FC2ブログ






Irish な夜

昨日24日は日頃Kevinさん主催の「ゆっくりセッション」でお世話になっているIrish Times @ 新橋でライブがあったので観に行ってきた。

トリオによるライブだ。先月初めて観て衝撃を受けたので再度大渕さんのフィドルを堪能しようという目論見だ。先月は大層な混雑振りであったが、昨日は生憎の雨天ということもあってか、ライブ序盤はお店もあまり混んでいなかった。


ライブ開始予定時間である20時より20分程前に現地着。オーダーを済ませた頃に熊五郎師匠が登場された。暫し話しているとM澤さんもご登場。M澤さんとは初めてだったが、私のフィドル歴は競馬で配当を得たことがきっかけだの、ギブソンF-12君は200X年のジャパンカップのお陰だの、阿呆な話をさせていただいて何となく盛り上がった。(熊五郎師匠談「漫才みたいな話でようわかりませんわ」、M澤さん談「博打で儲けたおカネで楽器を買うなんて、ある意味ロマンですねぇ」、てなところなので本当に盛り上がったどうかは...)

どうもお目当ての大渕さんは新橋界隈で迷子になったらしい。ブレンダンさんがお店を出て探しに行った後に登場された。

ということで開始予定時間を少しおしてライブ開始。例によって曲名記憶障害のため詳細なレポはできないのが残念だが仕方あるまい。
RightHand_1.jpg演奏を楽しみつつ目線はやっぱりフィドルの右手に行ってしまう。アイリッシュ・フィドラーによく見られるような形ですな。魔法のように自由に動きます。短く持つことで運動の自由度が上がる効果があるんでしょう。この間のレッスン時に師匠と話しましたが、我が師匠は「結局弓使いが上手な人じゃないと短く持ってもあまり意味がない気がして私は普通の持ち方に戻しちゃいました」と言っておりました(爆)。


休憩タイムは先述の熊五郎師匠やM澤さんに加え、アイリッシュ・ライブボードで色んなライブを告知しておられるO田さんと情報交換も兼ねた楽しいお喋り。そうそう、その間に大渕さんにもご挨拶。
熊五郎師匠が大渕さんに「あのホーンパイプのセットの最初の曲は何て曲名?」と尋ねたあたりから私の自慢のiPodの出番。Eileen Ivers の1st に入っているとのことで(オマエ、入れておいて覚えてないのか、という不粋な突っ込みは却下だよ~。何せ一日中流し放しでも10日はかかるほど曲が入っている...)、早速熊五郎師匠に聞かせる。ことのついでに「動くBothy Band がありますよ」と話すと全員が「何ですと?」というノリだ。早速iPodから動画を呼び出す。見ている最中に「このDVD、買おうかな」とみなが口々に言い始める。でしょ、でしょ?別に回し者でも利害関係者でもないが、某Dユニオンで入手可能の旨は伝えておいた(笑)。因みにこのDVD については既にこのブログでも紹介したので、興味ある方はこちらをご参照ください。

2nd Set 開始時もまだ客数が少なかったが、さすがオヤジの街新橋である。時間帯が遅くなるにつれて人が増える(笑)。終了時あたりになると座席にありつけない人まで出てくる始末だった。

Uileann.jpg何度見ても、そのケッタイさに驚くのがこの楽器ですな。イリアン・パイプスという、まぁバグパイプの一種だ。イリアンというのはゲール語で「肘」の意味。口から息を吹き込む代わりに肘のあたりについている空気袋から空気を送り込んで音を鳴らすアイルランドならではの楽器だ。


曲名はよく覚えていないのだが、ホーンパイプながらちょっとノリを変えて演奏されていた「Rights Of Man」、何度聴いてもカッコいい「Behind The Haystack」、4曲くらいつないでいたと思われる「Morning Star」を含むリールのセット、歌の合間に器楽曲を含めるセットで登場した「Farewell To Erin」に感動。最終電車の都合で最後まで見ることはできなかったけど、存分に楽しめた一夜だった。みなさん、本日もありがとうございました。
スポンサーサイト



[ 2006/10/25 01:53 ] Concert | TB(0) | CM(4)

らっ

はじめまして。
お越しいただきありがとうございました。迷子になってすいません。。
というか手元アップされて初めて「そんな上持ってんのか!」と気付きました。
また遊びに来てくださいませ♪
[ 2006/10/26 00:31 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>@さん

ようこそ、いらっしゃいました。
火曜日は楽しませていただきました。雨の中、迷子になると大変ですよね。今SLが見えない状態になっているので格好の目標物がなくなってますね^^;

>手元アップされて初めて「そんな上持ってんのか!」と気付きました

無意識の内にあの位置だったんですね。野生的感覚でしょうか。

もちろん、タイミングが合えばまた伺いますので素晴らしい演奏を聴かせて下さい!

そうそう、写真データが必要であれば某SNS の方にでも連絡下さい。転送いたしますので。
[ 2006/10/26 01:00 ] [ 編集 ]

残念!!

拙者も休みだったので行こうと思っていたんですけど・・・
夕方、外に出たら、雨ざあざあの、寒いの~で、断念しました。・・・・・根性なしでした!!
[ 2006/10/27 01:59 ] [ 編集 ]

条件が...

>Kevin師匠

火曜日は悪天候で条件が悪かったですよね。私ゃ暑がりの汗かきときているので、あれくらいの気温でもじゅうぶん快適なんですけどね^^;。またお会いしませう。
[ 2006/10/27 07:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/203-1aaaad01