FC2ブログ






天皇賞の狙い

一応現時点でほぼ狙いが定まったので迷わぬ前にアップします。
◎ハーツクライ
○ゼンノロブロイ
▲スイープトウショウ
△サンライズペガサス
★アサクサデンエン

因みにこの予想には大きな不安がある。それは◎が私の考えるタブーを昨年犯していることである。そのタブーとは...、
「3歳時に菊花賞・ジャパンカップ・有馬記念を連戦した馬は大成しない」である。ジンクスに過ぎないが、いやというほど当てはまる馬がいる。古くはホワイトストーン、昨年のデルタブルースは今年未出走・コスモバルクも見事に精彩を欠いている。シルクジャスティスは有馬記念を制したもののその後はつぶれてしまった。これを克服できたのはシンボリルドルフだけ。
しかもハーツクライは昨年のまるでローラーで固めたかのような不自然な高速馬場であったダービーで2着と激走している。潰れても不思議ではない。あえてそれでも◎なのは、
①騎手がルメール
②宝塚記念で2着で着ているのだからジンクスの例外あり
③ディープインパクトが出てくる前に勝たないと二度とチャンスがない
といういい加減な理由でしかない。
ロブロイは確かに強い。しかし、基本的には弱い世代の代表格に過ぎない。(ハーツの世代の方が弱いという可能性は十分あるが...)それは今年の宝塚記念が表しているように思う。あろうことか、牝馬に負けたわけであるから、昨秋の古馬3冠が低レベルであったと見ることも可能である。ロブロイの決め手はなかなかであるが、上がり勝負には不向きな馬であると今でも思っている。前にタップがいる以上、まったく無視はできない。連覇を狙ってエアグルーヴの狙い撃ちにあったバブルガムフェローの例もある。3着を外すことは考えにくいので馬券としては3連複で抑える(保険みたいなもの)として、3連単・馬単等ならハーツクライ頭で狙うのも面白いと思っての印である。
スポンサーサイト



[ 2005/10/29 00:15 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/13-18dc59f7