FC2ブログ






Classic Dawg

過去記事で正式発売してほしいことを書いたことがあるが(こちらを参照ください)、全盛期といってもよい時期のDavid Grisman の映像がようやく正式発売された。その名も『Classic Dawg』/David Grisman Quartetだ。1983年のMontreal Jazz Festival でのライブ映像である。
メンバーは...。

泣く子も黙るDavid Grisman。如何にもジューイッシュ系と言わんばかりの髭の生やし方ですな(笑)。今の姿と比べると随分スマートだ。独特のギロギロとした目使いが危なさも感じさせます(爆)

Darol.jpgこのライブで特に活躍が目立つDarol Anger。Grisman のバンドではこの方のFiddle が一番マッチすると思うだが如何だろうか。

Mike.jpgそしてMike Marshall。Mark O'Connor がギターで頑張っているQuintet では専らマンドリンだが、この映像はQuartetなのでメインはギター。2曲でマンドセロを弾いているマルチプレイヤーだ。

Rob.jpgグループの屋台骨、Rob Wasserman。野太い音でしっかりとバンドのベースを押さえている。


演目は以下の通りとなっている。
1)Ceder Hill(Mondo Mando)
2)Dawg Funk(Mondo Mando)
3)Minor Swing(Hot Dawg , David Grisman Quintet)
4)Janice(Hot Dawg)
5)Opus 38(Rounder Album)
6)Solo Base
7)Gator's Dream(Gator Strut / Mike Marshall)
8)Dawg Grass(Dawg Jazz Dawg Grass)
9)Blue Midnight(Hot Dawg , David Grisman Quintet)
10)Dawgology(Hot Dawg)
11)Gypsy Medley(Live / Stephane Grappeli & David Grisman Quintet)
12)Dawg Jazz(Dawg Grass Dawg Jazz)

()内は各々の曲が聴ける作品の名称である。過去にこのブログで『Mondo Mando』を採り上げたときに(過去記事はこちら)書いたことだが、現在簡単にCDで入手できるのは『Rounder Album』、『Hot Dawg』、『David Grisman Quintet』、『Live』、『Gator Strut』で、DGQ の全盛期といってもよい『Mondo Mando』、『Dawg Jazz Dawg Grass』に関しては現在入手するにはレコード、というのが悲しい現実だ。(さらにこの2枚を上回るデキともいえる『Quintet '80』もCD化されていない)
ワーナーブラザーズという大きなレコード会社から出た不幸というほかないが、あまりにも情けないことである。是非ともCDで復刻をお願いしたところだね。

内容はもちろん言うことなし。確かな技術に裏付けされた心地よい弦楽器音楽が奏でられている。曲は名曲揃いだし客の盛り上がりもいうことがない。映像もかなりきっちりミュージシャンを捉えており観ていてストレスを感じることもない。誇張するわけでもなんでもなく、素直に「よいものを見せてくれてありがとう」というライブ映像だ。David Grisman は噂では音源マニアということなのだが、実は正式映像が実に少ない。私が知っている範囲で市販されているものは『Grateful Dawg』とDoc Watson とのライブ映像くらい。今回ようやく決定版的映像が発売されたことを素直に喜びたいね。

David Grisman のライブは1999年来日時に大阪2Days を観に行った。基本的にステージ・セッティングはこの映像と同じでマイクが立っているそばで各々のメンバーが弾いていた。音の強弱は弾き方とマイクとの遠近感だけで調節していたが、素晴らしいバランスだったことに驚いた。また、演奏する曲もいい加減と言うと失礼だがその場でGrisman がメンバーに小声で「次は○○ね」みたいに伝えていたように見えた。それであの難解な曲をいきなりやれてしまうことにもビックリだったなぁ。さすがにGrisman は髪の毛も真っ白になり随分太っていたが、ギロギロとした目付きと音の通りの良さは健在だった。

知人に聞くとサービス精神の塊らしく、来日中は夜な夜な公演後に近隣のブルーグラス系ライブハウスに乱入しセッションしていたそうだ。音にはやはり敏感らしく、セッション中に少しでも変な音を出すと出した人間の方を例の目付きでギロっと見るらしい(笑)。いや~、あの目で睨まれたら「オマエはもう死んでいる」の世界ですね。

冗談はさておき、また来日してくれないかな~...。
スポンサーサイト



[ 2006/09/01 00:42 ] Dawg | TB(0) | CM(4)

同感

このDVDはいいですね。
音もきれいだし、やはり動画は臨場感があっていいです。
私はJANICEが特に気に入りました。
[ 2006/09/04 11:53 ] [ 編集 ]

>Flatironmanさん

これは本当によくできたライブ映像だと思います。「Janice」は確かにいいですね♪
昔アメリカでテレビ放送されたQuintet の映像も発売してほしいですね。あれもかなり内容がいいですから。
[ 2006/09/04 23:18 ] [ 編集 ]

カッコいいですね

初めまして、こんにちは。
このDVDは借りて観たのですがかなり良いですね。
GrismanはGrateful Deadを聴いてから自然に聴くようになりました。ほとんどJerry Garciaとの競演ものしか聴いた事がなかったのですが、Grisman名義の他の作品も聴き直してみます。

”DAWG”ってJerry Garciaが命名したんですよね。
Jerry Garciaとの競演も本当にカッコいいです。
[ 2006/09/10 12:13 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>Hachi さん

初めまして。
値段もリーズナブルですし、この内容なら文句ないですね。

『Grateful Dawg』も好きです。あんなにたくさん映像をストックしてあるとは思いませんでした。ああいうドキュメンタリー映画にまとめるのもいいけど、ライブ映像とかを独立して発売してほしいですね^^
[ 2006/09/10 14:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/177-23627fb5