FC2ブログ






尽きぬネタ、増える課題...

昨日20日はフィドルのレッスン。月に2回の契約だから2週間に1度というのが適正なペースなのだが、今月は私の都合もあって2週連続となった。間隔が短いとそれこそ「鉄は熱いうちに打て」で悪くはないのだが、ネタ仕込み及び練習時間が短いのが厳しいところである。

果たして、前回一気に6曲の新ネタを繰り出したから今回はその辺のおさらい中心に、そしてあるネタをボチボチ徹底的にやるか、と胸に秘めてレッスン場へ。
ここ数ヶ月変則的なレッスン日程が続いていたため久しくお会いしていなかったIさんが私の前。扉越しにきれいなアンサンブルが聴こえる。また腕を上げられた様子である。

今回は何回か振りでパントルを持参した。ペールギュントのケースに入れて持参したのだが、パントルはやっぱりちょっと大振りな楽器でケース目一杯だったのはちょっと驚きだった。そんな話を師匠やIさんと話しているとIさんがどれどれと試奏される。「うん、確かに大きいかも」と言いつつなかなかの美音を発せられる。

本日は私の後がKen10さんのレッスンということがわかっているので、いろんな意味で楽しみだったのだが、Iさんも「久し振りに少し見ていきます」と残られた。

何も新ネタがないのは寂しいので土曜日朝からざっと弾いてみたのはWise Maid(Reel、D Major)。「Cooley's」を覚えたときからいずれチャレンジせねばと思っていた割りにここまで結局延び延びになっていた曲だ。
ゆっくり目に弾き始めると師匠が「あ、どっかで聴いた曲なんだけど...」といいながら一緒に横で弾いてくださる。暫くはあぁでもない、こうでもないと弓順を確認したりしつつ、最後はCooley's / Wise Maid 。ここで師匠はハタと思い出された様子で、「Frankie Gavinだ、聴いたのは」と喜色を浮かべられる。以前にお渡しした『A Tribute To Joe Cooley』 の音採りを進めておられるらしい。

雑談しつつ「そういやMaid って付く曲は結構多いですよね」という話になり、ムリヤリ「The Maid At The Spinning Wheel / Scatter The Mud / Ward's Favorite」(Double Jigs)へ。「Ward's Favorite」と来ればこれだとばかりに師匠が「Morning Star」を弾き始めるので追随して以降「Stars Of Munster / Laington's」と続く。「Laington's」はようやくKevin Burke のパターンが分かり始めてトリプレットもプリプリと入るようになった。

お決まりの「Laird Of Drumblair」を弾いた後、おずおずと1枚の譜面を出す私。「ボチボチこれをやってみようか、と」と出したのは「Farewell To Erin」。Bothy Band の『After Hours』で初めて聴いて、それこそ我が魂を鷲掴みにした名曲であり、Kevin Burke のフィドルも最高だ。セッションでも耳にすることが多いし、そろそろ勉強してみようという気になったわけだ。The Session とか巷にある曲集の譜面通りでは面白くないのは事実なので、一応譜面は用意しつつも実は全然弾かずにレッスンへ持ち込んだ。師匠に横で弾いてもらいながら、Kevin Burke らしさのエッセンスを覚えていこうという作戦である。

師匠は弾きながら私の持参した譜面にいろいろと書き込みを始められ、それを見つつ師匠が弾いている音を追いつつレッスンを進めていたらKen10 さんがご登場。奥の部屋で練習を開始された。暫くは「Farewell To Erin」のレッスンを進めていたのだが、小休止したときに隣の部屋からヘビメタ的フィドルの音が漏れ聴こえてくる。どうも『Wild Blue』の「Destitution」のようだ。「あれ、彼は『Wild Blue』を持っていないハズだったのにぃ...」と衝撃の顔色を浮かべる我が師匠。私がネタを回したわけではないことはハッキリしているのだが、何しろここ半年くらい弟子同士のネタの回し合いがかなり活発だからね...(笑)

「Destitution」にはStars Of Munster が入っているし、ということで再び「Morning Star / Stars Of Munster / Laington's」に戻ったりしつつ規定のレッスン時間が終了。師匠やKen10さんとグタグタ会話しつつお片づけ。Ken10 さんは耳が良いらしく「Scatter The Mud」のセットもほぼ音をとり終えた様子だった。すごい、凄すぎる...!



明けて本日21日はゆっくり起きて競馬の予想と楽器の練習。いまだ風邪が抜けきらないので残念だがおやじバンドのライブ観戦は断念した...。

土曜日のレッスン帰りに買ったCDを聴いていて新たに弾きたいものが登場した。どうもやりたいネタが増えるばかりで、全然モノにできていないのが大問題だが興味が出たからには仕方あるまい...。
TheBestOfAltan.jpgそのネタが入っているのがこれ、『The Best Of Altan』。基本的にベスト盤には手を出さない主義なのだが、これはベスト盤に加えてライブ音源も1枚ついた2枚組。税込み2,940円は微妙な価格設定だがとりあえず買ってみた次第。
ライブの出来は相変わらずよくできていて非常に心地よい。
そして、件の曲が...。

Paddy's Trip To Scotland / Dinky's / The Shetland Fiddler (reels)

Dinky's はひと頃よく弾いていたが、その前にくっついている「Paddy's Trip To Scotland」はString Sisters のライブでも「Dinky's」とセットで気になっていた曲のひとつ。セッションでも何度か耳にしていたしね。padawanさんも素晴らしい演奏を水道橋で聴かせてくれた。
で、さらに最後の「The Shetland Fiddler」は記憶が正しければ六本木のセッションで耳にした曲。聴いた瞬間に「あぁ、これだったか」と気付き即譜面をThe Session でゲット。
「Farewell To Erin」もそうだが、このAltan のセットもいつかお披露目できる日が来ることを祈って...。はぁ...、練習あるのみですな




最近恒例の、終わった後の競馬短観...(爆)。だって、ブログに予想をあげると当たらないんだもの...。
NHKマイルカップはまだいいとして、日本ダービーまで牝馬に持っていかれたトホホな3歳牡馬たちのレース、というのが私の予想の柱だった。要するに何が来ても文句は言えない。そんな中で本命にしたのはロックドゥカンブ。南半球産で他の日本馬より半年若いというクラシックではちょっと異色な存在だが、今年のメンツならどうにでもなるだろうと踏んだ。対抗はアルナスライン。骨折で春は棒に振ったが、前走は古馬相手に見せ場タップリの3着で対抗に浮上した。後は夢でホクトスルタン、メジロマックイーンの仔だから応援だね。とにかくオッズが割れてワイドでもそれなりの配当があるから、春の実績馬の内、アサクサキングスとヴィクトリーを拾って五月雨的な馬券購入に...(笑)。
今回エラかったのは3連複。本命・対抗の2頭軸で残りの3頭に流したのが大正解。後、「春の実績馬は大したことがない」と踏んでおきながら、1頭くらいは馬券に絡むと予想できたのは成長の跡かも。昨年までなら多分外していた馬券だね。
というわけで、回収額は大したことがないけど地道に資金は稼げた菊花賞。貴重な運を小出しで使い果たしている気がしないではないが、まぁ勝負どころまではこんなペースで...。ごっつあんでした。

最後に本日及び先週のレースからの教訓。追い込みの武豊は疑ってかかれ!
武豊がきらいなわけではないよ。いくら名手でも追い込みはリスクが高いから騎手で人気になる分、旨みに欠けるのである。
スポンサーサイト



[ 2007/10/21 19:47 ] Fiddle | TB(0) | CM(11)

Altanのベスト盤は、3年位前に買いましたよ。
Maireadとは、ケルクリでお友達になって、
翌年の、恵比寿イニッシュモアと渋谷のライブで再会して
お友達にして頂きました。
Maireadのフィドルほんと好きです。
また、会いたいですね。

最新作のLocal Grondもいいですよ!!
[ 2007/10/22 01:57 ] [ 編集 ]

Farewell to Erin

やってましたね~。
自分は密かに好きなJeremy Kittel(Republic of Stringsのメンバー)の演奏を参考にしました。
http://jp.youtube.com/watch?v=7yGuwoBqafc
隣には勿論アノ人が!!!
コメントを読むとリハーサルなしのライブらしいです。恐ろしい…

師匠からモハーさんがパッヘルベル祭り(スペシャル?)をコピってるとの話が。あのアルバムは無視ってたはずだったんですが…
同じく尽きぬネタ、増える課題です(^^;
[ 2007/10/22 06:59 ] [ 編集 ]

Altan

>け さん

Altan は安定して入手できるのでついつい後回しになるんですよね...^^;
ひところ毎年のように来日してAltan祭りと化していましたが久しく来日してないですよね。

Local Grond → Local Ground ですね。例によってまだ買っていません(爆)
[ 2007/10/22 07:34 ] [ 編集 ]

Darol Anger

>Ken10 さん

を、この映像、美味しいあるね。Darol以下、みんなお揃いでChops もカッコいい!
Eileen Ivers のベスト盤に入っているライブもブっ飛んでいてカッコいいあるな。

>パッヘルベル祭り(スペシャル?)をコピってるとの話が。

いやいや、雰囲気だけ。久しく弾いていません。かれこれ1年くらい前の話ですよ^^;
[ 2007/10/22 07:38 ] [ 編集 ]

素人芸能発表会11月は・・・

サットンズ素人芸能発表会、11月は3日を予定しております。ジャズフェスで大分間隔があいてしまいましたが、当方のメンバーはF岡さんと私どもザ・ヘルスセンターズは決まっております。 お忙しいとは思いますが、ぜひご参加お考えいただきたく投稿いたしました。 菊花賞は武から考えていたので買わなくて正解でした・・・ハァ
[ 2007/10/22 17:55 ] [ 編集 ]

う、3日は...

> Kazzさん

ご無沙汰です。ジャズフェスはうまく行きましたか?

既に当ブログで告知の通り、11月3日は19時からセッションなので行けませんねん...。
久しくお伺いしていないので顔を出したいのはやまやまなんですが、申し訳なし...。
また、次回開催予定を連絡くださいませ。

菊花賞、まぁ買わずに正解も勝ちに等しいか、と^^;
本文に書き漏らしてしまったけど、前走鮮やかに追込みが決まって人気になった馬というのも
危ない人気馬という印象が強いですね^^;
[ 2007/10/22 18:13 ] [ 編集 ]

いい曲ですね

Iさんです。「腕を上げられた様子」、「なかなかの美音」など、耳に心地よい言葉に思わずうっとりしそうでした。(ふと現実に引き戻される私。ますます腕をあげてゆくモハーさんを見習い頑張ります。)
それはさておき、モハーさんが弾いておられたCooley’sですか、あの曲、なんか耳に残りますね。発表会の時にKさん(ケメ子さん?)たちも弾いておられたような気がします。帰ってiTunes Music Storeで探してみて曲名がわかりました。The Sessionで譜面を入手して弾いてみました。いい曲ですね。でも、移弦が難しいです。
しかし、この書き込み、このブログの訪問者のマニアックな会話の中で、すごく浮いてますね。
[ 2007/10/22 22:16 ] [ 編集 ]

是非是非

> Iさん

お世辞抜きに音色が綺麗でしたよ。先日は外の工事の音がうるさかったのが難点でしたが、
漏れ聴こえてくるアンサンブルは実に美しかったです♪

あ、Cooley's、アイリッシュ好きでは非常に人気がある曲ですが、私は実はここ数ヶ月
弾くのがいやになるくらい不調な曲でした。多少マシになりましたが課題が多い曲です。

iTunes Music Store でお探しになるとは何かの縁ですね。是非レッスンの合間にでも
弾いてみてください。師匠の驚く顔が楽しみです^^

>このブログの訪問者のマニアックな会話の中で、すごく浮いてますね。

そんなことはないですよ。みんな最初はこんな感じです。興味が湧いたことがあれば
遠慮せずコメントを残していってくださいね♪
確か、Thin Lizzy のファンであられたと記憶しているので素質は存分にあると思って
おります(笑)。私の記念すべき最初の発表会で一緒にアイリッシュを弾いてくださいましたしね^^
[ 2007/10/22 23:57 ] [ 編集 ]

yuta

本文中にありましたが
Maidのつく曲、たしかにいっぱいありますよねー

あらためてどのくらいあるかと思って調べたら
なんかえらい数がヒットしました。
しかもmidi聞いてゆくとああ、この曲,
こんなタイトルだったのかというのが
いくつか出てきてちょっと得した気分でした。

今度セッションのときにでも
reelでメイドセットでも作ってみますかー



[ 2007/10/23 22:52 ] [ 編集 ]

ああ!!

なんと名前と件名が逆だ(爆)
なんだかすごく怪しい人になってしまったー。(笑)
すいませんでしたー
[ 2007/10/23 22:58 ] [ 編集 ]

わはは...^^

>yuta さん

このブログ、コメント履歴最新10件が左に出るんですが、表示が「名前:記事タイトル」
なんですよね。

我がブログを開いてみて
「めいどー:尽きぬネタ、増える課題」
にバカ受け致しました(笑)

閑話休題、

「Maid」がつく曲って本当に多いですよね。アキバかと言いたくなるくらい...^^;
情けないことにその曲達をほとんど弾けない私があるわけですが...(苦笑)。
いい加減「Sligo Maid」とか「Maid Behind The Bar」くらいは覚えないといけないんです
けどねぇ...。

そういや、yuta さんの本日のブログ・ネタ、めっちゃ受けました。全然知らなかったグループ
ですけど、今でも注文できるサイトがありました^^
あんなところにもWarrior's やCock O' のネタ元があったんですね。今後も面白いネタを楽しみに
しております。

来週のセッション、楽しみです。私、振休取れますよ、多分。第五水曜ですが...。
以下のやり取りは地下に潜って...、かな(笑)
[ 2007/10/23 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/335-ee2a3a32