FC2ブログ






木の上のヴァイオリン弾き

「なんだ、前回記事の続きか」などと言わないように。
ここは関西は夙川の公園である。夙川といえば有名なお屋敷町なのだが、そこでアイリッシュな集いをやろうという企画が昨日4月30日に阪神 Fiddler's Nest のメンバーを中心に組まれたのだった。公園セッションとはいっても代々木公園や山下公園のような如何にもというどデカイ公園ではないが、それがかえっていい雰囲気だ。物好きにも11名が参加し14時過ぎからこんな感じでまったりと始まった。

食べ物に飲み物、それなりに揃っているし川沿いの公園ということでちょっとしたピクニック気分でもある。せばすちゃんさんと兄弟弟子のピヨラーさんも3名参加で、ゆっくりとポルカ・セットを弾いてみたり定番チューンをいろんな速度で弾いてみたりと和気藹々ムードで楽しんでいたのであるが...。

何と警察官2名がご登場。どうもどこかで経験したような気がするが...(苦笑)、近隣から苦情が出たらしい。参加者全員「え、この程度の音で・・・?」という感覚だし、警察官も「これくらいなら大丈夫なハズなんですが」と気の毒そうな表情を浮かべておられるのだが、やむを得ず撤去命令。
うぅむ、お屋敷町に住んでいる人にしては心が狭いなぁ、などと勝手な理屈を言ってみても始まらないので撤収し北へと向かう。

比較的民家がない場所を発見したのでセッション再開だ。誰だ、調子ぶっこいているヤツは...
syukugawa_20070430_2.jpgこの手のネタには必ずこの人が付いている、と考えて間違いない。グリコのおまけ顔負けのヒット率だろう。せばすちゃんさんである。みんなでそそのかしたらすぐに木にも登ってしまう。以前からこういう性癖があるものと思っていたが本日見事に証明されたワケやね(爆)。
何となくネコの集会みたいな感じがする絵ではあるが、まぁ皆さん結構楽しんでいる。一応先ほどのこともあるのでフィドルにはミュート(消音タイプではない)をつけて大人し目の音量にしたがかえってお互いの音をちゃんと聴きながら演奏できたかもしれないね。今回194さんはマンドリンも持参されていたので一緒にマンドリンで弾くこともできて、これまでとはまた違った雰囲気が出たのは収穫だった。「Cooley's」のバッキングは結構喜んでもらえたようだし。Sトーさんの即席アイリッシュ・ダンス教室もあって楽しかったなぁ。

syukugawa_20070430_3.jpg屋外にはつきもののたまに立ち止まって聴いていくお客さん。本日はこのお犬様が一番滞在時間が長かったかな。飼い主さんが帰ろうと促しても動こうとせず楽しんでくれたようだった。噂ではアメリカ領事さんも聞いていたらしい。


最後は調子ぶっこいたオッサン二人の木の上写真。なんとなく悪ガキ時代を思い出すね(笑)
FiddlerOnTheTree.jpg


みなさん、貴重な休日にお付き合いいただきありがとうございました。また機会あらば遊びましょう。
スポンサーサイト



[ 2007/05/01 09:52 ] Session & Event | TB(0) | CM(21)

意義アリ

私まだオッサンじゃないです。
もちろんまだ中年でもありません。
心だけは10台ですし(笑)

しかしまたアホな写真が…お師匠様をはじめ
関東のフィドラーさん達には誤解を招かない
ように、真実を語っておいて下さいね。「彼
はサービス精神が旺盛なだけで、本当はクー
ルでダンディなナイス・ガイだよ」って♪
[ 2007/05/01 11:39 ] [ 編集 ]

意義却下(爆)

>せばすちゃんさん
私の主観で書いてますので異議は却下いたします。悪しからず(笑)

貴殿のふぃどらー振りはすでに周知の事実ですので、精々

「実際の彼はブログの10倍くらい楽しいエンターティナーです」

くらいしか言えないねぇ(^O^)

次はエベレストにでも登っときます?
[ 2007/05/01 12:47 ] [ 編集 ]

hiro

モハーさん、昨日は楽しかったです(^^)

お菓子食べながらのマッタリ感がヨカッタ~
そしてモハーさんに会うとどうも“楽器欲しい病”の症状が…マンドリンもいいよなぁ、ハープも欲しいよなぁ
魔窟の黒い影がヒタヒタですかね?

しかし「木の上ズ」写真はおもろいデス(笑)
[ 2007/05/01 17:42 ] [ 編集 ]

タイトルのところに…

名前入れてしまいました!
すみませんー
[ 2007/05/01 17:44 ] [ 編集 ]

「木の上ズ」

>hiro さん

昨日はありがとうございました。年齢に関する新事実発覚が個人的にはなかなか重大事件でした(笑)。

相変わらずまったり感タップリな上に、ネタ好きなツワモノ揃いの楽しい会ですね。私ももっと修行しないとなかなか付いていくことができません^^;。木の上ズも私ごときではせばすちゃんさんの後光でかすんで見えてしまいますね。

>“楽器欲しい病”の症状が…マンドリンもいいよなぁ、ハープも欲しいよなぁ

今日、魔窟に寄ってきましたよ^^。
なかなか操作性のよい弓が3本ほど...。この際さらなるレベル・アップを目指して1本いかがかな?(笑)。あ、決して私は魔窟の社員ではありませんよ。

因みに店主の目標は「Lark In The Morning」だそうです。
http://larkinthemorning.com/
こんな店が近所に出来たら即破産&寝る場がない状態になってしまいそうですね^^;。

タイトルのところに名前を入れる方はちょこちょこいらっしゃいます。私も自分のところの感覚でメアドの欄にタイトル入れてしまったりなんてことをよくやらかします^^;。

またオキャロランの会にも出席したいですね。なかなかタイミングが合いませんが...。
[ 2007/05/01 17:57 ] [ 編集 ]

魔窟

>>店主の目標は「Lark In The Morning」・・・

いや、やっぱり「Gruhn」にしときます!
[ 2007/05/01 21:21 ] [ 編集 ]

わわ!

あぶない!私もあやうく題名に名前を入れかけました。。。

昨日はほんとに野外セッション日和でしたね!
やっぱフィドラーは飲んで食べて、だらだら音楽を
楽しむのが醍醐味ですよね☆
モハーさんとはお久しぶりなのになぜかお久しぶり感が
なかったですねー(笑)
音源、まだちょこっとだけですが聴かせてもらって
おります。^^Matt Molloyのフルートの音色、心なしか
hataoさんの笛の音色にも似ている気もします。
温かみがあっていいですね!映像で一度じっくり見てみたいのでチーフタンズのビデオとか買おうと思ったりして。。。

チーフ
[ 2007/05/01 21:38 ] [ 編集 ]

昨日はお疲れ様でした。
マンドリンのことご口授いただき、とてもありがたいセッションでした。
バッキング修行に励みます!
今度お会いした時はマンドリンも少しはレベルアップしてる予定なので、
またよろしくお願いします。
フィドルもマンドリン並に励まなければ・・・


[ 2007/05/01 22:03 ] [ 編集 ]

いっらしゃいまし♪

>店主さん

ようこそ、むさ苦しいブログへ^^;。
今日はいろいろとありがとうございました。ネタの豊富さに毎度感激しきりです。

>いや、やっぱり「Gruhn」にしときます!

それはそれで怖いものではあります。
楽しみですなぁ、例の楽器...^^;。ご報告を楽しみにしております。
[ 2007/05/01 22:07 ] [ 編集 ]

野外日和

>よしさん

久々にご一緒できて楽しかったですよ♪
ちょっと昨日は控え目だったですかね。息子さんも順調に成長されているようで見ていて微笑ましかったです。愛想がよい子で見ていて楽しいですよ。

Matt Molloy はやはり当代きっての名手でしょうね。ビデオから焼きまわしでよければ映像はありますよ。めっちゃ、カッコいいです。

それより、ホイッスル、めっちゃレベルアップされてましたね。是非関東にも遠征してくださいませ♪
[ 2007/05/01 22:12 ] [ 編集 ]

マンドリン

>194さん

やっと関西にもマンドリン仲間ができて嬉しいです。

Cooley's のバッキングが思いのほか受けたのが嬉しかったですね。
パターンは単純なので是非広めてください♪

>今度お会いした時はマンドリンも少しはレベルアップしてる予定なので

あんまりレベルアップしないでください。私が付いていけませんので...^^;。冗談はさておきマンドリンの輪は広げましょう。楽しいですものね。次回ご一緒できる機会がまた楽しみになりました♪
[ 2007/05/01 22:19 ] [ 編集 ]

THE LONESOME PINE FIDDLERS

こちらの画像を拝見して、学生時代にやっていた、ブルーグラスでよく聞いていました、LOMESOME PINE FIDDLERS(寂しい松のフィドラー達)と言うバンドを思い出しました。

さすがの、調子ぶっこきフィドラー、モハーさんとせばさんの画像でしたね。

これは、シリーズものにして戴きたいですね~!

次回は、新橋駅前のSL上なんて、如何(爆)???v-8
[ 2007/05/05 02:09 ] [ 編集 ]

ネタはなかなか...^^;

>Kevin 師匠

私の場合、自らネタをつくるというより便乗派なので...^^;。
やはりキャラのたった人がいないとなかなか面白いものはできないですね(笑)
SLは却下です。いくら調子ぶっこいていても同じ過ちは繰り返さないのです^^;。
[ 2007/05/05 08:13 ] [ 編集 ]

こんにちは、最後の方にこっそりお邪魔いたします。
先日はどうもお世話になりました。
いただいたCDはiTunesにぶちこんで聞かせていただいておりますが、いざ弾けるようになるのはいつの日のことか……がんばります。
またよろしかったら遊んでください!
[ 2007/05/06 00:12 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>ゆうまさん

先日はありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。代々木も似たような感じで遊んでましたよ。

Philip John Berthoud の『Irish Fiddle Playing』の冒頭からチャレンジされているということに感動しました。Musical Priest、難しいですが、良い曲ですよね。今日やってみたくなって2時間ほどさらってみました。是非次は一緒に弾きましょう!

こういう会は参加したもの勝ちだと思います、経験上^^;。
機会あらばまたご一緒いたしましょう。

私の知人曰く...「弾けない曲などない。なぜなら弾けるようになるまで止めなければよいから」、だそうです。そこまでやるかどうかは別として案ずるより生むが安し、という考え方はありますね^^。お互い頑張りましょう♪
[ 2007/05/06 01:51 ] [ 編集 ]

 マンドリンの音、素敵でした♪
めっちゃ下手ですみません。集合時間に遅刻もして
ほんとすみませんでした。
またお会いできる日を楽しみにしています。

通りがかりのレトリバーのジェスくん、アイリッシュが
ほんとに気に入っていたようですね(笑)

犬を飼えるようになったら、フィドルを弾いて、
うっとりした子を同居人に任命しようと思いつきました。(*^_^*)
[ 2007/05/08 00:16 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>じぇしかさん

先日は楽しかったですね♪ありがとうございました。
アイリッシュ練習会と称しながらどちらかというとフィドルの会的様相を呈するのでフィドル以外の楽器があると新鮮です。今回は194さんもマンドリン持参で来て下さったので個人的に非常に嬉しかったですよ。

近所から通報があったのは誤算でしたが、野外練習会だと遠慮なく音を出せるのがやっぱりいいですね。是非またご一緒いたしましょう。いろんな曲が弾けるようにお互い頑張りましょうね。

>フィドルを弾いて、うっとりした子を同居人に任命しよう

なるほど、よいアイデアですね。フィドルで命令していうことをきく犬がいたら一躍有名になると思います(笑)
[ 2007/05/08 00:58 ] [ 編集 ]

フィドルで命令していうこと聞くわんこ(笑)
飼い主の音楽のセンスが問われそうですね☆
どの命令でどんな音だすとか。

あのあと、フィドルを聴いて 踊るわんことか、
歌うわんこ とか 下手な演奏を聴いてつっこみ
いれるわんこ とか 考えたら楽しくて
とまらなくなってしまいました♪
[ 2007/05/10 12:53 ] [ 編集 ]

漫才わんこ

>じぇしかさん

下手な演奏にツッコミ入れるわんこは怖いですねぇ(^_^;)
果たして彼らの耳にフィドルの音がどう聞こえているのか興味はありますね。以前テレビでバイオリンの音に寄ってくるイルカ、というのを見たことがありますよ。
[ 2007/05/10 14:21 ] [ 編集 ]

イルカ

 イルカがバイオリンの音でよってくるんですか??
見たい☆
下手だとこないのかなーー。。。寄って来るどころか
逃げ惑ういるか達。。ホラーちっく(笑)

ノリノリの演奏を聞いて曲芸するイルカがいたら
素敵☆
[ 2007/05/19 23:33 ] [ 編集 ]

イルカ踊らすフィドル

>じぇしかさん

バイオリンに寄って来るイルカ、何の番組やったかなぁ。外国だったと思いますが、バイオリンを弾き始めると岸の方に寄って来て少しジャンプしたりしていました。サーチ・エンジンで検索してみましたが、歌手のイルカさんばかりでてきてヒットしませんでした^^;。

ノリノリのフィドルで曲芸するイルカはショーとして楽しそうですね。実現しないかなぁ♪
[ 2007/05/21 00:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/277-f3976692