FC2ブログ






菊花賞だね

ここのところ競馬ネタといえば、ディープインパクトの薬物事件ばかりですな。事件の真相はよくわからないけど、アウェイの闘いはそんなに甘いものではない、という話で要約されるように思う。

昨年ディープインパクトが3冠を制したわけだけど、今年もその権利を持った馬がでてくる菊花賞。今年は牡牝とも春の勢力図がさして変化しないまま秋を迎えたという印象が強い。但し牝馬についてはローズS(2000m) → 秋華賞(2000m)で出走権獲得とともに前哨戦として参考にできるローテーションなのだが、牡馬については神戸新聞杯(2000m)→菊花賞(3000m)だからトライアルは出走権獲得・一叩き的な意味合いしかない。ダービーでさえ同コース・同距離のトライアルレースがあることを見ればいかに菊花賞トライアルが本番の予想に役立たないレースかはっきりする。従って、このレースで穴を開けるのはトライアルで距離不足のため惨敗した馬や別路線で長距離専門に使ってきたような馬となる。

レースの鍵を握るのはアドマイヤメインだろう。逃げ馬ではないと陣営は言い続けているが、ただでさえスローに陥りやすいこのレースだし、上がり勝負では分が悪いことはハッキリしているから、変にスローに落とさずマイペース(平均ペースくらい?)で逃げることが予想される。2角~3角あたりで多少息を入れさせるだろうが、超スローは考えづらく各馬にそれなりのスタミナ適性が要求されるレースになると見ている。

メイショウサムソンは多分正攻法の競馬だろう。アドマイヤメインを摑まえられる位置を終始キープしてレースを進めると思われる。神戸新聞杯の例もあるから頭として堅いかどうかは微妙だが3着を外すことはないだろうと思う。ドリームパスポートは騎手もノリくんだし、前走同様サムソンに出し抜けを食わすようなレース運びかな。昨年のシックスセンスに似たタイプに見えるので微妙に距離が長い可能性は否めない。

以下論外の馬はコメントしないが、上位人気の内この2頭は捨てだ。

フサイチジャンク:春先から強い馬との対戦を意図的に避けているかのようなローテーションが気に入らない。前走もいくら落馬の煽りを受けたとはいえだらしないレースだった。どこぞのボクサーではないが、強い相手に揉まれていないような馬はG1では消しだ。

マルカシェンク:能力的にはこの世代のトップレベルだが、これもローテーションが気に入らない。天皇賞を意識して毎日王冠に持っていったのにディープ参戦の可能性が出たら菊花賞へ。能力でカバーしてしまうかもしれないが、常識的には消しだろう。

傾向的に危険な人気馬はアドマイヤメインだね。勿論ジョッキーの腕はいうことがないのだが、どうもこと菊花賞に関しては下記のデータが気になる。
2004年:ハーツクライ(1番人気7着)
2003年:サクラプレジデント(3番人気9着)
2002年:ノーリーズン(1番人気 落馬)
2001年:ダンツフレーム(2番人気5着)
1999年:アドマイヤベガ(1番人気6着)
1997年:シルクライトニング(4番人気12着)

ノーリーズン、アドマイヤベガのG1ホース2頭が混じっているが、それ以外はG1未勝利馬だ。騎手だけで人気になってしまうから仕方のないことだが、このレースでG1未勝利馬に騎乗しているときは要注意のような気がするね。今年はアドマイヤ&ユタカのコンビも乗り切れない感じだし、思い切って消す手もありだろう。

というわけで。
◎メイショウサムソン:安定感抜群で消せないでしょう
○ドリームパスポート:流れが向かない気はするけど、今年のクラシックのキーワードはきさらぎ賞組。
▲ソングオブウインド:距離が微妙だけどスムーズなら
△トーセンシャナオー:レベルが低いとされるセントライト記念組だが、今年のクラシックはこんなところに盲点ありかも

キルトクールは思い切ってアドマイヤメイン!
スポンサーサイト



[ 2006/10/22 12:04 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/201-1892e715