FC2ブログ






曲が混ざる・・・

曲を憶えるためにどれくらい練習してるんだろうか、と時々考えることがある。そして、何を以って憶えたとするのか、と毎度疑問に思っている。どれくらい弾けたらとりあえずOKを出すのか、毎回基準が違う。

さる方のワークショップのレポートには

・セッションで弾く、新しい曲を覚える、というのも重要な練習方だが、やはり一人で自宅で練習することも必要。この場合、CDなどから一曲すきな曲を選んで、まずは繰り返し、繰り返し聴く。装飾を含めて全曲が頭に入ったら、繰り返し練習。
・スムーズに弾けるようになったら、今度は装飾を考えながら付けてみる。
・更にこの装飾がスムーズになるように練習。完璧に弾けるようになったら、今度は、装飾の場所と種類を変えてみる。更に練習。
・最後は、キーを変えて同じ曲を弾いてみる。

なんていう気が遠くなるようなことを仰る方もいらっしゃる。本来すべての曲にこうした態度で臨むべきだと頭ではわかっているが、現実的にはそこまでの時間を確保することはなかなか難しい。

(因みに私のレッスンはどちらかというとどんどん曲を憶える方向で進む。勿論、初期の頃は1曲に3~4回くらいはかけて、その間に次の課題曲を予習していくスタイルだったのだが、ここ半年くらいは、同じ曲ばかりだと師匠が飽きてしまうので(笑)、ひたすら新ネタを仕込んではご披露するというスタイルだ。曲の選定は私の自由、たまに師匠が「この曲なら、これもセットでどうでしょう」という提案をくださることもある。ま、これは習う側の需要がベースなので人それぞれ違うことと思います。)

で、曲の選定は基本的に誰かしらの演奏を聴いて「いいなぁ」と感じた曲である。譜面や音源等を確認しながら、課題曲の中で目標とする技術を整理してテーマを決めてゴーとしている。(怠け者で基礎訓練は苦手なので・・・苦笑)

お陰様で数日弾けばスンナリ身体が受け入れてくれる曲もチョロチョロと出始めたが、こういう曲は実は危ない。楽に憶えたものは簡単に忘れてしまう・・・。かといって、憶えるのに一苦労する曲は根気が続かずいつまでたっても弾けない・・・。

折角憶えたけど弾かないことが多くて忘却の彼方にある曲も多いし、つまみ食い程度に練習して放ったらかし状態の曲も数多。多少マジメに練習するようになって復活したものもあるけど、この辺の積み残しは一応PC のテキストファイルに極力記録するようにはしている・・・。

メイド・セットなどという馬鹿げた企画あたりからどうも覚えようとしているレパートリーが極端にリールに偏っている気がしたので気分転換も含めて、先日Y楽器で仕入れた『Irish Fiddle Solos』/Pete Cooper から数曲選んでみた。

・Humours Of Ennistymon
・Tar Road To Sligo
・Coleman's Cross

昨日のレッスンではこの3曲を初出し、リールの方はメイドさん達に加えて今回再び
・Hunter's Purse
・Green Fields Of Ros Beigh(Queen Of The May)

を中心に。

本日日曜日はこの辺の曲に加えて、「Boys Of Malin」や「The Gravel Walks」あたりを新たに加えてみたわけだが・・・。
「Hunter's Purse」を高速化練習でひたすら弾いていたら・・・、「The Sligo Maid」が弾けなくなってる・・・。いや、正確に言うとBメロが「Hunter's Purse」になってしまう。マズイ、Yutaさんとか我が師匠とか、しょっちゅう曲が混ざる」症候群になられるのを嘲笑していたハズなのに(爆)、あろうことかレパートリーがまだまだ貧弱な私まで感染してしまった。

ということがあって冒頭にある出来の悪い禅問答みたいな話から、普段にも増してビールの泡的なダラダラ文章になってしまったのだ(苦笑)

多分私の場合は、まだまだ曲をちゃんと憶えて切れていないんだろうと思う。曲を弾くイメージが自然に出てくるところまで、自分のものにできてないんだろうなぁ・・・。最近頻繁に出て苦しむ「ネタ出ない」症候群も、「回し恐怖症」もこの辺がポイントか、と。自然にメロディが浮かんでそれをフィドルで弾く、そんな姿をイメージしつつ苦闘は続く・・・。
スポンサーサイト



[ 2007/12/02 22:46 ] Fiddle | TB(0) | CM(10)

お久しぶりです。、、、きっと覚えてないかと思いますが
かなり以前、セッションを見学した者です。
早いトコ、アイリッシュもどきや初音ミクなんかやってないで
そちらに参加したいです。

そういえば新曲作ったのでよかったらお越し下さい。
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a055724
荒らし告知みたいになっちゃった(汗)。

martin hayes、、、行こっかな~。
またお邪魔しにきますね。
[ 2007/12/02 22:58 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しております

>れんさん

おぉ、ご無沙汰しております。勿論覚えておりますよ。
FC2 の管理画面を切り替えたら履歴が消えてしまってしばらくお伺いすることもできず・・・。今回はちゃんとお気に入りにいれました^^;

一気に公開されてますね♪合間をみて拝聴させていただきます。セッションにもまた遊びにいらしてくださいね。
[ 2007/12/02 23:14 ] [ 編集 ]

混ざ~るでござ~る

曲が混ざる症候群、ワタシも進行中ある。
Gatehouse Maidの最後がFarewel to Erinになってるある。
間違ってはイカンと思えば思うほど間違うある。
ホンマにトホホある…。



[ 2007/12/03 08:11 ] [ 編集 ]

スランプ

この間のレッスンは、師匠、エリンばかり出ていたある。レッスンで弾く機会が増えているものと推察するあるね。
今回のスランプはちょいと抜け出すのに時間がかかりそうあるな・・・、自分(-.-;)
今日はマスターの誉れ高いデイル・ラスさんのフィドル捌きをガン見してくるある!
[ 2007/12/03 12:20 ] [ 編集 ]

お、デイルさん行くんですね。それはいい洗濯ですね。
選択だってば。

デイルさん、本当にすごい奏者です。
特にfiddlerのかたにはとても強くお勧めですぜ。




[ 2007/12/03 15:58 ] [ 編集 ]

以前は3ヶ月に一度くらい人前で演奏する機会があると
その都度気に入った曲を選んで違う曲を弾いていたんだけど、知人に「そんなにいつも違わなくても」と言われました。今となると深い言葉でした。自分たちの演奏を客観的に聴くと、目をつぶっても弾けるとかもう弾き飽きてるくらいな曲の方がグルーヴが出てるんですよね。みんなの息を合わせるという事も重要だし。曲数がそんなに沢山弾けなくてもいいんです。これはまかせとけ、というのが1つか2つあれば、、と思います。個人的には。

そういえば昔ケンブリッジでMartin Hays 見たな〜。
[ 2007/12/03 16:43 ] [ 編集 ]

返還、変換ミス・・・

>Yuta さん

私のパソコンも意味不明な変換ミスをします・・・^^;

デイルさん、凄かったですねぇ。えぇものを観ました。今年一番かな、多分♪
[ 2007/12/03 23:35 ] [ 編集 ]

アドバイス、肝に銘じて・・・

>COCO小泉さん

そうなんですよねぇ・・・、焦って短期間にたくさんの曲を憶えるばかりが芸ではないとは思うんですが・・・。
貧乏性で、ついセッションなどではたくさん弾きたいと思ってムリしてるんですよね。ま、「これは任しとけ」ってのがなかなか用意できないのも悩みの種なんですけどね^^;

Martin Hayes は一度観ておきたいんですよね。今日、デイル・ラスさんのを観てきてその意がさらに強くなりました。
[ 2007/12/03 23:39 ] [ 編集 ]

混ぜたいな~

よし!とする基準。参考になりました。
しかし、あの基準だと、私は永遠に同じ曲を引き続ける事になりそうです^^;。

私は先生に付いて習っていないので、ちょっと違うかもしれないですが、息子達のピアノの先生の、よし!の基準→
・一応譜面どおりに弾けている(音符とか装飾音、記号含め)。
・暗譜
のようです。暗譜しようとすると、イヤでも沢山弾くことになるので、それが良い練習になるのだとか。私の場合自分だけで弾いていると、知らず知らずのうちに、甘くなっていけません。反省!!
[ 2007/12/04 00:12 ] [ 編集 ]

混ぜご飯

>pipe☆rine さん

>あの基準だと、私は永遠に同じ曲を引き続ける事になりそうです^^;。

はい、私も間違いなくそうなります^^;

子供さんたちのレッスンの基準、参考になりますね!
暗譜は私もひとつの基準ですね。ただ、毎回同じように弾くのも旨みがないかなぁ、と思うので暗譜してからが勝負なのかもしれないなぁ、と思ったり・・・。

私の場合、習っていても甘くなってますからねぇ。これは本人の問題ですねぇ・・・^^;

混ぜて違うネタにしてしまうってのもひとつの遊び方とは思うのですが、これは意識して出来ないとハチャメチャですよね・・・苦笑
[ 2007/12/04 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/349-1b476c3a