FC2ブログ






遠いE線、理想の音...

私は一介の勤め人である割に季節労働者的要素が強い職場にいてこの時期は何かと忙しい職種だ。しかもひょんなことから数ヶ月前まで全然別の会社にあった工場のお仕事に関わったりしているものだからさすがに忙しい。いや、忙しいのもあるが、どちらかといえば調整だのネマワシだの待ち時間だのと思うに任せぬ部分が結構あってストレスフルな状態にある。
そんな状態なのでさすがに今回はムリかと思っていたがどうにか1時間遅れで参加できた恒例のゆっくりセッションだった。数十分の遅刻は経験があったが、今回のように持ち時間の半分以上も遅れるということは参加以来初めてだ。もともと集団はあまり得意な方でないだけに流れに乗れない可能性大やなぁ、と思いつつ新橋へ急いだ。

3月はセンパト月間でもあり先週末あたりから都心部ではやたらとアイリッシュ関係のイベントが多い。某SNSでKNGさん及びHKSさんつながりの方々が集結される情報は聞いていたものの、やはりここ数回のゆっくりセッションからすると少人数ともいえる7名だったのもやむを得ないところかもしれないね。

肩当を換えて以来構えも少し変えて如何に弓の毛を効率よく弦に噛ませて音の立ち上がりをよくするか、というのが今の最大の関心事だったが思わぬところに落とし穴があったと感じた本日だった。Kevin 師匠のフィドルをお借りしたのだが、E線が思うように弾けない...。若干駒のE線側が鋭角に落としてあるカーブなのだが、E線がD線やA線から凄く遠い感じで見事なまでに弾けない。前に弾いたときにはそんなに苦戦しなかったハズなんだが...orz。
ゆっくりセッションは平日開催だから今後も楽器をお借りすることは多々あろうし、もう少し柔軟性のある構えの考え方が大事やなぁ、と思った次第。かなり雑音を鳴らして曲の進行を思い切り阻害してしまった場面もあって誠に申し訳なし...。



ゆっくりセッション後は大体お茶タイムと相場は決まっているのだが、本日は単身渋谷へと向かうことに。立ち上がりのよいフィドルの音色が最大の関心事ということもあるが、ここ最近はEileen Ivers にドップリとハマる時間が結構あったりする。勿論Kevin Burke やMartin Hayes も相変わらずよく聴いているのだが、どうもエッジが思い切り効いたフィドルを身体が欲しているらしい。となれば、@さんの生演奏を観るのがやっぱり自然な流れ、という訳だ。

この編成で観るのは初めて。どうにか3セット目は最初から観ることができてラッキーだった。@さんは「何か今日は全然ダメで・・・」なんて仰っていたが、少なくとも私が観た部分は好調なように思えた。まぁ、凡人にゃわからないレベルの話も多々あるんだろうが...(苦笑)

3セット目が始まる前に「今日は3セット目に濃い曲をたくさん用意してありますよ」という宣言通りで実に面白いセットが満載だった。曲のつながりも面白いし、フレーズも結構捻ってあったりで刺激的だ。
音量バランスはこれまでと比べてフィドルの音がかなり前に出ていたし実に心地よかった。某所でのやり取りの中で「セッションの延長」というライブではなく、バンドとしてライブをしたいという話を伺っていたが段々そんな形になってきているのではないか、と感じるよいライブだった。同じメンバーで木曜日は新宿ダブリナーズでライブされるそうなのでお時間がある方は是非。
スポンサーサイト



[ 2007/03/14 01:44 ] Fiddle | TB(0) | CM(10)

おつかれさまでした

昨夜はお忙しい中遊びに来て下さってありがとうございましたv
私のがエッジ効いてるかどうかは別として(苦笑、
自分もE線弾くのは未だに苦手であります。なんというか、E線に行くだけで気持ち的にビビッてしまうというか。
高音域だからミスが目立ちやすい?という先入観と、あとクラシック時代に4ポジ5ポジで必死になって抑えてたら小指が攣ったという(笑)トラウマっぽいなぁ。
でも言われて見れば角度の所為なのかも。逆に他の弦と違って腕の力で思いっきり弾き下ろし易い弦だから、アプローチの多様性もあるっちゃあるのかもしれませんが^^;
慣れてくればE線とA・D線間をぐいッと行ったり来たりする感覚が病みつきに成りますよw
(かくいうあたしは最近殴り弾きに近いのでちょい反省点の対象でもある問題ですが…)
[ 2007/03/14 22:56 ] [ 編集 ]

よいライブでござーしたよ♪

>@さん

こちらこそ毎度ながらよいライブを堪能させてもらいました♪

まぁ、@さんレベルの方と一緒にしちゃうのは失礼極まりないんですが、E線はどうもしっくりこないです。左右両方のタッチがきっちり揃わないとしっかりした音が出ないシビアな弦ですよね。これはフィドルに限った話ではなくて、ハードロックのギター少年だったころもグリスマンに憧れるなんちゃってマンドリニストとしても同様の悩みはあったわけで...(苦笑)

>クラシック時代に4ポジ5ポジで必死になって抑えてたら小指が攣った

ははは^^;。まだバヨでそんな高いポジションを使ったことがないので...(爆)。ローポジションでしかもマンドリンですけど、シャコンヌの和音を弾こうとしてマジで攣りました(笑)。

>言われて見れば角度の所為なのかも

前にもKevin 師匠のフィドルは拝借して弾いたりしていたんですが、昨日久々に弾いてみたら(というか構えた瞬間にE線難しそうと感じた...苦笑)こんなにE線が弾きにくかったかなぁ、と思った次第で...。見て即分かるほどではないハズですが、各々の楽器のセッティングってこんなに違うんやなぁ、と。未熟者なのでそういう感覚を持つと普段できていることまでできなくなってしまうのが情けないデスわ...(苦笑)

>慣れてくればE線とA・D線間をぐいッと行ったり来たりする感覚が病みつきに成りますよw

上手な方が弾いている姿を見るとそうなんだろうなぁ、と思います。爪の垢ほどでもよいからその感覚を体感できるよう精進します。

残念ながら明日の新宿は観に行けませんが、また次回も楽しみにしてますよ♪
[ 2007/03/14 23:29 ] [ 編集 ]

すんません!

モハーさん、昨日はお疲れ様でした。いつも弾いてもらっていたNo5とは、違うNo5で、すんませんでした。こいつは、魂柱がなかったので、新調して、テルピース、あごあても新調、駒も新調しましたが、カーブは半径42ミリで削りっぱなしで・・・A線部分を少し下げたほうがいいんですね。ぺグも、くっついていたものがそのままでしたので、
これも交換したほうが、よさそうですね。

渋谷は、この時期、ジジイには、寒いのでご遠慮しちゃいましたけど(笑)! @さん、たけーださんのデュオは、好きなので、またの機会におじゃましようと思っています。
[ 2007/03/15 01:33 ] [ 編集 ]

毎度毎度

>Kevin 師匠

火曜日はお疲れ様でした&ありがとうございました。
先日のフィドルははるさんのところに行っていたものかな?
確かにD線とA線は重音になりやすかったかも(笑)。あのタイプのペグは少し扱いづらいですね。まぁ、アジャスタがついているのでそれを使えばいいんですが、普段E線以外はペグであわしてしまうので...(苦笑)。

渋ダブ、ライブを観ていると背中が寒いんですよね^^;。4月くらいになれば心地よいでしょうけど。なかなかえぇ感じだったので機会あらば是非!
[ 2007/03/15 07:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/03/19 22:59 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧可能なコメントを下さった方へ

管理人のみ閲覧可能なコメントでしたので、とりあえずご質問の事項についてお答えさせていただきますね。

私が参加させていただいている「ゆっくりセッション」は、基本的に来る者拒まずで運営されているので大丈夫だと思います。私が主催者ではないので、不安でしたら主催者であるKevin さんに連絡してみてくださいませ。メアドを記すことは憚られますので下記URL をご参照ください。

Kevin さんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kevinhagi

次回は4月10日19:30~の予定だそうです。
[ 2007/03/20 00:34 ] [ 編集 ]

なぬ!!

モハ-さん、管理人のみ閲覧可能なコメントって???
ゆっくりセッション参加ご希望の方でございましたか?

ノー・プロブレンでござるよ~!
大体、主催者からして、フィドル超初心者でござる(笑)!
アイリッシュ・ギターとバウロンだったら、多少レクチャー
出来るでござる。

フィドルについては、曲名その他、モハ-さんにレクチャー
してもらってね。

打楽器系は、おさむさん!

笛系だったらT田くん担当!

マンドリン系だったらKen担当!

皆さん、手とり足とり教えてくれますよ~(笑)!!
[ 2007/03/20 01:31 ] [ 編集 ]

お察しの通りでござる

> Kevin 師匠

お察しの通り、ゆっくりセッションに参加してみたい旨のコメントでございました。「管理者のみ閲覧」になっていたのでお名前や具体的な内容は伏せさせていただいております。

また仲間が増えると嬉しいですね♪
[ 2007/03/20 02:30 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

すみません、深い意味は無しに「管理者にだけ・・・」
ボタンをポチっとしてみました。。

次回の4月10日は残念ながら参加できませんが、
5月以降(毎月なのでしょうか)参加させていただけたらと
思っています♪

遅ればせながら、当方、ティンホイッスルをほんの少々吹けるかな~程度の者です。
アドリブ、暗譜、しゃべり?、全然ダメです。
ちなみにお酒もあまり飲めません(特に平日は)。
でもセッションには興味ありですので、よろしくお願い致します。
[ 2007/03/20 23:15 ] [ 編集 ]

改めまして、いらっしゃいませ♪

>hanaさん

当ブログにお越しいただき、またコメントいただきありがとうございます。むさ苦しいブログですが、またお越しくださいね。

詳細は主催者Kevin さんの弁を待つとして、私自身新橋のアイリッシュ・タイムスでのゆっくりセッションに参加し始めてボチボチ丸1年になろうとしています。毎月開催されていますので先述のブログ等で日程確認の上、お越しくださいませ。
私自身、ブログ上ではエラそうに書いていますがまだまだな身の上です。でも一緒に音出しすることで刺激を得られますし、演奏だけでなく自然に会話も進むことでしょう。是非一度お越しくださいませ。お会いできることを楽しみにしています。

...、因みに私も4月10日は出否微妙な状態ですが...。
[ 2007/03/21 00:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/263-a60df1a8