FC2ブログ






年が明けて

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

と、まぁ世間一般的な挨拶でスタートした2007年。所信表明であったり、今年の目標であったりを書くというのが定番であるが、実は私はそういうことをここ数年したことがない。そもそも大晦日であろうが元旦であろうが、1年の内の1日のことで特別な感情に浸ることもないし、数年来年賀状も全廃してきている変人なのでね。

とは言うものの、先々こんなことをしたいとか、これは練習しておきたい、という事柄は頭の中にある。そのために最近Elderlyから入手したのがこれだ。

Irish Fiddle Tunes For Two Mandolins
タイトル通り、アイリッシュ・フィドルの名曲を2本のマンドリン用に編曲してある譜面だ。参考音源が付いていないのがちょっと寂しいが、曲数もそれなりに揃っているし「Banish Misfortune」「Drowsy Maggie」「John Ryan's Polka」等お気に入りも入っているのでなかなか嬉しい。(収録曲はこちらを参照ください。
因みにこのシリーズはViolin 用とViola 用も出ている。多分表題が違うだけで、譜面そのものは同じだろうと思うが...。


私自身、特段音痴なわけではないのだが、ハモりをつけるということに関しては明らかにその能力が欠如している。セッションなどでひたすらユニゾンで被せるのもよいが、マンドリンはフィドルと同じチューニングであるため、どうしても音が前に出辛い。ならばコードのバッキングやハモリ・パートをさりげなくかますことができたら、なかなかカッコいいのではないか、という安易な発想である。

参考音源は例によってTabledit で一旦つくってみて、時間ができたときにMTR に吹き込む、というのが一般的手順、というものだろう。どっちみち寝正月か呑み正月になるのだから、ここ数日はコイツをネタに遊んでみよう。
スポンサーサイト



[ 2007/01/01 12:32 ] Mandolin | TB(0) | CM(10)

かっこいい鴨!!

>モハーさん
 明けましておめでとうございます、本年もよろしくです!
 もう何回目のあけおめでしょうか?(笑)
 マンドリンでのハモリ&コードバッキングいい鴨です。
 「新春隠し芸セッション」でのお披露目楽しみにして
 おりますよん!あと漫才もね(爆)!!
[ 2007/01/01 16:42 ] [ 編集 ]

ちゃんと弾けたらの話ですけど...^^;

>Kevin 師匠

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたしまする。

もともとコードワークに非常に弱いので、どこまでモノになるか分かりませんが、気長に練習しますわ。楽器ばかりが注目を浴びるという状況もちょっと寂しいですしね^^;

隠し芸、って実は全然私はネタがないんですがね(爆)
漫才は相方が必要ですし...^^;
[ 2007/01/01 17:44 ] [ 編集 ]

居場所

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。大阪では40代二人とじっくりお話ができました。ばりばりのサラリーマンでどちらも海外へ脱出を考えています。日本で居場所を見つけられない若者もいるのに、居場所のある者は脱出を…!。変人のモハーさんにはその日本に踏みとどまって、頑張っていただかなければ困ります。しかし同じことを考えている日本人が多いですね~。
[ 2007/01/01 20:42 ] [ 編集 ]

居場所は微妙な問題で...

>Eaves さん

あけましておめでとうございます。
決して私自身、今居るところがよいかどうかは疑問なんですが、かといって海外脱出できるほどの人間でもないのは確かなので...。
アイリッシュ音楽は大好きですけれど、或いはクレツマ音楽も大好きですけれど、ジプシー音楽も大好きですけれど...、不思議なくらいそのご本家の国に住んでみたいという願望はないですね。勿論一度は現地を拝んでみたいわけですが...。
というわけで勤め人という以外大した芸は持ち合わせていないので日本に踏みとどまるというよりは、居ざるを得ないわけですが今後ともよろしくお願いいたします^^;
[ 2007/01/01 21:07 ] [ 編集 ]

1年の計は元旦?

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します!
練習の成果を次回のマンドリン研究会で聞けるのを楽しみにしています。
[ 2007/01/01 21:18 ] [ 編集 ]

謹賀新年

>はやさん

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新春第一弾の研究会は何といっても大御所二名の研究発表なので緊張します。しかも自主練時間が1時間余計についていますし...。しごかれてもヘタれないよう日々バッハの「Giga」を弾いています。
そういえばまだ私の研究発表はしていないので次々回あたりお鉢が回ってきそうです。何か考えておかないと...汗;
[ 2007/01/01 21:56 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。

マンドリンは学生の時、部活でやっていて、あまりいい思い出はなく、ずっと封印していたのですが
先日モハーさんのマンドリンを触らせてもらったり、Kevinさんが調整を引き受けてくださったりで
封印を解く気になりました。
今度はマンドリンのいい思い出ができそうです。
またマンドリンのことも教えてくださいね。
[ 2007/01/01 22:05 ] [ 編集 ]

恭賀新春

>194さん

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

マンドリンの封印をついに解かれるときがやってきたのですね。楽しみです♪フィドルをあれだけ弾かれるのですから、一度勘を取り戻せばすぐに上手になられるものと思います。お互いに頑張りましょう。

複数マンドリンによるゆっくりポルカの宴、なんていうのはいかがでしょう?えぇ感じが出ると思うのですけどね。有用なソフトもありますし、必要でしたら譜面等も含め相談くださいませ。できる限りのフォローはさせていただきます。
[ 2007/01/01 22:16 ] [ 編集 ]

マンドリンのアドリブリフ

さりげなく入るとカッコイイですよね。
私は、音楽の基本はアドリブにありと思っており
(暗譜出来ない身なので^^;)
コード進行と、主題だけを決めて、あとは各自が
お互いの音を聴きながらアレンジしていくような
セッションに憧れますデス。
(もちろん、自分はそんなレベルに達してませんが・・)

さて、ご挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。
(実生活でも、ようやく年賀状を書いたばかりだったりします)

本年もよろしくお願いします。
[ 2007/01/04 07:34 ] [ 編集 ]

アドリブは...

>い~ぐるさん

遅れ馳せながら、あけおめです^^
本年もよろしくお願いいたします。

私はアドリブが大の苦手です。弾きたいと思った音を即座に反応して弾く、などという芸当はいつになればできるのか、とんと見通しがつかないですね^^;

セッションの進め方も音楽の種類でいろいろありますが、アイリッシュのセッションは、とりあえずテーマを弾ければ周囲の調和を乱さないというところに入りやすさがあるかもしれませんね。まぁ、曲を知らないと指をくわえて見ている時間が長くなってしまいますし、メロディ・フェイクは盛んに入るので奥は深そうですが...。

お互いの音を聴きながらアレンジしていくようなセッションは私も憧れですが、道程は通そう...。もっとちゃんと楽器を弾けるように練習します。

まぁ、本年もゆるりと参りませう♪
[ 2007/01/04 12:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/236-2642ee0e