FC2ブログ






「暮れの檀家回り」 ~~~物欲充足篇~~~

前夜のハチャメチャな大騒ぎ、さすがに予定より遅い目覚めとなってしまったが、まずは行動開始である。鴨練へ出席のため、またしても関西へ戻らねばならない。比較的スムーズにつながり9時30分頃には新幹線に乗っていた。

鴨練のパーティは大阪・守口なのだが、新神戸で下車。済ませておきたい用事があったのだ。訪問先は魔窟の名をほしいままにしている王子公園のアコースティック・ハーモニー。競馬で大きな配当があると聞くや、豊富なネタに抜群の価格提示で買う気にさせてしまう魔のお店だ。
案の定今月初め、当ブログに「えぇもんおまっせ」の必殺コメントがあり(実はこれが最近話題のチビ弓だった)、出張のときに立ち寄ってきたのだが、そのときに「さすがにもうお薦めするものを見つけるのが難しいなぁ」といいつつ出てきたネタのひとつがこれだった。

SonataBow.jpg写真はArcus社のカーボン弓、Sonata。
(Arcus のHPはこちら→http://www.arcus-bow.de/japanese_06/welcome_j.htm
実はペールギュントを入手して以来、都内某所に預けて平日開催のセッションに定刻通り出向くこともできるようになったのだが、弓が悩みの種だった。人前で弾く以上、使い慣れたデルフラーで参加するのだが、預けている間は自宅で使えない。最初の弓は悪くはないものの、デルフラーとは比較にならないから練習が楽しくないワケで、「できれば手頃な価格で入手できる弓があれば」と考えていたから、今回は見事に狙いが店主さんと一致したのである。

さて、件の弓だが、カーボン弓といってもちょいと仕様がかわっている。何と棹は中空で、長さは標準的な73cmだが重量は50g弱という超軽量弓だ。中空ということもあるのだろうが、棹の径は太めで見た目はゴツそうな感じだけに、持ったときの軽さとのギャップがより大きな驚きとなる。アコハモ・マスターさんも全然知らなかった弓だそうだが、最近大森ヒデノリ氏が見せびらかして回っているということで仕入れてみたとのこと。

今月初めの出張のときに少し弾かせていただいたのだが、弓の吸い付き加減は軽量にも関わらず素直でトリプレットも引っ掛けやすいし、何しろ楽だ。弓圧のかけ方などは試行錯誤が必要だろうけど、戦力になりそうな感触はじゅうぶん得ていた。時間がなかったのでそのときは即買いを見送ったけれど、現在抱えている右肩から右肘にかけての肉体的トラブルにもよさそうだなぁ、とほぼ買うつもりで最終チェックに訪れたわけである。

PeitreWithArcus.jpgまずは、アイスコーヒーなぞを注文して世間話から。G社・F社の販売戦略とか今の楽器店業界の動きとか、中国パッチモノ伝説だとか、面白い話が続々と出てくる。そんな和やかな流れから弓の試奏へ。今回の遠征はその目的もあってパントルを持参(冬場の移動は寒暖差が激しいので本当はペールギュントの方が安心なのだ)。発音の加減とか出てくる音色を愛弓デルフラーと比較してみる。魔窟店主さんにも弾いていただいて少し離れたところから音色等を確認。「OKだね」というわけで商談成立。大体私の買い物はこんな感じでアッサリ決まるから、財布はいつも寒い状態になってしまうんだけどね・・・苦笑。

メーカーの言い分によると暫くはこの弓だけを使って慣らし運転した方がよいとのこと。軽量弓の感覚を把握できたら他の弓と併用でもいけるらしい。扱い商社の方は「常識ハズレな重量だけにクラシック系の方は抵抗があるみたいだし、是非フィドラーに宣伝してください」と魔窟店主さんに言い残していかれたそうな(笑)

実際この後鴨練でも使ったのだが、軽いからといってムリに圧を加える必要はなく、むしろもっと脱力して弾いた方がよさそうだ。さらにその後デルフラーも使ってみたけど、その脱力加減が身体に残っていて素直な弓使いができたような気がする。暫く使い込んでみてまた機会があれば紹介します。

因みに我が愛器パントル、今年に入ってさらに好調だなぁとつくづく感じているのだが、魔窟店主も私が試奏しているのを聴いて「一段と鳴るようになったねぇ。ハコごと響いてる感じやね」と絶賛。「こういう大当たりな楽器を探してくるのがなかなか難しいんやけどね」とこれは本音トークかな(笑)

いやはや、今年一年お世話になりました。また面白いネタがあったら教えてくださいませ。

そうそう、一応ここで年末イベントの告知もしておこう。

魔窟ツアー+年末練習会のご案内
1.開催日:12月28日(金)
2.時間・場所等
(1)魔窟ツアー:15時に王子公園の三宮寄り改札口付近で待ち合わせ

(2)練習会:18時~22時
練習会は、西宮北口にある芸術文化センターのスタジオ2で。21時30分頃に切り上げてカプリシカへ移動しライブ観戦する予定。
スポンサーサイト



[ 2007/12/24 00:57 ] Fiddle | TB(0) | CM(2)

げ!

何か買ったと聞いてましたが、まさかARCUSだったとは…。

これ、師匠が使っているので何度か弾かせて貰ったんですが、めちゃくちゃ軽いですよね~。重量50g弱しかなかったのか…どうりで^^;

師匠も弓をこれにしてから、明らかに音が変わりましたね。ただ師匠いわく、あまりアイリッシュ向きじゃないかな?とか…(笑) スウェーディッシュにはドハマリらしいです♪
[ 2007/12/24 13:46 ] [ 編集 ]

ふふふ・・・

>せばすちゃんさん

驚きましたか?
この軽さは驚嘆ですね。力を抜いて弾く練習にもなるし、音色はかなり澄んだ感じがします。これがまたパントルと相性がいいんですよ。軽い分自在性も増す感じですね。
確かにアイリッシュでもゴリゴリ弾く感じにはあわないかもしれませんが、じゅうぶん使えるレベルですよ。しばらくコイツに特化して練習してみますね。
[ 2007/12/24 14:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moher.blog28.fc2.com/tb.php/360-3a7f8f59