FC2ブログ






魔窟の罠

11日より休暇を取り、実家のある関西地区へ移動。今回の帰省は一応名目上は盆の墓参りが第一義となっているが、これはまぁ職場の連中も納得するからという飾り的なものに過ぎないことはいうまでもない。

休暇予定を正式決定したのが少し遅かったが、それなりにいろんな方々と調整がついたのでなかなか楽しみなイベントが目白押しである。

その第一が帰省初日、11日だ。
昼過ぎ、新神戸に降り立つとまずは三宮まで市営地下鉄で移動し、昼食なぞをすませ王子公園へ乗り継ぐ。そう、過去にも紹介したが(過去記事はこちら)、アコースティック・ハーモニーを表敬訪問だ。

関西は猛暑でしかも店までは心臓破りの坂が続く。しかも今回はフィドル&マンドリンのツイン・ケースを担いでいるから重労働度はピークに達している。さすがに重いからといって捨てていくわけにも行かないし(爆)、ヘロヘロになりつつどうにか店に着いた。

店主のK野さんは私の姿を見るなり「アイスコーヒーでえぇかな?」と言うくらい滝のような汗を流していたが、水とアイスコーヒーをいただいてようやく落ち着いてきた。

落ち着くと早速商談である(笑)。
実は前日に電話で「何かよさそうな弓はないですか」と相談してあったのである。そのときにはK野さんから「カーボンやけどえぇのがあるで」という話だったので、この際気に入れば買ってしまえと思ったのである。
で、目の前に出てきたのは某国内大手楽器メーカーの1○万円のカーボン弓。持った感じはこれまで使ってきた弓とあまり違いを感じないが、弾いてみると確かに弾きやすい。これで○万円なら安いものである。やっぱり拾い物があるなぁと思っていると、「同等のフェルナンブコ弓も試してみた方が」とデルフラー #23 が出てきた。この展開が実は一番危ない。これは持った瞬間に「これは楽に弾けそう」とじゅうぶんに予感できるモノだった。弾いてみたらその予感はズバリで弾きやすいことこの上ない感じ。私の気持ちの揺らぎを察知したK野さんはすかさず「これね、実は○掛けでええねん」と畳み掛けてくる。これまで何度となくこの戦略にハマってきたのだが(苦笑)、またしても魔窟の罠にハマってしまいそうだ。
こちらの疑問点にもK野さんは的確に答えてくださる。「カーボンがえぇのは、耐久性やねん。ブルーグラスは野外フェスが結構あるやろ?確かにこのカーボンも高い弓やけど、結構きつい環境には強いから安心して使える。でもこっちのフェルナンブコはやっぱり勇気がいるんやね。室内で弾くには絶対こっちがえぇけど」などと、こちらの消費心をくすぐるところはさすが商売人である。たまにセッションで弾くものの、私が屋外で弾かないことくらいは彼の知識に入ってしまっているのだ(苦笑)。

検討中に他のお客さんも何人か来られ、お茶を濁しつつ真剣に考えた。どちらもお得価格であるが、値差が片手くらいあるのはまぎれもない事実なのである。耐久性・手軽さを優先して安い(元値は高い)カーボン弓か、アイリッシュのセッションであまり屋外の過酷な環境では使わないことにして、自己満足のよい音を目指すか...。

やっぱりきれいな音を目指すべきであろうと数時間後に結論が出た。カネをかけるならよい音が出る方にと思った。試奏してすぐにK野さんから「間違いなく、フェルナンブコの方が楽器にも合ってるね。えぇ音が出てるし、あんたの弾き方もこの弓は合うね」と誉め殺しにあっては、さすがに抵抗できないのである(苦笑)。

というわけで仕入れたのはこれである。
かなりお得な値段で購入できたが、どうもこの世界の価格の理屈はいまだに理解できない難しさがあるねぇ。

dorfler.jpg

dorfler_3.jpg

dorfler_4.jpg

スポンサーサイト



[ 2006/08/14 15:47 ] Fiddle | TB(0) | CM(8)

お邪魔します

名前覚えてないけど、そちらの方でセッション出来るとこありましたね。
またいかれるんですか?

音楽旅日記ですか。
[ 2006/08/14 22:14 ] [ 編集 ]

>ネネさん

詳しくは私もわかりませんが、関西の方が開けっ広げにやっておられるように思います。GW のときは京都のウッドノートにお邪魔しました。
今回の練習ネタは明日以降レポートしますね。16日は自由が丘に行きましょう。楽器を持っていくかどうかはまだ未定ですけど、多分持っていかない方がいいでしょうね^^;
[ 2006/08/14 22:39 ] [ 編集 ]

こっちでも、物欲刺激が・・(笑)

人の背中を押しているかと思ったら、自分自身も押していたんですね~(爆)

デフレ解消のため、国内消費を高める良い心がけですね♪

弓の良し悪しは、私にはまだ全然分かりません。そのうち、安売りの弓を大量に揃えていそうな店で引き比べてみなくっちゃ・・
(私は高い弓には、手を出すことはないので 笑)
[ 2006/08/14 22:53 ] [ 編集 ]

フェルナンブコ絶対正解!
フィドルはよくわかりませんが、モハーさんの喜びがよく伝わってきましたよ。
関西での買い物は楽しそうだね。
[ 2006/08/14 23:25 ] [ 編集 ]

お邪魔します

自由が丘はアコ2台にパ-カツションだそうです。
はじめさんの仕切りだから、OKじゃないかな。(無責任な言い方です。)

行ってます。
[ 2006/08/15 06:06 ] [ 編集 ]

久々に

>い~ぐるさん

暫くこのブログも物欲刺激から遠ざかっていたので、今回はちょっと派手に花火を打ち上げてみました(笑)

実は、昨年暮れあたりから弓の更新を真剣に考えていたので、所謂衝動買いとは趣が異なりますよ~^^;

店主とも話しましたけど、マンドリンやギターのように身体の幅の中で右手を扱う楽器と違い、遠隔操作みたいな距離があるヴァイオリンでは弓の操作性は重要なポイントだね、と話が一致したのでした。

買う、買わないは別として試してみる価値はじゅうぶんあると思いますよ♪
[ 2006/08/15 11:36 ] [ 編集 ]

商売人気質

>ガホーさん

関西の商売人はやっぱり勧めるのが上手だと思いますね。独特の押しの強さがたまりません。特に傍から他人の買い物を見ているときが楽しいですよ♪
[ 2006/08/15 11:42 ] [ 編集 ]

マルディグラ

>ネネさん

16日は時間的に微妙なのでひょっとすると直行になるかもしれません。
そのときは楽器も持参ですね。
[ 2006/08/15 11:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/167-0caa05d1