FC2ブログ






果てなき宴

ここ2回、もう一人の漢の存在を匂わしてきたわけであるが、そろそろご登場願わねばなるまい。察しのよくない方でも大体見ていていたであろうが、この人物せばすちゃんさんである。偶然に偶然が重なり、急遽連合艦隊が組まれることとなったのだ。このミッション、最重要事項はフィドラー兼ブロガー界で知らぬものはいない超有名人であるせばすちゃんさんの匂いを最後までpadawanさんに悟られないことであった。


徹底的に秘匿の上、真珠湾攻撃を遥かに上回る奇襲作戦は私の宿泊地のロビーで決行された。本日予め決定されているライブのメンバー、padawanさん、Tommy さんと私が談笑しているところを颯爽とせばさんが現れるという作戦だ。

うっそや~やられたわ~、ホンマ...」とソファに突っ伏すpawadanさん。どうやら作戦は大成功である。実はもっと激悪なことも考えていたんだが、武士の情けってことで(笑)。ま、謀は仕組んでいるときが一番面白くて、その実現の一瞬に一気に花開くね。ヤメラレマセン。

本日のライブ&セッション会場は、ここ「Celts」さん。padawan さんやTommy さんによると系列店的アイリッシュ・パブが数軒あるそうだが、どこもセッションをやらせていただけるようなところではなく、今はこのお店が頼りなのだとか。彼が九州へ異動されてから数ヶ月、よくぞ本拠地を確保されたことと思う。今回の襲撃はそんな彼の頑張っているところを偵察させていただくというのが大きなテーマだったのだ。


一旦某所で軽く食事した後、18時前にお店に。「敢えてセッションの延長的ライブにしたい」というバンマスpadawanさんの提案に賛同し、1時間ほど出演メンバー4人でセット・リストを12~13用意して本番へ。
まずは1時間程度ライブ・タイムである。何と、いきなり「Dennis Murphy's / John Ryan's」というエンディングの定番的な強力ポルカ・セットで幕を開けることに。さらに...、2セット目の頭は「Kesh」である。どこからでもかかってこい、というpadawan氏の気迫に押されながらも「Kesh」の後は何と私のソロで「Arthur Darley's」を繋いで最後は「Banish Misfortune」というジグ・セットである。


曲によってこんな感じのトリオになったり、或いはカルテット、或いはデュオと変幻自在にメンツ構成も変わりながら進むライブ。誰だ、弾けないから登場しないだけだろ、という不粋な突っ込みをするヤツは...。ま、私やせばさんには結構当てはまる部分があったりするんだが...(苦笑)
基本的にはエアを除いたどのセットも超高速なんだが、中にはまったりと「Carraroe / Out On The Ocean」を流したりとそれなりの変化はつけられたのではないかな。最後は「Mountain Road / Moher's Solo (Blackberry Blossom) / Tommy's Solo / Padawan's Solo / Dinky's」の超高速リールメドレーで閉幕。個人的にはチョンボが多い不満な演奏だったけど、メチャクチャ楽しいライブをさせていただいた。

暫し休憩をいただいた後、楽器を持参されている方をまじえてのセッション・タイムである。
padawanさんはこのお店「Celts」さんでセッションだけでなく、初心者向けフィドル教室も主催されている。わずか数ヶ月でそこまで地域に密着されていることに改めて感動。このセッションに関してはそのpadawanさんから「みんなが弾けるBritches をキーに色んな曲に展開したい。」という要望を事前に受けていたので、私なりに持っていた進め方は「Brithces はプラットホーム。セットの頭はBritches で次に別曲を弾いてまたBritches に戻って、また別の曲へ」という形。まずはpadawanさんがゆったりと「Britches」を始めて、みんなが追従する。3回ほど流すと私から(或いはpadawanさんやTommyさんやせばさんから)目線で合図すると「Egan's」や「Last Chance」が始まるという具合だ。通常ならスンナリと「Britches / Egan's / Last Chance」となるところが、今回の場合は「Britches / Egan's / Britches / Last Chance / Britches」となったりするわけだ。セッションが進行するに従い、プラットホームが今度は「Kesh」へ行ったりもする。皆さんが弾き疲れたら、ライブ・メンバーで適当に曲を回したりする。弾けない曲でも足踏みで煽ったりとにかく弾く弾く!参加者みんながヘタヘタになりながら狂ったように弾きまくる。待てよ...、この光景は『世に棲む日々』で頻繁に出てくる長州侍達の宴席と一緒じゃないか。


本日主役を務めた楽器達の一部。よく頑張ってくれました。
いや、そんなことより、まずはこんなドサンピンごときのためにこんなに素晴らしいライブ&セッションを企画してくださったpadawanさんにTommy さん、そして何よりもこんなに素晴らしい場所を提供してくださったCelts さんに感謝いたします。Celts のオーナーさんは「こんな台風の中、本当に大丈夫なの?」と心配いただいた上に、飲み物他色々とお気遣いくださって本当に嬉しかったです。それと、ライブを聴いてくださったお客さんにセッション参加された皆様、どこの馬の骨ともわからぬ我々を暖かく迎えてくださったことに改めて御礼申し上げます。さすがに頻繁に訪れるというわけには参りませんが、遠からぬ将来にまた伺いたいと思います、もっと精進して...。
本当にありがとうございました。素敵な音楽に、素敵な夜に、素敵な酒に、そして素敵な「Celts」に乾杯!



馬関襲撃編(了)
スポンサーサイト



[ 2007/07/17 02:48 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)

お~っ、やはりS殿でござったか。漢なる文字でうすうすは、判っておったが、・・・・padaさんのリアクション拝見したかったでござるな~v-237

来月のv-48襲撃、宜しくお願い申し上げ候。

未踏の地ですからね(笑)!!
[ 2007/07/17 11:38 ] [ 編集 ]

帰路にて

>鷹匠組頭殿

まぁ、前振りがベタ過ぎましたからね(笑)
padawanさんのリアクションは見ものあったあるね。
あの反応の良さは仕掛けた方も嬉しくなるある。
http://blog28.fc2.com/image/icon/e/224.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">襲撃は楽しみあるな。拙者も未踏の地あるし♪
[ 2007/07/17 12:00 ] [ 編集 ]

うむむ

死のロードの最後に台風も吹き飛ばすセッションとは!
いつかは私も襲撃せねば。
[ 2007/07/18 00:08 ] [ 編集 ]

せばすちゃん

お疲れ様でございました^^

padawanさんのリアクション…本当に行った甲斐がありましたね~(笑)

関西ではセッション環境は悪くなってきているので、私も負けずに
なにか考えようかな~。

…でも、とりあえずは練習だな^^;
[ 2007/07/18 06:33 ] [ 編集 ]

次は四国...

>konさん

ご無沙汰です。ギター、買っちゃったんですね♪
死のロード、番外編も用意してますので(笑)

九州、あの感じだと勢力はさらに増しそう。一度是非!
その前に来月はよろしゅう。今、タイムテーブル作ってます。
[ 2007/07/18 07:36 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

>せばすちゃんさん

どうも長旅並びに奇襲作戦にご協力いただきありがとうございました。
padawanさんのリアクション、想像以上で仕組んだ甲斐があった
というものですね(笑)

来月、関西企画をよろしくお願いしますね。

>…でも、とりあえずは練習だな^^;

我輩も...(苦笑)
[ 2007/07/18 07:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/305-2cab7d95