FC2ブログ






英国民謡+愛蘭土民謡+α=緑羊的音楽遊戯

先月初めてお邪魔したGreen Sheep@横浜でのセッション、28日(土)に開催されるとのことで再びお邪魔してきた。横浜でのセッションは何と言っても地理的条件がありがたい。しかも主催されているA Drop Of Goodbeerさん達のアンサンブルも楽しめるから、この上なく美味しいセッションである。前回初参加で彼らの演奏を聴いて興味を覚えたので某SNSで推薦されていた4枚の神器の内3枚は仕入れて合間を見て聴いている。
MorrisOn.jpg

SonOfMorrisOn.jpg

GrandosonOfMorrisOn.jpg

上から「Morris On」、「Son Of Morris On」(子モリス?)、「Grandson Of Morris On」(孫モリス?)。Fairport Convention のベーシストだったAshley Hutchingsのシリーズ物で、英国伝統ダンスであるモリス・ダンスに使われる曲を今風(?)の編成で、というもの(といっても発売時期は70年代近辺)。全体的に和やかで優雅。肩肘張らず楽に聴ける音楽だね。もう一枚ある「Great Grandson Of Morris On」は入手し損ねた...。
DancingDays.jpgそ、そ、これもその系列でお勧めですな、特にフィドラーには。
やはりGoodbeerさんが某SNSでプッシュされていたChiris Leslie の『Dancing Days』。これはモリス・オンのシリーズより耳にすることが多い。芯のある骨太なフィドルで耳に凄く心地がいい。

真剣にレビューを書いてみてもいいのだが、まだまだ勉強不足な私が書くより、ここを見ていただくのがいいか、と。

バートっちさんの「英国民謡好きの戯言」(http://plaza.rakuten.co.jp/englishtradition)

800枚を超えるレビュー数もさることながら、アルファベットの索引がちゃんとついているし、レビュー内容も当を得ていて非常に参考になる。英国民謡とはなっているものの、アイリッシュも頻繁に出てくるし、買う前によく参考にさせてもらったりしているお気に入りのブログだ。
Morris On のレビュー:http://plaza.rakuten.co.jp/englishtradition/diary/200505030002/
Son Of Morris On のレビュー:http://plaza.rakuten.co.jp/englishtradition/diary/200706280000/

ちょっと脱線したが、セッションである。
GreenSheep20070728.jpg定刻より遅れること30分、現地に着いたら明らかに聞き覚えのあるホイッスルの音色にフレーズが...。T田さんだ。Goodbeer さんやCOCOさんの伴奏で心地よく吹いておられる。吹いていたのはやっと最近曲名とメロディが一致し始めた「Athol Highlanders」。
今回はY山さんが欠席とのことだが、私が到着後すぐにオサムさん(ライブ観戦のため18時頃に早退)が現れ、さらに暫くしてからA Drop Of Goodbeer のフィドラーであるpi☆peさんも到着。「Cup Of Tea / Banshee」、「Irish Washerwoman / Arthur Darley's Swedish Jig」などアイリッシュをやったり、A Drop Of Goodbeer のアンサンブルを楽しませてもらったり。演奏の合間には歓談。そうこうする内、アイリッシュ代表@さんもご登場。A Drop Of Goodbeer さん達もお初だったようで視線が彼女に集まる。気だるそうな雰囲気を醸しながら出てくる音は相変わらずのキレ味鋭いフィドル。毎回思うがこんな凄い人が傍で弾いてくれているなんて、そりゃホンマ夢見てるみたいあるな。

前回はpi☆peさんがお友達と連れ立って即中座されてしまったのでじっくり聴かせていただくのは今回が初めて。バンドできっちり練習されていることもあるのだろうが、練度が違うなぁ、というのが第一印象。出音が丁寧で柔らかい。ほのぼのしたアンサンブルが蒸し暑い午後にまったりとハマる感じだ。アイリッシュ3人組は思わず聴き入ってしまう。
聞けば「10年くらい迫害に近いような状態だったんですよ、この手の音楽」ということだったらしい。素朴さが裏目に出ちゃうのかな~。めちゃくちゃ難しいと思うんだけど...。何にしても今こうして身近に楽しめる場ができたことは喜ばしい限りだね。なかなか研究時間が取れないけどあの美しいアンサンブルの一翼を担えたらなどと、身の程知らずに考える愚か者、ここに一人ってな土曜の午後だった。
皆様、ありがとうございました。精進しますのでまたよろしくお願い申し上げます。



終了後は例によって君津へ。
今回は横浜長居のため、本編発表会はパスしてアフター・アワーズで適当に弾かせていただく。楽器名人のガチャ女史が最近バイオリンにぞっこんとのことなので、こんな私でもの世界でちょいとバイオリン講座...。身の程知らずめ、というなかれ。そんなことはやっている私が一番知っとるけぇ...。ま、初心者がハマりやすいところはわかるので参考程度に聞いていただいた次第...。我の後、追う事なきように祈る次第あるな。

(死のロード、アクアライン編 了)
スポンサーサイト



[ 2007/07/30 23:01 ] Session & Event | TB(0) | CM(6)

サットンズです

いつも遠いところを有難うございます。 八月はまだ決まっていませんが、またあつかましくもご連絡差し上げる予定です。 また9月30日(日)恒例になりつつありますジャズフェスティバルを行います。 今回はERAや喜多直毅さんが出ますのでバイオリン関係の方も楽しめるかと・・・
[ 2007/07/31 15:47 ] [ 編集 ]

モリスオン

いや~孫モリスオンまで入手されたとは、嬉しい限りです。モリスダンスがどんなダンスかは私のサイトにも少し映像がございます。
http://jp.youtube.com/cocomakikoizumi
個人的には「子モリス」のコンサティーナプレイが自分の中でお手本です。孫モリスはリアルタイムでライブも見ているので思い入れがひとしおです。
ひ孫モリスは私たちがコピってるバンド、Spires & Bodenが参加しています。
イングリッシュチューン、いつでも参加Okですよ!お待ちしています。

アイリッシュチューンももっとおさらい&覚えないとなー。
[ 2007/07/31 17:07 ] [ 編集 ]

毎度お世話になりました

>KAZZ さん

先日はどうもでした。毎度ながら歓待いただきありがとうございます。
8月は18日は多分×です。25日も今のところ微妙なところですが
日程は是非連絡くださいませ。

恒例のジャズフェス、今回で3回目?。日曜日というのがネックで...。
Era は久しく観ていないので行きたいのですが...。
[ 2007/07/31 23:53 ] [ 編集 ]

Spires & Boden

>COCO小泉さん

気になるとついまとめて作品を仕入れて探索してしまう性質でして...^^;

まだ「これがあぁで」みたいなことを申せるレベルではないですが、
自分で弾いてみる楽しさは存分にありそうだし、研究してみたいネタ
です。コソっとアイリッシュのセットの中に忍び込ませるのも面白そう
ですしね♪

Spires & Boden 名義の作品はないのでしょうか。その前にひ孫モリスを
仕入れねばなりませんね。A Drop Of GooBeerさん達がコピってるバンドなら是非聴いておかねば...。
因みにモリスオンの中でとりあえず何か練習課題に加えようと思って
いるのですが、曲は何がいいでしょうか。お勧めがあれば是非
ご教授いただきたく。

>アイリッシュチューンももっとおさらい&覚えないとなー。

はい、私も永遠の課題ですね...汗;
[ 2007/08/01 00:02 ] [ 編集 ]

アリャリャーン

何気なく覗き見しにきたら・・・

私のつたないブログを褒めてくれている!
嬉しいです。ありがとうございます。
またレビューがんばります。

ちなみに私は子モリスまでしか持っておりませぬ。
はっはははのは。
[ 2007/08/11 22:52 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

>バートさん

ようこそ、むさ苦しいブログへ^^;

バートさんのブログはメチャクチャ充実されているので毎度
お世話になっております。もうちと落ち着いてきたらまた
コメントさせていただきますね。

>ちなみに私は子モリスまでしか持っておりませぬ。

入手方針をブログで拝見してますので事情は理解しております。
因みにひ孫モリスは某飲食店のマスターからお借りしました。
なかなかえぇです♪

んじゃ、またたまには遊びにお出でくださいませ♪
[ 2007/08/12 02:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/309-efe006bd