FC2ブログ






傍観者A(...爆)

本日は恒例の”ゆっくりセッション”開催日だった。どうも雲行きというか気配からして大所帯になりそうな予感がしていた。遅れ参加も覚悟の上で仕事後一旦自宅へ引き返し楽器を携えて新橋へと急いだ。他人の楽器を使わせてもらうのもいろいろと勉強になっていいのだが、やはり愛着ある楽器で参加したいという思いにはなかなか勝てない。

因みに今回はマンドリンだけを持参した。先述の通り大所帯になりそうな予感がしたことが要因だが、どうもいつの頃からかこのセッションはフィドラーの巣的集まり方になってきているのでならば違う楽器の方がよかろうという思いもあった。

ITShinbashi_20070508.jpg案の定到着したらこの賑わいだった。これくらい競馬の予想が当たってくれればいうことないのだが...orz。
私が到着したのは定刻より30分遅れだが既に12人(かな?)。構成はフィドラーが4人、ホイッスラーが4人、フィドラー兼マンドリニストが2名にバンジョーマンドリンが1名、ギタリスト1名。(→合っているかなぁ...)
思ったよりフィドラーは少なかったがこの大所帯だとコンビケース持参ではどうにもならなかっただろうからマンドリンだけ持参したのは正解だった。何より同門の名手Kさんがおられることだしこの際離れた位置からだが勉強させてもらおう。

遅れ参加の分際でもあるので暫くはジェムソンを呑みつつ場の雰囲気把握の時間とした。次から次へと曲が出て休む暇もないというほどではないが、適度なペースで曲は出ている。頭出しも特定の誰かが常にリードしている感じではなく、積極的な方数名でリード役が替わっている感じ。音量はちょっと遠慮気味かな。オヤジの街新橋の雑踏ということもあるが、頭出しの旋律は1名が弾いている程度だとやや聴き取り辛い。フィドルはもっと聞こえてよさそうな気がするんだが...。

20分ほどは酒を飲んだりアイリッシュ・タイムスさんの美味しい食事をパクつきながら上記のような観察をしていた。少し酔いも回ってきたしそろそろよかろうとマンドリンを取り出して弾けそうな曲には手を出す。リード役がコロコロ替わる効果でバリエーション豊かだが、頭出しが聴き取り辛いのがちょっと厳しいところだったが、音量が大人し目のお陰で自分の音は比較的聞こえるのはありがたい。最近あまりマンドリンを触っていなかったので雑音が多過ぎたが...(苦笑)。

普段このセッションでは音の密集地にいることが多いので今回のように遠目から見渡しつつ弾くのもなかなか新鮮だ。全然知らない曲だからとか、速過ぎるからとか、何回か出た曲だからとか、様々な理由で休んでいる時間の方が長かったがセッション参加者でありつつ観客というある意味一番美味しい立場でリラックスして楽しめた。みなさん、本日もいろいろありがとうございました。また機会あらば一緒に楽しみましょう。毎回場を提供してくださるアイリッシュ・タイムスさんにも深く御礼申し上げます。

(本日参加できた曲)
(polkas)
1)Ballydesmond #1
2)Ballydesmond #2
3)John Ryan's
4)Dennis Murphy's
5)Peggy Ryan's Fancy
6)Egan's

(jigs)
1)Morrison's
2)Kesh
3)Out On The Ocean
4)Blarney Pilgrim
5)Connaughtman's Ramble
6)Willie Coleman's
7)Cliffs Of Moher
8)Banish Misfortune

(reels)
1)Drowsie Maggie
2)Pigeon On The Gate
3)Cup Of Tea
4)Banshee
5)Blackberry Blossom

(Air)
1)Down By The Sally Garden

んなとこだったかしらん...。ダメだこりゃ、もう忘れてる...。
あ、Kさんの高速リール「Humours Of Tulla」「Banshee」は強力だったなぁ...♪
スポンサーサイト



[ 2007/05/09 00:32 ] Session & Event | TB(0) | CM(2)

Lin Lin先生の門下生

モハ-さん、昨日は、お疲れ様じゃした!
あれだけ音が出ていると、チューニングが至難でした。
やっぱり、ギター半分、掛け声半分でしたね(笑)!
それにしても、Lin Lin先生の門下生フィドラ-は、
すごいね。Kさんのカッコイイ、リール・セットを筆頭に、
はるさんは、大幅にレパートリーを増やしているし・・・
もちろんモハーしゃんも!弟子入りしたいですけど、月に5日の休みでは、一日は、ゆっくりセッションだし、残りの4日は、火曜か水曜が前日まではっきりしないし・・・ダメか~・・・・6月から、しばらく時間がある、はるさんに弟子
入りってのも、ありかな~(笑)!!v-221
[ 2007/05/09 14:24 ] [ 編集 ]

チューナー用ピックアップ

>Kevin 師匠

大した値段じゃないのでチューナー用のピックアップ・マイクを買っておけばよろしいか、と...。例えば...

http://www.rakuten.co.jp/ototebako/636283/659491/714700/

セッション中のチューニングでこれがなくて六本木では往生しました。ホントは適当な合間でお互いチューニング確認をした方がいいのでしょうけど...。

Kさんはやっぱり基礎がしっかりされているんでしょうね。音の出方そのものがすごく綺麗ですし、左右の手どちらもムダがないように思います。俄かフィドラーではあり得ないことですね(笑)

はるさんのレパートリーは多分既に私より多いだろうと思います。こちらはボケが進行する一方なので太刀打ちは厳しいかも、ですなぁ(苦笑)。

レッスン通いは月1回でも効果があるかどうか、というのがよく分かりませんが、ゆっくりセッション日のみお試しで始めてみる手もありかもしれませんね。
[ 2007/05/09 19:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/281-7b3514cb