FC2ブログ






気分はTone Poems

先月初参加したSutton'sでの『素人音楽発表会』(過去記事はこちら)、予告通り2月24日に行われるとのことでお邪魔してきた。今回はSutton's Group のバンマスであるKさんがご友人を多数お連れになるとのことで果たしてどうなることやら、と思いつつお店に向かう。

出演者はほぼ前回と同じだが組み合わせや選曲に少しずつ変化があり、初お目見えの組み合わせもある。
今回のトップバッターはS夫人のソロ・ピアノ。ブラームスを2曲だ。少々練習不足ということだったがあろうことか譜面の場所を探すシーンもあったりして、ちょっとお気の毒な感じがあった。ただ、箇所箇所の歌わせ方はやはりさすがでピアノもよく鳴っていた。次回リベンジを期待ですな。

MRSS_ERI_20070224.jpgS夫人は引き続きピアノで、関東手酌の会会長がフルートで入る構成に。手酌の会会長、非常に緊張されていてバッハのシチリアーノ(Siciliano)は仕切り直しが入るちょっとした手違いはあったがなかなかの出来栄えだった。キャリアわずか1年でよくぞここまで吹けるようになったなぁ、と感心することしきりである。

Fsan_20070224.jpgお次はガラっと雰囲気が変わってFさんの弾き語り。優しい声だが通りもよくてギターとのバランスもなかなかいい。今回は3曲ご披露。和やかな雰囲気を作り出しておられた。

Irwin_20070224.jpgそしてお耳汚しの私。ステージに立ってみて改めてお客さんとの距離の近さに愕然とする。しかも目の前のお客さんたちにはチャーハンが出されている。mmm、ヘタな演奏をすると正しく噴飯されそうだ。
一応今回は前回やらなかった曲にしようと思っていたのだが、前のFさんがしみじみほのぼのの世界だったのでここはひとつ気分転換でホーンパイプのセットからスタートすることにした。
1)Boys Of Bluehill ~ Cronin'(Hornpipes)
2)Planxty Irwin(O'Carolan)

Giga_20070224.jpgフィドルで2曲を弾いた後はついでにマンドリンも披露させていただくことにした。フィドルの2曲目をO'Carolan にしたのはそのためでもある。たまにはチャレンジャーな選曲もよかろうということで、Bach の無伴奏ヴァイオリンから「Giga」だ。最初はAパートの途中で大崩壊してしまったので仕切り直しをお願いしてとりあえず弾き終えたが、やっぱり甘くないですな。バッハが聞けばを投げ捨てて頭を掻き毟ったに違いないヘロヘロの演奏になってしまった。これはリベンジかなぁ...。

Suttons_20070224_1.jpgトリはサットンズのマスターも参加するスペシャル・グループ。今回はエレキ・ベースも参加でサットンズのステージ上はごらんの通り一杯一杯になった。エレキベースが入ったことでバンドの音にしっかりと芯が通った感じで見事にグレードアップしたと思う。バンマスのKさんのオリジナル曲中心の構成、うまくローカル色も出ていて聴き応えじゅうぶんだね。

Suttons_20070224_2.jpg途中リード・ヴォーカルで登場のマスター。地声自体が非常に通りのよい方だが歌声もなかなかいいんですな、これが。


というわけで本編発表会は盛り上りの内に無事終了した。後は恒例のウダウダ音出し会だね。
手酌の会会長と「Britches ~ Egan's」を合わせたり、即席でKさんと「Grandfather's Clock」をやってみたり...。次回発表会に備えてKさんのオリジナル曲は録音させていただいた。サットンズ・スペシャル・バンドに次回は特別参加できるかな?

後、久しぶりにマスターともちょっとデュオを。
♪ 気分はTone Poems ♪
実は君津に住んでいた頃にたまに合わせていた「Please」という曲だ。勿論そのきっかけは David Grisman とMartin Taylorの『Tone Poems Ⅱ』(過去記事はこちら)である。朗々と歌いきるBing Crosby のテイクもなかなかいい!
お互い長らく弾いていなかったのでかなり間違いも多いが周囲からは「これはやるべきですよ」と社交辞令込みのリクエストをいただいた。マスターもその気になったような感じだったし、これはちょっとマンドリンの強化対象曲にしておこうかな。

因みに次回の素人音楽発表会@Sutton's は3月31日(土)の予定だそうです。
スポンサーサイト



[ 2007/02/25 15:50 ] Mandolin | TB(0) | CM(4)

お疲れ様です(^-^)

モハーさんの日記も色付きの文字某お医者様のように楽しい
日記ですね♪バッハの行動を読んで声を出して
笑ってしましましたv-291
でも皆さん本当にすごいです~(><)
私ももっと頑張らなければ!!!v-10
[ 2007/02/25 21:56 ] [ 編集 ]

さすがにお疲れ気味かな^^;

>ことっぷさん

いやいや、ことっぷさんこそ毎度楽しい日記でいつも楽しませていただいてますよv-481
私から見ればことっぷさんや某お医者様の方が数段面白いですv-424
バッハは多分自分の書いた曲で死人が増えることに胸を痛めているかもしれませんが、それでもチャレンジするのだ(爆)
まぁ、末永く楽しんで参りましょう!
[ 2007/02/25 22:12 ] [ 編集 ]

有難うござした

遠いところをお出で頂きありがとうございました。 地元組一同心より感謝しております。 ザ・ヘルスセンターズのバンマス、シニョール・K氏は3月31日の発表会、貴殿の参加を前提に、あの名曲「夕焼け歩道橋」をアレンジ中です。 Eちんも次々に新しい(それもオリジナルなんで音源が無い)曲を与えられて目を回しながらがんばってます。 私も「Please」譜面引っ張り出して練習開開始しましたよ。 アルペジオとカッティングで3コーラス位でエンディングという感じでどないでっか。
[ 2007/02/27 19:54 ] [ 編集 ]

こちらこそありがとうございました

>KAZZ さん

こちらこそ先日はありがとうございました。感謝なんてとんでもない、こちらこそ歓迎していただいて感謝しきりです。「素人音楽発表会」の今後益々の発展を願っております。
名曲「夕焼け歩道橋」をご一緒させてくださるとのこと、大変楽しみにしています。腕がない分、気持ちをこめて弾かせていただきます。
「Please」、私はアドリブがきかないので(涙)、マンドリンのテーマで3コーラスはちょっと厳しいかと。アイリッシュじゃないですが、他の曲とメドレーで2コーラスずついくとか、1曲を3コーラスやるならマスターの渋いヴォーカルを入れるかギターを入れるか、という形の方がよさげな気が...。アイデアは多少あるのでメールしますね。

皆様にもよろしゅうお伝えくださいませ。
[ 2007/02/28 00:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/258-b776f30a