FC2ブログ






新ネタへの挑戦

昨日はフィドルのレッスン。来週は土日とも既に予定が入っており変則で2週連続となった。このパターンの場合、どうしても練習不足のままレッスンに臨まざるを得ないのが厳しいところ。

入室すると師匠がいきなりホーンパイプを弾き始める。弾いた後「この曲、何でしたっけ?」。弟子の私もそうだが、師匠も曲名をよくお忘れになる。師匠が弾いておられたのは「Harvest Home」。まるで「ゆっくりセッション @ Irish Times 新橋」で私が手も足も出ず指をくわえて見ていた光景(過去記事はこちら)を見透かされているかのごとき展開だ...。
実は今日のレッスンに臨むにあたって、計画では次回ゆっくりセッション対策で「Balydesmond Polka #1」、「Balydesmond Polka #2」、「Harvest Home」が強化訓練曲だったのだが、さすがに土曜日の数時間程度でさらえるわけもなく、どうにかBallydesmond Polka だけは覚えていったというのが実情。
いきなり Harvest Home では厳しいのでまずはBallydesmond Polka を見ていただく。久々にポルカの新ネタだがまずまずの出来かな。師匠もノリノリで合わせてくださって実に心地よかった。
指先も馴染んだところで「Harvest Home」をトライ。ボウイングは複雑だし、3連符もふんだんに入っていてこれは難しい。悪戦苦闘する私を師匠は大受けしながら横で見ている。次回までに必ずリベンジしますぞ!
後はこれまでやった曲の復習。
Banish Misfortune / Cliffs Of Moher(Jigs)、Boys Of Bluehill / Cronin' Hornpipe (hornpipes)、King Of The Fairies(hornpipe)、Liverpool Hornpipe(hornpipe)、Banshee(reel)、Flogging Reel(reel)
番外編
師匠独演によるPartita #2 Gigaのさわりを(笑)
スポンサーサイト



[ 2006/05/21 14:37 ] Fiddle | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/120-fab2397f