FC2ブログ






新星誕生なるか...

今日はマイル・チャンピオン・シップですな。
このレースに対する考え方は昨年このブログに書いた記事(こちら)から変化はない。世代交代があるかないか、が予想の重要なポイントだ。

昨年はデュランダルの末脚不発で大いに計算が狂ってしまった。正直なところ2001年産はキングカメハメハを除いて弱い世代なのでは、と常々思っていたのであるが、ダイワメジャーが本格化した印象やね。牝馬はもともとこの世代が強い。ダンスインザムードは能力がどの程度キープできているか、がポイントだろう。

2002年産(4歳)勢がどうもいけないね。今年はたった2頭の登録。昨年も書いたが、この世代は強い馬は徹底的に強く、他は大したことがない。層は薄いのである。デアリングハートあたりは早熟馬の印象を払拭して狙ってみても面白いが、このメンバーではちょっと辛い気がするね。

2003年産(3歳)勢が6頭と大量に出てきた。NHKマイルカップの結果を見ても、まだこの路線の代表格が決まらない感じだがこのレースの結果如何では、長期政権になる可能性はあると思う。

そして、今年いやらしいのは外車の存在。馬自体の実力がよくわからない上に、名手デットーリである。小雨も降っているようだし全く無視するわけにはいかない...。

危険な人気馬はマルカシェンクだ。骨折さえなければこの世代の代表馬になっていたかもしれない素質の持ち主だとは思うが、毎日王冠(1800m)→菊花賞(3000m)→マイルチャンピオンシップ(1600m)の使い方はあまりにも無茶苦茶なローテーションと云わざるを得ない。若い分、成長シロがどの程度あるかが微妙だが、毎日王冠を考慮すると斤量面でダイワメジャーとは3kg差が1kg差に、ダンスインザムードとは1kgが-1kgである。普通に考えれば分が悪かろう。

◎ダイワメジャー
○キンシャサノキセキ
▲コートマスターピース
△ダンスインザムード

スローは考えづらいが、ステキシンスケクンの逃げは気になる...。極端な前残りだと危険だが捨てた。ダイワメジャーは小雨が幸いするだろうが、もしやられるとしたら今までやったことのない連中に出し抜けを食わされるパターンだろう。ダンスインザムードはダイワメジャーの前には行けないから△。

3連複でダイワメジャーから流しでいかがか。3連単ならダンスインザムードはダイワメジャーより下に置くことが肝要かと。

キルトクールは前述の通りマルカシェンク。意味不明なローテーションは名馬を駆逐してしまうのだ。
スポンサーサイト



[ 2006/11/19 12:52 ] 競馬日誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/216-2a386c44