FC2ブログ






JIgを2題

タイタニック・セットを何とかしたくて、苦手なジグを練習した。曲としてはBothy Band ファンの私としては「Kesh Jig」がいいのだが、やはりそこはあえて「The Blarney Pilgrim」とひねくれて練習してみたが、この難しさは何だ?...。最初は生意気に「The Blarney Pilgrim」~「Connaughtman's Ramble」~「Willie Coleman's Jig」と練習して音源公開を目論んでいましたが、とてもムリと判断。2曲メドレーに変更してある程度覚えたところで録音して聞いてみた。うーむ、これは下手糞以外の何ものでもない。最近自虐癖が出てきたのか、これでもアップしてしまう自分が怖いけど、とりあえずアップします。例によって、品質は保証しかねますので、自己責任(?)のある方のみ、下記URL からダウンロードして聞いて下さい。

http://www.ne.jp/asahi/musichorse/acoustics/
スポンサーサイト



[ 2005/11/14 00:36 ] Fiddle | TB(0) | CM(12)

konです。
音源お聞きしました。安定してますねー。
すぐにこれだけ弾けるというのがうらやましいです!BlarneyはBパートがビート感出しにくいですよね。
[ 2005/11/17 07:11 ] [ 編集 ]

kon様。いらっしゃいませ♪
うーん、かなり何度も繰り返して弾いていますが、低位安定(
苦笑)という感じでなかなか感覚が掴めていません。
Bパートのビート感は確かに難しいですね。あと、Cパートの
出だし「A-D-D」「B-D-D」「A-D-A」の箇所は開放弦が多く
絡むため、歯切れのよい音が出し辛いと感じています。
[ 2005/11/18 08:54 ] [ 編集 ]

私も予想してたよりは大分弾けてきたような気がする
んですが、やはりBパートで苦労してます。4分音符が
混じるから、アクセントが抜け気味になるんですよね。
AとCにノリが出てきた分、Bだけ違和感ありまくりです
…どうしたもんだろう^^;

Keshの最後難しい~、BlarneyやってるとAは比較的
簡単に弾けるのに^^; 大苦戦中です。タイタニック・セ
ット完成すべく、Drawsy Maggieにも手を出し始めまし
た。Aパートは音とり終了です。リールって弾いてると楽
しいかも!
[ 2005/11/18 11:15 ] [ 編集 ]

せばすちゃん様。いらっしゃいませ♪
やはりBlarneyのBパートは鬼門ですかねぇ。^^;あの四分
音符は確かに曲者です。「Humpty Dumpty sat on the
wall」と何度も唱えてジグのノリを身に付けなさい、という記
述をHPで見た記憶がありますが、なかなかうまくいきません
ね~。(苦笑)
Kesh も始められたのですね。進度が速くてうらやましい限り
です。私はまだ未着手ですけど、AパートはBlarneyがある
程度できれば何とかなりそうですね。Bothy Bandファンと
しては何とかレパートリーに加えたいものです。
Drawsy Maggieは私も練習中です。鬼門はAパート出だし
に見られる「D線E & A線B」の同時押さえと1小節目の3拍
目のA線D。2弦人差し指同時押さえは非常に音程が狂い
やすくて苦しんでおります。3拍目A線Dは何となく鳴りが悪い
というか、鳴らし辛い音なんです。ボウイングと音程の両方に
問題ありかと思っていますが、なかなか改善しません。
音源公開、お待ちしております。私も今週末音源公開できる
よう頑張ります。
[ 2005/11/18 13:22 ] [ 編集 ]

konさんにCD頂いて、Bothy Band聴いてるんですが、
コレはまりますね~。超生意気なことを言わせて頂けれ
ば、私のやりたいのに大分近いです(笑) こんな感じの
アンサンブル重視で、もっと濃厚なのやりたいですね~♪
というか、私全然知識なくて、Kevin Burkeがこのバンド
にいたことを、今週知りました^^;

Drawsy MaggieはAパートは意外にいけそうです。指
太いからか、2弦押さえも大丈夫そう…音程はともかく^^;
ただ師匠の楽譜のボゥイング、大変です。職場で空気バ
イオリンしてますよ(笑)

明日から横浜出張ですので、録音はまだまだですね。今
週はほとんど練習できませんでした^^;
[ 2005/11/18 14:54 ] [ 編集 ]

せばすちゃん様。
Bothy Bandはハマるでしょう?私は最初に『After Hours』
を聴いたのですが、即ハマりましたね。冒頭のKeshから始ま
るジグ+ジグ+リールで既に十分でしたが、Farewell To
Erin のKevin Burkeで完全にノックアウト^^。Bothy は
一枚目のみフィドルがTommy Peoplesで、聴き比べも面白
いですよ♪
Drawsy Maggie、私の使っている教則本だと2小節目に入
っているロールの箇所がトリプレットです。「ククク」という感じ
の音で入れたいと練習中ですが、うまく行きません。
19日から横浜へ来られるのですか?どれくらい滞在されるの
でしょう?私は川崎住まいですので、もし空き時間がおありで
したら連絡ください。こちらの空き時間と合致すればパントルを
お見せすることも可能ですよ。

[ 2005/11/18 15:31 ] [ 編集 ]

訂正

失礼しました。『After Hours』/Bothy Bandの冒頭曲は
ジグ+スリップジグ+リールでしたね。訂正いたします。
[ 2005/11/18 15:34 ] [ 編集 ]

土曜の昼から日曜の夜までなんですが、朝の7時から
9時くらいまビッチリのスケジュールです^^; アテンド
もつきますので、ちょっと今回は無理そうな感じですね。

研究会などで上京する機会は、来年から多いと思いま
すので、その節には宜しくお願いいたします^^
[ 2005/11/18 16:40 ] [ 編集 ]

そうそう、Farewell to Erinもよかったです!! 師匠の
音源はスロー・バージョンですので、Bothyのを最初聞い
たとき、聞き覚えあるものの何の曲か判りませんでした。
自分で弾くなら、こっちバージョンを弾いてみたいです^^

トリプレットもロールもまだ出来ないので、素直に弾いてま
す。早く装飾いれれる様になりたいですね。まぁ、そんな余
裕まだないんですけどね(笑)
[ 2005/11/18 16:46 ] [ 編集 ]

せばすちゃん様。
ヘビーなスケジュールの出張ですね~。ゆったり行程の折に
でも、ご連絡ください。
Farewell to Erin、収録CDによってFarewell to Ireland
となっていたりしますが、よい曲ですね。アップテンポの方が
私も好きです。以前銀座Duffy's で田村拓志さんにリクエス
トして弾いていただいたことがあります。
トリプレットもロールも最初は単体で練習していけばよいと思
います。私の師匠は早い段階から装飾の練習をした方がよい
という判断のようです。
装飾を入れ始めたらまた楽しくなると思いますよ。
[ 2005/11/18 17:46 ] [ 編集 ]

Bothy Bandいいですよね~。Kesh Jigの最初のドーナルのブズーキでぞくぞくしたのを覚えてます。最近、Tar Road To Sligoにはまってます。耳コピして練習中です。
私の師匠(K師匠)はリズムとアクセント重視で、最初は装飾音なしで同じ曲を練習しました。Jig1セットで半年、Reel1セットで半年。結構つらかったです。。。
[ 2005/11/21 01:21 ] [ 編集 ]

kon様。いらっしゃいませ♪
Bothy Band はほんと、おいしいですよね。^^
アイリッシュに馴染みがないロックのファンでも素直に入り込
めそうですし、入門編としては最適かもしれないですね。
ドーナルのブズーキ、確かにかっこいい。
耳コピーは昔から苦手で...^^
またトライしてみます。
[ 2005/11/21 07:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/22-82060a57