FC2ブログ






メイド・セットのつくり方...

怪しげなタイトルだが、別にムフフな話ではないということを最初に断っておく。
最近当ブログで有名無実化が甚だしいTrad. Song カテゴリーの番外編とでも位置付けてくだされば幸いデス...。

実際問題として、例えばInfoseek のマルチ辞書で「メイド」で始まる言葉を検索したら「メイドカフェで彼女を」だの、「人気コスチューム60%off」だの、「コスプレ 一枚でも卸価格」だの怪しげなそれ系の広告サイトが引っ掛かるのは事実である...苦笑

前回記事の中でアイリッシュの曲には「Maid」とつくものが多いという話を書いたら、yutaさんがコメントをくださった。毎度ながら丁寧で実に熱心な方である。見習わないとね、ほんとに...。

「あらためてどのくらいあるかと思って調べたら
なんかえらい数がヒットしました。

~~~ 中略 ~~~

今度セッションのときにでも
reelでメイドセットでも作ってみますかー 」


まぁ、Yutaさんの膨大なレパートリーには一生かかっても追いつけないとは思うが志は重要だね、ということでとりあえず我がiTunes 内を検索してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・検索中・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MaidSets.jpgう~む、やるんじゃなかったというくらい引っ掛かってしまった(爆)。勿論コンピュータの悲しさで「maid」で単純に検索すると「mermaid」 だの「maiden」などもお構いなしに引っ張ってきてしまうのはご愛嬌だ(笑)

アイリッシュの伝統曲は別名というのも非常に多いからそういうものを含めるともっと我がiTunes 内に存在することと思うが、トータルで61曲(セット)、演奏時間にして3時間を超える音源がヒットしてしまった。普通じゃねぇだろぉという極当たり前な反応はとりあえず却下。(勿論上記のような不必要な検索結果は除いての話である)

ん~、こうなるとひと通り耳にするだけでもなかなか大変だが、とりあえず「Maid Set」というプレイリストをつくってひたすら聴き続けることにしよう。アイリッシュやケルティックの伝統曲はメドレーで奏されることが多いから、こういう切り口で聴いていくとこれまで意識していなかった「Maid」以外の曲にも注意がいくかもしれないしね。


リールのレパートリーを増やそうという計画が継続していることだし、とりあえずリール曲だけに絞ってもざっと以下のような感じだ。これでもまだ一部というのが怖いが...。

Maid Behind The Bar (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/64
・Legacy / Danne Family
・Twenty Irish Fiddle Tunes / Kevin Burke
・Ten Man Mop Or Mr Reservoir Butler Rides Again / Steelye Span

Wise Maid (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/118
・A Celebration Of 50 Years / Tulla Ceili Band
・A Tribute To Joe Cooley / Frankie Gavin
・Planxty / Planxty

The Gatehouse Maid (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/941
・After The Break / Planxty
・Good Friends - Good Music / Boys Of The Lough

Sligo Maid (A dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/399
・A Celebration Of 50 Years / Tulla Ceili Band
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・Twenty Irish Fiddle Tunes / Kevin Burke

The Dairy Maid (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1946
・First Through The Gate / Brian Conway
・The High Part Of The Road / Tommy Peolples & Paul Brady

The Maid Behind The Barrell (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/676
・Frankie Goes To Town / Frankie Gavin

Maid Of Mount Cisco (A dorian)
http://www.thesession.org/tunes/display/432
・Farewell To Eieinn / Dolores Keane , John Faulkner & Eamonn Curran
・Fierce Traditional / Frankie Gavin
・Many Happy Returns / Arcady
・Lunasa / Lunasa

The Maids Of Mitchelstown (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/120
・Live In Concert / Bothy Band
・Sweeney's Dream / Kevin Burke
・Up Close / Kevin Burke
・Twenty Irish Fiddle Tunes / Kevin Burke

The Maid Of The Castlebar (D Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/1949
・Live / Natalie MacMaster
・My Roots Are Showing / Natalie MacMaster
・The Celebrated Recordings / John Doherty

The Maid Of Feakle (G Major)
http://www.thesession.org/tunes/display/3083
・Under The Moon / Martin Hayes

etc、etc、という感じだ。どうすんだ、こんなに大量に...(笑;)
スポンサーサイト



[ 2007/10/24 23:32 ] Trad. Songs | TB(0) | CM(12)

てっきり

これかと・・・・・

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=323297&media_id=27

[ 2007/10/25 00:01 ] [ 編集 ]

笑笑笑笑笑♪

>Northfield さん

反応が早いのでてっきりスパムかと思いましたが、リンク先を見て受けました(笑)
タイムリーにこんなものがあったとは想定外でしたね^^;。
さすがにこの趣味はないです...笑。

しかし、このフォルム、アルプスの化け物みたいですね...苦笑
[ 2007/10/25 00:16 ] [ 編集 ]

3時間って…普通じゃね~どころか、明らかに異常デス(笑)

まだレパートリーにはメイドものは一曲もないな~。
[ 2007/10/25 00:27 ] [ 編集 ]

16日

>せばすちゃんさん

異常かもしれませんが、何せ我がiTunes 内、全部再生するのに16日かかるそうです...苦笑。

そうそう、こんなに曲数あるのに未だレパートリーが少ないんですよね。今のところ

・Wise Maid (Reel)
・Maid At The Spinning Wheel (Double Jig)

だけですね、私も...。どっちもまだまともに弾けないし...。
[ 2007/10/25 00:39 ] [ 編集 ]

あ、唯一弾けるのに「Maids of Ardagh」がありました!
やっと一曲か…先は長い><;
[ 2007/10/25 07:20 ] [ 編集 ]

を、そいつは・・・

>せばすちゃんさん
どんな曲だったけか?
こんな調子だから私もまだまだ先が長いです(苦笑)
[ 2007/10/25 08:13 ] [ 編集 ]

思わず…

タイトルで反応してしまいました(ワナだ(^_^;))

3時間は長いですね。
ダンスを踊ったら足がもつれてしまいそうww
[ 2007/10/25 09:54 ] [ 編集 ]

エリン・セットのつくり方

メイドではないですが、エリンとつく曲は好きなものが多いので、セット作りを試みたことがありますね。

つくり方はこんな感じ↓で、そこそこロングなセットができあがります。後は弾けるのを待つのみ(笑
Highlander's Farewell To Erin/Farewell to Erin/Green Groves of Erin/Farewell to Erin(Austin Tierney's)/Exile of Erin/The Crooked Road(Smiles & Tears Of Erin)

あ、Darol AngerがDiary of the FiddlerでやってるAran Boat SongもErin Boat Songでしたね。
[ 2007/10/25 09:55 ] [ 編集 ]

おおー!!知らないメイドさんがいっぱいいるぞー(笑)
でなく
おおー!!今まで聞いた事のない曲がいっぱいありますねー。
でした。

リストすごく参考になりました。
知らない曲も結構あるのでこの辺のはいつ演奏されても
ついていけるように勉強しときますね~。

個人的に大好きな、でもいつも一人旅になってしまう
The Maids In The Meadowもメイド仲間にお加えいただけると
とてもうれしいです。



目指せ、maid set♪
またはREEL回し、メイド縛りとか(爆)
(文面だけ見ると最高に怪しい!!!)


>Ken10さん、(横レスですいません。)
意味からすればまあ、たしかに納得ですがErinとつく曲もけっこうあるんですね。
新鮮な発見でした。実は一曲だけしか知らなかったので
このネタもいいいですねー。

[ 2007/10/25 12:03 ] [ 編集 ]

かかったな^^;

>みゅーろんさん

>タイトルで反応してしまいました

ははは、非常に紛らわしいタイトルでしたよね~^^;

3時間は長いですが、厳密にはMaid がついた曲だけのセットではないので
適宜セレクトすれば案外踊るのに最適な長さになるかもです^^。
[ 2007/10/25 23:57 ] [ 編集 ]

Erin

>Ken10 さん

確かに「Erin」ネタは多いですね。しかもどうも目立ちやすい曲が多い傾向...。

Green Groves of Erin はボシィの1枚目のテイクが好きですね。一度レッスンでさらったことがあります。
Exile of Erin は代セミで@さんに教わりました。ちゃんと弾けませんが、Martin Hayes の
ライブ盤がカッコいいですね♪

>Diary of the FiddlerでやってるAran Boat Song

おぉ、これねぇ!
Alasdair Frasier って先日数枚仕入れたのですが、伝統音楽でもクラシック・タッチ
の綺麗な演奏をしますよねぇ。アンサンブルもよく考えてあるし。
個人的には『Diary of the Fiddler』では「Voodoo Chile」と「Banish Misfortune」が大好き。
その昔、ジミヘン狂いだった時代があります^^;
[ 2007/10/26 00:06 ] [ 編集 ]

これから出会うめいど~

> Yutaさん

今回はブログにあげやすいネタの提供をありがとうございました♪

知らないメイドさん、やっぱり実に多いですよねぇ。

>The Maids In The Meadowもメイド仲間にお加えいただけると

これ、タイトルは聞いたことがあるんですが、音源が見つからないなぁ...。
その辺にも一人旅の要因があるのかもしれませんね。
譜面はThe Session にあるのでちょいと勉強してみます。

そうそう、ここ最近仕入れたCD 達で嬉しいことも。
セッションでよく弾くけど実際のレコーディング音源を聴いたことがない曲が入っていた
ものをいくつか...。いずれここで紹介するときもあるかもしれませんが、凄く新鮮でした。

メイド縛りは過激っすね^^;

>Erinとつく曲もけっこうあるんですね

この際Maid とErin のセットも考えてみますかね。
Farewell ではちと寂しいので、「Oh! Maid , Welcome To Erin」セット(?)とか...(笑)
[ 2007/10/26 00:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/336-207a28c2