FC2ブログ






迎撃に向けての研究課題

ブログ仲間である関西フィドラーの雄、せばすちゃん氏が12月に関東地区へ殴り込みをかけてくるらしい。一部フィドラー・ブロガー間ではこの話題で持ち切りである。

先日、そのせばすちゃんさんとメールでこんなやり取りをしていた。

せばさん「ゆっくりセッションの定番曲とかってありますでしょうか?今までの書き込みから推定するに、ポルカが多いのかな? 譜読みくらいはしておきたいので、教えてくださいませ♪ 」

モハー「kevin師匠以下体制を整えて存分に迎撃したいと思っていますのでよろしくです。~途中略~。ちょっとやってみたいと思っているのは「怒涛のポルカセット」(爆)。結構キツイですよ」

せばさん「ポルカ・セット…本当に怒涛ですね(笑) ホントに飲みながら、そんなに弾けるんですか!?絶対、脱落者多数だと思うナ(爆)」

・・・・・・・・・・・・・・・・。

上等じゃねぇか、関東連合を甘くみるんじゃねぇ、と粋がるつもりは毛頭なく、本当に怒涛のポルカになってしまったんですな、これが。
ポルカのセットはいくつか覚えたが、比較的セッションでも弾きやすいので重宝している。弾きなれていることもあって、「Britches Full Of Stiches ~ Egan's ~ The Last Chance」のセットが好きなのだが、どうも最後の「The Last Chance」はゆっくりセッションでは一般的とは言いがたく、しかもその前の「Egan's」は超定番曲であるから盛り上がりに欠けてしまいかねないのが悩みのタネだった。今月konさんと弾くまで(過去記事はこちら)「The Last Chance」は封印していた、というのが実情だ。
「The Last Chance」は大好きな曲だけにどうにかセッションで定番化したいのでセット案をいくつか試す、ということを最近は繰り返していた。
最初に打った対策は「The Last Chance ~ Ballydesmond Polka #2~Ballydesmond Polka #1」である。これなら「The Last Chance」の弾き手が少なかったとしても、「Ballydesmond」のセットで盛り上がることができる。ただ、マイナー調ばかりという点に不満が残る。そんなことを考えている内、194さんから『If The Cap Fits』/Kevin Burkeをいただいた。ぬぉ、「Bill Sullivan's Polka」がカッコいい!教則DVD ではDキーでやっていたが、こちらは5度上がった一般的なAキーだ。うーん、これも捨てがたいな~。いいや、無理やりBallydesmond の後ろにくっ付けてしまえ、となった。これはこれで盛り上がるだろう。しかしそうなると今度は折角覚えたDキーの「Bill Sullivan's」が浮いてしまう。そっか、無謀やけど『Learn To Play Irish Fiddle』/Kevin Burkeのセットを前に付ければ解決やね。

という具合でできたのが、冒頭の会話に出てきた怒涛のポルカ・セットなのである。

試練のポルカ

ここまで来るとアホですな、全く(爆)。さすがに長過ぎるので音源はリピートなしでつないでいる。収録曲は

1)Bill Sullivan's Polka(Key in D)
2)Brithces Full Of Stiches
3)Egan's(Kerry Polka)
4)The Last Chance
5)Ballydesmond Polka #2
6)Ballydesmond Polka #1
7)Bill Sullivan's Polka(Key in A)

だ。せばすちゃんさんの指摘通り酔っ払って弾くには相当ムリがあるが、うまくいけばまさしく「Big Set」となるだろう。もう少しさらにテンポアップして弾き切ることができれば、「ポルカの王様」せばすちゃんさんを見事新橋の地で迎撃できるハズ...である(爆)




こんなことばかりしていると煮詰まってしまうのでお遊びネタも用意している。息抜きにはちょうどよいネタですな。



アイリッシュ曲は世間ではいまだ一般的でないものが多いだけに有名曲をアイリッシュ風に弾くというネタはフィドラー仲間で陰のブームとなりつつある(ホンマかいな?)。De Dannan がうまくアレンジしているものがあるのを参考にこの土日で遊んでみたのが、これ。

これで名曲もホーンパイプに

弓順もメロディ崩しもまだ全然固まっていないのでヒドい音源だが、こういうのもなかなか楽しいものである。
スポンサーサイト



[ 2006/10/29 21:46 ] Fiddle | TB(0) | CM(10)

ありがとう

疲れた体に、癒しの音楽、楽しんで聞きました。
また宜しくお願いしますね。
[ 2006/10/30 00:53 ] [ 編集 ]

試練のポルカですかぁ~!!

モハーさん、なんといっても「飲み放題、せばさん歓迎、忘年ゆっくりセッション」ですから、拙者前半で撃沈されちゃう予感がします!(笑) 試練のポルカをギターで練習しとかないと、とは思うものの、よしさんの「茶々さま」フィドルと拙者の「ゴッキー」フィドルの修復も進めなくちゃいけないし、時間がほしいですね~!!ではでは、次回のゆっくりで
[ 2006/10/30 01:02 ] [ 編集 ]

お疲れ様

>ネネさん

引越しの残務処理、お疲れ様です。
毎度お付き合いいただきありがとうございます。
[ 2006/10/30 07:31 ] [ 編集 ]

試練のセッション??

>Kevin師匠

うーむ、前半で撃沈は会の主催者としてちとマズイんではないかと...^^;。
Kevin工房の多忙振りはブログで拝見しています。毎度ながら丁寧な仕事振りに驚かされます。
こちらも来月は予定が知らず知らず埋まりつつあり...、時間不足必至の雰囲気です。
[ 2006/10/30 07:37 ] [ 編集 ]

え~と…とにかくお疲れ様でした(爆) やっぱし少々長すぎません、これ?(笑) これにリピートいれて通すと正にビッグ・セットですね。軟弱者の私には最後まで体力と気力が保たないかも…途中でこっそり休憩いれながらやろ(笑)

面白かったのが、Bill Sullivan'sの音源。Bパートは流石のモハーさんでも若干突っ込み気味ですね。私もまったく同じ症状で苦労しているんです。誰でもポイントは同じなんだな~とか思ってみたり(笑) しかし、このテンポでも安定した演奏ですよね。私も特訓していかなきゃ~><;
[ 2006/10/30 08:42 ] [ 編集 ]

わお・・・

怒涛のポルカですか~スゴイ。^^;
年末の練習会までに練習しておこうかなぁ~。

194さんに先日McDermott'sのセット教えて
もらいましたよ~。^^
お盆の時から進歩してないって言われないように
がんばって練習しますね♪
[ 2006/10/30 10:05 ] [ 編集 ]

過ぎたるは...

>せばすちゃんさん

はい、疲れました(爆)
冗談ではなく、休日の練習ではウォーミングアップも兼ねてこのセットを弾いています。まぁ、常識的には「Bill Sullivan's」で始めて「Egan's」で〆と「The Last Chance」で始めて「Bill Sullivan's」で〆の2セットにするんでしょうね(笑)
「Bill Sullivan's」のBパートは曲者ですね。Aパートからつないでいくと特に突っ込みがちになります。Bパート単体でもっと練習すべきなんでしょうね~。
録音時はメトロノームを鳴らしている分まだマシな方で、リズム感は元来よくないから頼るべき標がないときはもっとヒドいです...(苦笑)
[ 2006/10/30 11:35 ] [ 編集 ]

McDermott's

>よしさん

McDermott's のセットって、どんなのでしたっけ?194さんもネタ豊富だからな~♪。ちょっと確認してみますね。

>お盆の時から進歩してないって言われないようにがんばって練習しますね♪

あんまり進歩されて立ち向かえないくらいの強敵になられるとこちらも厳しいので、ほどほどに頑張ってくださいね(爆)

ボチボチ年末の話をするような時期になってきたんですねぇ。年末年始の帰省予定は見えてき次第ML に流しますね。その前に、12月4日の週は尼崎に長期滞在の可能性ありです...^^;
[ 2006/10/30 11:43 ] [ 編集 ]

尼!ですか!

尼崎ですか~☆

その週あたりに西北練習できたらいいですね!
いつも何週目かの土曜に予約しているんです。
hiroさんに聞いてみますね~。^^
でもお仕事ですか?

って言ってるうちにあっと言う間に年末になりそうですね。^^;
[ 2006/10/30 20:07 ] [ 編集 ]

本日あたりに...

>よしさん

プレス発表になっているのですが、会社統合がございましてその関係の整理やら何やらでここ3ヶ月ほどで既に5回ほど尼!には出入りしていますです。というわけで一応もへったくれもなく仕事ですね^^;

できればせばすちゃんさんの栄光のライブを観戦できるような日程での出張を目論んでおりますが、微妙に早いんですよね...。うまく調整できたらアイリッシュ・マラソン・セッションに参加させてくださいませ。

あ、そうそう、平日で生アイリッシュを満喫できる店情報もご存知でしたら教えてくださいませ。

>って言ってるうちにあっと言う間に年末になりそうですね。^^;

ほんと、そうですね。せばすちゃんさんも新橋に殴り込みに来られますし、konさんもケルクリは東京で参加のようですから♪
冷静に考えるとなかなかあり得ないことが起こっているように思います^^;
[ 2006/10/30 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/205-2baf5033