FC2ブログ






六本木のオーロラは熱かった・・・

今年の夏、本当に暑い盛りに二日間に渡って存分に愉しませてくださったお二人が上京されるという。ハープとフィドルという、コンビを組めば無敵なデュエットで松山界隈をブイブイいわしているNorthern Lights のお二方がハープの下見を兼ねて来られたのである。最高の布陣でお迎えせねばなるまい、漢として...。

通例であれば新橋の某所を使う選択肢がまず浮かぶわけであるが、生憎土曜日ではあるが祝日である。祝日・日曜がお休みというのが原則のお店なので計算できない。そこで厚かましいと思いつつYuta さんに相談したら、即座に場所が確保できた。最近ちょこちょこお邪魔するCock O' The Walk @六本木である。適度な広さに美味しいフードと来ているパブ、ここであれば集まる面子さえ整えば十分松山組を歓待できる場所だ。

イベント事には大体くどいくらいに告知する当ブログであるが、打診の段階でそれなりの出席者を確保できそうだったので今回はあえてあっさりと。出席予定者の内、体調不良やら急な用事やらで数名が欠けたものの新手が加わったので大いに人が集まったセッションとなった。

実は前回代セミを新宿で代替開催した際に初めてお会いしたホイッスラーのまっつんさんが今回も出席に名乗りをあげてこられたのであるが、その文面に

「当日は代々木公園で練習した上で現地に赴きます」

という100%漢な文言があり、思わず私も

「ならば途中から代々木公園に合流しましょう」

という段取りになり、お初な方含め3名をお連れして定刻前にCock O' The Walk へ参上したのだった。

暫く歓談する内、三々五々に集まるセッション仲間達。Kon さんとmayu さん、本日の主賓も定刻前にご到着。4月に既に会っているT田さんとも会話がスムーズで緊張感の中にもリラックス・ムードが漂う。

歓談している間に続々と集まるメンバー、じゃボチボチ始めるべと楽器を各々取り出してセッション開始である。相変わらずT田さんは最初からエンジン全開というか、普通に曲がバンバン出る。スタートは大体皆さんが手探り状態でちょっとダレたというか冗長な感じになりやすいが、本日は血気盛んなKen10 さんもいるし、間が空きつつもセッションが続く。大体潤滑油が回りきったあたりからは続けてセットが出始める展開だ。こうなると大してネタがない私は流れの整理だけである。

NorthernLightsRoppongi.jpg折角遠路遥々お越しいただいたので、やはりこのお二人メインで進めるセットは必要である。
曲の切れ目でお二人に曲出しをお願いする。周囲も心得たものでじっくり聴きながらアンサンブルを壊さないように演奏にも参加される。mayu さんにとっては普段使っておられるハープより弦の数が少ないハープで本領発揮とはいかなかったであろうが、綺麗なハープの音色を見事に出してくださった。
「Fanny Power」、「Si Bheag , Si Mhor」、「Planxty Irwin」などハープ&フィドルにピッタリの曲たちに加えて私がリクエストした「Blackberry Blossom」も。熊五郎さんの嬉しげな表情も最高だった。(因みにこれは松山遠征時にもやったが、スローなBlackberry Blossom から高速に変換し最後は「St.Anne's」で締めくくるセットとなった)


適度に各々歓談しつつ、しかし熱く進むセッション。kon さんも最初はかなり遠慮がちだったが、徐々にセッション感が戻り始めたと見えて、カッコいいダンス・チューンを繰り出される。迎撃側である東京組もそれに適宜応戦。店の大半を占めた20名弱で延々とセッションが続く。

GuitaristsAtRoppongi.jpg今回は珍しくギタリストがお二人いらっしゃった。Kevin 師匠は早々に参加表明いただいていたのであるが、本日になってKen10 さんからの情報でF本さんもお越しになられた。
F本さんのギターは最初に高田馬場で聴いて以来、小杉でも何度か聴いた。すごく音色が綺麗だし、和音の感じやソリストをプッシュする感じのバッキングが滅茶苦茶気持ちいい。
フィドルは熊五郎さんやKen10さんがいるし、笛系はYuta さんにT田さん、さらにOさんやTさんが揃っている。これだけ揃えば私なぞは聴きながら声掛けしているだけでじゅうぶんである...(笑)


19時過ぎから始まったセッションは終始和気藹々の雰囲気で進んだ。これ以上何を求めるのか。じゅうぶんじゃないか、いい音楽をみんなで奏でながら各々会話も進み、至福のときが過ぎていく。終わって欲しくない、でも時間に限りがある。それを分かっているからこそ、合間をみては曲が出て、弾ける人は追随していく。本当に幸せな数時間だった。

お集まりくださった皆様、本日は本当にありがとうございました。至らぬ点はいろいろあったと思いますが、無事に終えてまずは一安心しております。今回の運営に関してご意見等ありましたら是非教えてくださいませ。今後企画する際の参考にさせていただきます。至らぬ幹事でございましたが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

そして、場のセッティングで否やなしに交渉してくださったYuta さん、毎度ながらありがとうございました。
言わずもがな、場を提供してくださったCock O' The Walk さん、本当にありがとうございました。企画側としてはまだまだ未熟モノでございますが、素晴らしい場所を提供していただいて本当に素晴らしい夜を過ごすことができました。深く御礼申し上げます。

では、明日(って、もう本日ですが...)代々木集合される方はよろしくお願い申し上げます。13時30分集合です。
スポンサーサイト



[ 2007/11/04 02:04 ] Session & Event | TB(0) | CM(8)

昨日は

お疲れさまでした。すごいセッションになりましたね。
楽しませていただきました。
ギター置いてきたので、次回からの六本木は、手ぶらで
行けまする。やった!!
[ 2007/11/04 02:13 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

> け さん

レス、早!

仕事も大変でしょうにお越しくださいましてありがとうございました。熱いセッションになりましたね。少々疲れ気味ですが非常に心地よい時間でした。

ギター、相当里子に出しておられますね。また何か買う計画でもあるんでしょうか(笑)
[ 2007/11/04 02:16 ] [ 編集 ]

おもしろかったです~

いいセッションになってよかったですね。
お店側とも話しましたが、なかなかの好印象で
セッションを見ていたようですよ。

またぜひあそんでください~。

[ 2007/11/04 13:00 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

> Yuta さん

昨日は色々とありがとうございました。
あれだけ名手が揃えば中味は間違いなくいいですよね♪
楽しく充実した一夜を過ごすことができて本当に嬉しかったです。

こちらこそ、また是非遊んでくださいまし。

7日は出張で出席できませんが、どうにか上野の方には顔を出したいと思います...。
[ 2007/11/04 18:13 ] [ 編集 ]

楽しいセッションでした。

いつもながらすばらしい場をセッティングしていただいて
ありがとうございます。
田舎もんには六本木の夜はまぶしかったですね~。
酔いどれ高速リールが繰り出せるようもっと修行しときます。
Yutaさんにもよろしくお伝えください。
[ 2007/11/04 23:39 ] [ 編集 ]

遠路はるばるお疲れ様でした

> kon さん

2日間、お疲れ様でした。愉しんでいただけたようで、セッティングした甲斐があるというものです♪

Cock O' The Walk は裏通りの隠れ家風で雰囲気もなかなかいいでしょ?

>酔いどれ高速リールが繰り出せるようもっと修行しときます。

やっぱ、元祖酔いどれ高速リーラー、padawan さんのフォースがいるあるかな(笑)

Yuta さんのブログ、リンクを貼ってあるので遊びに行ってみてくださいね。なかなかコアなネタで楽しいです!
[ 2007/11/04 23:44 ] [ 編集 ]

ありがとうございました♪

隅からこっそり聴かせていただきました。
短い時間でしたが 久々に身近で生音にひたれて幸せでした。
また機会があったら隅からこっそりと・・・・お邪魔させていただきますね。
[ 2007/11/06 13:09 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ♪

> Sally さん

先日は六本木、代々木とお越しいただきありがとうございました。不覚ながら六本木では気付くことができず、申し訳なかったです。mayuさんとはお話できたようで安心しましたけれど・・・。

是非是非、隅からこっそりなどと仰らず、堂々とお越しくださいませ。絶対その方がもっと楽しめます。機会あらばハープご持参でよろしくです。聴かせてくださいね♪
[ 2007/11/06 23:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/339-7727ae62