fc2ブログ






退院から現在に至るまで

昨年7月30日に入院・手術、8月1日午前に退院。スピーディーだが、当然ながら退院して即これまでの生活に戻れるわけではない。私の場合、この年は勤め先の30年勤続表彰で7日間の特別休暇があったので、これを最大限に利用しました。職場復帰は8月6日から。その二日後には出張もしました。

退院後の食事は五分粥を主として、日によっては湯豆腐・冷奴とかやわらかいものを中心に。お粥は毎回同じだと飽きるので卵粥をベースに具を白身魚やら葉っぱ系の野菜をグタグタに煮込んだりしていました。単独の魚料理なら煮魚がよいですね。
一度に口に含む量を間違えやすいので個人的には麺類はしばらく避けた方がよいと思います。一度スパゲティで悶絶しました・・・苦笑。
食欲がないときや胃が苦しく感じるときはウィダーインゼリーやフルーツジュースなども役に立ちますよ。何も口にしないのが一番よくないことなのではないかと思います。

身体を動かすことについては復帰前日くらいから、ほぼ違和感なく動ける感じでした。個人差はあるでしょうが、術後4~5日で完全復帰するくらいに考えておくとよいのではないでしょうか。無理のない範囲で少しずつ動く量を増やしていくしかないですね。頓服の痛み止めは退院後二日目くらいまでは使っていました。

退院後最初の診察は8月26日。退院後の様子や症状の改善度合いなどが中心の主治医による診察と傷跡のチェック。胸やけなどの典型的な逆流性食道炎の症状も、それに類すると思われる症状も手術後から解消されていることをお話しした。まだこの時期はつっかえ感が多少残っていたが、主治医は「段々慣れてくるでしょう。傷跡は次の診察(3ヶ月後)には虫刺され跡程度になっていると思いますよ」ということで、まずは及第点というところでした。

3ヶ月後の受診時には腹部の単純レントゲンと血液検査も。さすがに見事なくらいの健康体を示していて主治医から「これを機会に生活習慣も見直されたらよいのではないですか」と笑顔で言われました(笑)。つっかえ感はほぼ違和感がないレベルでしたが、時折ガスが溜まっているのになかなか出せず苦しい時があることを伝えましたが、「う~ん、写真的にはガスはそんなに溜まっていない感じなんですけどね。どうにも我慢できないようだったらまた言ってくださいね」という感じ。
一応手術後の診察はこれでひと区切り、手術後一年くらいの頃にチェックで胃カメラを受けるように指示されました。



そして今年(2020年)7月31日、その胃カメラの日でした。コロナ対策でかなり物々しい雰囲気の中で受けてきました。
前にも触れましたがこの病院の胃カメラは鎮静剤のレベルが低いのに本当に楽です。今回は最初にのどを通るときに軽くオエっとなっただけで、終わるまで胃カメラのチューブを眺めたまま終えることができました。

結果は当然ながら食道裂孔ヘルニアは完全に修復され、食道炎も跡形がないきれいな状態になっていました。胸やけなどの症状から解放されて、実際に炎症もなくなったということで手術は奏功したということになります。手術後に感じる後遺症があるので100点というわけにはいきませんが、私にとっては手術前の不快感に比べれば遥かによい状態なので受けてよかったと考えています。

<手術で改善された点>
・胸やけなど逆流性食道炎に特有の症状
・虫歯(昨年1月に何十年か振りで虫歯治療しましたが、術後に受けた二度の定期健診では見つかっていません)
・寝起き時の激しい咳き込み

<手術であまり改善されなかった点>
・食後の膨満感

<手術で新たに悩まされていると思われる点>
・鳩尾あたりに塊があるような感じがたまに出ること
・ゲップの減少に伴う屁の増加
・胃腸の動きが悪いときに起こるお腹の張り
(ゲップが出ない分、ガスが腸に溜まりやすいのではないかと考えています。因みにここ最近は
スカッとゲップが出ることもあります。馴染んできたのかもしれませんね)

私の場合、もともとお腹が緩い方っだったので屁が増えるのは案外困りものですね。食後数時間はトイレを確保できるかが不安になるのです。自宅にいるときは問題ありませんが、外出先だとままならない可能性がありますからね。

とりあえず、これでこのシリーズは終了にします。変化があればまた書くことがあるかもしれません。


スポンサーサイト