈でもいいから穴をあけた馬が来た理由を自分なりに考えてみることが大事で、自己のデータベースに蓄積することで将来の大きな配当を手にするチャンスも芽生える。

・回収率向上を目指すなら負けを減らすこと
所謂サラリーマン博打であるが、長く楽しむならいかに負けを減らすかが重要である。馬連・3連複・3連単を外しても単勝やワイドでいくらかでも回収するとか、買い目をいかにして減らすかなど工夫の余地はかなりある。

まだ書きたいこと、書くべきことはあるが、ざっとした印象を記してみた。何らかの参考になれば幸いである。


スポンサーサイト
[ 2016/01/08 00:51 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

あけおめ、ことよろ 2016年


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年はめぼしい被写体が見つからず・・・苦笑。
DSC04453.jpg
Elmar65mm/3.5 + SONY Alpha


昨年来、仕上げねばと思いながら放ったらかしになっていた譜面をやっと終えました。おかしい箇所がまだありそうですが、概ね大丈夫か、と。
ケルト系の曲ではないし(でもFrankie Gavinはやってるけど・・・)、弦楽器もそうだが笛系にキビしそうですが気が向いたらどうぞ。

X:1
T:Famus Choro Tune
M:4/4
L:1/8
K:Am
z4 zE^DE|FE- EA zE^DE|FE- E^G zE^DE|FEdB ^GED^C|C4 zA^G=G|
FA- Ad- dc AF|EA- Ac- cc B_B|BB,^D^F AcBA|B4 zE^DE
FE- EA zE^DE|FE- E^G zE^DE|FEdB ^GED^C|C4 zA^G=G|
FA- Ad- dc AF|EA- Ac- cc B_B|BE^GB edcB|A4 zABA|
GG,A,B, CDEF|A3 F zABA|GG,A,B, CDEF|A3 G zccc|
cBBB BAAA|AFFF zBBB|BGGB AFFA|G4 zABA|
GG,A,B, CDEF|A3 F zABA|GG,A,B, CDEF|A3 G zcB_B|
A^GAB dcBc|eGce g^f=fe|dcBA GFED|C4 zA^ce|
%
K:A
aAca gAcg|fAcf e3 =f|fAcf e^de=f|fd zd zBdd|
aBda gBdg|fBdf e3 =f|fBdf e^de=f|fc zc zAce|
aAca gAcg|fAcf e3 =f|f=f^f=g fedc|B3 B zdzc|
B_B=Bc dcd^d|e^de=f ^fe=dc|BAGF EDCB, A,

年明け早々から物騒な譜面ですが・・・苦笑、今年は慌てず騒がず取り組んでみたいですね、この曲。
DSC04455.jpg


というわけで本年もよろしくお願いいたします。

[ 2016/01/01 17:10 ] My Favourite Things | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。