FC2ブログ






忘却の彼方に名曲あり

昨日のレッスンで師匠とこんな会話をしていた。

「実はこの本のポルカって、ほとんどやってないんですよね...(苦笑)」

師匠「あぁ、そういえばいきなりジグから入ってホーンパイプ、リールに行ったんでしたね。スライドも飛ばしちゃったし(笑)」

・・・・・・・・・。

そう、フィドルを始めてもうボチボチ2年になろうとしているが、例の課題曲も合格・不合格もないレッスンのお陰で結構歯抜けになっていたりするわけだ。最初から全く手をつけずに飛ばした曲もあれば、多少さらったはよいものの何となく気乗りがしなくて途中で沙汰やみになってしまったものも多数ある。ここ数日、そんなことをしてきたツケが来ているかのような出来事が多い...。

例えば......



(その1)
12月に新橋に上陸する漢せばすちゃんさんからJig Set で「Rose In The Heather」を含むジグ・セットの提案があった。実はこの曲、長らく弾いておらず忘却の彼方にあったわけだが、何と1年半くらい前に『Irish Fiddle Book』の譜面でちゃんとレッスンしていた曲だ。いろんな曲をつまみ食いしている間に完全に抜け落ちてしまったらしい。

(その2)
これも昨日の師匠との会話だ。

師匠「そうそう、Star Of Munster の前にこの曲をつけたらどうでしょう?曲名を思い出せないんです(爆)が、Irish Fiddle Book に載っていた曲です」

~~~~~~~~師匠、実演中~~~~~~~

「あぁ、確かに弾いた記憶がありますね(猛爆)。曲名を思い出せませんが、何か途中でうやむやになっちゃったような記憶が...」

師匠「そうそう、途中どうも弓順がしっくりこなかったか何かで消えちゃってましたねぇ(笑)」




いかんよな~。もっと大事に曲を覚え愛でるように接しなければ!ただでさえ雑になりやすいから、ちゃんと意識しておかないと曲に失礼やね。

云っているハナからこれかよ、という感じだが...(笑)。心臓に悪いかもしれないから聞きたい方はじゅうぶん覚悟の上にしてね♪

♪ Rose In The Heather ~ Kesh Jig ♪

さすがにゆっくりなりに弾いたことがある曲だから、何度かさらうと思い出してきた。結構覚えづらい音使いなのでまだ安心はできないが、もう少し速くても大丈夫だ。むしろ油断しているKesh の方が怪しかったりするのは実に皮肉なことだ(苦笑)。そういや、Kesh も最近練習ではあまり弾かなくなっちゃったな...。

この程度では「はははどこからでもかかってきなさい」といえるようなレベルではないが、弾き込んだら何とかなる目処は立ったような気がするね。
どうも「Strayaway Child」で変な弓順(過去記事はこちら)を練習したら、一般的なジグのボウイングもやりやすくなったような気がするなぁ。気のせいじゃなければ嬉しいんだけど...。
スポンサーサイト



[ 2006/11/19 23:58 ] Fiddle | TB(0) | CM(4)

Star Of Munster ☆

モハーさん、こんにちは。
先週のレッスンでStar Of Munster 練習しました。
全然だめだめだったので(泣)
大森さんのとこの楽譜見ながら
がんばってまーす。
[ 2006/11/21 12:42 ] [ 編集 ]

☆ Of Munster

>はるさん

おぉ、もうこんな曲に進んでいるんですか~♪早いですねぇ。
大森さんの譜面は丁寧で使いやすいですね。私もあの譜面をベースにKevin Burke のフレーズ(『Encore』/Celtic Fiddle Festival)をパクって弾いています。師匠も大好きな曲のようで、この曲を活かすセットを考えておられるようですよ。
来月は教室セッションが2日用意されているようですね。今のところ両日とも参加の予定です。
あ、16日、新橋は来られます~?
[ 2006/11/21 12:52 ] [ 編集 ]

☆Of Munster←ってかわいい。

セッション2日も用意されてるんですかー?
うー。行きたいっ。
(ってできるかどうかは別ですが・・・笑)

16日は教室セッションの状況見てからにします。。。
んー。撃沈しそうだ。笑
[ 2006/11/21 16:23 ] [ 編集 ]

☆ Of Munster は...^^

>はるさん

最初のコメントの「Star Of Munster ☆」に触発されました^^;

教室セッションは10日と23日のようですね。そういや、曲は何をやるか全然聞いてませんが、大丈夫だろうか...^^;

>んー。撃沈しそうだ。笑

師匠は「はるさんは器用に何でも弾けちゃいますね~」と仰ってましたから、撃沈はないと思ってますよ♪。どうも意味不明なんですが「教室セッションではゆっくり弾きましょう」と散々念を押されたので、悲惨なことにはならないだろうと高をくくってますが・・・>自分(苦笑)

16日、師匠は仕事の都合がつけば出席だそうですよ。
[ 2006/11/21 16:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/217-f7f85807