FC2ブログ






フィドル・レッスン

昨日はフィドルのレッスン。
ここ数日はいつもながらの練習不足で新ネタもロクに仕込めずだが仕方あるまい。入室するといきなり師匠から先制攻撃だった。

師匠「モハーさんちって、冷蔵庫ないんですか?

「はいぃっ?なぜにそんなことが...(おかしいな、そんなことはブログに書いていないつもりだったが...)。冷蔵庫を置いているとアルコール類を入れて結局部屋で飲んでしまうし、場所も取るので置いていないんですよ。」

師匠「そうだったんですか。まさかテレビがないなんてことはないですよね(爆)。モハーさんのブログネタは仕事サボってセッションに行ったとか、一部生徒さんの間で話題みたいですけど(爆笑)。○○さん以下、こういう小ネタばかり読んでいるようですねぇ(笑)。」

「サボりは人聞きが悪いなぁ。一応有給休暇の許可は得てまっせ(汗)」

mmm、どうもこの教室のバイオリン・クラスで物笑いのネタになっているようである...(苦笑)。まぁ、だからといって書く内容に変化はないけど(爆)。




とりたてて新ネタがないのでとりあえずは前回も散々弾いた「The Star Of Munster」からスタート。何度か弾いていると師匠が手書き譜面を出してこられる。

師匠「知り合いからもらった音源の音を拾っていたら、これなんかStar Of Munster そっくりで弾いている内にゴッチャになっちゃいましたよ。しかもこのセットの最後がStar Of Munsterなんですよね」

師匠が弾いてくださる。確かに仰る通りで私も少し弾いてみたが脳味噌トランス状態の間違えモードに100%入ってしまいそうなくらいに似ている。これはいかん!しかも曲名が分からん!!

その譜面の下に何故かジグの譜面が書いてある。すかさず師匠が情感タップリに弾き始める。

師匠「これ、曲名何でしたっけ?

出た!師匠の十八番、曲名記憶障害である(爆)。これはさすがにすぐわかったので「Sean Ryan'sですよね」と即答。Martin Hayes バージョンの譜面のようだが、またも捻くって♭キーである。かなりフェイクもしていて♭キーでは敵わないので大森さんの譜面を取り出す。なんだ、普通のGキーじゃないか!

当然この展開になれば即席でレッスンは「Sean Ryan's Jig」となる(笑)。結構G線が出てくるしロールの入れ所もふんだんにあるので梃子摺るパターンだ。幸いにしてKevin Burke やMartin Hayesのテイクをよく聴いていてメロディのイメージはそれなりにあるので超ゆっくり速度で弾いてみる。
Bパート1小節目、E線A音のロールが入れ辛くて苦労していると師匠が「スライドで入れてもいいですね~」と助言。なるへそ、Martin Hayes ですな。試しに入れてみたら師匠も大受けで「そうそう、じれったいくらいにゆったり音程を上げていくとらしくなりますねぇ」とご満悦だ。どうも最近こういう小ネタで盛り上がりすぎている感じがしないではないが、表現力強化の一環として私は大満足だ。

流れで大森さんの譜面の最後「The Hag At The Churn」。師匠が譜面を見ながら弾き始めてまたすぐに気付いた。

「あぁ、Bothy がやってますね」
師匠「えっ、そうなんですか??」
「間違いないですね」

自慢のiPodを取り出して師匠に聴いていただく。

師匠「あ゛~、Bothy は全部持っていないから、多分抜けている音源ですね。今からでもすぐに音を採りたくなってきましたよ。前についているPipe On The Hobもいいですねぇ。」

ということで暫し「The Hag At The Churn」を弾く。
以降、少し音を拾っていた「Pigeon On The Gate」を。

という具合でやっぱりあっという間の1時間だった。久しぶりにジグに時間をかけたわけだし、「Sean Ryan's」は大好きな曲なのでちょっと本腰を入れてやってみよう。帰りは『In Concert』/Kevin Burkeのテイクを無限ループにして延々と聴き続けながら帰宅したのであった。
スポンサーサイト



[ 2006/10/09 00:44 ] Fiddle | TB(0) | CM(6)

フィドルは、飲みながら弾くもんとちゃう?

あいかわらず、笑わせてくれますなぁ~!せばすちゃんさんが、いうてはったけど、フィドルは、ほんま、飲みながら弾くもんやなあ!

飲み友達 Kevinより

また浅草橋、ブッシュミルズやりまっしょ!!
[ 2006/10/09 02:14 ] [ 編集 ]

さすがに飲酒でレッスンはねぇ^^;

>Kevin師匠

飲酒でレッスンはさすがに気が引けるのでやったことがないですねぇ^^;。緊張感が薄まるから適度ならかえっていいかも、と思ったことはあるんですけどね。
ブッシュミルズ・セッション、またやりませう。kevin師匠のフィドル課題曲を私も練習しておかねば。
[ 2006/10/09 09:22 ] [ 編集 ]

近所

音楽教室がつくば市ということで、調べてみたら凄い近所でした。フィドルの独学にも限界を感じつつあるし、そろそろ習おうかなぁ……と思ってきました。
[ 2006/10/09 09:47 ] [ 編集 ]

毎度です

>Masaki さん

このブログにも師匠の音楽教室のリンクを貼ってましたね、そういや^^;。私は原宿の某教室の方で習っています。
多分体験レッスンもOKと思いますので、近所なら一度行ってみられたらどうでしょう。やってみたいことをハッキリ伝えたらいろいろ教えてくださると思います。
[ 2006/10/09 10:32 ] [ 編集 ]

兄弟仁義!!

お~っ、モハーさんが兄弟子でmasakiさんが弟弟子ですか?兄弟の契りを結ばれるのですね(爆)!!

[ 2006/10/10 01:10 ] [ 編集 ]

フィドル仁義??

>kevin師匠

いや~、この世界は上手な方が兄弟子ですからねぇ^^;
[ 2006/10/10 07:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/193-4d5662dc