FC2ブログ






難行苦行のバッハ

これがここ1週間ほど苦闘してきているBach Partita #2 Giga のBパートである。よくぞここまで音を詰め込んでくれたものだ。全体で82小節、しかも2パートに分かれていておのおの2回ずつ繰り返しだから覚えるのは41小節なんだが、この音数ではそう簡単なことではない。




Giga_B_2.jpg


Giga_B_3.jpg


Giga_B_4.jpg


結果は一応たどたどしくたくさん間違えながらも弾くことができるようになったのだが、大きな難関が数箇所あって、どんなにゆっくり弾けどもノーミスで最後まで辿り着くことはまだ不可能だ。

特に私にとって難所になっているのは45小節目の2拍目、C音(E線8フレット)に飛ぶところと56小節目の1拍目から3拍目の音の塊。フラマンは弦の張力が強い上にローポジションで指のストレッチを要求されるから押さえているつもりでも音がかすったり、握力がすごく消耗されたりでなかなか厳しい。

finger.jpgこの土日でかなり練習はしたのだが、弾けるようになるより体力と左指の頭が消耗してしまう方が先で何度も言うようだが前途多難である...。写真は「これ以上弾けまへんわ~」の図である。

スポンサーサイト



[ 2006/06/11 23:24 ] Mandolin | TB(0) | CM(4)

ご苦労サンです。
指は大切に!

今週末は、『新宿マンドリン研究会』です。
お待ちしていま~す。
[ 2006/06/12 11:09 ] [ 編集 ]

指先がため

強靭な指先を作らないと練習量さえじゅうぶん確保できないですね...。
一応限界は心得ているつもりなので、万全な指先で研究会に臨みたいと思います。
お手柔らかにお願いしま~す。
[ 2006/06/12 12:39 ] [ 編集 ]

痛そう~~

写真がドアップで痛々しさ倍増です。
マンドリンをよく知らないで勝手にイメージしていたのと実際では、全く違いました。
ハードな楽器ですよね。
指、お大事に。
[ 2006/06/14 21:02 ] [ 編集 ]

一応焦点ボケ気味でオブラートに包んだんですが...^^;
大袈裟に書きましたが、日常生活には何ら問題ないです。翌日には楽器も触れます。多分体質にもよるんでしょうけど私は写真のようにタコ化するようです。このタコが指先にある間は大丈夫。何かの拍子にタコが取れてしまうとやり直しになります。
人差し指のように他の指ももう少し親指側にタコができた方が指使いは理想的かも。
そんなに恐い楽器ではない、ということを強調しておきますね~^^;
[ 2006/06/14 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/137-b7da8599