FC2ブログ






『After Hours』/The Bothy Band

『After Hours』Recorded Live in Paris / The Bothy Band
AfterHoursMusicians
Triona Ni Dhomhnaill:Harmonium, keyb, vo, Clavinet
Paddy Keenan:Pipe, Whistle (Instrument), Low Whistle, Uillean Pipes
Michael O'Domhnaill:Organ, vo, g, Harmonium
Kevin Burke:Fiddle
Donal Lunny:Bouzouki, g, vo , Bodhran, Keyb
Matt Molloy:fl, Wind


1)The Kesh Jig / Give Us A Drink Of Water / Famous Ballymote
2)The Butterfly
3)Casadh An tSugain
4)Farewell To Erin
5)The Heathery Hills Of Yarrow
6)The Death Of Queen Jane
7)The Pipe On The Hob / The Hag At The Churn
8)The Priest / Mary Willie's / This Is My Love, Do You Like Her ?
9)How Can I Live At The Top Of A Mountain ?
10)Rosie Filln's Favourite / Over The Water To Charlie / The Kid On The Mountain
11)The Green Groves Of Erin / The Flowers Of Red Hill

これはアイリッシュ音楽を聴き始めた頃からのお気に入りで、思い入れ深い一枚。初めて聴いたときにはビックリでしたね。Paddy Keenan、Kevin Burke、Matt Molloyと魅力的なフロント陣をDonal LunnyやMichael O'Domhnaill達が支えているわけだからダンスチューンが凄まじいことになるのは当たり前なんでしょうけど、それに加えてTriona Ni Dhomhnaill とMichael O'Domhnaillのヴォーカルまで聴けるというのが何とも贅沢で魅力的なバンドです。楽器編成もアイリッシュで定番の楽器以外に、オルガン・クラヴィネットなどが入っているのも効果的です。確か、1978年録音のライブだったと記憶していますが、今でも古臭さを感じないところがいいですね。

尚、Bothy Band のライブ盤は他に『BBC Live in Concert』もあります。こちらもよいですが、個人的には最初に聴いた『After Hours』に軍配です。そして...、到達できないと思うけど(笑)、このライブ盤の4曲目、Farewell to Erin は私のフィドルの最大目標曲のひとつです。あ~ぁ、遂に言ってしまった(笑)
スポンサーサイト



[ 2006/01/24 17:58 ] Irish & Celtic | TB(0) | CM(6)

なんと、私の目標も「Ferewell to Erin」なんですよ~
低音から高音にうつるところがかっこいいですよね。
[ 2006/01/25 02:34 ] [ 編集 ]

Farewell to Erin は憧れますよね~。確かに低音から高音に移るところの展開が素晴らしいです。リズムも独特のウネリがあって、たまりません。
[ 2006/01/25 07:13 ] [ 編集 ]

みんな考えることは同じですね~。私の目標でもあります(笑)
一周目ソロで弾いて、2周目からガーンとブズーキ(ギター?)
のカッティングが入り、じょじょに楽器が重なってくる展開。こ
ういうの大好きです♪これはいつかバンドでやってみたいです^^
[ 2006/01/25 13:28 ] [ 編集 ]

Farewell to Erin

やっぱり、考えることは似たようなものなんですねぇ(笑)
Kevin Burkeのフィドルのよさももちろんなんですけど、バンドとしてのアレンジもカッコいいからかなぁ。
冒頭のKesh Jigも、セッションではBothy風で始まることが多いそうですから、影響を受けた人間は相当いるということなんでしょうね。
因みにFarewell to Erin は、一部で噂になっている(笑)Celtic Fiddle Festivalの『Encore』にも収録されてます。曲名はFarewell to Irelandとなっていますが、同じ曲です。ちょっとあっさり系ですけど、なかなかいいですよ。
[ 2006/01/25 14:56 ] [ 編集 ]

そうそうFerwell to Erinは『Encore』にも入ってましたねー。
ストラスペイで始まったので、ピンときませんでした。リピートは普通にリールになったのでやっとわかりましたが(笑

一部で噂のCeltic Fiddle Festival、先ほどGreen linnetのページ見たら、8$に値下がりしてました。
10$で買ったので、ちょっとショック。

[ 2006/01/25 22:15 ] [ 編集 ]

Celtic Fiddle Festival

>194様。
そうそう、Celtic Fiddle Festival のFarewell to Ireland は出だしでちょっと戸惑いますよね。最初に聴いたとき、「似てるな」と思ったら、Reelに入って「おぉ!」でしたよ。客席かステージ上か、Reelに入った瞬間に「Yeah」とか声が入っているのが生々しくて私は好きです^^
[ 2006/01/25 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/35-23be1200